FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年04月 27日 (木)

 ヴァイオリンレッスン315、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure

先週がレッスン無しの週でしたので、2週間ぶりのレスンです。
はたして先生は「宮古島」へ遊びに行ったのでしょうか?

さて、ピアノでA音を鳴らしてもらって調弦から。弦がくたびれてきて合い難くなってきました。

先生:ヴァイオリンを弾くのは2週間ぶりですか?
私 :先週の火曜日と今週の月曜日に少しずつ弾きました。
先生:ではいきなり曲を弾いてみますか?

曲を弾き出すと意外と良い感じでしたが、繰り返しの後の後半で止まってしまいました。

先生:良い感じだったのに惜しいですね。
私 :爪が伸びているのを切ってこなかったので重音が上手く押さえられません。
先生:爪が伸びてくると単音はまだしも、重音は難しいですよね。
私 :とりあえず後半からもう一度弾きます。

気を取り直して後半から弾く。

先生:演奏時間は大体5分弱ですね。発表会ではちょっと短くないですか?
私 :この曲が早めに仕上がったら次の曲もやってみる事にします。
先生:では、この曲を仕上げていきましょう。そろそろ「詰め」段階ですよ。
私 :それより「爪」を切って来るべきでした。(笑)
先生:「詰め」と云う前に「爪」を切ると云う「基本」ができていませんでしたか。(笑)

音程に注意しながらもう一度弾くと・・・。

先生:G線のAisが低いですね。それからD線2指でAの時のG線4指のFisが低めです。
私 :前者はポジション移動が上手く行ってないからですね、たぶん。
先生:その前の3ポジ単音のから1ポジの重音に下がる時に下がりきってない感じです。
私 :指板をみて、左手指の位置を確認しながら弾くとかなり合いますね。
先生:やっぱり、暗譜出来る様にしましょう。
私 :今までは「雰囲気」で弾いていましたので、これからは音程や和声の響きにもっと注意します。

といった処で本日は時間切れです。

楽器を片付けていると・・・。

先生:「ナッツ」なんて食べます?
私 :え?なんですか?
先生:実は「宮古島」へは予約が取れずに「グアム」へ行ってきました。これ、お土産です。
私 :何ですか?
先生:こっちが「ナッツ」で、これは「ナッツチョコ」です。
私 :二つも済みません、有難うございます。
先生:日本酒のつまみにはならないでしょうけれど、ワインを呑む時にでもどうぞ。
私 :雪山ではよく「ワイン」を呑むのでその時に戴きます。
先生:今年はまだ沢山雪が有るんでしょうね?
私 :もう終わりにしたいけど雪が多いので中々終わりにする踏ん切りが付きませんね。(笑)
先生:オケもやるんですよね。
私 :それは「6月から」って事で了解を貰ってます。また土日で滑って来ます。(笑)
先生:気を付けて滑って来て下さいね。それからオケも頑張って下さいね!

「グアム」で休暇を楽しんで来た先生は何時に無くご機嫌のようで、今週は言葉に棘が有りませんでした。(笑)

何時もこう有って欲しい物です。
posted by ひで at 22時57分  [音楽トラックバック(0) | コメント(8)
| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2006年04月 | 05月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索