酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2006年03月 31日 (金)

 八重干瀬(やびじ)

Dvc00582.jpg
池間島の北方約16キロにあるサンゴ礁。大潮にあたる旧暦3月3日の頃、干潮時の3日間だけ陸地の様に海面上に現れます。今回の旅のメインイベントです。

今年は昨日から明日までの3日間だけ、1日500人だけ限定で上陸できます。
普段はダイビングスポットとして人気の場所だそうです。

※「八重干瀬とは」・・・
南北10Km、東西7Kmの海域に広がるサンゴ礁群が八重干瀬です。サンゴ礁(リーフ)の数は大小100を超え、海底地形は極めて複雑で、波当たりや潮の流れなど物理的な環境はとても多様です。古くから航海の難所として知られ、現在でも座礁する船が後を絶ちません。1797年に英国探検船・プロヴィデンス号も八重干瀬で座礁したことで知られています。
しかし池間島の漁師たちは、肌で複雑な地形を覚え、多様な環境の違いを的確に認識していました。豊かな恵みをもたらす八重干瀬を「海の畑(インヌパリ)」と呼び、漁場を特徴に応じて使い分けるために命名した140余りの地名を現在に伝えています。
八重干瀬は、豊かで美しいサンゴ礁生態系が広がっていることで知られていますが、観光で上陸する場所は大潮の干潮時に干上がる厳しい環境です。そのためそこに出現する生物は種類も数も限られています。

Dvc00583.jpg
上陸に備えてフェリーの乗組員がアンカーを打ちます。

Dvc00584.jpg
待ちに待った八重干潮に上陸です。

Dvc00585.jpg
珊瑚を傷めないように慎重に歩きます。

Dvc00586.jpg
場所によってはこんな深みも有ります。

1時間ほど散策して船に戻ります。楽しみにしていた「八重干瀬」観光も終了です。

帰りの船内では「泡盛」も振舞われ、ほろ酔いで16:30頃に平良港に帰還しました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時06分  [トラックバック(0) | コメント(2)

 人頭税石

8:30にホテルを出て、平良市街を徒歩で散策です。漲水石畳道、漲水御嶽、仲宗根豊見親の墓などを経て人頭税石に着きました。

P1000030.jpg
15才~50才でこの人頭税の計り石(143cm)より背が高くなると税を納めなければなりませんでした。慶長14(1609)年から明治36(1903)年まで続いたそうです。実に収入の8割が税金として徴収され人々を苦しめました。

「八重干瀬(やびじ)」観光の船は11時過ぎに出港なので、それまでの時間で港の近くを徒歩で観光です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 09時09分  [トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 30日 (木)

 夕食です

P1000029.jpg
今夜は宿泊先の「ホテルニュー丸勝」のレストランにて、伊勢海老御膳です。一人前に伊勢海老半身が付きます。お酒は現地の泡盛、「琉球王朝」。

沖縄料理には泡盛がよく合います。
posted by ひで at 18時36分  [トラックバック(0) | コメント(2)

 絶景ポイント、東平安名崎

P1000027.jpg
岬の北側は東シナ海!

P1000028.jpg
南側が太平洋です。

Dvc00579.jpg
平安名崎灯台の天辺まで96段の階段も登りました。

Dvc00580.jpg
東京まで1,843Km、札幌まで2,516Km。
posted by ひで at 16時06分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 雪塩手作り豆腐

P1000022-0.jpg
「みやこパラダイス」内の郷土料理店「みゃーくやー」にて、お待ちかねの昼食です。

鉄鍋に豆乳とニガリを入れてその場で豆腐を作ります。燃料が燃え尽きて少し置くと出来上がりです。ミネラルたっぷりの塩を利かせた味わいです。
P1000023.jpg

飲み物は「オリオンビール」と泡盛「琉球王朝」。

Dvc00572.jpg
食後は蝶々園と薬草ハーブ園「みやこパラダイス」を見学。

Dvc00573.jpg
池の中に淡水魚がいます。餌を投げ込むと集まってきます。

Dvc00574.jpg
温室の中には蝶が飛んでいます。

>>追記の開閉

posted by ひで at 12時15分  [トラックバック(0) | コメント(2)

 宮古島市総合博物館

まずは宮古島の歴史を勉強します。

P1000011-0.jpg
昭和40年代頃まで、一般の民家はこんな感じだったそうです。

Dvc00570.jpg
タクシーの運転手が説明してくれます。
posted by ひで at 11時03分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 宮古島到着!

P1000010-0.jpg
気温20℃、初夏の陽気です。予定より20分早く着きました。バスツアーだと不自由なので観光タクシーで島を巡ります。
posted by ひで at 10時36分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 いってきまぁ~す!

今年で喜寿を迎える親父殿のお祝いとして兄弟3人で両親を沖縄旅行に招待しました。
9年前に同じ様に「石垣島」を中心に「西表島」「波照間島」などを巡ったので、今回は両親が是非一度行ってみたいと云っていた「宮古島の八重干瀬」観光に行きます。

リムジンバスで羽田空港に着きました。前夜から羽田東急ホテルに来ている両親と空港で待ち合わせ。
7時10分発JTA21便で宮古島へ向かいます。
P1000007-0.jpg

>>追記の開閉

posted by ひで at 06時39分  [トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 29日 (水)

 「弦楽ファン」第4号

GTM01080175.jpg
第2号から買い始めて、第1号はバックナンバーで揃えました。本日、山野楽器のダブルポイントデーだったので第4号を買いました。1,470円(税込)

真面目に楽器を練習する気はしないけれど、なんとなく弾いてみたい時なんかにこの雑誌の楽譜から取り出して弾いてみることが有ります。

オリンピックで荒川さんが使用して以来「トゥーランドット」がすっかりメジャーになりましたね。
この曲を少し練習して何かの機会に弾いてみようかな?

