酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2008年07月 31日 (木)

 「黒龍」吟十八号


1800mlで2,730円。

4月25日の記事でも取り上げたお酒です。

最近、この「黒龍」を呑んでいないのでなんだか無性に呑みたくなって何時もの地酒屋さんで買って来ました。(いくら払うとどれだけ貯まるポイントなのかは忘れましたが1,000円分のポイントが貯まって1,000円サービス券を使ったので支払いは1,730円でした。)

冬の限定品で2月の蔵出しですが、冷蔵庫で熟成されて良い感じになっていました。

明日からまたしても「ガソリン」の価格が上がるそうで、帰りのバスに乗るとGS付近のバス停で給油待ちの車列に邪魔される事が多々。
値上げ前に給油をしたい気持ちは判りますが、バスの乗客には関係の無い事。バス停の前に停車するのは迷惑であります。それを整理しないGSの従業員にも責任の一端は有ると思います。
自分の都合だけで、公共性を考えない輩が実に多い事だと実感致しました。

バスの運転手が前扉を開けて従業員に声をかけると「逆切れ」する始末。すぐ傍に座っていた乗客がたしなめても謝罪の言葉すらなし、私ももう一歩でバスを降りて苦言を呈する処でしたが。
話をしても無意味そうな「御馬鹿な奴」と思えたので思いとどまりました。
給油をする客が並ぶのは仕方が無いとはいえ、それをバス停を避けるように並ばせるのが従業員の職務ではないのでしょうか。
GSの敷地内に空いたスペースが沢山あるのですから其処に並んだ車を誘導するのが筋ってもんじゃありませんか?
一番の問題は、バスの運転手に苦言を呈された処でGSの従業員が謝罪の言葉を述べない事かな。(車列の整理に)それなりに苦心していたとしても、バスの運行に迷惑をかけている事実は変わりません。苦言を呈された時に、文句を云い返すのではなく「ごめんなさい」「済みません」の一言が何故云えないのか?
posted by ひで at 22時04分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 30日 (水)

 エキストラさん向けのパート譜で右往左往・・・

先日の練習の後で、エキストラさん向けパート譜の製本をコンミスさん・2nd.トップさんとわたくしとで分担いたしました。

金曜日までに譜面が欲しいと云うエキストラさん宛ての楽譜送付で、三人とも右往左往でした。

メイン曲はわたくしが昨日発送しましたが、前中をどうするか?

書き込みが無い譜面をコンミスさんから発送する予定でしたが、2nd.トップさんが書き込みした譜面を、昨日までに用意をしてくれたとの連絡。

それなら、外回りの仕事でしかも自宅が大学の隣のわたくしが何とかせねば・・・。

仕事の途中で大学の部室へ寄って2nd.トップさんが製本してくれた楽譜をピックアップ。その足で最寄の郵便局へ持ち込みました。

「速達ですか?」と問われたので、隣県には何時着くのかと聴くと・・・。

「速達だと明日の午前着、普通郵便では明日の午後ですね。」

と云われたので、普通郵便でお願いしてきました。

我ながら良い仕事を致しました。(笑)
posted by ひで at 22時37分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 29日 (火)

 「富翁」山田錦 純米酒


1800mlで1,869円。全量山田錦を使った純米酒としてはとってもお買い得な価格だと思って、最寄駅近くのデパ地下で買って来ました。

原材料名:米・米こうじ、原料米品種:山田錦100%、精米歩合:68%、標準アルコール:14.5度、日本酒度:+2.0、酸度:1.5ml、アミノ酸度:1.8ml、使用酵母:協会9号。京都伏見の㈱北川本家の造。

標準アルコールとか、酸度とアミノ酸度の表記がmlで書かれているのは初めてお目に掛かりました。

あっさりとした味わいで呑み易いお酒でした。特に美味しいと云うわけでは有りませんが、この価格では上出来だと思います。

明日は仕事で5時半起きなので今夜はここらでお休みなさい。(笑)

まぁ、冬の間に雪山へ出向くには3時・4時でも平気で起きていますので早起きは苦にならない性質ですが・・・。(仕事だとちょっと辛い?)
posted by ひで at 23時05分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 28日 (月)

 パート譜製本2

オケのエキストラさん用にパート譜を製本致しました。何でも、今週金曜日までに届けばさらってから日曜日の練習には参加するとの事。

あまりに急な話なので、私一人では手に負えないのでコンミスさんと2nd.トップさんにも手伝ってもらう事にしました。
自分の担当分は本日、約1時間で完了しました。あとは明日発送するだけです。

これでしっかりとさらってきてくれるのならお安い御用です。しかぁ~し、もしちゃんとさらってきてなかったら承知しないぞ!

