FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年06月 07日 (水)

 トリルがわかってきたぞ!

今夜は久しぶりに自宅で音を出せる時間に帰宅できましたので、ヴァイオリンを弾いてみました。レッスン曲だけですが45分ほど。

この曲の「トリル」の部分が上手くいかなくて苦労していますが、最近ふと思ったのが「上からかけるとどうなるか?」という事です。

これまでは実音から始めて上の音とでトリルをかけていたのですが、先日楽器屋さんで他の版の楽譜を見る機会があり、その中に実音の上の音の「前打音」が書かれているものが幾つか有りました。
あらためて何種類かの演奏を聴き比べると「前打音」の様にトリルを上からかけているものがかなり有ります。
全てのトリルを上からかけるのには抵抗が有りますが、長いトリルは上からかけた方が良さそうにも思えます。

いきなり全てのトリルを上からかけるのは難しかったですが、やってみると結構良い感じです。ただ、あまりに短い音符では無理が有りそうな気がしますが。

以前、某オケでバッハの管弦楽組曲第4番を弾いた時にその時の指揮者が「バッハのトリルは上からかけるものです」と云った時には、「おまえ、バッハに会ったこと有るのかよ?」なんて思って不満たらたらでしたが、何となく判る気がしてきました。
長い音符のトリルは上からかけるの良さそうな気もします。
明日は、先週の補講でのレッスンです。先生に20:30が嫌だと云ったら19:30を空けてくれましたので頑張って行って来る予定です。
上からのトリル試してみましょう!(笑)
posted by ひで at 22時59分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)
| ブログトップ |

カレンダー

<<05月 | 2006年06月 | 07月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索