FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年05月 02日 (火)

 「多満自慢」純米無濾過

DVC00672.jpg
限りなく透明に、そんな思いでの「濾過」といふ手法を使っての御化粧をかなぐり捨て「素顔のままで」の登場が本品、純米「無濾過」多満自慢でございます。ほのぼのとした味わい、この温もりは「ナチュラル」なればこそ、ほのやかな山吹色、ほんのりとしたあま味等々の加勢もあっての逸品。しかも「米の贅沢」そのものの純米酒です。(ラベルの表記)

アルコール分14度以上15度未満、精米歩合70%。私としてはラベルに書かれているより「薄っぺらい」感じを受けたお酒でしたが。

先週の水曜日に散髪に行った時に床屋の親父さんに貰いました。沖縄土産の煙草「うるま」を持って行ったら、「白内障になって煙草と酒を止められた」との事で煙草を差し上げるはずがお酒を貰って来てしまいました。(貰い物のお酒だそうです)
床屋の親父さんが早く良くなってまた一緒に呑みたいものです。

明日から5連休ですぐにでも滑りに行きたいところですが、ずう~と滑りに行っていたので部屋の中が滅茶苦茶なので明日は片付けをして明後日から遊びに行く事にします。
天気は後になるほど悪くなりそうなので、本来は明日から出かけたいのですが・・・。
posted by ひで at 23時18分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)
| ブログトップ |

カレンダー

<<04月 | 2006年05月 | 06月>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索