FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年03月 31日 (金)

 八重干瀬(やびじ)

Dvc00582.jpg
池間島の北方約16キロにあるサンゴ礁。大潮にあたる旧暦3月3日の頃、干潮時の3日間だけ陸地の様に海面上に現れます。今回の旅のメインイベントです。

今年は昨日から明日までの3日間だけ、1日500人だけ限定で上陸できます。
普段はダイビングスポットとして人気の場所だそうです。

※「八重干瀬とは」・・・
南北10Km、東西7Kmの海域に広がるサンゴ礁群が八重干瀬です。サンゴ礁(リーフ)の数は大小100を超え、海底地形は極めて複雑で、波当たりや潮の流れなど物理的な環境はとても多様です。古くから航海の難所として知られ、現在でも座礁する船が後を絶ちません。1797年に英国探検船・プロヴィデンス号も八重干瀬で座礁したことで知られています。
しかし池間島の漁師たちは、肌で複雑な地形を覚え、多様な環境の違いを的確に認識していました。豊かな恵みをもたらす八重干瀬を「海の畑(インヌパリ)」と呼び、漁場を特徴に応じて使い分けるために命名した140余りの地名を現在に伝えています。
八重干瀬は、豊かで美しいサンゴ礁生態系が広がっていることで知られていますが、観光で上陸する場所は大潮の干潮時に干上がる厳しい環境です。そのためそこに出現する生物は種類も数も限られています。

Dvc00583.jpg
上陸に備えてフェリーの乗組員がアンカーを打ちます。

Dvc00584.jpg
待ちに待った八重干潮に上陸です。

Dvc00585.jpg
珊瑚を傷めないように慎重に歩きます。

Dvc00586.jpg
場所によってはこんな深みも有ります。

1時間ほど散策して船に戻ります。楽しみにしていた「八重干瀬」観光も終了です。

帰りの船内では「泡盛」も振舞われ、ほろ酔いで16:30頃に平良港に帰還しました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時06分  [トラックバック(0) | コメント(2)

 人頭税石

8:30にホテルを出て、平良市街を徒歩で散策です。漲水石畳道、漲水御嶽、仲宗根豊見親の墓などを経て人頭税石に着きました。

P1000030.jpg
15才~50才でこの人頭税の計り石(143cm)より背が高くなると税を納めなければなりませんでした。慶長14(1609)年から明治36(1903)年まで続いたそうです。実に収入の8割が税金として徴収され人々を苦しめました。

「八重干瀬(やびじ)」観光の船は11時過ぎに出港なので、それまでの時間で港の近くを徒歩で観光です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 09時09分  [トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<02月 | 2006年03月 | 04月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索