酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2012年06月 13日 (水)

 第70期名人戦七番勝負第6局

2012_0613_171541-DVC00641.jpg
久し振りの将棋ネタ。夕方からNHKBSで放送を見て・・・。

2012_0613_183235-DVC00642.jpg
18時以降はネットの生中継、解説:渡辺明竜王・王座、聞き手:安食総子女流初段。森内名人優勢のまま、20:33に106手で羽生王位・棋聖が投了、4勝2敗で森内名人がタイト防衛。
ネットで生中継が見られるとは良い時代になりました。
posted by ひで at 21時15分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2010年11月 11日 (木)

 第23期竜王戦七番勝負第3局

5月以来、半年ぶりの将棋ネタ。

渡辺竜王の2連勝で今日負けると後が無くなる羽生三冠との第3局、今日の昼間に廃棄物処理で出かけて帰ってきてからBS2の放送を見ていた頃は渡辺竜王優勢でしたが・・・。

夕食を戴いてからネット中継を見ると、何だか形勢逆転の雰囲気。対局者本人達のコメントは竜王戦のサイトに出ているのでここには記載致しませんが、わたくしが思うには98手目羽生三冠が△2四飛と飛車を一回横に動いて▲2五歩と打たせ渡辺竜王の2筋の攻めを緩めさせたのが効果的だった様に思います。

結果19:27、138手目△5八銀をみて渡辺竜王が投了。羽生三冠が1勝を返し、次は先手番と面白くなって来ました。
posted by ひで at 19時34分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2010年05月 19日 (水)

 第68期名人戦七番勝負第4局

羽生名人に三浦八段が挑戦していた名人戦、かつて1996年に棋聖戦で羽生七冠の一角を崩した事で知られる三浦八段で有りますが、今回は良い処が無く既に3連敗。

昨日からのBSの放送でもあまり良い処が有りませんでしたが、今夜8:50からの放送の場面では逆転か?と思われていて、一矢報いるのに期待して居りましたが・・・。

ネット中継は有料なので見ずにいましたが、先ほど毎日新聞の速報を見た処、羽生名人が三浦八段を追いこんで勝利だとの事。

山に居る間は将棋のタイトル戦をゆっくり見るよりは滑る方に専念していましたので、久し振りに一流の将棋を堪能致しました。
posted by ひで at 22時48分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2010年01月 06日 (水)

 柿木将棋Ⅲ Light


久しぶりに将棋の研究をしようかと思い、棋譜を並べる事が出来るソフトがPCには無かったかなと思ってHDDを探してみましたが、今のPCには「ハサミ将棋」しか入っておりませんでした。

新しくソフトを買うほどの金銭的な余裕は無いので、10年前に買ったPCの「バックアップCD」を探して、中を調べてみたらこの「柿木将棋」が入っていたので、同じ富士通の物なので使えるかと思ってインストールしてみたら作動致しました。

レベル1~5までのPC相手に勝負が出来るのですが、とりあえず一番ランクの低いレベル1を相手に何局か指して見ました。
レベル1相手なら負けずに指す事が出来ました。

これを相手に、少し腕を磨いてみようかな?
posted by ひで at 20時19分  [将棋トラックバック(0) | コメント(3)

2010年01月 05日 (火)

 別冊宝島440「将棋 これも一局 読本」 


1999年5月16日発行、宝島社。(933円+税)

ずいぶん前に買った雑誌が部屋の隅から出てきましたので読みふけてしまいました。

この前年の11月に「弐段」の段位を取得したので、このころは今よりも将棋に打ち込んでいました。
職場に四段の方がいて、一緒に出張なんかで時間が有ると良くお手合わせ戴いて、そのお陰で段位が取得できたのだと思います。

この中で、米長邦雄さんが「パソコンを三十分以上見ていると将棋は弱くなります」と書いてあるので、弐段を取った頃よりも今の方が弱いと思います。
最近は将棋を指す機会もほとんどないので弱くなるのも仕方がない気もしますが、時々「荘」で指す時に負けると段位者として恥ずかしいので、少しは研究をしようかな。
posted by ひで at 23時15分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 26日 (木)

 第22期竜王戦七番勝負第4局

渡辺竜王の3連勝で防衛に王手を掛けた一局が昨日から岐阜県下呂市の「水明館」にて指されておりました。

今回の七番勝負、森内九段は良いところがなく本局も常に渡辺竜王のペースだった様な感じが致します。
結果は93手目渡辺竜王の4一銀をみて、森内九段が投了、4連勝で竜王位を防衛し竜王6連覇を達成。

今期の竜王戦は森内九段に精彩がなく、見ていて楽しく有りませんでした。
posted by ひで at 17時06分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 16日 (月)

 第20期女流王位戦五番勝負第5局

石橋幸緒女流王位に清水市代女流2冠(女流名人、女流王将)が挑戦していた第20期女流王位戦5番勝負の第5局が本日、徳島市のホテルクレメント徳島で指され、19:22、後手番の清水挑戦者が124手までで石橋女流王位を下し、対戦成績を3勝2敗として3期ぶりにタイトルを奪還致しました。

わたくしの体調はまだ本調子ではございませんが、ネット中継に見入っていられるくらい、だいぶ良くなってきました。
posted by ひで at 20時27分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 11日 (水)

 第22期竜王戦七番勝負第3局

封じ手の83手目「6八金右」が疑問手だったか?