今夜は早めに寝て明日は早朝から沖縄に向けて出発です。(楽しみ~!)
posted by ひで at 18時33分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 28日 (火)

 W.A.Mozart 「Le nozze di Figaro」~Overture

DVC00557.jpg
今夜はちょっと早く帰宅したので、せっかく送って貰ったオケの曲を練習してみる事にしました。

マーラーと芥川は譜読みをしないと手が出せないので、別のオケで以前一度ひいた事の有る「フィガロの結婚」序曲を弾いてみました。
一度弾いた曲と云っても、もう4年位前なので体はすっかり忘れています。

まだ、まっさらな譜面ですがこれから書き込みだらけになって行くんだろうな~?と思いながら2時間ほどゆっくりと弾いてみました。
この曲は何とかなりそうだけど、あとの二曲が難関です。

ヴィオラでオケのお誘いも有るけど、どうしよっかなぁ~?以前参加したオケでは8月の演奏会のお誘いも有るし・・・。

夜もふけてきたので、21時で楽器をしまって一杯やっている処です。お酒は昨日の記事に書いた「麗人」生きているにごり酒。

昼間は降らなかったけれど、今になって雨が降ってきました。
posted by ひで at 21時56分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2006年03月 27日 (月)

 「麗人」生きているにごり酒

DVC00537.jpg
先週16年ぶりに車山高原スキー場へ滑りに行った帰りに買ってきたお酒です。720mlで1,000円。アルコール分17度以上18度未満。本醸造タイプのにごり酒の様です。モロミは多めでかなりとろっとしています。さぼさんにお見せするために買った訳では有りません。(笑)

私にとっては「ちょっと甘め」の味わいでしたが、美味しいお酒でした。

土日で雪山へ遊びに行って昨夜も群馬の実家に泊まったので自宅付近の様子はわかりませんでしたが、今朝早く帰ってきたら周囲は桜が満開です。明日は雨が降るとの予報ですので早くも「花散らしの雨」になってしまうかも知れません。

木曜日からは沖縄へ行くので地元で綺麗に咲き誇った「桜」は見られないかも知れません。(帰った時には散っているかかも?)
posted by ひで at 23時12分  [お酒トラックバック(0) | コメント(4)

2006年03月 26日 (日)

 今期31日目「湯の丸スキー場~湯の丸高峰林道~池の平湿原~湯の丸スキー場」

P1000002-2.jpg
昨夜は湯の丸スキー場の駐車場で車中泊。6:30起床でお湯を沸かしカップ麺で朝食。第6駐車場へ移動し、7:30のリフト運転開始で回数券を買い、第6リフトに乗ってリフトの上から林道を歩いて池の平湿原へ向かっています。

当初、登山道を登るつもりでしたが道が良く判らないので判り易い林道を登ってきました。40分程歩いた林道上で小休止。

>>追記の開閉

posted by ひで at 08時21分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 25日 (土)

 クラストの斜面

P1000003-2.jpg
ブレーカブルクラスト、歯が立ちません。プルークで降りるのがやっとです。

Dvc00549.jpg
雪が良ければ楽しそうな斜面なのですが。

Dvc00548.jpg
雪の良い時に来るか、ジャンプターンが出来る様に練習してクラストの斜面を滑れる様にしてまた来てみたいです。
プルークや斜滑降&キックターンで鹿沢スキー場跡の中間より下まで降りると、雪が少し緩んできて何とかスキーらしくはなりました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 14時51分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 湯の丸山北峰山頂に到着!

Dvc00555.jpg
途中で休憩を取りながら約3時間半で山頂に着きました。写真は北峰から観た南峰です。今日も元気だビールが美味い!

Dvc00542.jpg
湯の丸山北峰の四等三角点、2098.6m。

Dvc00543.jpg
ビールは雪の上で回すとすぐ冷える!

Dvc00544.jpg
東側に観える景色は、左奥が浅間山、右手前が湯の丸スキー場の斜面。

Dvc00545.jpg
北には左に根子岳、右に四阿山。

Dvc00546.jpg
西には烏帽子岳。地蔵峠から烏帽子に登ってからここへ来たという登山のグループが2組来てました。
天気が良いので景色を眺めながら、ビールと缶チューハイ「氷結」を呑んで1時間を過ごしました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時27分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 今期30日目「旧鹿沢~角間峠~湯の丸山~旧鹿沢」

P1000005-2.jpg
5:00起床、5:15出発で5:50に所沢IC。高崎ICで関越道を降り、二度上峠を越えて9:00頃旧鹿沢温泉の鹿沢スキー場跡の駐車場にに到着。9:30過ぎに登り始め約1時間で休憩です。この山が湯の丸山です。
角間峠を経由して湯の丸山迄登り、旧鹿沢スキー場跡を滑って帰る予定です。途中で登頂を断念するかも知れませんが

>>追記の開閉

posted by ひで at 10時30分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 24日 (金)

 野沢温泉スキースクール、ツアー中止!

明日予定していた「野沢温泉スキースクール主催」の「スキーツアー・アニマルコース」は最小催行人数4名が集まらず中止になりました。
3月4日に申し込みをした時にも他には申し込みが無かったのですが、その後一人の申し込みも無かったと云う事になります。

先週の奥利根スノーアカデミー・奥利根バックカントリーキャンプは天候に拠るコースコンディション不良の為の中止でしたので仕方が無いですが今回は天気が良さそうなだけに残念です。

ゲレンデを滑る気はしないので、明日は自力で湯の丸山にでも登ってみようかと思います。
さて、どうなりますやら?
posted by ひで at 14時45分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2006年03月 23日 (木)

 ヴァイオリンレッスン312、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

さぁ、仕事を終えてヴァイオリンのレッスンに向けて退社しようとした所で外線電話。

初めての連絡を貰った代理店さんから製品の問い合わせ。
(もう帰るんだから明日にしてくれ~!っと思いながらの対応)
質問の内容があやふやで答えようが無い!
問い合わせに対し、例文を出して改めて問いをまとめてもらうようにお願いして電話を切りました。

ぎりぎり何とかレッスンに間に合う時間にオフィスを出られました。(やれやれ!)