夏休み前の月末の、仕事がクソ忙しい時に私から1時間もの貴重な時間を奪ったのですから。(笑)

出来が悪かったら、パートリーダーの一存でクビにさせて戴きます。(エヘヘ!)ウソ。
posted by ひで at 23時51分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 27日 (日)

 7月最後のオケ練習

今日の練習は時間が変則で、木管はトレーナー練習で12時から。金管・打楽器はいつもの様に13時半から。そして我々弦楽器は18時から21時までがトレーナー練習のため、16時のTuttiから練習に参加です。

14時に弦楽器のトップ・パートリーダー他で集合して「練習参加率を向上させるには」を議題にして話し合い。
弾けないとつまらないから来ない、それを打開する為にパート練習をしたらどうか?という意見も出ましたが、実際のところ弾けない人にかぎってパート練習には来ない(これまでの実績として)とか、難しそうです。
練習時間が長いのでもう少し短縮して、集中した方が良いのではないかとの意見が有りましたが、私はこれには賛成です。
集中力が途切れたところでだらだらと練習しても、向上するとは思えませんので。
色々な意見が出ましたので、メンバー全員にアンケートをとってみようと云うことになり散会です。

15:40に再集合で全体ミーティング、先ほどの話し合いの内容やらヴァイオリン奏者勧誘状況の中間報告等を行い、16時から練習開始です。

今日は初めて見学の方がお一人、とりあえず1stの楽譜をお渡しして見学してもらうことに。

指揮者が登場し、「あれ、きょうはひでさんがコンマスですか?(笑)」と声を掛けるので「ここに座っているだけです。」

今日は隣に活きの良い学生さん。「祝典」をやった事があるらしく元気にバリバリ弾いていました。今日は打楽器が一人しかいないので何だか寂しい「祝典」です。
何回か繰り返すと金管の音が段々良くなって、それっぽくなってきた感じがします。

40分ほどして「ロメジュリ」の練習。この曲だけの2nd.で参加予定のオネーちゃんをミーティングで見かけたので個人練習場を見て回ったのですが発見できず。帰ちゃったのかな?

慌てて練習場へ戻ると「ロメジュリ」が始まってました。
2nd.と掛け合いになるところで合ってしまったり、散々でした。こいつはちょいと真剣に個人練習しておかないとそろそろまずいです。練習が終わる頃にコンミスさん到着、残り時間が少ないのでそのままの席で弾き続けました。

17:50でTutti終了、10分休憩で弦楽器のトレーナー練習です。最近、いつもお世話になっているVa.の先生の練習で、ブラ1を全楽章の予定です。

1時間以上1楽章に費やし、3楽章を少しやってようやく休憩。夜の練習は疲れます。残りの時間で4楽章を練習して2楽章は手付かずで21時終了となりました。(ヘロヘロです。)

今後は夜間の練習はご勘弁いただきたいです。その上にエキストラ用の譜面の手配などを話しているうちに22:20にまでなってしまいました。(やれやれ!)
posted by ひで at 23時18分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 26日 (土)

 オケの曲を個人練習

明日のオケの練習ではコンミスさんが遅刻との事で、前半の前中のTuttiでコンマス席で弾く事になりました。

と云う訳で、あまりにひどいとみっともないので恥をかかないで弾けるように少しさらってみました。

学生時代のマンドリンでもコンマス席に座った事は有りませんから、初めてのポジションです。(2nd.トップ席は自分の役割としてマンドリンでもヴァイオリンでも経験は有りますが・・・。)

まぁ、その席に座るってだけで「コンマス」を勤める訳では有りませんが。

某SNSではBSデジタルでの番組の話題でもちきりですが、高価な受信装置が無い私は蚊帳の外であります。(笑)
posted by ひで at 17時50分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 25日 (金)

 ヴァイオリンレッスン387、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

401回目(Vn.とVaで)のレッスンです。今週は先生の都合により木曜日から金曜日に変更されました。来週はレッスンが有りませんので10年目は今日が最後です。次回からは11年目になりますがまともに練習していないので年数ばかりで上達いたしません。
日曜日に毛替えを依頼した弓が教室の方へ届いていたので、受付へ料金を支払って弓を受け取りさそく松脂を十分塗りました。

と、其処へ10年前からご一緒させて戴いている兄弟子のK氏が到着。私の後のコマなのですが外が暑いので早めに来たとの事。

今夜の部屋はいつもは「ニ弧」のアンサンブルで使っている大き目の部屋でした。広い部屋だとのびのび弾けて気持ち良いです。

日曜日に毛替えを頼みに行ったら、お店でM先生に会いましたよ。
日曜日はアンサンブルのレッスンでしたね。
KさんやMさんとレッスンをしてましたって仰ってました。
毛替えをした弓は良い音が出ますね。

世間話も程ほどに、調弦が済みましたのでレッスン開始です。

先週から用意した3ページ繋げた楽譜を譜面台に載せて曲の冒頭から・・・。
一通り通して弾くと。

後半は良くなりましたけど、しばらく練習していなかった前半の音程が悪いですね。

と云う事で、もう一度冒頭に戻って弾き直し。

音程の悪い処(悪い処だらけですが・・・)を何度かやりなおして。

都合、3回通して本日終了です。

暑さを言い訳に練習をサボってばかりですので進歩が見られませんでした。
.
posted by ひで at 21時22分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 24日 (木)

