酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2008年01月 31日 (木)

 ヴァイオリンレッスン366、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

先週がヴァイオリンのレッスン365回でしたが、考えてみればヴィオラで14回レッスンが有りましたので合計で379回目で今日が合計で380回目です。

今夜は乾燥の所為か弦が思いっきり下がっていて、調弦に梃子摺りました。

新年会は欠席ですみませんでした。
オケの「初見大会」は如何でしたか?
かなり集まりましたよ。1st.が3プル、2nd.は無し、Va.が2プル、Vc.が4プル、Cb.が1プルだったかな?管も2人くらいずつは居ましたし・・・。
それでは、そこそこ合奏になりましたね。
まぁ、一通り通しただけですが。

と云った処でレッスン開始です。

先ずは冒頭からゆっくりと弾く。

音程が大分安定してきましたね。
表現はさておいて、先ずは正確な音程でしっかり弾ける様にします。

何度か繰り返して弾いた後。

しっかり音が出せる様になったら、特にアクセントの音を大きく出す様にしましょう。
拍の頭だったり、途中だったりしますがアクセントの付いた音が「旋律」ですね。
それだけ取り出して弾いて見ると「旋律」が判り易いかも知れませんね。

最後にもう一度弾いて・・・。

1ページ目はとりあえず今日で終わり、来月は2ページ目にさせて下さい。
ひと月に1ページですね。
でも2月はスキーで忙しいので、自宅でさらってくる時間が有りません。
そのときは此処で頑張りましょう!

冬の間は先生もわたくしの自主練習はあてにしていない様子です。

posted by ひで at 22時52分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 30日 (水)

 「常きげん」山廃仕込純米酒


1800mlで2,800円。半年前から勤めるようになった新しい職場の近くにある地酒専門店で買って来ました。

お店に入って日本酒が並ぶ冷蔵ショーケースを眺めていると店主が顔を出しました。

どんなお酒をご希望ですか?
今日は「冷酒」で旨いのが欲しいですね。
それなら「菊姫」のしぼりたては・・・。
それは去年の暮れに戴きました。美味しかったですよ!
それなら「多満自慢」のしぼりたてなんかはいかが?
それも数週間前に戴きました。
東京のお酒も捨てたもんじゃないでしょ?
これも、いい味わいでした。
それでしたら、この「常きげん」なんて如何?
あれ、この杜氏の農口さんって「菊姫」を造っていた人でしすよね?
良くご存知で。「菊姫」を定年退職した後にこの「鹿野酒造」に招かれた様です。
では、「菊姫」と似た味わいですか?
それがねぇ~、「菊」は水が「硬水」でこちらは「軟水」なので大分違う感じがしますよ。まぁ、呑んで見てよ!
これ一本下さい!

と云って買ってきた次第です。

アルコール分:16度以上17度未満、原料米:五百万石、精米歩合:65%、日本酒度:+3、酸度:1.8、アミノ酸度:1.5。能登杜氏:農口尚彦と七人の蔵人(の造)

「菊姫」と似た味わいを感じますが、こちらの方がまろやかな気がします。
posted by ひで at 23時50分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2008年01月 29日 (火)

 「越の譽」純米生詰“雪の中にて寝かせたお酒”

DVC01277.jpg
720mlで1,200円。自宅のお酒の在庫が少なくなってきたので昨日の夕方に最寄駅前の食品スーパーに出店している「地酒屋さんの支店」で買ってきた一本です。

アルコール分15度以上16度未満とそれほど高くは有りませんが、程よく熟成されてコクを感じる美味しいお酒でした。

H19年9月製造となっていますので、地震での被害を免れたお酒が雪の中で熟成されてこの時期に出てきたのでしょうか?
posted by ひで at 23時13分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 28日 (月)

 ブラ1のパート譜


昨日の初見大会で配られたのが右側のBREITKOPF&HARTELの新版、左側は以前使ったBREITKOPF&HARTELの旧版。第九だと刻みの音符の長さが違ったりしてましたが、この曲では楽譜の内容は変わらない様です。
新版の方が若干見やすいかなぁ~?