さて、レッスン会場に到着し・・・。(先週のレッスンの後、一度も楽器ケースを開かずにレッスンに臨みました。)

ピアノでAを鳴らして貰い、調弦をしながら・・・。

先生:来週は「沖縄」ですよね。今週は練習して来れましたか?
私 :1週間全く弾けませんでした。
先生:飛び石連休で「スキー三昧」でしたか?
私 :いえいえ、土曜日は天気が悪くスキーは中止。久しぶりに昼間まで寝てました。
   スキーに行ったのは日曜だけで、一昨日はお墓参りです。
先生:それでは、E-durのスケールをやりましょう。

指慣らしにスケールを少々弾く。

先生:それでは、曲にしましょうか。

続けてレッスン曲を弾く。

先生:ちょっと危ない感じでしたけど、無理やり通して弾きましたね。
私 :楽譜を見落として何処を弾いているか判らなくなりました。
先生:それでも何とか通る様になりましたね。
私 :もしかすると「暗譜」できるかも知れませんね。
先生:暗譜が出来ると演奏に余裕が出来ますから頑張ってみて下さい。
私 :でも、難しいかな?
先生:後半の出来が悪いので、後半をもう一度弾いてみて下さい!
私 :そういえば「ヒラリー・ハーン」は後半を繰り返してました。
先生:この曲で後半を繰り返す演奏は少ないですよね。
私 :Bachの無伴奏ならこれを聴けって云うくらいのシェリングも繰り返しませんよね。
先生:そういえば学生の頃に恩師からバッハの無伴奏はシェリングを聴けってよく云われました。
私 :シェリングも良いけど私のお気に入りは「アーヨ」ですかね。
先生:アーヨって誰ですか?
私 :フェリックス・アーヨって知りませんか?ロベルト・ミケルッチの前のイ・ムジチの初代コンマスです
   よ!
先生:流石、私より一回り上だけあって昔の事はよくご存知ですね。
私 :先生が3歳でヴァイオリンを始めた頃には高校で合唱やってましたから。
先生:音楽的には先輩ですよね!
私 :それではもう少し敬ってください!
先生:でも、ヴァイオリンは私のほうが先輩ですよ!
私 :だから習っているんです~!
先生:今シーズンは時間的に無理ですけど来年はスキーを教えて下さいね!
私 :そのときには「レッスン料」戴きます。(笑)

それはさておき・・・。

先生:テンポが揺れるので「メトロノーム」を使ってもう一度弾きましょう。
私 :メトロノームに合わせるのは難しいですね。
先生:重音で移るのが難しいところで遅れ、単音走りがちですね。
私 :来週はお休みですので「イメージ・トレーニング」してきます。(笑)

今夜はこれで時間切れです。
posted by ひで at 23時25分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2006年03月 22日 (水)

 「豊盃」純米しぼりたて

DVC00534.jpg
1800mlで2,650円。華吹雪(弘前藤代産)麹55%掛60%精米、自社酵母、 日本酒度+2~+3、 アルコール度17~18。「外が濱」と一緒に弘前の従兄弟が送ってくれたお酒です。

東北のお酒らしい深い味わいのお酒で私の好きな物の一つです。今年も良い出来で美味しく戴きました。

製造元が小さな蔵なのであまり知られていないと思いますが、価格もお手ごろで美味しいお酒です。
posted by ひで at 22時40分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 第55期王将戦七番勝負第7局

羽生王将3連勝の後、佐藤棋聖が3連勝で迎えた決戦の第7局。昨日から新潟県佐渡市のホテル大佐渡にて開催されました。

振り駒で先手になった佐藤棋聖が優勢かと思われましたが、3連勝の後に4連敗は何としても避けたいと云う羽生王位が粘る佐藤棋聖を退け王将位を堅持。

佐藤棋聖を応援していた私としては残念でしたが、素晴らしい一局を堪能させて戴きました。
お二人の熱戦に感動を覚えました。

今夜、帰宅したらオケのパート譜が届いていました。すぐには譜読みする時間は有りませんが少しづつ読み進めていきましょう!
それにしても、マーラーの1番は難しそうです、音も高いのが多いしdiv.はどれを弾いたら良いのやら?
posted by ひで at 22時10分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 21日 (火)

 「八海山」カップ酒

P1000003-1.jpg
今日はお彼岸で墓参り、今回酒好きのご先祖様にお供えは最近新しく発売された「八海山」のカップ酒にしてみました。お線香をあげてお参りした後はお酒を美味しく戴きました。(笑)

寒くも無く暑くも無く、穏やかな陽気でお墓参りも楽チンでした。

WBC、何とか勝ちましたね。優勝おめでとうございます!

>>追記の開閉

posted by ひで at 15時06分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 20日 (月)

 「外ヶ濱」特別純米 生原酒 にごり酒

DVC00533.jpg
青森県の弘前に住む従兄弟から送って貰ったお酒です。最近は「田酒」が手に入りにくくなったとの事で最近は「田酒」が届きませんでした。「代わりに同じ酒蔵の搾りたてが手に入ったので送ります。」との事で先週末に届きました。

販売元の酒屋さんの紹介では、『名前は「田酒」ではありませんが「田酒」しぼりたての生原酒を春の霞の如く、まだ滓のからんだ状態で瓶詰めした、やや辛口の純米酒です。とろりとした口当たり、爽やかで切れの良い味わいは、「田酒」の新たな一面を発見することが出来ます。』だそうです。

にごり酒と云うよりは、私の好きな「うすにごり」の感じです。「田酒」の特別純米は酸味が気になりましたがこれは酸味を感じず呑み易いお酒でした。今夜はこのお酒と神戸の叔母が送ってくれた「いかなごの釘煮」でいい気分です。

アルコール分18度以上19度未満、精米歩合55%。購入すると1800ml 3,150円らしいです。ご馳走様、神戸の叔母様と弘前の従兄弟のY君!
posted by ひで at 22時23分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 TAJ News No.86

DVC00536.jpg
毎回楽しみにしているTAJニュース、昨日帰宅したら届いていました。

今シーズンのイベントのレポートが盛り沢山!先月参加した「裏磐梯」のレース結果なども記載されていました。
今回はビギナーレースでしたので私のリザルトは載っていませんが、来年はポイントレースに参加して20位以内で名前が載るように頑張ります!(まだ無理か?エヘヘ!)