 第49期王位戦七番勝負第2局

深浦康市王位に羽生善治四冠(名人・王座・王将・棋聖)が挑戦している第49期王位戦七番勝負の第2局が愛知県豊田市のホテルフォレスタで昨日から指され、つい先ほど109手までで深浦王位が勝利を収め1勝1敗のタイとなりました。

深浦王位が逃げ切り、羽生四冠は指す手無しで投了。ネット中継を職場のPCで見ていましたが決着が着いたのでこれで帰ります。(笑)
posted by ひで at 19時02分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 23日 (水)

 CHARLES MUNCH BRAHAMS SYMPHONY NO.1


今年のオケの演奏会でのメイン曲。色々と音源は持っていて聴いていますが、今日の仕事帰りに立ち寄ったCDショップで見かけて買ってきてしまいました。今から40年前、1968年の録音です。(大阪万博の2年前ですから私は小学校にも入っていなかった頃)

パリ管弦楽団の音楽監督に就任まもないミュンシュの棒にオーケストラが見事に応え、フランスの指揮者・楽団とは思えない重厚な演奏を聴かせてくれました。

ドイツ的な響きとでも云うのでしょうか?

音楽に国境は無い、と思わせてくれる演奏と云うべきなのかな。
posted by ひで at 23時57分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 22日 (火)

 MOSTLY CLASSIC SEPTEMBER 2008

510UR5tlAXL__SS500_.jpg
毎月20日の発売で、今月は20日が休日でしたので22日の今日が発売日であった様ですが・・・。
「産経新聞」と一緒に購読しているわたくしの手元には19日の朝刊と一緒に届いておりました。

今月の特集は「巨匠が求められる理由」。

この本文の中で、ドイツ文学者の許光俊氏(ドイツ文学者)が書いた一文が心に残りました。

一部引用

『最近はテレビでもやれ「オムレツの巨匠」だの「人形町の巨匠」だの、ずいぶん簡単に「巨匠」という言葉を使う様になった。それと歩みを合わせるように、クラシックの世界でも「若き巨匠」などという宣伝もちらほら見かけるようになった。「巨匠」もずいぶん安っぽい言葉になったものである。・・・(以下略』

氏が申すにはカラヤンですら名指揮者、大指揮者ではあるけれど、巨匠と云う言葉は似合わないという意見すら、耳にしたという。

私が思うにも、朝比奈隆さんは巨匠で有るけれども小澤征爾さんはまだ巨匠とはいえないと感じます。(排他的な意見があることは承知の上で申し上げます)

真の巨匠と云われた「フルトヴェングラー」の名を冠したアマチュアオーケストラで3年ほど過ごしましたが、わたくしには「フルトヴェングラー」の本当の偉大さは理解できませんでした。(「巨匠」と云うににふさわしいとだけは感じますが)
その、某アマオケでは主催者(指揮者)との意識の持ち方に大きな隔たりを感じて3回参加した後に去りました。

それでも、「フルトヴェングラー」は真の巨匠だと思う気持ちは変わりません。氏の振った「9番」(ベートーヴェンの「第九」・シューベルトの「ザ・グレイト」・ブルックナーの「第9番」)はそれぞれ圧巻だとわたくしは思います。
posted by ひで at 23時32分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 21日 (月)

 「酔仙」特別純米酒 


1800mlで2,549円。純米酒としてはごく妥当な価格でありましょうか。

昨日、弓の毛替えを依頼しに行った帰りに買ってきました。往路は自宅すぐ傍からバスに乗るとM楽器の最寄駅まで一駅電車に乗らなくてはならないので、オケでお世話になっている大学の脇を歩いて一駅先まで行くバスに乗って差し引き片道90円の節約です。徒歩10分で支払い90円マイナスだと時給換算540円ですが、暇な休日ですから良しとしましょう。
復路は同じ経路だと美味しい物が買えないので、一駅分電車で戻って駅ビルの「デパ地下」でこのお酒と美味しい肴を買って帰った次第です。

昨夜はまだ他のお酒が残っていたので手付かずでしたが、今夜戴きました。

アルコール分:15度以上16度未満、原材料名:米・米こうじ、精米歩合:60%。典型的な「特別純米酒」の成分だと思いますが、味わいは期待していたものとは違って軽い味わいに妙な雑味を感じました。

預かっているパート譜を製本しようかと思って作業を開始したら、程なく紙テープが品切れになってしまいました。
「祝典序曲」では5ページ目と6ページ目の間に白紙が一枚必要なので、明日にでも職場からB4サイズの白紙を何枚か失敬してくる事にしましょう。(笑)
posted by ひで at 21時47分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 20日 (日)

