酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2007年11月 30日 (金)

 「黒龍」本醸造ひやおろし原酒

DVC01231.jpg
1800mlで2,415円。3年くらい前までは近所に取扱い店が無かったので、福井の酒屋さんから取り寄せていましたが最近は地元の酒販店で手に入る様になりました。

このブログには「アクセス解析」なる物を付けているのですが、最近「黒龍・九頭龍」と云う「アクセスワード」が多いので今夜は「黒龍」のひやおろしを選んで見ました。

「九頭龍」も大吟醸・吟醸ともにお店には在庫がございましたが、ちょっと高価なので今夜は遠慮しておきました。(「九頭龍」をお探しの皆様、私が良く行くお店にはまだ在庫が有りますよぉ~!)

福井県産の五百万石を100%使用し、65%までお米を磨いたお酒です。今年はアルコール分が浮いた感じもせずに良い出来栄えかと思います。アルコール分18.5度と云うのは少し低めなのか?例年はもっと高かった(19度くらい?)かなと思いますが、記憶違いかも知れませんが・・・。

まぁ、とにかく美味しく戴いた事は間違い有りません。

今週は仕事が結構ハードでしたので「疲労困憊」であります。「和久刑事(いかりや長助)」さんに云わせると「疲れるほど働くな!」って云われそうですが・・・。(笑)

休前日にしてはまだ時間が早いようにも思いますが、今夜はここらで「お休みなさい」。
posted by ひで at 22時53分  [お酒トラックバック(0) | コメント(1)

2007年11月 29日 (木)

 ヴァイオリンレッスン360、L.v.Beethoven/Symphonie Nr.9 d-moll op.125 Vn.Ⅰ

今夜も「前のコマが空いているので30分前でも良いですよ!」って云われていましたが、月末の決算と会議が重なって20時に行くのが精一杯でした。
と云うより、教室に着いたのは5分ほどの遅刻でした。

前の時間は空いているとの事でしたので直接レッスンルームへ行くと先生はお待ちかねでありました。

済みません、遅くなりました!
ここのところお忙しそうですね。
勤め人の宿命で、月末は結構忙しいです。その上、昼間に3時間も会議が有ったので尚更です。
ひでさんは会議が苦手でしたね。
「会議」をいくらやっても「実務」が出来なくては受注は増えない!ってのが私の持論です。

「踊る大捜査線」の「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」って感じでしょうか?(笑)

練習が出来ていないので「世間話」でこの時間を終らせてしまおうと云う私の目論見どおりに進んでいました。

続けて・・・。

この前の日曜日は本番とは違う会場ですが「ホール」での練習でした。
如何でした?
本番の会場の響きを模したとの事で舞台左右の反響版が無くて音が聴こえませんでした。
ひでさんは一番後ろのプルトでしたっけ?
8プル半有って、一番後ろの「裏」ですからパートの中で一番後ろですね。
指揮者が見難く無いですか?
指揮もコンマスも見えません。音も聴こえず、低弦や管が微妙に遅れて聴こえます。(苦笑)
それでは合わせるのが大変ですね。
それより、多分「合わせられない」って思いました。(笑)
何とか指揮者が見える位置に座席をずらせて合わせるしかなさそうですね。
指揮とコンマス両方を見る位置が見つけられないので、多分本番は指揮だけは見える位置にしたいと思います。
あ、もう時間が有りませんよ。少しでも弾きましょう!

大分時間を使いましたが「世間話」だけでは先生が許してはくれません。(汗)

まだまだ出来ていないところばかりですが。

と云いつつ、「4楽章」の543小節目(練習記号M)からを弾いてみる事に・・・。

前回もやりましたけど、此処は「合唱」がメインですが意外とVn.も目立つので頑張りましょう!

ちょっと弾いてみると・・・。

そんな、普通の弾き方で良いのですか?
そう云えば「スタッカート」がついていました。

奏法に意識を持って、もう一度。

途中からは先生も一緒に弾いて下さいました。

ここは♯2つのD-durですが、552小節目からはCにナチュラルが付いたりもとの♯に戻ったりしますから要注意ですよ!
おぉ~、ほとんど♯で弾いてました。

3ポジと1ポジを目まぐるしく移動する私を見て、先生は・・・。

なるべく「3ポジ」から離れないで弾く方が良いかと思いますが・・・。

そんな訳で最後に左手ポジションを確認した処で時間切れです。

楽器を片付けながら、先週ちょっと気になった部分や過去のブルックナーの曲などで例を挙げて「異名同音」に付いてお聞きしました。(あまり細かく書くと時間が掛かりすぎるので詳細は割愛しますが・・・)

先生が仰るにはやはり「♯系はちょっと高め」「♭系は少し低め」の考えで良さそうです。
プロのオケ奏者だと、あえて「指使い」を換えて変化を強調する事が有るらしいです。

出来る出来ないは別として、意識として「異名同音」の違いを考えてみるのは音楽的にはとっても重要だと感じましたし、先生にも「意識して違いを表現出来る様に頑張って!」と云われました。

今夜は楽器を弾いた時間は短かったのですが、音楽を理解する上では充実したものになりました。
posted by ひで at 23時26分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 28日 (水)

