FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年08月 19日 (火)

 「醴泉」純吟酒無垢 生酒


1800mlで2,625円。岐阜県養老町の玉泉堂酒造㈱の造。

自宅のお酒のストックが無いので、今夜の仕事帰りに良く行く地酒屋さんのお勧めを一本買って来ました。

富山県南砺産雄山錦55%精米。アルコール分:16度以上17度未満。加水していない原酒ですがアルコール度はそれほど高くは有りません。日本酒度:+2、アミノ酸度:1.4、酸度:1.6、金沢9号酵母使用。

☆“天降甘露地出醴泉”銘酒の由来~奈良時代に元正天皇が養老の地を訪れ、“滝の水が甘く健康に良い。まさに醴泉(れいせん)である。”と仰せられました。“醴泉”とは中国の故事による大地より沸き出た泉の名前です。(裏ラベルより)

甘さ、辛さが絶妙に溶け合い、上品な上立香。蔵出しが昨年12月なので新酒のフレッシュさは無く、程よく熟成されていました。
新酒のフレッシュな感じも楽しんでみたいと思いました。
posted by ひで at 23時29分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<07月 | 2008年08月 | 09月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索