今回はこれとチャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」は出版譜を貸与されました。お陰で製本の必要が有るのはショスタコーヴィッチの「祝典序曲」(全10ページ)だけです。「祝典序曲」はB4判で配られましたが楽器ケースに入れにくいので、今日職場のコピー機でA4判にコピーし直しました。A4判の方を製本して使おうかと思います。
posted by ひで at 22時23分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2008年01月 27日 (日)

 オケの初見大会

冬の間はオフのオーケストラですが、今日は新年度の運営方針に関するミーティングと残りの時間で「初見大会」でした。

今のオケに参加するようになって3年目ですが、初年度はスキーシーズンが終った後の6月からの参加でしたので「初見大会」は参加する前の事。昨年はテッレマークスキーの「フジケンキャンプ」に参加する為に「初見大会」は欠席しました。
今年は「万障繰り合わせて」参加した次第です。(笑)

今日は、音楽教室の「新年会」も有りましたがそちらは後から連絡が来たものですから不参加です。元々、この「初見大会」に合わせてスキーの予定を入れずにいたので、後から連絡が来た「新年会」の不参加は当然の事です。

日曜日の夕方に「新年会」などと云う予定を立てる事は、「毎日が日曜日」の人が幹事であるから・・・。現役世代が考えれば当然の事「土曜日」でしょう。(ジョン・トラボルタだってフィーバーするのは「土曜の夜」です。)

それはさておき、新しい年のオケの運営方針が色々と発表されて早めに済みましたので予定より30分早く15時から「初見大会」です。

とりあえず3曲とも通しましたが、「中プロ」はかなり危なそうです。「メイン」の「ブラ1」は経験した事が有る方が多いのかと思われますので(わたくしも1st.と2nd.で1回ずつ経験してますが)一通り通す事は出来ましたが・・・。
この曲は「何を表現するか?」が問われる曲だと思いますのでこれからの曲の造りが大変そうです。

普段より早めに17時過ぎに一通り通した処で今日の「初見大会」は終了となりました。

次の3月30日が正式に「第1回練習」です。その日は志賀高原の「笠岳カーニバル」に重ならなければ参加したいと思いますが、「笠岳」の予定がまだ出てこないので未定で有ります。

4月以降はスキーの予定を練習日に当てないようにして、できるだけオケ練に参加しようかとは思うのですが、雪の状況によっては「オケどころでは無い」かも知れません。

帰りがけにはコンミスさんに「次の参加は多分5月の末です」と一声掛けさせて戴きました。
posted by ひで at 20時20分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 26日 (土)

 A WINTER'S SOLSTICE~WINDHAM HILL ARTISTS


雪山の中腹にあるお宿に冬の間に何度もお世話になっていますが、そこでのBGMに何か良い物が無いかと探してみました。

20数年前に流行った「ウィンダム・ヒル」のアルバムから冬をテーマにした物が一枚有りましたのでこれを持っていく事にしましょう。雪山のお宿で、ストーブを囲んでお酒を酌み交わす時に合うかなぁ~?

大学生の頃にジョージ・ウィンストンのピアノで「AUTUMN」とか「DECEMBER」とか、流行りました。
posted by ひで at 20時57分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 25日 (金)

 「しぼりたて天鷹」特別本醸造 生酒


720mlで1,350円、ちょうど一週間前に仕事で日光へ行った際に買ってきた物です。帰ったら呑もうと思って買ったのに、帰ってきたら高熱にうなされて飲酒どころでは有りませんでした。一週間経って、体調が良くなったのでようやく味わう事が出来ました。

この「天鷹」と云う銘柄は、以前親父殿と弟君が「すごく不味い!」と云った銘柄です。最近の分析では、暖房が効いた土産物店で買ったためお酒が劣化していたのではないか・・・。という見解ですが。