 演奏会のお知らせ


自己紹介の処でもご案内しておりますが、ご覧のチラシが来月の「第九」に参加するものです。

私は正式団員で無いのでチケットの割り当てが3枚だけですので、万が一ご希望の方がいらっしゃってもご招待する事は出来ませんが・・・。(笑)

前売り券1,500円を払ってまで聴くほどの価値は定かではございませんが、もしご興味がございましたら楽団のサイトで情報をご確認下さいませ。
posted by ひで at 23時04分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 27日 (火)

 TAJ News 2007年12月号


昨夜帰宅したらTAJからの郵便物の不在連絡票が有ったので、多分ポスターとその他諸々だろうと思いながら今夜の帰りがけに最寄駅の近くの集配郵便局へ寄って受け取って着ました。

昨年の「北海道ニセコ」から「兵庫県西宮」へ事務局が移動し、スタッフも代わったので従来通りの「紙」での「TAJ News」が発行されました。

表紙の「お待たせいたしましたぁ!TAJ News(紙)です。」って云うのが笑えます。

昨年はWeb siteで配信すると云いながらほとんど更新もされず、しかも希望者には「紙」でも配信と云いながら、希望を出したにも係らず「なしのつぶて」。しかも、Web siteは会員登録に関係なく誰でも閲覧可能と云う低たらくでした。

今年はその辺も改善されて、Web siteにも会員用パスワードが必要な会員専用ページを設けるとか・・・。

年間の会費を4,000円徴収する訳ですから当然の事だと思います。年間団費1,000円のアマオケでも「団員専用ページ」があるくらいですから。(笑)

協会のイベントには参加できそうなものがあまり有りませんが、定期的にこの「TAJ News」が発行される事を期待したい気持ちです。

posted by ひで at 22時20分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 26日 (月)

 今夜は3楽章

昨日のオケ練で、個人的に一番出来が悪かったのが「3楽章」。

今夜は「3楽章」に限定して弾いてみました。特に後半を重点的に・・・。

22:30過ぎまで弾いてました。夜も更けて来たので今夜はこれまで。

休肝日にしようかと思いましたが、軽く「寝酒」でも呑もうかな?
posted by ひで at 23時16分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 25日 (日)

 オーケストラの練習(第九限定版、その6)

今日は本番とは違うホールですが、コンサートホールでの合唱ならびに声楽のソリストとの合同練習でした。

今日の練習は楽しみで有りましたが、出かける直前には「柏崎」の「某酒屋」の旦那からこれ見よがしの「雪山」の写真を戴きました。(バカヤロー!)

私が「初滑り」に行けない事を楽しんでいる様です。(笑)

スキー以外にも「ヴァイオリンを弾く」と云う楽しみを持っているわたくしは9時集合で10時からの練習と伺っておりましたが「第九」の練習は11:30頃からとの連絡を受けましたので11:20分頃に会場へ到着いたしました。

到着すると、まだ「1番」の練習中でしたので「遅刻」では無いようです。(笑)

暫く客席で練習を眺めているうちに「1番」の練習が終了、休憩を挟んでいよいよ「第九」の練習です。

わたくしの1st.Vn.は全部で17人、8プルト半になる様ですが4プルで半分折り返し(9プル扱い)ですので6プルの内側に入る私の8プルは一番後ろの一番奥です。(そのプルトでも裏ですから正真正銘の1st.Vn.の一番後ろです)

すぐ左はパーカッションと云うとっても弾き難いポジションであります。

先ずは合唱無しの1~3楽章の練習から。

「1楽章」は大分練習してきたので「弾ける」って思っていましたが・・・。

「惨敗」でした。本番のホールの響きを模して、せっかく有る「反響板」を使っていない事も有りまして「パート」の前の方の音が全く聴こえません。

離れた位置からの低弦やら管楽器郡は遅れて聴こえますし、隣では「Timp」が
元気に叩いて下さるし・・・。

こんなに指揮者から離れた位置で弾くのは学生時代の「Mn.」で「関東学生マンドリン連盟合同演奏会」で9プルで弾いた以来です。

舞台照明も届かずに自分の楽譜も暗くて見難いんです!(怒)

コンマスの「チューニング」の音も良く聴こえません。(笑)

もっと大きくとか、もっと長くとか注文する前にはコンマスは座ってしまうし・・・。(汗、、)

仕方が無いので管のチューニングの間に何とか間に合
わせましたが・・・。

まぁ、そんな訳で本番で自分が座る環境の「疑似体験」が出来たのは今日の収穫ですが。

これだけ後ろになると、普段のオケでは少なくても「1段」ひな壇を設けてもらえるのですが今回はない様です。

同じ遠さでも、客席側の「6プル」なら舞台から落ちそうになるくらい右に出てとか指揮者を見られる様に椅子をずらすのですが、今日の場所ではどちらに動いても「見えません!」。

「指揮者」が見える位置に動くと「コンマス」が見えないし、両方見える位置に座るのは無理な様です。(立って弾けば・・・?)