 予備弓の毛替え

「予備の弓」と云っては申し訳無いのですが(楽器と一緒に買った大切な弓です)。八角形の弓ですから所謂「大量生産品」で無い事だけは確かだと思います。

丸く削ると耐久性がなくなるから「八角」で仕上げたのか、「八角」がバランスが良いのでそれで仕上げられたのかは私には判りません。

10年前に楽器が定価で25万円、この弓が定価で5万円。ケース、肩当、松脂、やら諸々を合わせて総額30万円で買ったものです。
もう一つの弓(現在、メインで使っている)は、もっと軽く弾ける感じの弓が欲しいと思って始めて4年後くらいに買った「丸弓」です。こちらは定価で20万円と云われた(定価設定がどのようなものか判りませんが・・・)ものを16万円まで値切って買いました。

勤め先が都心では無くなり都心の楽器屋さんへ行くには交通費が掛かりますので、今回も通っている音楽教室経営のお店へ持ち込んだ次第です。

ショールームでK蔵師匠やT氏の楽器などを眺めつつ、毛替えをお願いしました。ここのお店の職人さんはフランス出身の方ですが奥様が日本人という事もあり、日本語での会話は全く問題有りません。(申し込み用紙に書いた漢字の姓名も読めるほどに日本語には堪能です。)

作業を依頼して、来週のレッスン時に教室の方へ届けてもらうようにして帰ろうかと思った処で、以前アンサンブルのレッスンでお世話になったM先生とご対面。(菊蔵師匠のヴィオラをお弾きになった先生です)

あれ、ひでさんお久し振りです!
こちらこそ。
今日はどうしたんですか?
いくら「松脂」を塗っても弓が滑るので、毛替えをお願いしにきました。
わざわざそのために楽器ごと持ってですか?
(本当はそうなんですけれど)この後オケの練習が有るので・・・。
今日はアンサンブルのレッスンがあって、KさんやMさん達とさっきまで練習してました。

私の兄弟子や弟弟子がお世話になっているようです。

ひでさんの今年の発表会は?
今年は仕上げられないのでパスしました。
何に取り組んでいるのですか?
「イザイ」の無伴奏ソナタ第2番の1曲目です。
どんな曲でしたっけ?
バッハの無伴奏パルティータ3番の「プレリュード」を題材にした・・・。(楽譜が持っていた楽器ケースに入っていたのでお見せする。)
え、こんな高度な曲を?M子が勧めたんですか?(このM先生と私が10年来お世話になっている先生は大学の同級生です。)
わたしがやりたくて無理やりお願いしました。
そう云えば、去年も無伴奏でしたよね、しかもヴィオラで。
発表会で伴奏費を取るようになってからは、3年前からずっと無伴奏です。貧乏なので。(笑)
では、来年の発表会で頑張って下さいね!

なんだか、このお店にくるとM先生によく出くわします。(笑)
posted by ひで at 20時54分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 19日 (土)

 RICHRD WAGNER・TANNHAUSER・・・


今日は来年のオケでの演奏曲候補(前中)にあがっている曲を色々と聴いてみました。

沢山候補が挙っている中から私が一番弾いて見たいなと思ったのがこのCDに収められているうちの一曲。ワーグナーの歌劇「タンホイザー」序曲です。

この録音は今年生誕100年で色々と取り上げられているカラヤンが指揮した1987年8月ザルツブルク祝祭大劇場でウィーンフィルを振ったライブです。

カラヤンが過去にこれらの曲を録音したのはスタジオ録音で、演奏は全てベルリンフィルだそうです。
「イゾルデの愛と死」の歌入りは全曲版を除いては初めてだそうです。そのソロを歌ったのがジャケット写真の左側に写っているジェシー・ノーマン(Sop.)。

「タンホイザー序曲」は確かに良い曲なのですが、メインの候補がシベリウスの交響曲第1番とムソルグスキー(ラベル編)展覧会の絵なのでどちらとも合わない様に思います。
やるとしたら次回以降の方が宜しいかも知れません。
posted by ひで at 23時00分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 18日 (金)

 第79期棋聖戦五番勝負第5局

佐藤康光棋聖(棋王)に羽生善治名人(王座、王将)が挑戦する「第79期棋聖戦五番勝負第5局」が本日9時から静岡県伊東市の「わかつき別邸」で指され、19時03分、114手までで後手の羽生挑戦者が勝ち、対戦成績3勝2敗で8年ぶりに棋聖位を奪還しました。

名人位も奪還して永世名人を獲得し、王位戦でも勝利を収め、ついに棋聖も奪還して四冠に返り咲きです。残念ながら佐藤棋王はタイトル一つに後退です。
posted by ひで at 19時45分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 17日 (木)

 ヴァイオリンレッスン386、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

ヴァイオリンで386回、ヴィオラで14回で通算400回目のレッスンでした。今月あと一回有りますが、来月から11年目、年間42回で10年ですので420回にはなるはずでしたがどうしても出られない事情での欠席が10年間で20回ほど有った様です。

前回のレッスンで1ページ目の最後の小節から2ページ目にかけてフレーズが繋がっていることに気付きましたので、今夜は譜めくりをしなくて良い様にコピーをして3ページを繋げた楽譜を用意しました。

その楽譜を譜面台に載せ・・・。

譜めくりしなくて済むようにコピー譜を繋げてみました。
これならページの変り目も続けて練習できますね。
最初からこうすれば良かったですが、最初の頃は音を追うのが精一杯で続けて弾く事を想定していませんでした。
せっかくですから、最初から弾きましょう!