アルコール分:18度以上19度未満、原料米:五百万石、精米歩合:60%(全量自家精米)、日本酒度:+7.0、酸度:1.7、栃木県大田原市の天鷹酒造㈱の造。

日本酒度+7と云っても、辛口では有りません。甘味が無くてスッキリしている分、酸味を一層感じます。でも嫌味な酸味では無いので良い感じの「うまくち」って感じです。

先週はただひたすら寝て、病の回復に週末を過ごしましたが、この週末は日曜日のオケ練に備えてヴァイオリンを弾く週末にしてみようかと思います。来週からは雪山での遊びで楽器に触らない週末が続きそうですので・・・。
posted by ひで at 22時37分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 24日 (木)

 ヴァイオリンレッスン365、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

ついにレッスン回数が1年分(365回)になりました。

ただ、今お世話になっている先生が入院で5回と留学で15回を他の先生のお世話になったのでわたくし個人としてだけの365回目です。今の先生との365回目までにはまだ20回が残っています。あと半年ほどかかる勘定です。

さて、今夜は1時間前が空き時間だとの事で仕事をサクサクこなして1時間前倒しで伺いました。

先週は休んでしまってすみませんでした!
体調はもう良いのですか?
はい、お陰さまで・・・。
代わりに私が体調不良になりましたよぉ~!
風邪をひきました?
金曜日の夜に39℃の熱を出しました!
インフルエンザですね。
多分そうです。お陰で土日の2日間寝たきりでした。
あ、これ母からです。(包装紙に包まれた箱を渡される)]
何ですか?
お見舞いを戴いたお返しで、快気祝いです。
お母様、良くなられたんですか?
はい、おかげさまで。それにしても、今夜は寒いですね!
強い風が吹いて、雪が積った昨日よりもよっぽど寒いです。

世間話も程々に、調弦が合った処でレッスン開始です。

ゆっくり弾きますね。

冒頭から何度か弾いてみる・・・

2小節目の3拍目のGisが低めです、気をつけましょう!

何回か繰り返してようやく音程が安定したところで・・・

4小節目の3拍目の表のFが低めです。
2拍目や3拍目の裏は1の指に対して4の指が4度の開きですけど、此処は5度ですね。
普通に4度でとると1指がHに対して4指がEになってしまいますから、要注意です。此処は5度でFですから。
うぅ~ん、難しいぃ!(汗;)

気を取り直してもう一度弾く・・・。

8小節目の2番目の音はCisではなくてCですよ!
音の動きが予測では計れない曲ですね。

懲りずにもう一度弾き直す。

弾き難い曲ですねぇ~!
でも、音程が大分安定してきましたよ。
この曲、ものにできるのだろうか?
音程をちゃんととったら、後はアクセントとかスタッカートとかスラーとかの差を付けて、強弱を表現できれば必然的にメロディーが浮かんできますよ、頑張っていきましょう!

と云ったあたりで時間切れ、本日はお開きです。

楽器を片付けながら・・・

そう云えば、日曜日の「新年会」の出欠の問いがN氏から来てました。
ひでさんも是非参加して下さいね!
その日は「オケ練」なんですよ。
雪山ではないのですね。
それに、爺さん婆さんばっかりでしょ?
新しい生徒さんが何人かいらして、若い女の子も居ますよ!
若いって?
私と同い年のオケやってる方とか・・・
それじゃ、若く無いじゃん!
(ム!)充分若いです!(怒)
Mちゃん(20代半ばの元学生オケのコンミス)は?
彼女は今回は来られないそうです。
じゃぁ、止めとこうかな。
29歳の女の子も来ますよ!
あのメンバーではきわめて「若い」ですね。(笑)

オケの練習は15:30から18:00地元で、新年会は16:30から19:00都心で。両方は出られません、どうしようかなぁ~?
posted by ひで at 22時18分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 23日 (水)

 「清開」きざけ しぼりたて 純米醸造

DVC01272.jpg
720mlで1,250円。先週の金曜日に仕事で日光へ行った際に買ってきた一本です。これを買った15:30頃はまだ体調不良ではなく、帰ったら呑もうと思って買ったのですが・・・。

アルコール分18度以上19度未満、精米歩合60%の純米酒です。純米らしい味わいと原酒の濃厚さは有りましたが、香はほとんど無くて味わいも薄いかな?アルコール度数の高さで濃厚に感じますが、味は軽薄なのかと思います。