練習中も「指揮者」からの声が届かず、「何処から?」ってのが度々。

今日は、本番で隣に座ってくださる団員さんがその都度教えてくださったので何とかなりましたが・・・。

せっかく声楽の「ソリスト」が集まって「合唱」もあっての本番さながらの練習のつもりだったのですが「不完全燃焼」ってな感じです。

まぁ、今日の収穫と致しましては「廻りを当てにしてはいけない!」って事がはっきりした事。(実際、隣の方の音もほとんど聴こえない状況でした。)

残念ながら最早、こうなったら自分の個人練習の集大成として本番に臨むしか楽しみは無さそうです。
posted by ひで at 22時14分  [音楽トラックバック(0) | コメント(1)

2007年11月 24日 (土)

 異名同音


「第九」4楽章のVn.Ⅰのパート譜です。487小節目の4拍目(6/8拍子)から488小節目の3拍目までと489小節目の4拍目から490小節目の3拍目までは所謂「異名同音」です。

鍵盤楽器で弾くには同じ音しか出せませんが、弦楽器ではどちらかが高めでどちらかが低めでも出せるわけですが。ベートーヴェンが意味も無く別の表記をするとは思え無いのでスコアを眺めて他のパートとの兼ね合いを考えて見ました。

487,488小節目より489,490小節目を少しだけ高めに取るほうが良さそうと思えて来ました。

明日の合奏で色々と試してみようかと思います。

この「異名同音」の意味がお解りになる方はお教え戴ければ幸いです。
posted by ひで at 23時29分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 23日 (金)

 オケ曲の個人練

今日は明後日の合唱合わせに向けて「4楽章」を中心に個人練習。「2楽章」を少々、「1、3楽章」には手が廻りませんでした。

今夜はちょっとした宴席があるので練習はこれにて終了、そろそろ出かける用意をしなければ・・・。

お酒は好きですが、宴会は嫌いな私にとっては憂鬱なひと時です。
posted by ひで at 16時24分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 22日 (木)

 ヴァイオリンレッスン359、L.v.Beethoven/Symphonie Nr.9 d-moll op.125 Vn.Ⅰ

今日は前の時間が空いているので1時間前に前倒しして戴く筈でしたが、帰ろうと思った矢先に一つの仕事が発生し、30分前倒しの時間に変更して戴きました。

少し早く着いたので待合室で待たずにレッスンルームをノックすると、先生がお待ちかねでした。

お忙しそうですね!
昼間は暇だったのですが、帰ろうと思った処で野暮用が出来ました。
「第九」は進んでますか?
この前の練習は初めての「合唱合わせ」でした。
合唱が入ると楽しいでしょ!
女声のソリストは不在でしたが、テナーとバリトンはソロを歌って下さったので大分雰囲気が出てました。
では、何処から弾きますか?
出来ない処ばかりで何処を弾いたら良いのやら?
1楽章は大体弾ける様になってますよね。
一番練習が足りないのは2楽章なので2楽章からお願いします。

と云う訳で、先ずは2楽章の冒頭から。

いきなり最初のリズムで付点4分の後の8分音符が遅れる。

付点4分が短めでも良いですから8分が遅れないように!
合奏で指揮者の先生もそう云ってました。
同じパターンが続く処は3拍目の4分が遅れないように注意です。
同じ音が16回続く処はちゃんと数えるように!って指揮者に云われました。
ひでさんは数えてますか?
今は数えましたけど、合奏では他のパートを聴いて弾きます。

その先、273小節目から左手のポジションを考えつつ・・・。

最初は6ポジで285小節目からは2ポジで良いでしょう。

更に先へ進み、一通り2楽章を弾いて、続いて3楽章。

43小節目からの旋律は大分慣れてきた感じですネ。
次の99小節目からの旋律がまだまだなので、其処を弾きます。
スラーの切れ目、弓を返す処を間違えない様に!

114小節目までを一回弾いて、125小節目からのパターンは準備出来ていないので今日はパス。

3楽章のこの先はまだ出来ないので、4楽章にさせて下さい。

練習記号M(543小節目)から8分音符の羅列を3回繰り返す。

此処は合唱に消されがちですが、ちゃんと弾けると気持ちが良い処ですよ!
大分慣れて来ました。

ちょっと戻って435小節目からを弾いてみると・・・。

この辺りは臨時記号が多いので音程に要注意ですよ!

と云った処で時間切れです。

楽器を片付けながら・・・。

今度の日曜日は本番とは違う会場ですが、コンサートホールでの練習なので楽しみです。
ホールだと響きますから、練習場とは違った雰囲気になりますね。
さぁ、帰ったらもう少しさらい直します。
一杯呑むのでは無いですか?
今日は楽器を弾く事にします。

と、云う訳で帰宅してからも1時間ほどさらってみました。
posted by ひで at 23時56分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 21日 (水)

 「多満自慢」純米原酒 あらばしり生酒

02.jpg
今日も早く帰れそうでしたので明日のレッスンに備えてヴァイオリンの練習と思っていましたが、今月で定年退職する上司からお誘いを受けたので一杯行くことになりました。

今夜はこれをしこたま呑んで良い気分です。
posted by ひで at 22時55分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 20日 (火)

 MOSTLY CLASSIC JANUARY 2008

0801_top.jpg
毎月20日の朝に購読している「産経新聞」と一緒に届くはずなのですが、今朝は有りませんでした。

出かけようとして玄関を出ると、玄関の外側のドアノブに袋に入って吊り下げられていました。

今朝は折り込み広告が多くて、玄関の新聞受けに入りきらなかった様です。

今回の特集は「ピアノ」。平均率の音程が好きでは無いわたくしにとっては苦手な楽器です。(笑)