裏磐梯のポイントレースのスタートエリアで見かけた「橋谷水樹君」(木風舎の橋谷晃さんの息子さん)の記事も楽しく読ませて戴きました。水樹君はその時のレースでは数少ない「7tmビンディング」のユーザー、同じ「7tmユーザー」として若きレーサーにこれからも期待したいものです。

私が初めて「テレマークスキー」を習った「奥利根スノーアカデミー」で教わった大嶋次郎さんが書いた「ノーエッジテレマークのススメ」も楽しませて戴きました。大嶋さんは先シーズンの終わり頃に鎖骨骨折の怪我を負われ、今シーズンは水上奥利根で教えを請う事は叶いませんでしたが来シーズンはまたお世話になりたいものです。

皆さんに募金のご協力をお願いしていた「トリノパラリンピック」はオリンピック以上のメダルは合計9個(金2、銀5、銅2)で、1998年の長野大会に次ぐ冬季パラリンピック過去2番目の成績を収めました。
金メダル1個、銀メダル2個を獲得した大日方邦子選手の頑張りは賞賛すべきものです。

募金のお願いは「スペシャルオリンピックス」に代わりました、これからも宜しくお願い致します。

WBCではメキシコの頑張りで思いも寄らず予選を通過した日本チームが3度目の正直で韓国に勝利し、明日がキューバと決勝ですね。タナボタの決勝進出ですがここまできたら是非頑張って優勝してもらいたいものです。

将棋の第55期王将戦七番勝負の第7局が明日から行われ明後日の夜には結果が出ます。羽生王将が防衛するか、佐藤棋聖が3連敗の後の4連勝と云う将棋界初めての大逆転を達成するか?楽しみです。

明日は「墓参り」以外に気になる事が多すぎです。(ご先祖様御免なさい!)
posted by ひで at 21時58分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 MOSTLY CLASSIC MAY 2006

20060320175638.jpg
毎月新聞と一緒に届く雑誌です。

今回の特集は「すべてはサントリーホールから始まった。」
サントリーホールが出来てからもう20年も経ったとは、月日の流れるのは早いものです。
ワインヤード式のホールという物にそれまでお目にかかった事がなかったので、初めて会場に足を運んだときはすごく新鮮だった記憶が有ります。
指揮者を正面に観て演奏を聴いたのも、このホールでイスラエルフィルを指揮したズービン・メータでした。あのP席で演奏を聴くと自分が演奏者になったような錯覚に陥ります。

久しぶりにサントリーホールで音楽を聴きたくなりました。
posted by ひで at 18時13分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2006年03月 19日 (日)

 今期29日目「車山高原スキー場」

どこへ行っても天気が悪そうなので、タダ券の有る車山に来ました。志賀高原へ行くよりは大分近いので5:00起床5:15出発、韮崎で刻んで諏訪南~大門街道で7:30車山高原スキー場に到着。第1駐車場は満車でそのすぐ下の駐車場に車を止めました。

DVC00535.jpg
リフト券引換券をリフト券売り場で1日券に交換、無料なので券に価格が入っていません。

霧で視界不良です。16年ぶりに来たスキー場なので前が見えないとコースの記憶もあやふやで滑れません。1本滑ってあまりの視界の悪さに閉口して「燗番娘」を1本飲んで休憩。

P1000002-1.jpg
少し霧が晴れたので再び滑りに行き10本程滑った処でレストハウスがオープンしたので休憩、ソルティードックにシュウマイと鳥の唐揚げ。
レストハウスの中からリフト乗り場付近を写した画像です。画面上の明かりは室内の照明が硝子に反射したものです。

>>追記の開閉

posted by ひで at 09時33分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 18日 (土)

 奥利根バックカントリーキャンプ中止!

本日予定されていた水上奥利根スキー場の奥利根スノーアカデミーテレマークスキースクール主催のバックカントリーキャンプは、木曜日に大雨が降りコース状況不良により中止になりました。

代りに自力で「志賀草津ツアー」と思っていましたが志賀高原のサイトを見ると、志賀高原観光協会主催の「志賀万座ツアー」が新雪による表層雪崩の恐れ有りとの事で中止になっていました。草津まで行ってゲレンデを滑るのでは面白くないし、毎週滑って疲労がピークに達しているので今日はお休みにしました。久しぶりに7時過ぎに朝食を食べ、朝の惰眠をむさぼり11時半に昼食。スキーの道具を整理し、午後も昼寝。ようやく起き出してこれから一杯です。

明日の「志賀草津」は志賀高原観光協会も中止にしたので、「湯の丸山」でも行ってみて状況が良ければ山に登り悪ければゲレンデ練習にでもしようかと思います。
posted by ひで at 15時40分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2006年03月 17日 (金)

 「黒龍」吟醸 吟十八号

DVC00532.jpg
毎年楽しみにしているこの季節のお酒、以前は地元福井県の酒屋さんから取り寄せていましたが、昨年から近所の専門店「中久本店」さんでこの銘柄を扱う様になり簡単に手に入る様になりました。

1800mlで2,730円、使用米:五百万石100%、アルコール分15度以上16度未満。「その年十八番目の醪を搾る頃には、酒造りもいよいよ本番を迎えます。吟醸酒を敢えて生のまま瓶詰めし、吟十八号と名付けました。」(裏ラベルより)

なんだか例年よりちょっとアルコールが浮いた感じがします。

瓶の肩に掛かった札には「お願い  このお酒は火入れ(加熱殺菌)を行っていない生酒です。冷蔵庫にて保存し、お早めにお召し上がり下さいませ。開栓後も冷蔵保存の上、五日以内にお召し上がりいただき、生酒特有の新鮮さをお楽しみ頂くことをお薦め致します。」と書かれていますが少し寝かせた方が円やかになりそうな気がします。

明日の朝も早いので、今夜は程ほどにしておきます。
posted by ひで at 19時17分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 16日 (木)

 ヴァイオリンレッスン311、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

今日は静岡県へ日帰り出張、帰りは小田原に立ち寄り(忘れずに「新島くさや」も買いました)17:26発のロマンスカーで帰って来ました。

一旦楽器をとりに帰宅して何とかレッスンに間に合いました。(やれやれ!)

