酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2008年02月 29日 (金)

 「笹の川」吟醸 すべて山田錦

DVC01311.jpg
あれ、これって注文してたっけ?
posted by ひで at 19時57分  [お酒トラックバック(0) | コメント(4)

2008年02月 28日 (木)

 ヴァイオリンレッスン370、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

土日に滑りに行かなかったのに、前回レッスンから全く楽器に触る事無くレッスン日を迎えてしまいました。

今夜は前の時間の青年がお休みだそうで、2週間前と同様に30分前倒しです。

こんばんは、時間は大丈夫でしたか?
充分間に合う時間でした。S君はまた「顔面神経痛」ですか?
今度は「腸閉塞」だそうです。
先週「いつでもお休み下さい、私が代わりますから」って言った所為かな?(笑)

今夜は調弦が順調と思った矢先にG線が下がりまくる。

乾燥しすぎの所為ですかね?

何とか調弦を終えて、さぁレッスン開始です。

2ページ目の冒頭から。

前半部分はなんとかつながる様になってきました。しかしながら10度の開きは未だに音程が不安定です。

此処だけ弾くと何とか成る様になってきましたが、前から続け様とすると巧くつながりません。
一つ一つやっていきましょう。

続いて2ページ目の後半から・・・

この辺が一番難しいですかね?
移弦するときの右手の動きをもう少し大きくした方が良さそうです。

更にもう一度弾いて、3ページ目に行きそうになると・・・

この先は来月にとっておいて、其処までをもう一度やりましょう!

弾き難い部分に先生が指番号を書いてくれて。

さぁ、もう一度。

何度か弾いて、左手の動きにはなれつつありますが。

本当に難しいですね。
でも、段々と形に成りつつ有りますよ、頑張って!
しっかりとした音を出したいです。
今は音量を考えずに全てfで良いでしょう。音程が少し乱れても判り難い曲ですから、左手よりも良い音が出せる様に右手の角度を考えた方が良いですね。

と云った処で今夜は時間切れ。

楽器を片付けながら・・・

そう云えば、去年の今ごろは一人で「ニセコ」へ滑りに行った頃です。
「北斗星」に乗って帰ってきたんでしたね。
はい、「北斗七星」では有りません。(笑)
もう一年経つんですね。
「北斗星」で目が覚めると「無職」になっていました。(笑)
2月中は「有給休暇」だったんですね。
40日分使い切れず38日でしたけど。
今年は休めませんね。
もう、新しい職場も6ヶ月を過ぎたので有給休暇が付きましたよ。
それなら平日にもスキーに行けますね。
来月には1日くらい休もうかと思っています。
では今週末もお気をつけて!

滑りに行くとは云っていないのに、当然行くものだと思っているようです。それに、楽器をさらってくる事は全くあてにしていないご様子でした。
posted by ひで at 23時19分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 27日 (水)

 The BEATLES In Classic


昨日に引き続き、雪山のお宿でのBGM用の音源を捜してみました。

こんなのどうでしょうか?

ベルリンフィルのチェリスト達が弾いた「ビートルズ」の名曲の数々。曲目は↓の通りです。
DVC01313.jpg


わたくし個人としては最後の“Hay Jude”が一番のお気に入りです。

このCDはジャケットが手元に有りましたが、中身は車のCDチェンジャーの中かドアポケットのCDケースの中です。
忘れなければ次回帰荘の際にお持ちします。(けんちゃん、期待しないでお待ち下され!)
posted by ひで at 22時31分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 26日 (火)

 SOMETHING GOOD(Plectrum Art Ⅱ) TADASHI AOYAMA


雪山のお宿でのBGM用としてお持ちした中で、「けんちゃん」にご好評だった「マンドリン」の第2弾です。

DVC01310.jpg
収録曲は↑です。

これもこの前の1枚と同じくかなり前の録音です。(1992年らしいです)

1枚目よりも一層馴染み深い曲が多いかな?