可も無く不可も無くって感じのお酒でした。

今日の午前中、当地でも久しぶりに雪が雪が積もりました。
posted by ひで at 23時22分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 22日 (火)

 「八海山」しぼりたて原酒“越後で候” 

DVC01271.jpg
1800mlで3,469円。原料米:五百万石/トドロキ早生、精米歩合:55%、アルコール度:19.5、日本酒度:+5.0、酸度:1.9、アミノ酸:1.3。

一昨年から「八海山しぼりたて生原酒・越後で候」と、名前とラベルがリニューアルされました。お酒の内容に関しては良く判りませんが、購入した酒屋さんによると・・・~「もろみ」日数を長く取った、原酒専用の仕込みとなりました。~だそうです。

年によって「旨んめぇぃ~!」ってのと、「そこそこ旨いなぁ~!」って年と、「旨かねぇ~!」ってのが有りますが、今年のは中間辺りか?

金曜日の夜に高熱を出して以来4日ぶりにお酒を呑む事が出来ました。このお酒は先週の木曜日に一杯だけ呑んだお酒ですが、体調不良のお陰で5日後にも8合残っていました。医療費や薬剤費は保険が利いて3割負担でしたので、お酒を呑むより出費が少なかったです。(笑)

飲酒にも保険が利くと嬉しいのですが・・・。(爆)
posted by ひで at 22時51分  [お酒トラックバック(0) | コメント(4)

2008年01月 21日 (月)

 MOSTLY CLASSIC MARCH 2008

0803_top.jpg
朝刊紙である産経新聞東京版は月極2,950円、この雑誌の定価が1,000円。新聞と一緒に購読すると合わせて月3,500円。と云う訳で新聞と一緒に届けてもらっています。昨日の夕方、散髪を済ませて帰ったら届いてました。

今月の特集は「2008年 関西が熱い!」

在京のオケは一通り聴いた事が有りますし、首都圏の主だったホールへは一度は足を運んだ事が有りますが、関西のオケやホールに関しては皆無です。

出張にかこつけて一度は行ってみたいものです。

体調の方は、大分良くなって今朝は36.8℃まで体温が下がりました。しかし、夕方には37.2℃まで上がるような感じでまだ完全では有りません。明日の昼で薬が切れるので仕事からの帰りがけに病院へ寄ろうかと思ったら診療終了時間に間に合いませんでした。
昨年までは23時までやっている診療所へ行っていたのですが、12月21日で閉鎖になってしまい先週行った所は初めての病院です。駅前なので住宅地である自宅界隈の処よりは遅くまで開いているのですが、それでも20時まで。ちょっと仕事で遅くなると間に合いません。
明日は病院へ寄れるように少し早く帰る事にします。もしかするとその必要が無いように治っているかも知れませんが。
posted by ひで at 21時35分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2008年01月 20日 (日)

 完治とまではいきませんが・・・

薬を飲んで、沢山食べて、よく休んだお陰で今朝は体温が36.9℃まで下がりました。

食事を摂ると37.1℃まで上がりましたが、何とか大丈夫そうです。今夜も風呂は自粛なので頭だけでもさっぱりしたいと思い、夕方には散髪に行きました。もともと軽い頭が一層軽くなりました。(笑)

転職して5ヵ月半ですので、あと半月しないと有給休暇が有りません。休むと欠勤になってしまうので、体調不良が週末に当たった事を喜ぶべきかも知れません。

今週滑れなかった分を来週取り返したい処ですが、27日はオケの初練習なのでスキーはお預けです。
posted by ひで at 20時37分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 19日 (土)

 快方に向かう

昨夜39℃あった体温が今朝には38℃まで下がりました。朝食後、また休んで10時頃に計ったら37.9℃、昼食後には37.7℃になりました。

これくらいの体温になると大分楽になりました。食欲は旺盛でモリモリ食べてますので、早く良くなる様な気がします。

今の体温は37.6℃まで下がりました。咽喉の腫れもひいてきた感じがします。
posted by ひで at 19時09分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 18日 (金)

 インフルエンザ?