と云った辺りで調弦完了です。

云われた通り、久し振りに冒頭から弾くと・・・。端々で躓く。

前半は最近殆んど弾いていないから忘れてしまいましたか?
忘れたって云うのはおこがましいですね。最初からまともに弾けてなかったって事です。

気を取り直してもう一度。

右手をもっと大きく動かして!

どうしても、自信が無い処は右手の動きが小さくなります。
何とか最後まで弾き通すと・・・。

最後のアルペジオの処が一番良いですね。
525円値上げの所為で、昨日も晩酌前に一時間さらった成果です。(笑)
値上げ効果が出ていますね!
前半のボウイングに気を付けてもう一度弾きますね。

と云うことにしてもう一度冒頭から。

10度の開きの処で、最高音のアップボウを響かせましょう!

その部分だけ取り出して意識して弾くと何とかなるのですが、其処までの疲労が蓄積された状態だと最高音を響かせるのが難しいです。

最後にその10度の開きの部分から最後まで弾いて本日終了です。

楽器を片付けながら・・・。

アルペジオ以外の部分でも「怒りの日」の旋律が感じられる様になってきましたね。
最初の頃は旋律に値する音に「アクセント」が付けられなかったので、旋律が感じられませんでしたね。
旋律が響くと、弾いていて楽しいでしょ?
結局のところ、弾けてないとつまらないし弾けてくると楽しく感じますね。オケでも同じです。

今日はこんな処です、400回目が無事に終りました。
posted by ひで at 23時17分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 16日 (水)

 「香住鶴」生もと からくち 本生原酒


昨日は日帰り出張、出先でお酒を買ってくる暇も無く忙しくしていました。自宅のお酒が底をつきつつあったので何か一本と思っていたので帰りがけの最後に国○寺の○井で買って来ました。(笑)

1800mlで2,100円。兵庫県美方郡香美町香住区小原600-2、香住鶴㈱の造。アルコール度19度。(19度以上20度未満とかではなく、19度と書かれています。)

「手造りラベルのため、インクがまれに落ちる事がありますが、ご容赦ください。」だそうです。(今のところインクが落ちてはきませんが・・・)

今日は「中越沖地震」からちょうど一年でしたので、かの地の「越の譽」でも呑みたいと思いましたが、自宅にストックは無しの上に売っているはずのお店に立ち寄る時間も有りませんでしたのでこれで勘弁させて下さい。

濃厚で私好みの味わいでした、価格が安いのが嬉しい一本です。
posted by ひで at 22時54分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 15日 (火)

 第49期王位戦七番勝負第1局

深浦康市王位に羽生善治三冠(名人・王座・王将)が挑戦する第49期王位戦七番勝負の第一局が網走市呼人のホテル「北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート」で昨日から指され、二日目の今夜18時54分、97手で先手の羽生が先勝。

互いに腰掛け銀の勝負を羽生三冠がねじ伏せの勝利です。森内名人から名人位を奪取して「19世永世名人」の称号を手にして以来、棋聖戦でも佐藤二冠を相手にタイに持ち込むなど羽生三冠は今、乗りに乗っている感じです。

棋聖、王位も奪還すれば五冠、恐るべき羽生善治の強さです。
posted by ひで at 21時32分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 14日 (月)

 冷酒グッズです!



冷やしたお酒を大きなグラスに注いでいては呑み干す頃には温くなってしまう今日この頃。そんなわけで夏限定の「冷酒グッズ」の使用を再開致しました。

緑色の冷酒用の徳利(?)の外にそれを冷やす器があります。その中に氷と水を貼っているので中の緑色に注がれたお酒は温くならない様になっています。

お酒が注がれる「切子のグラス」も冷凍庫で冷やして有りますので、呑みはじめはグラスからも冷やしてくれます。
これだけ薄い硝子の保温機能はたかが知れてますが、見た目が涼やかなのが「切子グラス」の特長だと思います。

何を呑んだかは内緒です。(笑)
posted by ひで at 22時01分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 13日 (日)

 夏風邪

昨夜呑み過ぎた訳ではないのに、今朝起きたらどうも体がだるいので体温を計ってみたら37.5℃。微熱ですが体調不良を悪化させ無いように一日中体を休めておりました。

お陰で夕方には少し元気になりました。今夜はN響アワーを見たら早めに休む事にします。当然のこと「休肝日」です。
posted by ひで at 20時12分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(2)

2008年07月 12日 (土)

