FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年08月 21日 (月)

 MOSTLY CLASSIC OCTOBER 2006

20060821200503.jpg
本日発売の雑誌ですが、産経新聞を取っていて追加料金で配達をお願いしているので昨夜届きました。

小澤征爾さん国内復帰「音楽塾」の記事や、岩城宏之さんの「お別れの会」の記事などが目を引きましたが、一番心に残ったのはヴァイオリニスト堀米ゆず子さんのインタビューの言葉。

「舞台の上に立って、そこで突然何かが起こるのではなく、準備したものを順次すすめるだけです。そのために練習をしっかりするしかありません。ただただ着実に歩かなければならないのです。ですから毎日が真剣勝負です。本当はどのように表現したいのかについて、ありとあらゆる可能性を探り、その中から何かを決定して、実際の音として出せるように練習していきます。」

自分でもこんな風に練習して本番に臨みたいものです。一ヶ月後の「発表会」と二ヵ月後の「演奏会」に向けて後悔しない様に練習します。

今日の高校野球決勝の再試合も、両校ともしっかり練習した成果を発揮した試合でした。仕事での移動中にラジオで聴いていましたが、勝った早実は素晴らしいですが最後の最後に1点差まで追い上げた駒大苫小牧の粘りも立派です。
両校に「お疲れ様」と申し上げます。

今日は、いつになく真面目に書いてしまいました。(笑)
posted by ひで at 21時42分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)
| ブログトップ |

カレンダー

<<07月 | 2006年08月 | 09月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索