表紙の写真は兄弟ピアノデュオ「レ・フレール」。数ヶ月前の「プータロー」時代に昼間のテレビ番組「徹子の部屋」で知りました。

即興で連弾を弾く姿は素晴らしいと思いましたが、男二人の連弾ってあまり見たくはございません。(爆)

今夜は19:30に帰宅致しましたので、つい先ほどまで2時間ちょっと「4楽章」を中心に弾く事が出来ました。

腹が減ってきたのでここらでお開き。これからお風呂に入って、軽く一杯といきましょう!
posted by ひで at 22時21分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 19日 (月)

 今夜は弾けず・・・

今日は仕事がわりと暇だったので早めに帰って「第九」をさらおうと思っていましたが・・・。

夕方になって急に厄介な問い合わせが舞い込んで、それをこなしているうちに何時の間にか21時になってしまいました。

そんな訳で、いくら職住接近といっても帰宅は21:40を過ぎてしまいましたのでとても楽器を弾く時間では有りませんでした。

仕方なく、お酒を軽く呑んで今夜はお開きです。
posted by ひで at 23時21分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 18日 (日)

 オーケストラの練習(第九限定版、その5)

今日は普段と違って19時から21時半までの夜間練習でした。

日曜日の夜には出かけたく無いのですが・・・。でも、今日はとっても楽しみな練習。なぜかと云うと合唱との初合わせでありました。

合唱が別室で多分発声練習などをされているのでしょう、前半は少しだけ「2楽章」を練習。30分ほどした処で「合唱団」が外でスタンバイ完了との事。

20時少し前に「2楽章」を終え、合唱団の皆様が入場。100名ほどいらっしゃった様です。

10分ほど休憩の後、「4楽章」をとりあえず通してみることに・・・。

ソプラノに数名の音大生、アルトに大学の合唱団員、バス・バリトンにプロの方が数名いるらしいです。

女声のソリストは不在でしたが合唱指導の先生がテナーのソリストで、バリトンのプロの方がかの有名なソロを歌ってくれたので全体の雰囲気が充分出ていました。

やっぱりこの曲は「合唱」が入ると楽しいです。

初合わせにしては上出来だった様に思います。合唱の出来に比べるとオケの完成度はまだまだって感じがしましたが。

個人的には5回目の練習参加となり、ようやくまともに弾ける処が半分を超えたかな?

残す処、全体練習は4回(そのうち1回は直前の木曜日夜なので多分欠席)ですので、少しでも完成度を高めて行ける様に頑張るしか有りません。

9:30少し前に練習終了、自分の周辺の椅子を片付けてささっと帰り仕度。トランペットのお二人にご挨拶(地元のオケでもご一緒なので)して、駅まで戻ると15分おきの電車がちょうど出るところ。電車・バスの乗り継ぎ良かったので30分で帰宅できました。

日曜日の夜の練習はご遠慮したいところですが、今夜は合唱合わせでしたので楽しいひと時でした。

来週は本番とは別のホールですが、コンサートホールを使っての1日がかりの強化練習です。

さぁ、明日から個人練習に励むとしましょう。
posted by ひで at 23時45分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 17日 (土)

 「相模灘」特別純米 秋の熟成生酒

DVC01225.jpg
1800mlで2,700円。特別純米酒としては妥当な価格でしょうか。(いや、ちょいと高いか?)

今日も先週の土曜日に引き続き「予定」のない休日でした。先週も書いた様に時間の予定が無いだけでやるべきことは山積みですが・・・。

昨夜はお酒を控えめにしたので朝は快調に7時に起床です。(でも、NHK教育の芸術劇場でVn.やVa.のリサイタルを1時頃まで観てましたが。)

昨夜テレビで見た「樫本大進」君。以前、小澤さんとボストンSOの公開リハを観に行った時には「覇気」が感じられず好きになれませんでしたが、昨夜みた「無伴奏リサイタル」は良かったです

これを見ているうちに「イザイの無伴奏」を無性に弾きたくなってきました(多分無理ですが・・・)。(楽譜だけは持っています。第2番の私が以前弾いた事があるバッハの無伴奏を題材にした1曲に挑戦してみようかな?)

さて、今日は部屋を片付けて(と、云うほど片付いていませんが)炬燵を出しました。とは云っても、炬燵の布団を除いて夏の間は座卓にしていますので部屋のバランスは変わりませんが。(笑)

座卓に座ってヴァイオリンを弾くのは先弓が使いにくくて、先生からは立って弾くかちゃんとした椅子に座って弾くようにといわれいますがこの10年間まもった事がございません。

雪山は好きなくせに「寒がり」なわたくしは炬燵を用意すると、とても外には出られませんので。

炬燵に準拠した弾き方(どんな弾き方じゃい!)で夕方まで「第九」をさらった後で、このお酒を買って来ました。

演奏会の1週間前に「チラシ」を置かせて戴いているのでご挨拶です。

久し振りにお店へ行くといつもの「若旦那」だけではなく「大旦那」さんがいらっしゃいました。(リンク先の柏崎の旦那が良くご存知の・・・)