今日は仕事で日光へ行って来ました。真昼でも気温-3℃と寒かったのですが、帰りの車の中でも寒さを感じました。(寒さではなく寒気だった様ですが・・・。)
なんだか熱っぽいなと思いつつ帰ってきて、職場からの帰りに病院へ寄ってみました。

体温を計るとなんと39℃もありました。インフルエンザの検査をしましたがまだ時間が早いのではっきりせず。さしあたり熱さましと咽喉の炎症を抑える薬などを貰って帰ってきました。

今週末のスキーは中止です。残念!

今夜はこれで寝まぁ~す、おやすみなさいませ。(笑)
posted by ひで at 20時38分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 17日 (木)

 ヴァイオリンのレッスン休講

今夜は365回目のレッスン日でしたが、お昼前に教室から携帯電話に留守電が入ってました。

先生の体調が悪いので今夜は休講だとの事。

その後、16時半過ぎには先生ご本人から携帯メールに休講の連絡。

先週のレッスンの後は3連休を雪山で遊び、その後の平日も全く楽器に触れなかったので休講が有り難かった気もします。(笑)

夕方から雑用が沢山廻ってきて、仕事が長引いてしまいひとしきりしたのが21時でした。レッスンが有れば欠席せざるをえない状況でしたので、今夜はレッスン中止で良かったと云う結果になりました。
posted by ひで at 23時55分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 16日 (水)

 バッハの無伴奏~バッハボウ


バッハの無伴奏曲を出来るところから少しづつ弾いてきましたが、三重音や四重音は同時には弾けずに時間差で弾くのが普通だと思っていました。

DVC01270.jpg
ところが、「バッハボウ」と呼ばれるこの弓を使うと四重音を同時に奏でる事が出来ます。
まるで「オルガン」で弾いているように聴こえます。

現代の普通の弓で時間差で弾くからこそ、左手を全て抑えられなくても右手に合わせた時間差で誤魔化せると思っていましたが、これを聴くと目から(耳から?)ウロコです。

バッハの時代はこの様な弓で全ての音を同時に弾いていたのでしょうか?この弓を持ったとしても左手が抑えきれないわたくしはこの様に弾く事は出来ません。
posted by ひで at 23時08分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2008年01月 15日 (火)

 PAGANINI FOR TWO


ギル・シャハム(Vn.)とイェラン・セルシェル(Guiter)のデュオ。N.パガニーニのヴァイオリンとギターのための作品集です。

パガニーニのヴァイオリン曲と云うと、超絶技巧の派手な曲といったイメージですがこの作品集はちょっと違った感じです。

BGMとして何気なく聴くのがお勧めです。
posted by ひで at 22時39分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 14日 (月)

 「朝日山」元旦しぼり

P1000014020.jpg
今年は三日の朝に実家から帰ったので、元旦しぼりが手付かずです。今夜いただきました。

このお酒、何故か容量が1800mlでは無くて1830ml。30mlは「お年玉」?

ことしも美味しゅうございました。
posted by ひで at 18時54分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 今期7日目「志賀高原スキー場」

午前中は荘のけんちゃんと一緒に笠岳、熊の湯を滑りました。リバーサイドのピザはお持ち帰り。

Dvc01266.jpg
笠岳スキー場をテレマークで滑るけんちゃん。

Dvc01267.jpg
同じくN氏。

午後はたの字隊長ご一行と渋峠で遊びました。帰りはいつものコースです。
P1000013020.jpg
posted by ひで at 15時37分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 13日 (日)

 今期6日目「志賀高原スキー場」

P1000012020.jpg
横手山は吹雪です。
posted by ひで at 09時16分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 12日 (土)

 横手山にて

P1000011020.jpg
15時頃によませを出発し約1時間で陽坂駐車場に到着。

18時からは夕食です。今夜は「すき焼」。
posted by ひで at 19時06分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 今期5日目「よませ温泉スキー場」

P1000010020.jpg
昔、毎週の様に通ったスキー場、久しぶりにきました。アルペン時代にお世話になったスキー学校で今日はテレマークを習いました。

Dvc01264.jpg
お世話になったMコーチ。

Dvc01265.jpg
昨年度、全日本28位のN氏。
posted by ひで at 12時32分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 11日 (金)