次に陽坂へ帰るときには忘れなければ持っていきます。
posted by ひで at 22時21分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 25日 (月)

 EUGENE YSAYE Sonatas for solo Violin~Benjamin Schmid

DVC01307.jpg
イザイの無伴奏を弾くにあたって、参考音源としては以前ご紹介した加藤知子さんのCDしか持っていませんでした。

演奏の表現としては感銘を受けるところが多くて、自分の演奏でもテンポ感やらを参考にさせていただいていました。

しかしながら楽譜を深く読むにつれ、彼女の演奏は楽譜には余り忠実では無い様に感じたきた次第です。

そこで「楽譜に忠実」と云われる録音を探してみたところ、このCDにたどり着きました。

演奏者、ベンヤミン・シュミットは1968年ウィーン生まれの「イケメン」です。(笑)
今では40歳になるわけですが、この録音は1998年ですので写真は30歳の頃のものかと思われます。

加藤さんが「バッハの引用」の部分をバッハの原曲の様に弾くのに比べ、シュミットは楽譜に書かれたように「スタッカート」を強調して弾いている感じです。
3小節目からの「バッハを打ち消す」部分では、加藤さんはルバートなテンポで弾いていますが、彼は極めて忠実に同じテンポです。

どちらが良いかとは一概には云えませんが、鑑賞するなら加藤さん、曲を勉強するならシュミットってな処でしょうか?

他の演奏家が弾くこの曲を、もっと聴きたくなりました。
posted by ひで at 21時42分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 24日 (日)

 「花春」吟醸酒


昨日の午前中に届いたお取り寄せの中の1本です。1800mlで2,100円とお買い得。100%自醸酒、100%会津の米、100%自家精米。

自家精米でのみ出来る米のゼイタク・・「低温でゆっくり精米した後、篩(ふるい)で粒をそろえること」・・と、花春吟醸酵母(HGK-01)を使用し、伝統の技でじっくりと醸し出した“程良い香と旨さ”の吟醸酒です。(裏ラベルより)

精米歩合:58%、原料米:まいひめ100%、アルコール分:16度以上17度未満、日本酒度:+4.0、酸度:1.6.

華やかな香が特徴的な「香吟醸」です。味わいとしては「端麗辛口」の部類かなと思います。南東北のお酒と云うよりは新潟辺りに良くあるような味わいだと思いました。
posted by ひで at 19時49分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 23日 (土)

 “PURE MOMENT” NAOKO TERAI

pure_moment.jpg
午前中の9時半頃にむくさんにお願いした福島の銘酒が届きました。今回は1升瓶4本と500ml瓶を2本です。

お酒のほうは追々ご紹介しますが、今回はオマケに音楽CDのコピーを戴きました。(画像は本来のCDのものです)

控えめなヴィヴラートに低音弦の深い音色が印象的でした。チック・コリアの「スペイン」は今まで聴いた事があるものとはアレンジが違っていて興味深かったです。Jazzの場合は演奏するたびに違うのでしょうけれど。

こんな演奏を聴くとJazzも良いなぁ~って思います。クラシック以外のVn.曲も弾ける様になりたいものです。

昨日呑み過ぎたので今日は休肝日です。

posted by ひで at 22時54分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 22日 (金)

 「田酒」特別純米酒

P1000001023.jpg
今日は午後から横浜で研修会。終了後、懇親会を終えた後に一人で2次会です。

鰻と河豚料理の美味しいお店です。新潟のお酒がメインですが、今日は新潟以外のお酒にしてみました。
posted by ひで at 20時38分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 21日 (木)

 ヴァイオリンレッスン369、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

先週のレッスンから今夜までは少しだけ弾く時間がとれましたが、先を見る余裕は有りませんでした。
今夜は時間通りに行くと、先週は「顔面神経痛」でお休みだった青年が出てきました。

「顔面神経痛」は治りましたか?
何とか治りました!
いつでも休んで下さい、私が代わりにこの時間を使いますから・・・(笑)

と、云いつつ入れ替わりにレッスンルームへ。

「お大事に!」って云わずに「いつでも休んで」って云うなんて私は「嫌な奴」ですねぇ~。
彼はもう大丈夫そうですよ。(笑)スキーは如何でした?
またしても同行者が「腹痛」で土曜一日しか滑れませんでした。(笑)
また「腹痛」ですか?
前の週とは違う人ですが・・・。
それは残念でしたね。
1月は自分が「インフルエンザ」で滑れず、今シーズンはこれで4日も無駄にしてしまいました。
明後日も行くのですか?
一人でも行こうかと思ってましたが、他にもやる事が有るのでこの週末はスキーはお休みです。