 パート譜を製本

表題のとおり、今日は一日パート譜の製本に費やしました。と、云っても完成したのはわたくしが依頼したM女史分だけですが・・・。

大学のOBオケに外部から参加してお気楽に楽器だけ奏でていれば良いのかと思っていましたが、実のところVn.パートの参加者は非常に少なくて、コンミスさんの次に出席率が高いのが自分であります。
コンミスさんが、パートの雑用係の「パートリーダー」も兼務されていたので合宿の前からわたくしが引き受ける事に致しました。
練習に出てもいない人が「出席して下さい!」って云うわけにはいかないでしょうから、せめて(弾けていなくても)練習には毎回参加している自分がこの役を引き受けざるを得ないと思った次第です。

残りの分のパート譜を全て預かりましたので、折をみて製本しておこうかなと思います。団員に配る分にはコピーのままで良いはずですが、最後になってエキストラ頼みになった時には製本して、書き込みを加えてお渡しするのが筋ってものですから・・・。

団員参加が遅くて、私の製本が早ければ団員なのに製本されたパート譜がもらえるかも知れません。(もっとも、私自身は初見大会に出たお陰でコピーではない出版譜を貸与されていますが。)
posted by ひで at 21時25分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 11日 (金)

 「彩(いろどり) いづみ橋」山田錦純米吟醸 袋しぼり生貯蔵酒



1800mlで3,150円だったかな?レシートを無くしたので忘れました。

月に一度だけ10日前後に行く隣県の政令指定都市の地酒屋さん。そこで「県内産」のお酒を買う事が最近の「マイブーム」であります。(笑)昨日のお話ですが・・・。

これの他に他県産の気になる物も多々有りましたが、近くのお店でも買える様なものは遠慮してと考えると、やっぱり此処では地元産の「いづみ橋」と思ってこれをチョイス致しました。

お店の方のお話ですと「燗酒」がお勧めとの事でした。昨夜帰宅してから、冷蔵庫に入れておいたのでとりあえず一杯目は「冷酒」で呑んで見ましたが、なんだかぼやけた感じの味わい。これを温燗で呑んでみると、程よく味わいを感じます。
同じお酒でも飲用する温度でこれほど変わるとはビックリです。このお酒は温燗がお勧めです。お燗酒はゆっくりと体内に吸収されるので体に優しい呑み方だと思います。

これからの暑い時期、「冷酒」はすぐに温くなってしまいますから、逆に「燗酒」にしてみるのは如何でしょうか?「燗酒」で良い汗をかいて夏を乗り切るって云うのもオツなものかと・・・。(ご興味のある方はお試し下さい!)
posted by ひで at 22時28分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 10日 (木)

 ヴァイオリンレッスン385、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

昨夜は「レスン料値上げ」の知らせを受け取った所為で「一回一回のレッスンを大事にしよう!」と思って、酒も呑まずに1時間半もレッスン曲をさらってきたので自信漫々でレッスンに臨みました。

オケの合宿は如何でした?
いやぁ~、楽しかったですよ!
大勢集まりましたか?
メインのTuttiでは今年初めて4プルまで集まって、3プルに座って久し振りに前からも後ろからも音が聴こえる状況を体験できました。(笑)
4プル有れば合奏って感じになりますね。
でも、前中は二人でしたので分奏ではコンミスが練習を取り仕切るので私一人でしたけれど・・・。
曲によって人数がそんなに変わるんですか?
現役の学生さんが去年の秋に同じ曲をやったのでそれだけって人が多いので・・・。

と云った辺りで調弦完了、レッスン開始です。

昨日の夜に酒を呑まずにさらったら何となく「怒りの日」の旋律が浮かび上がってきました。

と云う事でいつもは2ページ目の頭から弾いていたのを、実はその1小節前からフレーズが始まっている事を感じたので、1ページ目の最後の小節から弾く事にする。

ここは覚えてしまって2ページを開いて1ページ目の最後から弾ける様にしましょうね。
今日は暗譜できていないので無理ですが・・・。

と云いつつ1ページ目を開いて弾き始めると、先生が譜めくりして下さいました。

弾き始めると結構良い感じでしたので、ちょっと躓きながらも最後まで通して弾くと・・・。

前日に練習してきたって事が良く判ります。
あと一年有れば何とかなりそうと思えてきました。
2ページ目の中間は大分良くなってきましけれど、その後の方が気になりましたね。
自分でもそう思いました。

と云う事でその部分を弾いてみる。

簡単だと思って練習しない処の出来が悪いと云う事の様です。

後半部分の「アルペジオ」で旋律が響かせられる様に感じたので自信満々に弾いてみると。

ついに旋律が浮かび上がってきましたね!
地道に練習してきた成果です。(笑)

今日のところはこんな感じです。弾けない処もコツコツと練習すれば少しづつ弾ける様になるし、やらなければいくら時間が過ぎても弾ける様にはならないと実感致しました。

今日でレッスン通算399回(Vn.で385回。Va,が14回)です。次回は合計400回目になります。(どうでも良い事ですが・・・。)
posted by ひで at 22時55分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 09日 (水)

 値上げの波が・・・



郵便受けに何やら歓迎したくは無い知らせが届いていました。同じ経営の楽器店からのDMですとショールームが差し出し地になっていますが、今回は音楽教室が発信元。その上、「大切なお知らせです。必ずお読み下さい」との表書き。