何時もの様に調弦しながら世間話を・・・。

先生:先週のレッスンの後は練習出来ましたか?
私 :一昨日と昨日、1時間づつ位は弾きました。体が忘れない程度弾いただけですね。
先生:オケはどうなりそうですか?
私 :「フィガロ」を1stでやった事が有ると連絡したら、全曲1stになりそうです。
先生:マーラーの1番と、他は何ですか?
私 :芥川也寸志の「交響管絃楽のための音楽」です。
先生:どんな曲でしたっけ?
私 :そう云うだろうと思ってCDを持って来ました。お貸しします。
先生:珍しい物を持ってますね。
私 :卒論が「芥川龍之介の作品論」だったので、芥川也寸志さんには興味があるんです。
   このために買った訳では有りません。 
先生:大学では文学部だったんでしたっけ?
私 :音楽学部だったら今ごろこんなに苦労してませんよ!(笑)
先生:では、音楽を始めましょうね。

レッスン曲を先ずは一回弾くと、最後で左手が思う様に動かなくなり止まってしまいました。(残念!)

先生:最後は惜しかったですね、でもいきなり弾いてここまで弾ける様になったのは進歩ですね。
私 :きちっと弾ける処と、そうでないところがはっきりしてきました。
先生:全体の表現が良く出来て来ましたね。音量の変化が付いてきました。
私 :2ポジのところが音程が不安定ですかね?
先生:2ポジに上がる時は良いのですが、3ポジから下がる時に下がりきらないかな?
私 :左手の親指の位置が下がりきらない感じでしょうか?
先生:その通りです、親指以外と親指が同じポジションになっていない感じですね。
私 :それが全体の音程の怪しさの原因ですね。

音程の怪しい部分を取り出して部分的に弾いてみると・・・

先生:細かい部分で上手く繋がらない処が有るのでその辺を重点的にさらってきて下さい。
私 :弾きにくい処を後回しにしているのがいけないのでしょうか?
先生:弾けない、弾きにくいを中心にさらって来て下さい。そうすればそろそろ仕上げに入れますよ!
私 :早く仕上げないと秋には「発表会」と「演奏会」で苦労しそうです。
先生:オケもソロも成功させるようにしっかり練習して下さいね!
私 :後2ヶ月でスキーシーズンが終わるので、それから頑張ります!
先生:もう、ご自身で判ってきていると思いますがテンポが揺れない様に注意して下さい。
私 :もう一度メトロノームを動かして譜面を読み直して見ます。
先生:全てを譜面どおりで弾く必要は有りませんが表現として速さを代えるなら根拠が必要です。
私 :今のは表現ではなく、弾き難さで早さが揺れています。まだまだ修行が足りません。

楽器を片付けながら・・・

私 :だいぶ「弦」がくたびれてきたので近いうちに交換したいな!
先生:Bachの無伴奏を発表会で弾くのはもう少し落ち着いた音の弦が良いですね。
私 :そうなると「オブリガート」ですかね?
   好きなのは「エヴァ・ピラッツィ」なんですがね。
先生:その楽器は「エヴァ・ピラッツィ」が良く鳴る感じでしたよね。
私 :9月のソロの発表会と10月のオケの演奏会の両方で使える弦を探してみます。
先生:今週末は山の天候が不安定みたいなので気を付けて下さいね。

今週の先生の言葉には嫌味が有りませんでした。私の出来が良かったからかな?(笑)

将棋のÅ級順位戦のプレーオフ「羽生三冠対谷川九段」が気になっていましたがどうやら谷川九段が勝ったようで、同年代として嬉しいです。是非名人戦で頑張ってもらいたいものです。
此処のところ調子を落としている羽生三冠、21、22日の王将戦はどうなりますでしょうか?
posted by ひで at 23時38分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2006年03月 15日 (水)

 岳人 APRIL 2006

20060315141834.jpg
岳人 4月号、800円(税込)
山スキーの記事が有ったので先月に続いて購入しました。第2特集の「温泉をベースにして山スキーを楽しむ」を読むのが目当てです。

「渋峠~芳ヶ平」の記事には先週お世話になった黒川春水さんの滑走シーンも出ています。
今度の週末は、土曜日に「奥利根スノーアカデミー」の「奥利根バックカントリーキャンプ」に参加予定。日曜日は草津スキー場のリフト、ロープウェイで逢の峰まで登り「逢の峰~芳ヶ平~渋峠~芳ヶ平~天狗山」のツアーを計画中なのでこの記事は参考になります。

山の中でビンディングが壊れたときに困らない様に「Backcountry Kit」なる補修用部品も買ってきました。
20060315150750.jpg
セットで6,300円(税込)。先週のオフピステレッスンで春水さんが「G3のビンディングはたまにテールピースが割れる事が有る」と云っていたので春のツアーシーズンを前に準備しました。
週末が楽しみです。
posted by ひで at 14時51分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 14日 (火)

 オケの曲を予習?

昨夜は週末の疲労が溜まっていて、いつもの月曜日と同じ様に楽器を弾く気にはなれませんでした。

何人かの方々に「オケ復帰が出来そう」とコメントさせて戴きましたが、正確には今まで参加したオケに復帰するのではなくて別のオケに参加する事が決まりそうになりました。
自宅から歩いて行ける距離に練習場が有るのと、活動時期が3月から10月なので冬のスキーが存分にできるのが魅力です。

今日はちょっと余裕が有ったので何時ものレッスン曲を少々、重音とトリルを重点に。

上手く行かずに飽きてきたので、参加予定のオケで演奏曲の「フィガロの結婚序曲」をちょっとかじってみました。以前一度Vn1で弾いた事が有るのでパート譜を引っ張りだして弾いてみました。(難しくて嫌になりましたけど)

そういえば、モーツァルトが今年で生誕250年ですが信州野沢温泉の「野沢菜」も今年で生誕250年だそうです。(野沢温泉のHPで知りました)

今夜は「野沢菜」をつまんで「モーツァルト」を聴きながら昨夜の残りの「にごり酒」を呑む事にします。
本当は「モーツアルト」聴かせて醸造された福島・小原酒造の「蔵粋」か、奈良・澤田酒造の「モーツァルト物語」でも呑むのが良いのでしょうが。
近いうちにまたモーツァルトを聴かせて醸造された「音楽醸造酒」でも買いましょうかねぇ~?
posted by ひで at 21時43分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)

2006年03月 13日 (月)

 「菊姫」普通酒 にごり酒

DVC00525.jpg
今朝は4時起きで先週と同じ様に4:20実家発5:50に帰宅しました。雪が舞う中関越道を走って来ました。夕方にも少し雪が舞いました。
暖かくなってきたと思ったらまた冬の寒さに逆戻りです。今度の土曜日は水上スノーアカデミーの奥利根バックカントリーキャンプです。良い雪と良い天候に恵まれる事を期待したいものです。

最近まで「にごり酒」はあまり得意では無かったのですが、色々呑んでいるうちにはまってきました。さぼさんの所為かも?(笑)

これは先週金曜日の帰宅途中に中久本店さんで買ってきました。1800mlで2,000円。「菊姫」お得意の山廃仕込、原料米は兵庫県吉川町産特A山田錦100%使用。

山廃のにごりにしてはあっさりしているなと思ったら、アルコール分が14度以上15度未満と低めなのと普通酒なので醸造用アルコールの比率が高いせいでしょうか?