お店へ行って、先ずは「チラシ」を置かせていただいた事のお礼。

若旦那のお話によると、会場も近くだったのでお酒を買いに来てくださったお客さんの何人かは聴きに行ってくれたそうです。

あれだけの立派な会場で「入場無料」は勿体無いって云って下さった方がいらっしゃった様ですが、無料で一人でも多く聴いて下されば私たちは嬉しいです。

来年もチラシを置かせて戴ける様にお願いして、この他にもう1本買って帰りました。

帰宅して「鳥つみれ鍋」をつつきながらこのお酒を呑んで見ました。「アンチ端麗」の方にお勧めとお店で紹介されていた通り、濃厚な味わいのお酒でした。神奈川県にも美味しいお酒があるものだなぁ~!と思った次第です。
posted by ひで at 20時59分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 16日 (金)

 「繁桝」クラシック 特別純米酒

DVC01224.jpg
1800mlで2,100円。原料米:夢一献、精米歩合:60%、アルコール分:15度以上16度未満、日本酒度+1。安くて美味しいお酒を求めて探してみました。

創業享保二年(1717年)と云う290年の歴史を持った酒蔵であります。福岡県八女市本町の㈱高橋商店の造。

福岡県で新しく開発された酒造米『夢一献』を、自家精米機で高度に磨き、丁寧に醸した純米酒だそうです。

ほんのりと辛口ながら「純米酒」らしく「米の甘味」を感じます。爽やかなのみ心地はいくらでも呑めそうです。明日が休みなので呑み過ぎないようにここらでやめておきました。(笑)

昔ながらのラベルなので「クラシック」と云うらしいです。

九州も南の方では「焼酎」が有名ですが、福岡県辺りだと美味しい日本酒がかなり有ります。
posted by ひで at 23時03分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 15日 (木)

 ヴァイオリンレッスン358、L.v.Beethoven/Symphonie Nr.9 d-moll op.125 Vn.Ⅰ

前回のレッスンは10月18日ですから一ヶ月ぶりです。年間42回と云う事でレッスンの無い週が有りますが、10月25日はその意味でレッスンの無い日で翌週11月1日は私の都合で欠席、そして先週は先生の体調不良で休講といったところです。

先週の休講分を今日時間延長で補講に当てると連絡を戴いていましたが、日中に先生からメールが入り今週は延長できなくなったので来週にとのこと。
まぁ、今週はまったく練習できていないので良しとしましょう。

さぁ、今夜のレッスンです。

お久し振りですね、先週は失礼しました!
全くさらえていないので問題有りません。
オケの演奏会は良かった様ですね、Iさんが云ってました。
聴きに来てくれたってメールを貰いました。
さて、次は「第九」ですね。出来はどうですか?
まだまだ、って感じです。自分も、オケも。

事前の練習が出来ていないので、普段とは逆にわたしの方から世間話をして楽器を弾く時間を少なくと画策しましたが・・・(笑)

さぁ、「第九」をやりましょう!

今夜は先生がやる気漫々です。

先週、練習に参加したのが4回目でようやく全曲を一通りみたことになります。
何処をやりましょうか?
何処も満足に出来てないので・・・。
では、今日は4楽章にしましょう!

140小節目からのテーマの旋律を弾いた後、164小節目から重音が沢山出て来てリズムを刻む辺りを弾くと。

重音は元弓で、弾ききった後で右手が下がらないで逆に上へ揚げて円を描く様に動かす方が良いですよ!

なるほど、その方が弾きやすいです。

その先を適当にお茶を濁そうとすると・・・

ちゃんと左手のポジションを考えましょう!

と云う訳でバリトンのソロが出てくる前までを中心にポジションを確認。

何度か繰り返した後、バリトンのソロの処で「O Freun---de,nicht die-se To-ne!…」と声に出すと。

そう云えば、ひでさんは「合唱」をやっていたんでしたっけ?
高校の頃ですけど。
バリトンだったのですか?
いいえ、第2テナーでしたけど。

と云った辺りで今夜は時間切れです。

今夜は自分の方からレッスンを「世間話」で終わらせようと画策したのですが、先生に仕切られました。(笑)

でも、おかげ様で少しだけ「第九」の練習が進みました。
posted by ひで at 23時01分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 14日 (水)

 第20期竜王戦七番勝負第3局

渡辺竜王に佐藤二冠(棋聖・棋王)が挑戦している七番勝負の第3局、昨日から北海道の「札幌後楽園ホテル」にて指されておりました。

佐藤ファンの私としては昨夜、佐藤二冠が最近出演した「N響アワー」の録画を観てエールを送っていたつもりでしたが、中盤まで佐藤ペースと云われながら終盤で逆転した渡辺竜王の勝ち。19:15終了は前局の19:18とほぼ同じ、手数は前局が144手、今回が135手とほぼ同じ様な感じ。これで渡辺竜王の2勝1敗ですが、今回は3局とも「後手番」の勝ちと云う珍しい現象が続いております。

佐藤ファンの私としては、次回の第4局に期待致します。

今回の会場となった「札幌後楽園ホテル」と云えば、20年程前の社会人になりたての頃にスキーで泊まったお宿です。
その当時は土曜日は「半ドン」で月に2回交代で休みが取れる状況でした。同期入社の二人と一緒に三人で同じ週に休みをとって、金曜日の羽田発最終便の飛行機で千歳まで行って23時過ぎにチェックインした思い出のお宿です。