開封したら、この様な文面が書かれておりました。ついに音楽教室のレッスン料も値上げです。上がらないのは給与くらいです。(笑)

でも考えてみれば10年前に習い始めて以来、同じ金額でしたから世間の状勢からしても仕方が無いかなとは思います。
10年前から比べれば私の所得は月に525円以上は上がっていますから。
posted by ひで at 23時14分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 08日 (火)

 第79期棋聖戦五番勝負第4局

佐藤康光棋聖(棋王)に羽生善治名人(王座・王将)が挑戦している「第79期棋聖戦五番勝負」の第4局は、第3局で一矢を報いた挑戦者の羽生三冠が熱戦を制し最終局へと結果が持越しです。

今日は朝早くから外出したので、ネット中継を眺めている暇は無く、夕方17時過ぎに職場へ戻って中継サイトをみたところ羽生挑戦者優勢か?と思いながら眺めておりました。

残務整理をしながら、時折PCの画面を代えるとかなり難しい局面では有りましたが・・・。

難しい局面でも盛り返しを計った佐藤棋聖では有りましたが、羽生三冠が見事な寄せで難局を制した様です。

これで、2勝2敗のタイ。佐藤棋聖が「棋聖位連続保持」となるか、ここのところのりにのっている感のある羽生三冠が四冠に返り咲くか?

18日の最終局が楽しみになってきました。
posted by ひで at 22時00分  [将棋トラックバック(0) | コメント(2)

2008年07月 07日 (月)

 「翠露」純米酒 美山錦



1800mlで2,415円、純米酒としては妥当な価格だと思います。「翠露」って聴いた事が無いなぁ~?と思いましたが、長野県諏訪市の舞姫酒造のお酒でした。

「舞姫」なら以前の職場で良く行った諏訪地方への出張で帰りの「あずさ」の車内で呑んで帰って来た事がしばしば有ったはずです。
精米歩合:65%、アルコール分は16度以上17度未満と少し高めですが、お米が「美山錦」の所為でしょうか「山田錦」を使ったお酒よりサッパリした感じがします。

週末の合宿で呑みすぎましたが、昨夜は疲れ果てて休肝日でしたので今夜はお酒が美味しく戴けました。

オケのヴァイオリン奏者不足問題は、コントラファゴットの大先輩が他のオケから探して下さるとか、Tpの先輩は長いこと楽器に触れていない奥様を誘おうとして下さったり、合宿への往復の車にお乗せした現役生は後輩を誘ってみると云ってくれたりと、皆が人集めに心を砕いていてくれる事が嬉しいです。往復の車に乗せた現役学生さん達に「私はここの大学のOBでは無いよと」と云っても、「先輩、車に乗せて戴き有難うございました、助かりました」なんて云ってもらえると嬉しいです。
posted by ひで at 22時31分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 06日 (日)

 オーケストラの合宿2日目

昨夜呑み過ぎたので朝食はパスして合奏開始直前まで体を休めておりました。午前中は前中のTuttiです。Vn.1はいつもの様に二人です。

二日酔いの気だるさの中、なんとか11時半まで頑張って午前の練習を終了。昼食後はメインのTutti、こちらは一人早退とはいえ3プル半なので少しは気楽です。練習終了直前に4楽章の最後で私が飛び出してやり直し。(すまんのぉ~!)

片づけを始めた頃に土砂降りの雨が降り始めました。電車で帰る4人を河口湖駅まで送ってからお宿へとんぼ返り。往きと同じ学生3人を乗せて一路大学へ向けて出発。少し渋滞があったおかげで八王子料金所通過が17:01でしたので通勤割引で高速料金がお安く済みました。
走り始めた頃は昨日の夜の出来事などで元気に話をしていた学生さんたち、相模湖辺りで急に静かになったかと思ったら皆さんお疲れの様子で寝息を立てていました。
一緒に眠るわけにはいかないのでおじさん一人、眠い目をこすりながら走り続けたしだいです。

電車組みの楽器も積んでいたので構内入講をしたら、昨日は500円払わされたのに今日は入講カードをくれました。守衛さんの気まぐれか?

部室前に車を止めて、荷物を降ろして解散です。車に乗せたVa.の学生さんがVn.の下級生に声を掛けてみてくれるそうなのでメンバー集めに期待したいものです。
posted by ひで at 20時27分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 05日 (土)

 オーケストラの合宿初日

P1000001029.jpg
昼前に大学に集合、現役学生3人を乗せて河口湖へ。午後は前中のVn.とVa.の分奏。2nd.とVa.は4人ずつ、1st.Vn.はコンミスが練習を仕切るので弾くのは私だけ。

でも夜のブラ1のTuttiは4プル、最近は1プルか1プル半くらいしかいない事が殆んどで、いつも1プル裏に座っていましたが今夜は3プル表、前に人が居るって事が嬉しいです。久しぶりに楽しく合奏が出来ました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 22時26分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 04日 (金)

 「桃川」純米酒



2008年春季全国酒類コンクール純米酒部門第2位(2004年春季全国酒類コンクール純米酒部門第1位)だそうです。

戴き物なので価格は存じません。(最寄駅近くの食品スーパーで900円くらいで売られているのを見かけた気がしますが・・・)(笑)

先週、散髪に行った時に床屋さんから戴きました。床屋の親父さんは数年前に「白内障」を煩い、禁酒だそうです。他のお客さんから戴いた物だそうですが「酒好き」の私に下さいました。(多謝!)