山の雪が融けた頃に「オケ」復帰の目処が立ってきました。夏も忙しくなりそうです。(笑)
posted by ひで at 21時15分  [お酒トラックバック(0) | コメント(4)

2006年03月 12日 (日)

 「八海山」しぼりたて原酒 生酒

P1000027-8.jpg
朝から降った雪が10cmほど積もりました。15時50分にロッジを出発、麓の上林までは路面に雪が残っていました。高速道路走行中も上田辺りまでは雪が舞う天候でした。途中で給油し18:40過ぎに群馬の実家に着きました。今回の燃費は驚異的な良さ、11.1km/Lでした。とても3L車とは思えない!

風呂に入ってから軽く一杯です。

1800mlで3,364円、去年の12月に新潟の酒屋さんから送ってもらいましたが少しアルコールが浮いた感じがするとの事で3ヶ月寝かしてみました。
落ち着いた感じになってきたような気がします。もう一本預けたのを夏に呑むのも楽しみです。
posted by ひで at 19時00分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

 石の湯ゲレンデ跡にてオフピステ練習

P1000026-5.jpg
午後からは石の湯ゲレンデ跡でオフピステ滑走の練習です。

一旦薄日が射しましたが、再び雪が降り出し気温が下がってきて午前中の湿った雪で濡れたウエアが凍ってきました。
私は濡れたグローブをスペアに換えましたが、予備を持ってきていない人は手が冷たく辛そうでした。

ジャンプターンの練習を中心に行いましたが、中々上手く行きません。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時45分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 今期28日目「志賀高原オフピステ」

P1000025.jpg
先ずは熊の湯第1リフトを登り、笠岳スキー場の斜面を滑って笠岳ホテルの脇で一旦板を外して笠岳キャンプ場に向かいます。

キャンプ場の広場で板にシールを貼りオフピステレッスンの始まり。雨にならないぎりぎりの、重い湿雪が降っています。

こんな雪はシールに貼り付くのでシールワックスを塗りましょうとインストラクターの春水さんからのアドバイス。
我々は事前にスプレーワックスを塗ってあるので現場で固形ワックスを塗る必要は有りません。こんな悪天候の時こそ事前の準備が物を云います。

>>追記の開閉

posted by ひで at 09時18分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 11日 (土)

 熊の湯第2リフト上で休憩! 

P1000024-5.jpg
テレマークは板を脱ぐと履くのにアルペンより時間がかかるので新しい休憩方法を開発しました。(笑)

段差のある所を見つけて板を横にして腰掛けてから、足を振り上げテールを雪に突き刺します。これで板を履いたまま雪の上に座る事が出来ます。

レッスン中の春水さんに見つかり「激写」されました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 14時30分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 リバーサイドホテルの石焼きピザ

P1000023-5.jpg
このボリュームで1500円です。注文を受けてから焼き上げる本格派、美味しく戴きました。食いしん坊なので一切れ食べてから撮影のです。(笑)
これは何種類かあるうちの「きのこピザ」。

11:30に入ったので他に数組がいるのみで、ピザを運んでくれましたが12時を過ぎると混雑してきて焼きあがると呼ばれて取りに行くようになりました。
posted by ひで at 11時48分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 今期27日目「志賀高原スキー場」

P1000022-4.jpg
4:00起床、4:20出発で8:00に到着。道路の雪は殆ど無くなっています。すっかり春スキーの雰囲気。

明日のオフピステレッスンに備えて熊の湯ゲレンデで練習です。泊まりは「石の湯ロッジ」。
ロッジ主催のネイチャースキーツアーに参加する予定でしたが、ガイドさんが怪我を負った為に中止、同じ宿を使いテレマークスキーのレッスンを行うダイアモンドダストの黒川春水さんにお願いして混ぜてもらいました。

今日のレッスンは満員なので「フリー参加」です。レッスンを行っている回りでちょろちょろ滑って、たまにワンポイントアドバイスを戴きます。

>>追記の開閉

posted by ひで at 09時45分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 10日 (金)

 「駿」純米酒 生酒

DVC00524.jpg
アルコール分15度以上16度未満、精米歩合60%。1800mlで1,995円はお買い得。最寄駅近くの「中久本店」さんでお勧めの一本を買ってきました。

一升2,000円以下でも美味しいお酒は有るものです。純米らしく味わい深いお酒です。明日も滑りに行く為に朝が早いので呑み過ぎないように注意です。(笑)

カーリングの「チーム青森」が中学生に負けた!なんてのがニュースになっていますが、アルペンスキーワールドカップ焼額山大会のニュースは聞こえてきません。先日のオリンピックで皆川選手が4位に入賞した種目なのに何という注目度の低さでしょう。

イタリア・トリノではパラリンピックが始まりました。日本選手はオリンピックよりもメダルが期待できそうな気がします。
posted by ひで at 18時21分  [お酒トラックバック(0) | コメント(3)

2006年03月 09日 (木)

 ヴァイオリンレッスン310、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

今日は一日中デスクワークでパソコン画面を見つづけていたので眼に疲労がたまっています。こんな日は楽譜がとっても見難いですね。そんな状況ですが頑張ってレッスンに行ってきました。

