FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年05月 03日 (木)

 今期50日目「鉢山・渋池ツアー」

昨日美味しいお酒を頂戴した山本荘の常連のMさんと笠岳カーニバル優勝のS隊長さん一緒に鉢山から渋池を巡って来ました。

荘の女将さん特製の「おにぎり」を戴き、カップ麺や飲料水・行動食を持っていざ出陣!

横手山ジャンボコースから裏山へ分け入り、最初の小ピークまではそのまま登りました。
一旦鞍部へ下った後は高度差30m程の登り、S隊長とMさんはアルペンスキーなのでそのまま階段登高ですが、テレマーカーの私はここでシールを貼って登りました。
お二人が苦労して登っている脇を「薄ら笑い」を浮かべながら軽々と直登です。(笑)

P1000008013.jpg
2度目のピークから滑り降りた処が「草津峠」です。その昔信州と上州を結んでいた街道の名残です。
右端は半分切れてしまっていますがMさん、背後に横手山のパラボラアンテナが見られます。

Dvc01060.jpg
草津峠の看板の前でMさんとS隊長。

草津峠の先は標高差10m程登って1,966mのピークへ登頂。
そこから鉢山への鞍部へ滑り降り、鉢山山頂へ標高差70m程の最後の登りです。
私は当然の事ながらシールを貼って登ります。アルペンスキーで階段登高のお二人が先に登って行きますが、ゆっくり準備して途中で軽々と追い越す事が出来ました。(当然ですが・・・)

Dvc01061.jpg

Dvc01062.jpg
山頂近くまで先回りして、板を外して少し下るとお二人が息を切らせて登ってきました。

P1000009013.jpg
11:15頃に鉢山山頂に到着。

P1000010013.jpg
山頂から古い火山である鉢山の名残を残す鉢池まで30m程のツリーランで到着。真冬は池の中を歩けますが今の時期は氷が溶けていました。
登り返したところで待ちに待ったお昼です。
私が持っていったスコップで3人分の窪みを掘り出し雪上テーブルをつくり、バーナーでお湯を沸かし直しカップ麺と荘特製おにぎりの昼食。
その前に、ビールをくるくる回して乾杯!
昼食の画像は有りませんのでこちらをご覧下さい。(笑)

お昼の後は西側の斜面をツリーラン、大分雪が減ってきてネマガリダケに絡まるので要注意!
渋池から前山へ抜ける夏道まで滑り降り、其処からは道伝いに渋池へ。道にも雪が少なく苦労しました。

Dvc01063.jpg
渋池からは殆んど高低差のない僅かな登りで前山へ。
前山正面の斜面は雪が消えていましたが、迂回コースを滑って残り1/3位までは滑って降りられました。

雪が消えた処で板を外し横手山第1リフトに乗り、最後は第1リフト終点から僅かに滑り降りて山本荘に帰還しました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時32分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)
| ブログトップ |

カレンダー

<<04月 | 2007年05月 | 06月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索