 「SPRAY」 自遊人別冊


表紙の写真につられて買ってしまいました。1,238円(税別)

お気軽にバックカントリーへ出るために「ヘリスキー」や「キャットスキー」のツアーが多く紹介されています。

貧乏人のわたくしにはちょっと異次元の世界です。やっぱり「自分の足で登ろう!」と強く思いました。(笑)
posted by ひで at 17時56分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 10日 (木)

 ヴァイオリンレッスン364、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

2008年最初のヴァイオリンのレッスンです。今日は普段より30分前に前倒しして戴きました。

待合室で待っていると聞き覚えは有るが、この場所では聞いたことが無い声が・・・。

先生と一緒にレッスンルームから出てきたのは発表会では何度か会った事がある青年でした。
病院の検査室勤務の方ですが、この教室からバスで15分くらいのところへ転勤になったので受講教室を今夜から変更だそうです。

先にレッスンルームに入って準備をしていると、その青年の移籍の手続きを指示した先生が戻って来ました。

あけましておめでとうございます。
こちらこそ。そう云えば、今年の年賀状はスキーの写真では有りませんでしたね。
(ここのところ毎年、スキーの写真付の年賀状をお送りしていたので)
去年は年末までオケで忙しく、終った後の3連休で滑りに行ったので住所を印刷しただけのものになってしまいました。
11月と12月がオケ本番でしたからねぇ~。
二つ掛け持ちは忙し過ぎました。(笑)

と云った処で楽譜を譜面台に乗せると・・・。

まっさらな楽譜かと思ったら、随分書き込みが有りますねぇ~!
準備をしないと「イザイ」は弾けません!
良い心がけです。(笑)
去年はほとんど「オケの曲」で遊んでいて、真面目にソロ曲はやりませんでしたね。
去年の今ごろは「チャイ5」でしたね。ソロのヴィオラは2ヶ月くらいでしたっけ?
たしか13回やったので5月連休明けからの3ヶ月くらいはやったと思います。今年は「ソロ」を中心にやりますよぉ~!

と云った処で冒頭からゆっくりと弾く事に・・・。

テンポが速すぎて転げまわる。

もっとゆっくりからやりましょう!
なんだか「バッハ」の旋律だけ速くなってしまいます。

さらにゆっくりと、音程を一つ一つ確認しながら弾くと・・・。

前半は云い感じですよ!

先へ進もうとする先生にお願いして中間部あたりで勘弁して戴きました。

あまり先へ進んでも中途半端になってしまうので、とりあえず今日は最初のページでお願いします。
では、1月で1ページずついきましょう!
3ページしかないので1ページ1ヶ月で3月までに全曲の音をしっかりとれる様にしたいと思います。
では、4月からは奏法の研究で6月まで、残りの2ヶ月で曲想を考えましょう!

これまでの10年間の「行き当たりばったり」から比べると11年目は「長期計画」が出てきました。

では、冒頭からもう一度。

弾いて見ると・・・。

今はスタッカート、テヌートとかを考えなくて良いですから、それから音量もpは気にせずしっかりとした音で弾いていきましょう。
さしあたりの3ヶ月は全てfでしっかり音を出す感じで良いですか?
今年はそう云う方針で行きましょう。
しっかりと音を造ってから、その後に「表現」と云う事ですね。
そう云えば、今年のオケの本番は何時ですか?
10月19日ですから、発表会が終った後で最後の仕上げの時間は有ります。
発表会の終った後は、ブラームスのシンフォニーをレッスンで取り上げましょうね。
今年はそれでお願いします!

今年の「レッスン方針」が定まりました。

11年目は「無伴奏曲」を題材にして、「奏法の基礎から始めて、表現の研究を行い、実際に表現を示す」と云う課題が与えられました。(大変だぁ~!)
posted by ひで at 23時17分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 09日 (水)

 「多満自慢」純米原酒あらばしり

DVC01262.jpg
1800mlで2,445円。たまには地元のお酒を呑んでみようと思い、買ってきました。

東京都福生市熊川1番地 石川酒造㈱の造。原酒ですのでアルコール分:17度以上18度未満と少し高め。精米歩合:60%、日本酒度:+1、酸度:2.0、アミノ酸度:1.1。

濃厚で呑み応えがある美味しいお酒です。もっと、地元のお酒を楽しむべきかなぁ~?

