FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年02月 13日 (火)

 「笹の譽」古代黒米の酒

DVC00874.jpg
12月の松本出張で買ってきたお酒です。300mlの小瓶です。

「悠久2000年を遡る弥生時代に米を主食と選んだ日本人の英知。弥生野生稲の血を引く生命力旺盛な黒米から桜花の色合いを持つポリフェノール効果の日本酒誕生」とラベルに書かれています。
水齢80年・槍ヶ岳源流天然水使用、弥生悠久浪漫限定酒だそうです。米・米麹を原材料とする純米酒です。アルコール分14%と少し低め。(レシートを紛失しましたので価格は忘れました)
黒い色の瓶では有りません。瓶の硝子は透明です。写真だと黒く見えるかと思いますが、中身の色は赤ワインのようです。

不思議な味わいのお酒でした。美味いとは思いません。
★☆☆(また飲みたいと云う感じでは有りません)

今日はスキーの疲れを癒して、明日また滑りに行こうかと思っていましたが全国的に大荒れの天気だとの予想ですので自粛する事にしました。
明後日のヴァイオリンレッスンに備えて楽器をさらう事にします。
posted by ひで at 21時18分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2007年02月 | 03月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索