FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年01月 16日 (月)

 ヴァイオリンとヴィオラとマンドリン

リンク先の「きりん」さんのコメントでちょっと話題に上った「マンドリン」の画像を載せて見ました。
Dvc00425.jpg
左が今メインで使っているヴァイオリンです。「クロサワヴァイオリン」で購入したSofiaの「Amadeus」。
購入当時は250,000円でしたが今では378,000円もする様です。

一番左の弓が、楽器と一緒に買った8角形の弓で定価で5万円位でした。この弓は毛替えの時のスペアやオケで後ろの方で弾く時に使っています。オケでも前の方のプルトや1stで表に座る時にはメインの弓を使う様にしています。
その隣が今、主に使っている弓で15万円くらいで購入しました。古い方の弓より軽くて早弾きが楽にこなせます。丸弓です。

真中のヴィオラは同じく「クロサワヴァイオリン」で購入したGligaの「Gems I Viola 15,5"」です。本当はもう少し大き目のヴィオラの方がそれらしい音が出るのですがヴァイオリン弾きが弾くには小さい方が弾き易いのでこれにしました。購入当時100,000円でしたが角型のケースを付けてもらって80,000円まで値切りました。弓は買えず暫くはヴァイオリンの弓を使っていました。ヴィオラの弓は一年ほど後に兄に買ってもらいました。(感謝!)

1999年にオケでVn2で初参加、翌年Vn1に転向しましたがその後Vaが不足しているので楽器を購入してVaで演奏会を目指しましたが選曲方針やらに不満が有りその楽団を退団しました。
その後参加したオケではVaが多くて最近はVnばかり弾いています。音楽教室の仲間でアンサンブルをする時に偶にVaを弾いていますが。

さて、右側の楽器がマンドリンです。何を隠そう(隠したつもりは有りませんが)学生時代にはマンドリンを弾いていました。

一般にマンドリンの胴体は茶色なのですが、それは安価な楽器で胴体の材質がギターと同じ「ローズウッド」を使っている為です。このマンドリンは購入当時550,000円でしたが国産のマンドリンでは最高級レベルです。今では700,000円以上するらしいです。
このクラスのマンドリンは胴体の木材がヴァイオリンと同じメイプルを使っているので白いマンドリンになります。

大学時代のマンドリンクラブでは、最終学年の時に2nd.マンドリンの首席奏者になるまで学業を投げ打って(?)練習に勤しみました。
卒業後も暫くは社会人の合奏団に入り同じく首席やらソリストなどをやらせて貰いました。
社会人の楽団では、ヴィバルディの2つのマンドリンの為の協奏曲で第2ソロなんかも弾かせていただきました。

マンドリンを続けているとマンドリン合奏の為のオリジナル曲をやる事も多いのですがオーケストラ曲の編曲ものを演奏する事も多くあり、何時かはヴァイオリンを弾いてみたいと思う様になった次第です。

そんな訳で1998年の7月、仕事中に立ち寄った楽器店で衝動買いしてしまい私のヴァイオリン生活が始まりました。

同じ5度調弦の楽器を弾いていたので、レッスン当初から教えられなくてもスケールは弾けましたし左手は簡単に動きます。右手が合わずに未だに満足には弾けませんが。
8年目の割に難しい曲に挑戦しているのは、左手は20年目くらいだからです。

posted by ひで at 23時11分  [音楽トラックバック(0) | コメント(8)
| ブログトップ |

カレンダー

<<12月 | 2006年01月 | 02月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索