FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年10月 20日 (金)

 MOSTLY CLASSIC DECEMBER 2006

20061020231639.jpg
毎月20日に新聞と一緒に届きます。今回の表紙の写真はヴァイオリニストの「ニコラ・ベネデッテティ」。スコットランド産まれの19歳のヴィオリニストです。

演奏を聴いた事が無い演奏家ですが、是非一度聴いてみたいと思います。まだ粗削りと云われているようですが、ヒラリー・ハーンを5年ほど前に初めて聴いた時に同じ様に云われていた気がします。
少しづつキャリアを積み重ねて、世界に羽ばたいて行って欲しい物です。

今回の特集は「UBSヴェルビエ・フェスティヴァル」。7年前にアカデミーの生徒として参加した磯絵里子さんの感想や、4年前から講師の立場で参加しているヴィオラの今井信子さんのコメントなどに読みふけりました。

今回の記事で一番印象に残ったのは「ブラームスのピアノ四重奏」で演奏予定の「ユーリ・バシュメット」が当日に指を怪我を負い急遽今井さんが呼ばれて演奏したと云う話。
たまたま、隣町でレッスンを行っていた為に間に合ったとの事ですが、いきなりの代役を本番だけでこなせる今井さんは只者では有りませんね。
posted by ひで at 23時38分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<09月 | 2006年10月 | 11月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索