先ずは調弦をしながら何時もの様に世間話。

先生:スキーシーズンも残り少なくなってきましたね。
私 :でもまだ2ヶ月は有りますよ。
先生:そういえば毎年ゴールデンウィーク明けまでは滑りに行ってますね。
私 :時間が勿体無いから弾きますよ!レッスン以外殆ど弾けないから。
先生:では、すぐに曲にしましょう。

一回弾いて見ると・・・

先生:きちっと弾けないところは何時も同じですね。
私 :昨日、出来の悪い所を中心にさらったつもりですがまだまだですね。
先生:では後半をもう一度やりましょう。

繰り返しの後の後半を弾くと・・・

先生:前半に比べて後半の出来がまだまだなので、前半は忘れない程度にしてこれからは後半を中心にやりましょう。
私 :後半から練習を始めれば良かったかな?重音のトリルと3、4重音の部分が弾きにくいですね。
先生:それから一番最後のオクターブの重音は決めたいですね。
私 :本番では後半は繰り返さないつもりですが、そこを失敗したら繰り返すかも知れません。

トリルの所を取り出してもう一度弾くと・・・

先生:この辺が綺麗に弾けるともっと良いですね。頑張って下さい!
私 :山に雪が無くなったら、しっかりさらいますからもう少し待って下さい。(笑)まだ時間が有るからもう一度弾きますね。

後半をもう一度弾く。

先生:そういえば、ちゃんと立って練習してますか?
私 :まだ炬燵で胡坐です。
先生:せめて椅子に座って足先だけ炬燵に入れるくらいにして下さい。(笑)
私 :そんな面倒なことをする位なら立って弾きますよ!
先生:ではこれからはちゃんと立って弾いて下さい!

今週も最後に先生に一本とられてしまいました。(笑)
posted by ひで at 22時52分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)

2006年03月 08日 (水)

 今夜はヴァイオリンの練習!

先週木曜日のレッスンの後、楽器ケースを閉じてから一度も開いていませんでした。

次のレッスンまでに個人練習が出来ない状況だとレッスンを休もうとか一時中断しようとか思う方も居られる様ですが、私の場合は「レッスンに出る」事が一つの目標であり、レッスンが有るからこそ8年続いたと思っています。

金曜日は翌日スキーの為に早寝するのでヴァイオリンは封印、土日は雪山なので当然の事ながら楽器は無し。月曜日は疲労困憊で昨日は出張。
今夜、ようやく少しだけ弾く時間がとれました。

今夜の練習は「弾けなくて誤魔化しているところを拾い出す」という、自分に対して「鬼」になるべくをやってみました。

重音の部分で上の音が「トリル」になる処とか、きっかけになる部分が無く重音で左手が動く部分とか時間が少ない分、内容が濃い様に自分なりにハードルを高くしてみたつもりです。

結果は、巧く出来ないけれど楽器を弾いた気にはなりました。
明日のレッスン、頑張ろう!

今は、呑みかけのお酒が色々有ったので少しずつ呑んでいい気分です。
posted by ひで at 22時49分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2006年03月 07日 (火)

 第55期王将戦七番勝負第6局

羽生王将(四冠)の3連勝の後、佐藤棋聖が巻き返し2連勝を受けての第6局が昨日から行われていました。

今回の王将戦はWeb中継が無いのでどうなったか出張帰りの列車の中では確認できず気になっていました。

結果は午後6時55分、111手で挑戦者の佐藤棋聖が羽生王将を破り、対戦成績を3勝3敗としました。
注目の第7局は21、22の両日、新潟県佐渡市のホテル大佐渡にて。

七番勝負で3連敗の後、4連勝となると将棋界で初の大逆転となります。ここまで来たら「ヴァイオリン弾き」の佐藤棋聖に頑張って貰いたいものです。
posted by ひで at 22時05分  [将棋トラックバック(0) | コメント(2)

 「岩波」本醸造生酒

P1000011-5.jpg
今日は松本へ出張、仕事を終えて17時18分発の「あずさ32号」で帰ります。
松本の地酒を選んでみました。アルコール分19度以上20度未満の原酒です。720mlで1,155円。

塩尻と違って、酒屋さんの隣に惣菜屋さんが有るので「乾き物」ではなくまともな「つまみ」が手に入るのが松本の良い所です。

ところが、週末に遊びすぎて疲労が溜まっているため1合半呑んだ処で眠くなってしまいました。甲府から八王子まで熟睡してました。
posted by ひで at 17時18分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 06日 (月)

 「名倉山」純米吟醸 月弓かほり

DVC00511.jpg
福島の酒屋さんから送ってもらったお酒です。アルコール分15度以上16度未満、精米歩合55%。1800mlで2,310円、純米吟醸としてはお買い得です。

華やかな香りが、深い味わいを引き立てます。土日に呑み過ぎたので今夜は2合でやめておきました。(笑)

この瓶の首に「和らぎ水」のすすめ。と書かれた札が掛かっていました。

「和らぎ水」とは・・・日本酒と一緒にときどき飲む水のことを和らぎ水といいます。

日本酒とときどき水で・・・
1、深酔いせずに爽やかに
2、翌朝の酔い醒めスッキリ
3、お酒がより美味しく感じる
と言う様な効果が得られるはずです。
どうぞおためし下さい。

と、云う事だそうです。皆様、お試しあれ!

そういえば、大阪のお好み焼き屋さんや横浜のうなぎ屋さんでお酒と一緒にコップ1杯の水を出してもらった記憶が有ります。
posted by ひで at 22時43分  [お酒トラックバック(0) | コメント(7)

2006年03月 05日 (日)

 横手山スキー場

P1000007-7.jpg
ミニツアーを終えて「筍丼」を食べた後に横手山のゲレンデを滑りました。天気が良くて気持ち良いです。

Dvc00522.jpg
第2ゲレンデを滑走!山と違って楽チンです。

Dvc00523.jpg
14:30まで滑って終了です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 14時24分  [スキートラックバック(0) | コメント(4)

 今期26日目「鉢山ツアー」

昨夜、宿屋の方々と呑んで語って楽しい一時を過ごしましたがお陰様で久しぶりに二日酔いです。(笑)

今日はのんびり横手山の第6リフトから鉢山のへりを滑って横手山第1リフトに戻るミニツアーに行って来ました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 12時27分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 04日 (土)

 「乾坤一」特別純米辛口

P1000004-8.jpg
横手山本荘につきました。部屋で軽く一杯です。

夕食後に後には、お宿の女将さんとスタッフのけんごさんを交えてのみ直し。後から他のお客さんも参加。呑みすぎました。(笑)
posted by ひで at 15時51分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

 快晴です!

