FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2006年11月 26日 (日)

 立川管弦楽団第51回定期演奏会

P100008900.jpg
blogのお客様「ゆみ」さんが「咽喉から手が出るほど行きたい」と仰っていた演奏会に代理で聴きに行きました。(笑)
興味を持たれたnaoさんは来月の演奏会に向けて自己練習の様でしたので、近所に住む私が代表して(何の代表じゃ?)拝聴した次第です。

チャイコフスキーのVn.コンチェルトのソリストが「川久保賜紀」さんと聞いては聴かずにはいられません。

このオケには別のオケでご一緒した方々が数名いるので、もっと早く知っていればチケットを取り置きを頼めたのですが、当初は別のソリストの筈でしたので行く予定にしていませんでした。
川久保さんの生演奏が1,000円で聴ければ安い物です。

徒歩とJRを乗り継いで自宅から約30分、この会場は以前住んでいた処のすぐ近くで中学校の学区域でもあります。

ドビュッシー/交響詩「海」~管弦楽のための三つの交響的素描~
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35
ブラームス/交響曲第2番ニ長調 作品73

ヴァイオリン独奏:川久保賜紀
指揮:古谷 誠一
演奏:立川管弦楽団

アミューたちかわ(立川市市民会館) 14:00開演

この演奏会場は私がこの市民だった四半世紀前頃は単に「立川市市民会館」と呼ばれていたはず、中学校の催しなどで使用した事が有りますが当時とは建物自体が違っているようです。
以前にも一度このオケの演奏会で聴いた事がある会場です。2階席が有る一般的な大ホールで音響もマズマズです。

さて、1曲目のドビュッシーは管楽器の入りが乱れるのが気になりました。弦楽器の音程なんかは自分の処より数段上手なだけに残念でした。

2曲目はソリストの川久保さんに釘付け。2002年にチャイコフスキーコンクール最高位(1位無しの2位)を受賞した彼女のこの曲のCDを2004年に聴いて以来何時かは生で聴きたいと思っていたのがかなっただけで満足。
全体的に流れるような、それでいて激しい部分もしっかりと楽器を鳴らし素晴らしい演奏でした。オケはほとんど聴いていませんでした。(ズミマセン!)
P100008800.jpg
プロの演奏会で写真は撮れませんがアマオケですので撮らせて戴きました。(笑)
写真の左端、ハープの前の方が「ゆみ」さんのお友だちの「どらみ」さんのはずです。(確か6プルト表と仰っていたので。)

休憩の後は、いよいよ「トリ」です。
ブラームスの2番、高弦は良く鳴っているのに低弦の音量が少ない感じ。Cbが7人いたのでもっと音量が出るはずだと思うのですが、物足りなかった気がします。
Hr.の1番はとっても良い音を出していました、3番が今一つだったのが残念。
2nd.Vn.トップの方は以前某Mオケでご一緒した方でしたが、今日もガンガンと大音量を鳴らしていました。2nd.vn.がこれだけ聴こえる演奏も珍しい?
Vn.が良く鳴っているのに関心致しました。素晴らしい演奏を有難うございました。ブラボー!
posted by ひで at 17時59分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)
| ブログトップ |

カレンダー

<<10月 | 2006年11月 | 12月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索