FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年06月 09日 (金)

 トリルの謎が解けた!

昨夜のレッスンで気になった「トリル」の部分、今日楽器屋さんで色々な版の楽譜を見比べてみました。

私が使っているのは「ベーレンライター」版で、校訂が何も無いオリジナルに近い楽譜です。
他の「ペータース(カール・フレッシュ校訂)」版、「ショット(ヘンリク・シェリング校訂)」版、「インターナショナル(ヨーゼフ・ヨアヒム校訂)」版の3種によると、どの版も元譜にはトリルにナチュラルは付いていませんが校訂譜にはトリルにナチュラルが付いていました。

バッハは当然ナチュラルで弾くべきトリルなので、あえて表記しなかったのかなと思います。

自分は今までちゃんと楽譜を見ていなかった事になりますが、音楽の流れとしてナチュラルのトリルと捕らえていた訳です。
自分の音楽センスも満更では無いと自惚れています。(笑)

昨夜聴いたCDも当然の事ながら、ナチュラルのトリルだった訳ですので耳も正常でした。
posted by ひで at 18時52分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)
| ブログトップ |

カレンダー

<<05月 | 2006年06月 | 07月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索