今週は何度か楽器を弾いた所為か調弦には時間が掛かりませんでした。

この曲の旋律についてちょっと考えてみたんですけど、これは「怒りの日(Dies orea.ディエス・イレ)」の旋律ですね。
何かがモチーフになっているって聞きましたけど詳しくは知りませんが・・・。
大元のグレゴリオ聖歌は私も存じませんが、例えば「幻想交響曲の五楽章」で出てくる旋律がこの動きですね・・・。

1ページ目に戻って「G・Fis・G・E・Fis・D・・・」とその旋律を取り出して弾いてみると。

確かに仰る通りですね。
何も考えずに弾くよりは、曲の成り立ちを知るとより深く曲に取り組める気がします。
ひでさんが得意とするところですね。(笑)

と云う処で2ページ目の冒頭から・・・

4段目の2小節目まで弾いたところで・・・

この部分は大体出来てきましたね。もう一度やりましょう!

同じ処をもう一度・・・

この先の10度分散和音が難しいです!
これは慣れるしか有りませんね。

3回繰り返して何とか形が出来たので、先へ進むことに。

6段目の最後の小節Es・G・C・Gとか、指を置いたまま出来ませんか?

何度かチャレンジするが巧くいかず。

男性は指が太いから難しいですかね?
いいえ、此処は「爪が伸びているから」弾き難いだけです。

と云って、楽器ケースから「爪切り」を出して左手の爪を切る。

此処で爪を切るとは思いませんでした。
「爪きり」をケースに入れているんですね。
一昨年の「詰め」の頃「爪」が伸びていて弾きづらかった以来「爪きり」はケースに入れてます。(笑)この「爪きり」は一昨年「宮古島」で買ったんです。(笑)
今回は分散和音ですけど、一昨年の「重音」とかは爪が伸びると弾けませんね。
去年や3年前の単音の速弾きなら爪が伸びても何とかなりますが・・・。

爪を切ってもう一度。

爪が短ければ大丈夫そうですね。
10度で思いっきり指を開いた後は、指が固まりそうですね。
どちらも形で覚えるしか有りませんね。

と云いつつ先へ進んで行き何時の間にか3ページ目の2段目まで。

おっと、3ページ目に進んでしまいました。此処は来月です。
では今日は此処までにしましょう。

譜読みと左手ポジションの確認だけでほとんど終ってしまいました。

旋律の隠れているところが判ってきたので、曲想が付けやすくなりましたね。
お子様では無いので「曲の構成」を理解して弾きたいですから。

と云った処で今夜はお開きです。

楽器を片付けながら・・・。

今年は「イザイ生誕150年」らしいです。
それでこの曲ですか?
いいえ、偶々です。ついさっきイザイが1858年産まれと知ったばかりです。(笑)
「イザイ」の次は「ヒンデミット」かなぁ~?
次の無伴奏ですか?
「ヒンデミット」は難しすぎて弾けませんね。
パガニーニのカプリスは?
去年、上手な少年が弾いたからパスです。(笑)おっさんは他人が知らない曲を探します。(笑)
では「バルトーク」でも・・・?
「プロコフィエフ」なんかどうですか?

と云って以前此処で紹介したCDを出してみる・・・。

プロコに無伴奏Vn.って有るんですね。知りませんでした。
2本で弾くのか何本で弾くのか存じませんが、本来はソロ曲では無くてユニゾン曲らしいですが・・・。
ルッジェーロ・リッチですね。
私が生まれるよりも前の1950年代の録音です。

先生はプロコフィエフの無伴奏を聴いた事が無いとの事でしたのでCDをお貸しする事にしました。

今夜はこんな処です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 22時46分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 20日 (水)

 MOSTLY CLASSIC APRIL 2008

0804_top.jpg
今月の特集は、もっとクラシックを楽しもう!「クラシック・ライフ」グレード・アップ宣言。
その中でも気になったのは年末に実家へ行った折に親父殿が云っていた「ガラス製のCD」。カラヤン・ベルリンフィルの第九が200,000円だとか。
原音に忠実と云うより、録音されたマスターテープに限りなく近い音らしいですが・・・。