NHKの放送が始まった直後に(16:26)後手の竜王の勝ち。

渡辺竜王は他の棋戦ではそれほど強くは無いのに「竜王戦」だけはなぜか強い。

不思議です。
posted by ひで at 19時42分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 02日 (月)

 第31期霧島酒造杯女流王将戦三番勝負第2局

日刊スポーツの主催にて行われていた「女流王将戦」が昨年10月に休止となって居りましたが、この度「霧島酒造杯女流王将戦」として再開されました。

これまでの「五番勝負」が「三番勝負」に縮小されましたが、棋戦が続くと云うだけでも有りがたい事です。

「霧島酒造」と云えば某氏の晩酌酒「黒霧島」の醸造元として有名な宮崎県都城市の「焼酎並びに地ビール」の醸造元であります。

今回に限り、挑戦者は選抜による参加女流棋士8名の特別トーナメント戦で決定し、優勝者が女流王将との三番勝負。第1局は先月11日に霧島酒造のイベント会場で行われましたが本局は東京将棋会館にて。

清水市代女流王将の先勝を受けての第2局、上田初美女流二段にとっては初のタイトル戦でしたが残念ながら清水王将の連勝でありました。

また休止される事無く、続いてくれる事を願わずには居られません。
posted by ひで at 22時18分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年10月 28日 (水)

 第22期竜王戦七番勝負第2局

5期連続の竜王位で「永世竜王」の称号を得た渡辺竜王に、森内九段が挑戦する竜王戦。

第1局で後手番の渡辺竜王が勝利を収めての第2局が本日と明日の二日にわたって富山県の高岡市で開催。

早い段階で駒がぶつかり楽しみな棋戦になって来ました。

62手目森内九段の5六歩を見て、渡辺竜王が封じ手。

私の予想は「1三角成」。

さて、あす朝のお楽しみぃ~!
posted by ひで at 18時17分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年09月 30日 (水)

 第50期王位戦七番勝負第7局

挑戦者の木村一基八段の3連勝で始まった本棋戦でしたが、深浦王位が3連敗の後で3連勝と対戦成績をタイに持ち込み、最終決戦の第7局が昨日から先局と同じく将棋ファンでは有名な「陣屋」で繰り広げられました。

昨日の1日目からネット中継に見入っておりました。

戦局は二転三転とどちらに転んでもおかしくないほどの熱戦を楽しませて貰いました。

「千駄ヶ谷の受師」とも云われる挑戦者がぎりぎりの受けを繋いでいましたが、深浦王位の125手目「5五香」を見た木村挑戦者が18:52に投了。

昨年の「竜王戦」に続いて2回目の「3連敗の後の4連勝」で、深浦王位の防衛となりました。

初タイトルを目指した木村八段には残念な結果となりましたが、実力者で有りますので次の機会に是非頑張って戴きたいと思います。
posted by ひで at 21時45分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年09月 16日 (水)

 第57期王座戦五番勝負第2局

第1局を先勝した羽生王座に山崎隆之七段が挑戦するの王座戦の第2局。

山崎七段に良いところが無く21:47、89手までで羽生王座の連勝。

25日の第3局で、挑戦者が何とか一矢報いて貰いたいものだと思います。

posted by ひで at 23時31分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年09月 11日 (金)

 第22期竜王戦挑戦者決定戦三番勝負第3局

前期七番勝負で3連敗からの4連勝で羽生名人の挑戦を退け、初めての「永世竜王」の称号を得た渡辺竜王への挑戦権を賭けた挑戦者決定戦の最終局、深浦王位対森内九段の対戦。

結果は、21:32に97手までで先手森内九段の勝利。

第17期に3勝4敗で失冠した森内九段の5期ぶりのリベンジが楽しみになりました。
posted by ひで at 23時20分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年09月 04日 (金)

 第57期王座戦五番勝負第1局

羽生王座に山崎隆之七段が挑戦する今期の王座戦の第1局。

23:04、122手までで後手の羽生王座の勝利。

じわじわと駒の働きを生かして優勢を広めていく羽生王座の指し廻しが冴えた感じでしょうか。

山崎七段は駒が巧く働かせられなかった気が致します。第2局に期待しましょう。
posted by ひで at 23時50分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年08月 21日 (金)

 第50期王位戦七番勝負第5局

挑戦者の木村八段が3連勝でタイトル奪取に王手を掛けた本棋戦ですが、第4局を深浦王位が勝利し防衛に望みをつないだ後の第5局が昨日から徳島市で指されておりました。

ネットで中継を眺めておりましたが、本局は挑戦者には良いところが無かった様な感じを受けました。

18:57に125手までで深浦王位の勝利。

これで対戦成績は深浦王位の2勝3敗。タイトルの行方が判らなくなってまいりました。次の第6局が楽しみです。
posted by ひで at 19時09分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ | 次のページ>>

カレンダー

<<08月 | 2017年09月 | 10月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。