ルームサービスをとって部屋でしこたま呑んだ後、翌日は「フラノエクスプレス」に乗って富良野スキー場へ日帰り、今では考えられない強行軍。20歳代ならではと云えましょうか。

今ではそんなハードスケジュールをこなす体力はございません。(笑)
posted by ひで at 21時32分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 13日 (火)

 「天の戸」吟泉 特別本醸造


1800mlで2,047円。「特別本醸造」にしてはとてもお安い部類だと思います。

「お酒」がメインのはずのこのブログが、此処のところお酒の記事から遠ざかっておりました。

最近は帰宅時刻が遅くて残ったお酒を「ちびちび」やるくらいの日々が多いので私にしては珍しく2週間ほどの間、我が家に在庫のお酒だけで事が足りておりました。

まぁ、そうは云っても段々と減って来る訳でありまして、一昨日のオケの練習の後で買ってきた1本です。

2~3年くらい前には世間一般で云う処の「幻の銘酒」なんてのを探しては、高価な限定品(例えば「黒龍」の「石田屋」や「二左衛門」とか、「田酒」の「大吟醸」など‥)を呑んでみて楽しんだ事も有りましたが、最近は「安くて旨い酒」を探し求めている次第です。

精米歩合:60%、アルコール分:15度以上16度未満。秋田県横手市の浅舞酒造㈱造。

熱めにお燗をつけて少し冷めてきたくらいが美味しいかな?

お手ごろ価格で美味しいお酒として、わたくしのお勧めは「銀の翼」特別本醸造(1,995円)「笹の川」吟醸酒 すべて山田錦ひやおろし(1,995円)名前に惑わされずに自分に合ったお酒を探すのは、楽器を弾く事や山へ滑り行く事と並んでわたくしにとっては大切な「趣味」の一つであります。
posted by ひで at 22時08分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 12日 (月)

 TAJ会員証

DVC01223.jpg
先月末に会費を納入したTAJ(日本テレマークスキー協会)から会員証が届きました。

今年で3年目ですが、この「葉書の左下を切り取って使え」って云うのは同じです。違うのは協会の所在地が1年目は「新宿区下落合」で去年は「虻田郡ニセコ町」、そして今年は「西宮市湯元町」というところ。

会員である事に対するメリットを見出せませんが、毎年事務局が代わると云う珍しい3年分の会員証を手にした事を大事に致しましょう。(笑)

ここ数年ではもう「初滑り」を済ませた位の時期ですが、今年は来月14日に「第九」でヴァイオリンを弾きますのでそれまでは「初滑り」は封印です。(たぶん)
posted by ひで at 23時52分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 11日 (日)

 オーケストラの練習(第九限定版、その4)

「第九」のオケ練習は9月30日以来ですから40日ぶり位になります。これまでは地元のオケと掛け持ちでしたが今回からはこちらに集中出来ます。

気温も低く、小雨が落ちてくる中を練習に行ってきました。

今日は指揮者の先生がお休みで代振りの方。

3楽章をかなり細かく練習した後で、1楽章。

今日は途中から「コントラファゴット」の賛助の方が現れたので、後半は4楽章を中心に練習。

「トロンボーン」も参加していたので2楽章も少々。

4回合奏に参加して、ようやく一通り弾いたところです。

今日練習に参加してみて感じたのは、相変わらず遅刻する人が多い事。此処では遅刻が日常化して、遅れてやってきても平然と入って来る様に感じました。

それから、トロンボーンの出番が終ると残り5分くらいのところで終了まで待たずにトロンボーンが帰り仕度をする事には違和感を覚えずにはいられません。何でたった5分くらい、最後まで待てないのか?

オケの皆さんも「ノリ」が感じられず、弾いていても面白く有りませんでした。どうせやるなら、もっと気合を入れた方が楽しいと思うのですが・・・。
posted by ひで at 19時02分  [音楽トラックバック(0) | コメント(6)

2007年11月 10日 (土)

 「第九」の個人練習

今日は久し振りに予定の無い休日。とは云っても、物事をやる時間が決まっていないだけで、やらなければならない事は山ほど有りますが・・・。

朝早く起きなくて良いので、昨夜は日が変わるまで昔聴きに行った「ベルリンフィル日本公演」の録画を観たりして、床についたのは今朝の4時。

お陰で11時まで寝ておりました。曖昧な時間にブランチを食した後で「第九」の個人練習。

しかしながら、合奏練習にあまり出ていないのでイメージを膨らませて練習することが出来ません。

個人練習ひとつをするにも、普段の練習に参加していないとのりが今一つって感じです。

結局、2時間ほどさらっただけでやめてしまいました。

メールをチェックしてみると先週の演奏をラッパのお兄さんが客席で録音したものがUPされていたので、それをPCに取り込んで聴いてみました。

本番では無我夢中で弾いて満足したのですが、冷静に聴いてみると粗だらけです。
posted by ひで at 21時17分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 09日 (金)

 POWDER GUIDE No.6

20071109233548.jpg
パウダーガイド社刊、税込1,200円。

去年も11月の第2金曜日(去年は10日)の発売当日に購入した雑誌です。ほぼ1シーズンに1回しか発売されませんが、バックカントリースキーヤーにとっては待ちに待った一冊ではないでしょうか?