300枚限定でどれだけ売れたのでしょうか?

posted by ひで at 17時39分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 19日 (火)

 スコア購入~“ロメオとジュリエット”


今年のオケの曲のスコアは以前やった事が有る「ブラ1」しか持っていませんでした。

今日は仕事も早く終わりましたので、帰りがけに最寄駅近くの「山野楽器」へ寄ってみました。

「祝典序曲」のスコアは置いてませんでしたが、「ロメオとジュリエット」のスコアが有ったので(本日ダブルポイントデーという事もあり)買って来ました。

パート譜を見ながら曲を聴くより遥かに詳しく曲全体が見えてきます。スキーシーズン真っ只中で楽器に触る時間がほとんど取れていませんが、せめて耳から体に覚えこまそうと通勤の移動中などで曲を聴くのに良い助けとなりそうです。
posted by ひで at 23時01分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 18日 (月)

 「ほのぼの」


お年始や暑中見舞いで親戚へ、青森での釣りのお宿や雪山のお宿に手土産でよく使っている地元の和菓子屋さんが新しいお菓子を発売しました。
上得意のわたくしは「非売品」のサンプルを戴きました。

手にしたのは先だっての3連休の前日にお菓子を買った時ですので2月8日ですが、賞味期限が22日まででしたのでまだ手付かずでした。

DVC01302.jpg


今日は久し振りに飲酒せずに楽器をさらいましたので、試食してみました。見た目からも判るように良くあるバターケーキのマドレーヌの様な感じです。

DVC01303.jpg


日にちが経ちすぎた所為か、ちょっと硬めでした。新しいうちに食べればもう少し軟らかかったのかなぁ~?
posted by ひで at 22時59分  [お菓子トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 17日 (日)

 「乾坤一」特別本醸造 しぼりたて

DVC01300.jpg
1800mlで2,310円。原料米:宮城県産蔵の華100%、精米歩合:60%。宮城県柴田郡田村町字町56-1(有)大沼酒造店の造。

「冬の酒蔵でじっくりと醸し出されたしぼりたてのお酒です。こうじの香と、新鮮な味わいをお楽しみください。」(肩ラベル)

今朝になって同行のN氏は大分具合が良くなった様子(本人談:昨日よりも調子が良い)でしたが、大事をとって朝に昨晩泊まった実家を出て午前中に帰って来ました。

今シーズンは先月の自分の「インフルエンザ」、先週の同行者K君一家の「胃腸炎」と体調不良によりスキーを断念する事が続いて居ります。
スキーシーズンも後半戦に入りますので、これからは体調管理に注意して悔いの無いシーズンにしたいものです。

「志賀高原」へ出かけると雪道を走った後は「上林」辺りで路面からすっかり雪が消えますので車はあまり汚れないのですが、「かぐら・苗場」界隈などですと三国峠を下った後に段々と雪が融けた路面を走る事になり、車のボディーは無残な汚れようです。
荷物を出し入れするのにも、自分の衣服が汚れそうなほどに車が汚れていたので給油を兼ねてGSで洗車をしてもらいました。
(この寒空のもとでは自分で洗う気にはなりません。)

P1000007022.jpg
お陰ですっかり綺麗になりました。

この給油と洗車の帰りに買ってきたのが↑のお酒です。これを買った酒屋さんはオケのチラシを置かせて戴いたお店でもあります。

またスキー仲間(最近は遊んでもらってませんが・・・)の新潟柏崎の某酒屋さんと同じ「久保田」の特約店で、先日お会いしたとの事です。
柏崎の酒屋さんから戴いた「酔っ払った画像」をお見せしたところ・・・。

「写真を撮られた事すら覚えてません」と苦笑いをされていました。(笑)

写真を撮った方に「宜しくお伝え下さい!」との事でした。
posted by ひで at 22時05分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 16日 (土)

 「赤城山」純米吟醸

P1000008022.jpg
群馬の実家近くの親戚から戴いたお酒です。

「お米を半分以上磨き、酒造好適米を使った」と書かれていますが何%磨きか、どのお米を使ったか?は判りません。

あまり特徴の無い味わいでしたが不味くは有りません。とりたてて美味しいと云うものでも有りませんでした。
posted by ひで at 21時36分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 今期12日目「かぐら田代スキー場」

