FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年09月 19日 (月)

 「越の誉」特別純米・冷やおろし

昨日届いた秋のお酒「ひやおろし」第1弾!

味覚の秋、食欲の秋、日本酒が美味しい季節になってきました。
冬から春にかけて醸された新酒の「しぼりたて」の荒々しさも魅力ですが、一夏を酒蔵で大事に寝かされて熟成された「ひやおろし」は秋の風物詩であり、私にとってはスキーシーズン前の楽しみの一つです。
時期としてはまだ少し早い感じもしますが、美味しければ何でも「オッケー牧場」!
homare-hiyaorosi.jpg

「越の誉」特別純米・ひやおろし、高嶺錦使用、精米歩合50%、アルコール度16度以上17度未満。1,800ml 2,940円

一昨日ビデオカメラをかしたままで画像を撮れませんので「さけまる倶楽部」様から画像をお借りしました。

ラベルに書かれた詩を紹介します。
「しらたまの 歯にしみ通る 秋の夜に 酒は静かに 呑むべかりけり」
(若山牧水の詩だそうですね)

>>追記の開閉

posted by ひで at 21時12分  [お酒トラックバック(0) | コメント(3)
| ブログトップ |

カレンダー

<<08月 | 2005年09月 | 10月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索