色々なコースが紹介されていますが、まだまだ行った事の無い処がほとんど。少しずつ行動範囲を広げて行きたいものです。

この様な雑誌を眺めると「第九」どころではなく、早く滑りに行きたいと思ってしまいます。(笑)

今日は今シーズン初めての「鍋」にしてみました。まずは簡単な「鱈ちり」です。

「お燗酒」と「鍋料理」が美味しい気候になって来ました。
posted by ひで at 23時50分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 08日 (木)

 ヴァイオリンレッスン358は休講

今日の3週間ぶりのヴァイオリンのレッスンに向けて、昨夜は久し振りに楽器に触った訳ですが・・・。

ここのところ新しい職場で時間配分が自分の思った様に出来ず先週は欠席せざるを得ませんでしたが、今日は色々な状況が大分把握できてきましたので、日中にやるべき事を済ませ準備万端で有ったのですが・・・。

15時過ぎに、デスクの脇に置いた携帯電話が「ブルブル!」

何だか、嫌な予感。これまでの経験からしてこの時間に「携帯メール」が着信するのは「レッスン中止!」。

案の定、先生から「体調不良で今夜はお休みさせて下さい!」でした。

と云う訳で今夜もヴァイオリンのレッスンは有りませんでした。

まぁ、こちらも殆んど準備が出来ていなかったので良しとしましょう。前回から全く進歩無しでレッスンに臨むより、来週までに少しでも何かを用意して久し振りのレッスンに臨みたいと思います。
posted by ひで at 23時14分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 07日 (水)

 久し振りに「第九」の個人練習

今日は20時前に帰宅できたので、明日のレッスンに備えて久し振りに「第九」をさらってみました。

ヴァイオリンのレッスンは、先週は欠席で先々週は休講でしたので明日休まずに出席できれば3週間振りになります。

前回のレッスンで「3楽章」のフィンガリングを考えた筈ですが、ほとんど忘れておりました。(汗)

1時間ほど楽器をならしたら、腹が減って来たので練習終了。暫く「第九」から遠ざかっているうちに、せっかく弾ける様になった処も厳しい状況になりました。

後5週間でどこまで弾ける様になるか不安です。まぁ、とにかく出来るだけ時間を遣り繰りしてさらうしか有りません。

今日の昼間、2月の「ニセコ」でお会いした青年からメールが届きました。演奏会の1週間前に演奏会の案内メールでお送りした処、聴きに来てくれたそうです。

北海道のスキー学校で偶然ご一緒したご縁で聴衆が一人増えたかと思うと、何だか嬉しいです。
posted by ひで at 23時01分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 06日 (火)

 BRAHNS SYMPHONY No.1

DVC01220.jpg
さて、演奏会が終わり来年に向けての第1歩として“ウォークマン”に音源を入力しました。

お気に入りの「コバケン」のライブはLPなので簡単には移せませんので、とりあえずこのCDです。クリーブランド管弦楽団、クリストフ・ドホナーニ指揮。1980年代後半のライブ録音だそうです。

これは4年程前に、某オケにエキストラで参加した時に「Tragnic Overture」の参考音源として購入したものです。

11ヵ月後のこの曲よりも「第九」を何とかしなければなりませんが・・・。

仕事が忙しい訳では無いのですが、業務の引継ぎやらで帰りが遅くなる日々が続き、帰宅後に楽器をさらう余裕が有りません。

明後日のレッスンに向けて、せめて明日は「第九」を少しでもさらいたいなぁ~!どうなることやら・・・。
posted by ひで at 22時53分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 05日 (月)

 演奏会、無事終了致しました!

昨日、無事に演奏会を終える事が出来ました。

先ずはこの場で、ご来場戴いた方々並びにご声援を下さった方々に感謝申し上げます。

演奏会は全体としての破綻は無く、わたくし個人としましては「火事場の馬鹿力」が発揮出来た様で普段以上の演奏が出来たかと思います。

午前中の「リハーサル」は力を温存させて控えめに弾いたつもりです。全体の仕上がりとしては良くなってきたなぁ~!と思いつつ・・・。

本番の演奏はと云うと・・・。

わたくしが思う中で一番良かったのは本番でした。去年も同じ様に思いましたが「本番でこれだけできるならもっと前からちゃんとやろうよ!」って云うのが本音です。

昨日此処に聴きに来てもらった兄には「金管が充実した演奏」だとお言葉を戴きました。同じ頃、同様に聴きに来てくれた弟からもメールをもらい「金管が良い音出してましたね!」だそうです。

自分が思った通りに弾けなかった部分は幾つかありましたが全体をとおしては普段以上に弾けたカナ?(満足であります)

「チャイ5」の最後の辺りでは、「大人らしく落ち着いて弾こう!」って云うのは忘却の彼方。すっかり興奮して楽器をかき鳴らしてしまいました。(笑)