前回が中途半端だったので、本来スキーをお休みにする予定の週末だった今日も滑りに行きました。
真冬のかぐらエリアは久しぶりですが、さすがに耐えがたい寒さでした。
今日は同行のN氏の腹の具合が悪く午前中だけ滑りました。

元から午前券を買い、半日で終えるつもりでしたので予定どおりですが。

それでも7:45の2番目のロープウェイでゲレンデへ登り8時前から滑走し、10:40から15分だけクワッド乗り場横の「アリエスカ」でココアを飲んで15分間休憩しただけで「かぐら」エリアまで足を伸ばしたので上出来です。
約4時間を真面目に滑ると、この寒さでは限界です。

DVC01304.jpg
後ろ足の捕らえはまだまだって感じです。(腹の具合が悪いので踏ん張りが利かないようですが・・・笑)

DVC01305.jpg
春スキーのメッカであるこの界隈は真冬では寒すぎました。

13時まで滑る事が出来る「午前券」でしたが12時のロープウェイで下山し12:30には田代の駐車場を後にして国道17号を渋川の手前まで走り、途中から裏道に抜け2時間少しで実家へ到着しました。
posted by ひで at 18時35分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 15日 (金)

 「酔鯨」生原酒

DVC01299.jpg
1800mlで1995円。購入金額の5%がポイントとして貯まる地酒専門店のポイントが前回の購入で貯まって1000円分の割引券が貰えたのでそれを使って支払い金額は995円。アルコール度19~20度と高めです。

でも味わいはさっぱり系かな?

明日のスキーに備えて少しだけでやめておきました。
posted by ひで at 22時14分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 14日 (木)

 ヴァイオリンレッスン368、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

先週に引き続き前回レッスンから全く楽器ケースを開かずにレッスン日がやって参りました。

お昼過ぎに「今日は19時からが空いてます、如何ですか?」と先生からメールが着信。前のコマの青年が「顔面神経痛」でお休みとの事。
今日は割と暇だったので「多分大丈夫」と返信。

こんばんは、時間は大丈夫でしたか?
今日は暇でしたので問題有りません。
3連休のスキーは如何でした?
元気に行ってきました!(笑)
風邪で行かれないのか、心配していたんですよ。
スキーの時には気合が入っているので金曜の夜には治りました。
では、楽しんでこられましたね。
ところが同行の子連れ家族が胃腸炎にかかってしまい大変でした。
下痢とかですか?
一家揃って上も下もで、月曜日は滑れずです。
それは大変でしたね。
自分の車では無いので帰りの日もビールくらい呑めると思っていたのが、逆に他人の車を運転して帰るはめになりました。
お疲れ様でした!

と云った処でようやく調弦完了です。

2月だから2ページ目ですよね。
先週から全く楽器に触ってないので進歩が有りませんが・・・

と云いつつ2ページ目の最初から弾く。

音程が悪いですね。
1週間ぶりに楽器に触ると感覚が良くないです。

気を取り直してもう一度。

さっきより良くなて来ましたね。
10度の開きが難しい!
上っていくところは良くなりました。

と云いつつ再度弾いてみると、上りの途中で何処まで弾いたか判らなくなる。

あれ、何処まで弾きましたっけ?
上がCまでですよ!
上の音は加線が多すぎて良く判りませんから、下がAになるまでと理解しましょう。(笑)

と云った処で時間切れ、少しだけ先を見てみることにしました。

DVC01297.jpg


次の段のHの音あたりからのポジションが良く判らないのですが・・・
Hの音が1指ですけど、此処は1ポジでは無かったはず・・・

と云いながら先生が少し弾いてみると。

ちょっと、楽譜を貸して下さい。

楽譜の表紙の裏の注意書きを読んでいる先生。

DVC01298.jpg


楽譜の指番号の下に書いてある三本線とか二本線とかの意味が判りますか?
全く気にしてませんでしたけど・・・
ほら、表紙の裏に注意書きがあるでしょ?
一本はE線、二本はA線、三本はD線で弾け!って事ですね。
判り難いですけど良く考えると合理的な表記ですね。
でもG先は四本でなくて④なのですね。(笑)
これはどうしてだかは判りませんが・・・(笑)
また滑りに行くので来週も準備無しでのレッスンになりそうです。
その時には此処で練習しましょう!