PCの調子が悪くなり、旧管理者画面からで無いと書き込めなくなりました。9年間使ったノートPCもそろそろ寿命の様です。
posted by ひで at 23時00分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 08日 (火)

 ヴィルトゥオーソ・ショウピース


先日の無伴奏曲集と同じく、ルッジェーロ・リッチの演奏する小品集を買って見ました、同じく廉価版で1,500円。

こちらは無伴奏では無いのでアーネスト・ラッシュ(Ernest Lush)のピアノ伴奏付です。録音が更に古くて1958年のため音質は良くありません。

今では半ば忘れられている小品、そして当時はまだそれほど知られていなかったものなどが織り混ぜてあり、演奏者、プロデューサーのセンスの良さを感じさせる。(ライナーノーツより)

一番長い曲でも5分54秒と云う短い曲ばかり、こんな小品をさらっと弾ける様になりたいものです。(成れませんが・・・。)

①スケルツォ=タランテラ 作品16(ヴィエニャフスキ)[4:11]
②気まぐれな女 作品17(エルガー)[3:22]
③風(ヴェチェイ)[2:32]
④バンジョーとヴァイオリン(クロール)[2:58]
⑤夜想曲 第20番 嬰ハ短調(遺作)<ミルシテイン編曲>(ショパン)[3:34]
⑥わが故郷より 第2番(スメタナ)[5:08]
⑦ブルレスカ 作品17の4(スーク)[2:51]
⑧ヘブライの旋律 作品33<ジンバリスト編曲>(アクロン)[5:54]
⑨ホタ・アラゴネーサ 作品27(サラサーテ)[4:29]
⑩そよ風 作品30の5(フバイ)[3:11]
⑪ギター 作品45の2<サラサーテ編曲>(モシュコフスキ)[2:57]
⑫妖精の踊り 作品25(バッツィーニ)[4:30]

ヘブライの旋律はハイフェッツが編曲したものを録音でも楽譜でもよく目にしますが、これは珍しくジンバリストが編曲したもの。
わたくしが一番好きなのは、ピアノ曲として有名なショパンのノクターンをミルシテインが編曲したもの。以前レッスンで少しだけ取り組んだ事も有りました。

オケを二つ掛け持ちしていた頃には、オケ曲の参考音源を聴くしか時間が取れませんでしたが最近はようやく「音楽鑑賞」ができる心の余裕が出てきました。
posted by ひで at 23時14分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2008年01月 07日 (月)

 「越の譽」復興祈願酒


1800mlで2,625円。昨年の震災で大きな被害を受けられた新潟柏崎の「原酒造」のお酒です。
ご当地の酒屋さんから購入しようと思っていたら、出遅れて売り切れたご様子でした。たまたま地元の百貨店で見かけましたので買って来ました。

スッキリとした味わいの美味しい「純米酒」でした。

「平成19年7月16日、柏崎を直撃した中越沖地震。皆様から多大なご支援を賜り厚く御礼申し上げます。お陰さまで、10月より商品の通常出荷が再開され、酒造りも順調に始まりました。甚大な被害はご承知の通りですが、「新生越の譽はこれより始まる」をモットーに完全復興に向けて突き進んでまいります。
この意志を誓い、復興への第一歩として「復興祈願酒」を発売いたします。がれきの下から救い上げた強運を呼ぶ酒。柏崎の復興を祈る乾杯の酒です。冷や叉は、ぬる燗でお召し上がり下さい。売上金の一部を柏崎復興のために寄付いたします。」(裏ラベルより)

時が経つと忘れてしまいがちですが、今でもまだ爪あとが残る地からの復興を祈願したお酒を心して戴きました。美味しゅうございました。

もし、あの百貨店に残っていたら週末の「志賀高原」用にもう一本買って持って行きたいと思います。
posted by ひで at 23時54分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2008年01月 06日 (日)