P1000003-0.jpg
昨日、降雪が有ったとの事で山が綺麗です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 10時33分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 今期25日目「志賀高原スキー場」

P1000002.jpg
4:00起床で4:20出発、7:50に焼額山の志賀高原プリンスホテル西館に到着。今日明日の二日間、志賀高原の焼額山でTAJ(日本テレマークスキー協会)主催のバックカントリーフェスティバルが開催されます。イベントは申し込みませんでしたが新製品の試乗会だけでも参加しようと思ってやってきました。  
posted by ひで at 08時45分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2006年03月 03日 (金)

 第64期A級順位戦最終局

今日は「将棋界の一番長い日」と云われるA級順位戦の最終局が一斉に行われています。

対局は(左が先手)
①羽生四冠×⑨森下九段
②藤井九段×③久保八段
⑥丸山九段×⑧鈴木八段
⑦三浦八段×④佐藤棋聖
⑩郷田九段×⑤谷川九段

森内俊之名人に挑戦するのは順位1位の羽生四冠か順位5位の谷川九段か?私としては同年代の谷川九段に頑張って貰いたいところです。
どちらかが勝って、もう一方が負けると勝った方が挑戦ですが双方勝つか、双方負けると同率でプレーオフ。挑戦者決定戦を見たい気もしますが、どうなることでしょうか。A級順位戦の先手の勝率が6割なので羽生四冠が若干有利か?

降級の可能性が有るのが順位3位の久保八段と順位8位の鈴木八段(二人とも2勝6敗のため勝っても三浦八段と森下九段が勝った場合には降級)、順位7位の三浦八段と順位9位の森下九段(勝てば自力で残留、負けた場合は他の棋士の勝敗次第)。とにかく絶対負けられない一戦であることは確か。

比較的気楽なのは挑戦権も降級も関係無い順位2位の藤井九段(3勝5敗9、順位4位の佐藤棋聖(4勝4敗)、順位6位の丸山九段(4勝4敗)、順位10位の郷田九段(5勝3敗)ですが次期の順位がかかっているので簡単に負けるわけにはいきません。

22:00から明日の1:30までNHKBS2で中継が有る(今の時間も放送しているはず)のですが、明日もスキーに行くので見ているわけにも行かずどうなることやら気をもみながら寝ることになりそうです。

桃の節句ですが一足早く「桜」を咲かせてみました。(笑)
決して「狂い咲き」では有りませんよ~!
posted by ひで at 17時54分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2006年03月 02日 (木)

 ヴァイオリンレッスン309、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

今日は長野へ出張、何とか16:17長野発の「あさま538号」に乗って帰って来ました。列車の中ではビールを開ける「プシュ!」ってな音が其処此処で聞こえ、なおかつ「サキイカ」の匂いなんかが車内に充満しましたが今夜はヴァイオリンのレッスンなので我慢です。すきっ腹にはこたえます。(笑)

一旦帰宅して楽器を持ってレッスンへ、ぎりぎり間に合いました。

メトロノームを使って練習するようになり、音符の長さに関しては間違いが無い様に弾ける様になったと思います。

さて、今日のレッスンです。

ピアノでAを鳴らしてもらい、調弦しながらいつもの様に世間話。

先生:先週末もスキーに行ったのですか?
私 :はい、初めてテレマークのレースに出てきました。
先生:レースって、旗が立っている所を滑るやつですか?
私 :そうですよ。でも難しくて、何とか完走できた程度です。
先生:ではヴァイオリンはあまり弾いていませんね。
私 :一昨日と昨日で延べ3時間くらいですね。
先生:では、スケールで軽く指慣らししましょうか。

E-durの2オクターブスケールを5往復。

先生:では曲にしましょうか。
私 :重音の弾き方を研究してきたのでちょっと良いかも知れませんよ!(自信を持って)

曲を一回弾いてみると・・・。   

先生:重音が良く響くようになりましたね。
私 :でしょう?3重音を二つずつに左手も分けて押さえる様にしてみました。
先生:3音同時には弾けないのですから右手のずれに左手を上手く合わせると綺麗に響くはずです。
私 :後半で疲れてくると音程が怪しくなってきますね。
先生:ご本人に先に云われてしまうと私の立場が無いですね。(笑)後半をもう一度弾いてみて下さい!

音程とトリルに気を付けて弾いてみました。

先生:D線2の指でA音、G線4の指のFisの部分でのFisが低めですね、気を付けて下さい。
私 :左手の肘をしっかり曲げないと押さえられませんね。
先生:それから、右手の動きが小さくなる時が有るのが残念です。
私 :右手の動きが小さいのは普段は「炬燵」にあぐらをかいて「ノートパソコン」を譜面台代わりに弾いているからですかね?
先生:え?そんな状態で弾いているのですか?
私 :だって、寒いの嫌いだから。
先生:部屋は暖房しているんでしょ?
私 :それでも「炬燵」に入ると暖かいですから。それと、メニューヒィンがインドの「シタール」奏者と床にあぐらをかいて向かい合って合奏している映像を見て以来、あぐらをかいても弾けるかなと思って挑戦しているんです。右手を大きく使うには体を仰け反らさなければなりません。
先生:気持ちは判りましたがこれからはちゃんと譜面台を立てて、立って弾くようにして下さい。

最後にもう一度後半だけ弾く。

先生:後はヴィヴラート、単音ではそこそこ掛かっているので重音の部分で旋律になる方の音だけでもかけられる様に頑張って下さい。
私 :気にしている事をズバッと云いますね!(笑)やってみます。でも3月の週末は全部滑りに行くので期待しないで下さいね。
先生:足は怪我しても良いけど、手の怪我の無い様にして下さいね。

今週も最後に先生に一本とられました。(笑)
posted by ひで at 23時12分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)
| ブログトップ | 次のページ>>

カレンダー

<<02月 | 2006年03月 | 04月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。