全く準備が出来ていないレッスンでしたが、先生のお蔭で先に進む事が出来ました。(来週もお願いします!)
posted by ひで at 23時30分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 13日 (水)

 「五凛」純米生酒 山田錦


1800mlで2,730円。アルコール度:16度、精米歩合:60%、原料米:兵庫県産特A地区産山田錦100%使用。

月に一度だけ隣県の政令指定都市の某社へ集金に出かけるのですが、その近くに有る地酒専門店で毎回何かを買ってきます。

昨日行った折に、お店でお勧めの一本を買って来ました。

「天狗舞」と同じ蔵の作で、違った味わい「すっきりとした咽喉ごし、呑み飽きない、旨い!」と云われて買って来ました。

確かにグビグビ呑める味わいです。

9日(土)の記事を加筆しました。10日、11日はもうしばらくお待ち下さいませ。(笑)
posted by ひで at 23時44分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 12日 (火)

 「八海山」純米吟醸


夕方早めに仕事を終え、車で片道15分ほどのK君宅へ昨日預けたスキーの板を回収に行きました。

ご迷惑を掛けたお詫びとして戴いたお酒です。確か1,800円くらいのはず。これでは割に合いません。(笑)

無事に帰ってこられたので良しとしましょう。体調万全の時にもう一度ご一緒しましょうか。
posted by ひで at 23時15分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 11日 (月)

 「ノロウィルス」では有りませんでした

P1000006022.jpg
朝から絶好のスキー日よりです。荘の雪下ろしに「日本海3人衆」が大活躍、雪国(出身者含む)の方々は雪下ろしが上手です。

最高のスキー日よりですが、同行のK君一家の体調がすぐれず帰る事にしました。
普段は四駆のVDC付き「レガシィ」に乗っているのでFFのMPVで陽坂からの下りには肝を冷やしました。
何とか無事に山を下り、中野市の「休日診療所」へ行き診察を受けさせ薬局で薬を貰い、いざ東京へ。診療所の診察では「ノロ」では無く、「急性胃腸炎」との事でした。

小布施のスマートICから上信越道へ入るつもりが須坂長野東まで行ってしまいました。
下痢気味の同乗者が居るので「松代」「横川」「寄居」「三芳」でトイレ休憩をして「三芳」から高速を降り、本来は自宅へ先に寄ってもらう予定をK君宅に変更。
K君宅からは板を置いてタクシーで自宅へ戻りました。

車で15分ほどの距離なので板は明日回収します。
posted by ひで at 19時06分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(4)

2008年02月 10日 (日)

 今期11日目「志賀高原スキー場」

K君と長男のS少年はノロウィルスにやられた様です。スキーどころでは無く、部屋で療養です。

当初、具合の悪かった次男のK幼児は元気になってきて、ママと横手のゲレンデで遊んでいました。

今日は一日中雪降りでしたので画像はありません。
我々は笠岳、熊の湯、前山と横手山を少しだけ滑りました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 17時44分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 09日 (土)

 今期10日目「志賀高原スキー場」

P1000002022.jpg
この3連休はスキー仲間のK君一家と合同です。

午前4時半に自宅近くの駐車場へ迎えに来てもらい5時過ぎに三芳PAのスマートICから関越道へ。いつもの様に下仁田と長野で乗り継いで8:40頃に陽坂駐車場に到着。

去年は塞がらなかった沢が雪で埋まったのでお迎えのスノーモービルの到着が早くなりました。

Dvc01289.jpg
横手第4を滑るK家長男のS少年。3年生になって大分速くなりました。
Dvc01290.jpg
下の子を股の間に抱えて滑るママ。
Dvc01291.jpg
K君の滑りが洗練されてきました。判る人にしか判らない変化ですが・・・。(笑)
Dvc01292.jpg
わたくしも限界スピードで滑ってみました。
Dvc01293.jpg
N氏の滑りも大分良くなってきました。