 イザイの無伴奏

DVC01259.jpg
昨年のレッスン最終日にほんの冗談のつもりで先生にお話した曲を本当に取り組むようになりそうです。(汗)

三年来「無伴奏」に取り組んでいるのは、音楽教室の発表会で「伴奏費」を徴収する事になったから。

無伴奏で人様にお聴かせ出きる演奏では無いのは「百も承知」ですが、先立つものが無ければ・・・。です。(笑)

今年は久し振りに「コンチェルト」でもと思った矢先に、オケの演奏で「他人はあてに出来ない!」と思ってしまったので引き続き「無伴奏」で挑む事にした次第です。

加藤知子さんのこの録音は、今では1,050円の廉価版で売られているようです。私が買ったこれは、当時3,000円しました。

DVC01260.jpg
今日は楽譜にして3ページ有る「2番の1楽章」の譜読みを進めて見ました。

真さらな楽譜では無いのはわたくしが少しは努力した軌跡と思って下さい。(笑)

左手が抑えられると、右手がついていきません!右手が動くと思えば、左手が置いてきぼり・・・。

今のところ「曲」とは程遠いってな処です。
posted by ひで at 22時55分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2008年01月 05日 (土)

 「玉乃光」山廃 純米吟醸


720mlで1,228円。去年のヴァイオリンレッスン最終日に買ったお酒です。同じ日にもう一本買った一升瓶はクリスマス休暇の志賀高原のお宿で呑み干しました。

こちらは「お燗」で美味しい物をとのリクエストで紹介されたお酒です。

通常の倍の時間(約30日)をかけて育てた「山卸廃止もと」で仕込みました。山廃特有のコクと天然の酸味によるキレの良さをお楽しみ下さい。
<おすすめの飲み方>ぬる燗(40℃位)または冷やして(10℃位)でお飲み下さい。(裏ラベルより)

薬缶にお湯を沸かして徳利を湯煎して呑んで見ました。程よい酸味がぬる燗でいい感じです。裏ラベルに冷やしてもお勧めと書かれているので残り一合は冷蔵庫に入れて明日試してみようかと思います。
posted by ひで at 19時17分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年01月 04日 (金)

 無伴奏ヴァイオリンリサイタル


Ruggiero Riccci(ルッジェーロ・リッチ)独奏のヴァイオリン無伴奏曲集のCDです。1960年4月録音のため音質に一部聴き難い処が有りますが・・・。

今まで取り組んだ「バッハの無伴奏」や今年やる予定の「イザイの無伴奏」はそこそこ音源が有りますが、このCDは珍しいと思って買いました。

バルトークの無伴奏ヴァイオリンソナタ、ストラヴィンスキーの「エレジー」、プロコフィエフの無伴奏ヴァイオリンソナタ、ヒンデミットの無伴奏ヴァイオリンソナタの1番と2番が収められています。

おそらくこのCDに収められている曲が弾ける様になる事は無いと思いますが、わたくしはヴァイオリンの無伴奏曲が好きなので買ってみました。

車での移動中に聴くのに、音量変化の大きいシンフォニーなんかは聴き難いですが、無伴奏は音量がほぼ一定なので車内で聴くにはもってこいです。

1,500円と云う廉価盤ですのでお買い得です。
posted by ひで at 20時41分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2008年01月 03日 (木)

 弾き初め

三が日は実家で過ごす事が多いのですが、今年は今朝自宅へ戻りました。8時前に出発したので渋滞も無く何時もの様に2時間弱で帰りました。

イザイの無伴奏の譜読みを開始、難しいです。その後、ブラームスのシンフォニーを少々。別のオケで一度やった事が有りますがこちらも難しいです。前途多難な一年となりそうです。
posted by ひで at 20時46分  [音楽トラックバック(0) | コメント(4)

2008年01月 02日 (水)

 「千年一」大吟醸

P1000009020.jpg
神戸の叔母からの戴き物です。箱根駅伝を見ながら昼食です。
posted by ひで at 11時51分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ | 次のページ>>

カレンダー

<<12月 | 2008年01月 | 02月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。