「よき人はよき酒つくる みちのくの 桃川のさけに 今日も 酔いたり」桃川をこよなく愛した明治時代の代表的な日本画家、故小杉放庵が桃川へ宛てて書き残した句だそうです。(裏ラベルより)

ここ数年、今の時期はこのお酒を醸す地元の近くで渓流釣りに勤しんでいる頃です(昨年の今ごろは無職だった所為もあり1週間ほど釣り三昧でした)が、新しい職場で休みが取り難いのと、オケの合宿を欠席する訳にはいかない立場になってしまったので釣りはお預けです。

一日中、竿を出して一尾釣れるかどうかの関東近郊には行く気になりませんし、必ず釣れる「管理釣り場」はもう卒業したつもりなので、今年は釣りをお休みとさせて戴きます。

さて、明日・明後日とオケの合宿であります。スキー板を車から降ろしてチェロ弾きさんが乗れる様に用意致しましたが、同乗予定だったチェロトップさんは残念ながら「体調不良」により欠席だそうです。
チェロを積まないことになったので後部座席を倒さずに、普通に座席を立てて4人乗車となりそうです。

団のサイトのプライベートページにボウイングがアップされた様なので、書き写してから合宿に臨まないと・・・。

そんな訳で。今夜のお酒はここまでです。(笑)
posted by ひで at 21時57分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 03日 (木)

 ヴァイオリンレッスン384、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

先週はレッスン無しの週でしたので2週間振りのレッスンです。

今日はこの部屋涼しいですね。
(いつもは待合室より暑いのに、今夜はレッスンルームの方が涼しかったので・・・)
エアコンの修理が終って、前より良く利くようになったみたいです。
今日は待合室が蒸し暑かったですよ。

湿度が高めの所為か、ペグが廻り難くて調弦に苦労しました。

ようやく調弦が合った処で・・・。

(1ページ目を開いて譜面台に載せていたので。)
あれ、最初からやりますか?
あ、失礼しました。2ページ目からにします。

と云って、いつものように2ページ目の冒頭から弾く。

10度開きの処でなんだか変な感じで止まる。

音が足りなかったみたいですね。
もう一つ登らないと・・・。(笑)

少し前から弾き直して・・・

D線の開放が響きすぎですね。
其処でボウイングを控えめにして、最高音で弓を大きく使いましょう!

その意識でもう一度。

そう、良い感じです!

更に先へ進み、同じ音をE線の開放とA線で交合に弾くところで場所を見失う。

何処を弾いているのか判らなくなってしまいました。
疲れ目ですか?
いいえ、「老眼」です。近くと遠くを交合に見ると、とっさには焦点が合わなくなってきました。
私も12年後にはそうなるのかな?
数年前からこんな感じですから、12年も掛かりませんよ!(笑)
オケで指揮を見たり、譜面を見たりだと見難いですか?
ですから、譜面を見ながら視界の端に指揮を捉える様にしています。去年の「第九」の時みたいにあまり後ろのプルトだとそれが出来ずに苦労します。出来れば3プルくらいまでにして欲しい物です。

続いて最後の部分、アルペジオの部分を弾く。

大分滑らかになって来ましたね。
でも「怒りの日」の旋律が出てきませんね。
アクセントを付ける音を意識して弾きましょう!

最後の部分で中々音程が決まらず、何度もやり直し。何とか満足できる状態の音が出せた処で・・・。

今日は此処までです。(笑)
良い感じで終れましたね。

今夜はこんな処です。


posted by ひで at 22時50分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年07月 02日 (水)

 スキー板、チューンナップへ

シーズン中に酷使したスキー板にチューンナップをお願いするために、スキー仲間のK君宅へ預けて来ました。彼の知り合いに作業を請け負ってくれる人がいるので毎年お願いしています。価格が破格値なので・・・。

チューンナップに出すと云うより、板を車に積みっ放しでは今週末のオケ合宿へ行くのに邪魔なので預けに行ったっと云うのが本音です。

4台積んで有るうち、作業を頼んだのは2台のみ。他の2台も車に積んだままだと邪魔なので一緒に預かってもらいました。

何時までに仕上げればよいですか?と尋ねられたので、初滑りに間に合うように10月一杯くらいでやってもらえれば十分と云う事にして・・・。

これで、オケ合宿にVc.弾きさんをお乗せする事が出来る様になりました。
posted by ひで at 23時00分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ | 次のページ>>

カレンダー

<<06月 | 2008年07月 | 08月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。