上手な演奏では無かったとは思いますが、舞台上の皆が心を合わせて演奏出来て、その思いがご来場下さった方々にお伝え出来たものと感じます。

充実したひと時を感じられた事に対して、一緒に演奏会を造ってきたメンバーの皆様とご来場戴いた方々とご声援を戴いた皆様に対して「有難うございました」と申し上げます。

昨年は「打ち上げ」のみに参加しましたが、今年は「二次会」まで参加させて貰いました。

二次会まで参加させてもらって、普段話をする機会が無い他のパートの人たちとも話ができましたので、この楽団の母体となる大学のOBでは無いにも係らず「自分が所属するオケ」って気持ちになることが出来ました。

二次会で隣になったヴィオラのトップの青年とお話しているうちに来年は「ヴィオラ」でと思って、音楽監督とコンミスに打診した処、却下されました。(笑)

来年も全て「1st.Vn.」で弾く事になりそうです。

その前に「第九」が一月半後に控えておりますので、これから暫くはそちらに集中しなければなりませぬ。
posted by ひで at 23時46分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2007年11月 04日 (日)

 東京農工大学OB管弦楽団 第19回演奏会

いよいよ演奏会当日となりました。9:00集合で9:30から今年は去年とはとがって曲順にリハーサルとなります。

まずまずの天気です、開場は13:20ですからお近くの方はまだ間に合いますよぉ~!(笑)

では、行ってきます。
posted by ひで at 08時23分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2007年11月 03日 (土)

 最後の広報活動と個人練習

演奏会がいよいよ明日に迫って来ました。

他団体の演奏会のパンフレットにチラシを挟み込んでもらうのも今日が最後です。数ヶ月前から手分けしてそれぞれの会場へ赴き作業をしてまいりましたが今日は明日本番を行う会場内の中ホールの方(我々が明日使うのは大ホール)で行われる演奏会場へ行って来ました。

散歩がてら徒歩で行くつもりですしたが、スキー板のチューンナップを友人に頼みに行くついでに車で出かけました。
11時過ぎに搬入口の脇に車を止めて、ホールのホワイエへ行ってみると午前中は他の催しが行われていた様で、ちょうどそれが終ったところでした。
13:30までに持ち込めば挟み込む作業は先方で全てやってくれるとの事でしたので午後に出直そうかとも思いましたが、事前に管理事務所へ預けても良いとの事でしたので、午後は最後の練習に時間を使いたいので事務所の方へ預けました。

その場から車で約15分、スキー仲間のK君宅へ。4台のスキーを預け少しだけ世間話。12月には何処かへ滑りに行こうなどと話しをして12:30に帰宅。

午後からは最後の個人練習。Web上からダウンロードした練習の音源に合わせて全曲を演奏順に通して練習してみました。
全曲を休符の時間も含めて通してみると程よい緊張感が有ります。我ながら中々良い練習方法だと思います。(自画自賛)

2時間弱で全曲弾いた後、気になった処を取り出して(気になった処が多すぎですが・・・)何度か繰り返し。

夕食後にもう一度先ほどと同様に全曲を通して練習終了。数年振りにオケ活動を再開した去年に比べると少しはマシになったかな。

これで本番の程よい緊張感の中で平常心を保てれば少しは戦力になれるかなぁ~?大人らしく落ち着いた演奏を心がけたいとは思っていますが、なんせ最後は「チャイ5」、終楽章では「ガシガシ」行ってしまうかも知れません。

明日の今ごろは全てが終っています。どんな演奏になるのか不安も有りますが楽しみでもあります。とにかく「一期一会」を楽しんでみたいと思います。

さて、軽く一杯呑んで寝る事にしよう!
posted by ひで at 22時25分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 02日 (金)

 奥利根スノーパーク リフト1日早割券


先週、郵便振替で入金した早期購入による割引券が届きました。

1日券4,000円が10月中に申し込むと1枚2,000円になると云う物。一昨年も同様に最低枚数4枚で購入しましたが、去年は10月が忙しく失念しておりました。

もっとも、先シーズンは稀に見る小雪でこのスキー場は3月の上旬でクローズしてしまったので良しとしましょう。

スキー場としては斜面のレイアウトがあまり良く無いので、単に滑りに行くには楽しい場所では有りませんが、初めて「テレマーク」を習った場所でも有るのし実家から小一時間で行ける場所でも有るので今シーズンは4枚だけ購入しておきました。

ただ、土日は駐車場料金を別途取るのがたまに傷?
posted by ひで at 23時58分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2007年11月 01日 (木)

 第20期竜王戦七番勝負第2局

今日はヴァイオリンのレッスン日でしたが、仕事が長引いて欠席せざるを得ませんでした。

新しい職場で、前の担当者から業務の引継ぎを受けているのですがその相手も別の部署への異動があり引継ぎがスムーズに行えません。

昼過ぎから夕方まで暇になってしまうのですが、その後の夜の時間にしわ寄せが有ります。

そんな訳で、レッスンは欠席せざるを得ない状況でしたが暇な時間はネットで「竜王戦」を垣間見ておりました。

夕方頃からは「先手渡辺」優勢との見方が多かった様でしたが19:18、144手までで佐藤二冠の勝ち。これで1勝1敗となり改めて5番勝負が始まった様な感じでしょうか?

演奏会直前になって、まるで楽器に触れない日々が続いて居ります。ちょっと焦り気味であります。
posted by ひで at 23時39分  [将棋トラックバック(0) | コメント(1)
| ブログトップ |

カレンダー

<<10月 | 2007年11月 | 12月>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。