横手山を少し滑り、渋峠へ。

渋峠でK君と長男のS少年と合流し、その後ママと次男のK幼児が待つ山頂レストラン「樹氷」へ移動。そこで昼食の後、皆で横手山を下りました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時24分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 08日 (金)

 「九頭龍」純米吟醸燗酒

P1000001022.jpg
1800mlで2,783円。燗酒用に黒龍酒造が新しく作ったお酒です。昨日が誕生日の弟にプレゼント。
posted by ひで at 19時31分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 07日 (木)

 ヴァイオリンレッスン367、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”


2月になったので今日からは2ページ目です。先週のレッスンから一度も楽器ケースを開けていなかったので調弦は滅茶苦茶に狂っていました。

今夜は体調が優れないので後は明日書き直します。ではぁ~

>>追記の開閉

posted by ひで at 21時50分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 06日 (水)

 「菊盛」純米吟醸 しぼりたて無ろ過原酒


1800mlで2,980円。週末にはスキー三昧で楽器に触っていないので、明日のレッスンに備えて少しは練習しようかと思いましたが帰宅が遅くなり、弾く事が出来ませんでした。

そんな訳で遅く午前2時)までやっている、職場近くの酒屋さんで買って来ました。

あまり知られていない茨城県のお酒ですが、店主の勧めで買ってみました。滓が入った「薄濁り」です。生きた酵母が入っているので瓶内で二次発酵してガスを発して舌にはピリッと来る感じです。
posted by ひで at 23時30分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 05日 (火)

 ROMANZA ANDALUZA~Plectrum Art~TADASHI AOYAMA

DVC01285.jpg
雪山のお宿でのBGMに向いたものをいろいろと探していますが、お宿の女将さんが「ギタマン」(所謂マンドリンクラブ)出身である事を思い出しこれをもって行こうかと考えました。

DVC01286.jpg
収録曲は↑です。

わたくしが大学でマンドリンを始めた頃にレベルの高さで有名だった「中央大学マンドリンクラブ」のコンマスだった方がプロのマンドリン奏者となり、初めて出したアルバムです。このアルバムのDirectorをなさった方が指揮者をしている社会人のマンドリンアンサンブルに数年間参加していた事も有ります。
当時は2nd.Mn.のトップをやらせて戴き、ヴィヴァルディの「2つのマンドリンの為の協奏曲」の2nd.Mn.Soloも弾かせて戴きました。

久し振りに聴くマンドリンの調べもなかなか良いものです。
posted by ひで at 23時37分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 04日 (月)

 「黒龍」吟醸 垂れ口

DVC01279.jpg
1800mlで2,940円。金曜日の夜と昨日の夜で自宅のお酒を呑み干してしまったので買って来ました。
毎年この時期楽しみにしている薄濁りのお酒です。

使用米:五百万石、精米歩合:55%、アルコール分:17度以上18度未満。

今年も美味しく戴きました。


posted by ひで at 22時30分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 03日 (日)

 今期9日目「よませ温泉スキー場」

Dvc01283.jpg
昨日頑張り過ぎて全身筋肉痛です。でも頑張った成果で少しは上達した気がします。

Dvc01284.jpg
夜通し小雪が舞っていたので「踝パウダー」です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 12時10分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2008年02月 02日 (土)

 今期8日目「よませ温泉スキー場」

先月の3連休では初日にお寄りして宿泊は横手山でしたが、今回は「よませ」泊です。此処に泊まるのは実に15年ぶり。その当時は全ての部屋が作りつけの2段ベッドのスキーヤーズルームでしたが今は半数ほどはツインルームに改装されています。

午前中はスクールの校長先生一緒に遊びました。
Dvc01280.jpg

Dvc01281.jpg
高杜山ゲレンデを滑る平沢校長。

Dvc01282.jpg
アルペンスキーでは校長に敵いませんがテレマークは今の処全日本28位の方が上手です。(笑)

P1000001021.jpg
午後はテレマークスキーのレッスンです。

>>追記の開閉

posted by ひで at 15時35分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2008年02月 01日 (金)

 「菊姫」にごり酒

P1000002021.jpg
同僚から出張土産をいただきました。濃厚で美味しいお酒です。
posted by ひで at 20時01分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2008年02月 | 03月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。