酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2008年09月 30日 (火)

 正規品が到着

誤送品の弦に代わって本来頼んだ弦が届きました。返信用の封筒が入っていましたのでこれに入れて明日返送します。

早速、張り替えてみました。やっぱり「Goldbrokat」よりは遥かに良い音がします。満足です。
posted by ひで at 23時41分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 29日 (月)

 広報活動、その1

オケの演奏会まで3週間ほど、預かったチラシで「広報活動」を開始です。

今夜は仕事の帰りに、今年になって見つけた「地酒屋さん」へチラシを持ち込み。そのお店は地下に「ワインセラー」があり、月に一度ほどそこで「Jazz Live」を行うところ。
Jazzが好きな方はClassicにもご興味が有ろうかと勝手に解釈し、店主に頼んでチラシを置かせてもらいました。

お酒を買って帰るつもりでしたが、雨降りで荷物を沢山持っていたので今夜は何も買わずに帰りました。

帰ってみて「失敗した!」と思いました。自宅に「お酒」な無かったのであります。(今夜は休肝日とします。)(笑)
posted by ひで at 20時30分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 28日 (日)

 9月最後のオケ練習(ホールにて)

演奏会前に毎年一度だけ行う「ホール練習」がやってまいりました。

エキストラさん様に「駐車券」を預かっていましたが何人かのご辞退により余りました。それでは徒歩30分のところ、車なら5分ほどなので自分が車で行こうと思いましたが・・・。

駐車場へ行って車のキーの「開く」のボタンを押しても反応なし、なにやら嫌な予感がしました。
仕方なく、運転席のキーを回してみるとそのロックだけしか開きません。(これはバッテリーがあがったなぁ)
案の定、エンジンを回そうとキーを差し込んで回しても「うんともすんとも」云いません。(笑)
バッテリーがあがっていました。7月第1週の「オケ合宿」以来乗っていなかった所為か?それにしても2か月半くらい乗らないでバッテリー上がりとはまいりました。

集合時間まではまだ30分あったので徒歩で間に合いましたが、やれやれです。

おかげで肌寒いくらいの陽気なのにうっすら汗をかいてしましました。

一般の方々より少し早く集合して(セッティングの係なので)、椅子の並びを調整していよいよ練習です。

(その途中で自分がお誘いしたエキストラのMちゃん到着、久しぶりの対面です)

さて、練習はと云うと・・・。

まずは「祝典序曲」の「バンダ」との合わせから。曲の後半だけに参加する金管のバンダ隊が2階席に陣取り練習です。
距離があるのでうまく合いません。と、云うよりは音の到達する速度が遅いので聴いている場所によってはずれて聴こえるのは当たりませか?
金管本隊の人たちは合わないのが気になるのでしょうが、こればかりは物理的に合わせることは無理かと・・・。
部外者の私なんかからすると、「バンダ」ってカッコいいななんて思ってしましましたが。

それはそうと、座席が1st.Vn.の一番後ろなので回りの音が聴こえず合わせるのが難しいです。隣のMちゃんと二人で四苦八苦して前半(祝典とロメジュリ)終了です。

メインは3プル裏でしたが、2プルが二人ともお休みなので前に詰めました。この辺りで弾くと合奏に参加している気分になります。
でも、ボウイングが急に代わっていたり、なんだか煮え切らないままの練習となってしまいました。
客席が空席だと残響が多すぎてとっても弾きにくいのは、毎度の事なのですが今年は特に弾きにくいと思ったのは自分が弾けてない所為か?

本番まであと少し、個人練習に励まねば・・・。
posted by ひで at 20時01分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 27日 (土)

 ひたすら個人練習

明日は本番のホールを使ってのオケの練習なので、当初の思いはタイトルどおり「ひたすら」練習に励むつもりでしたが・・・。

仕事の疲れが溜まって午前中に2時間弾いては昼寝、午後も3時間弾いたら指先が痛くなってきてリタイアです。

まだまだ、弾けてない部分が多いのですが。
posted by ひで at 21時56分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 26日 (金)

 誤配送品の交換

DVC01562.jpg
DVC01563.jpg
写真を添付して連絡すると、返信用の封筒を同封して正規の注文品を送ると連絡をもらいました。

安い買い物ではないので、やっぱり注文どおりの品に交換してもらう事にします。
posted by ひで at 22時48分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 25日 (木)

 ヴァイオリンレッスン393、P.ITschaikowsky/Romeo et Juliette. Ouverture-Fantasia Vn.Ⅰ

二日後の土曜日に発表会に参加する「腸閉塞くん」がレッスンルームから出てきて

では、明後日頑張ってね!

と仰るので、私も・・・。

頑張ってね!オレも頑張るから。

と、声をかけると。

ひでさんは発表会に出ないじゃありませんか。
発表会には出ないけど、別のところで頑張ってんだよ!

と云った処で、入れ替わりにレッスンルームへ。

頼まれた「弦」が届きましたので持ってきました。(Vision Titanium Orchestra)u
E線だけでも張り替えてみて良いですか?
どうぞ、替えてみてください。

先生が弦を張り替える間に自分の楽器の調弦を済ませると、先生が楽器を鳴らしだし・・・

うぅ~ん、良い音がしますねぇ~!

間違われて届いた「Solo」のパッケージの裏を先生にお見せして相談すると・・・。

これよりも張りが強いのなら、これと同じ方が良いと思いますよ。
(と云うアドヴァイスをいただいたので交換してもらう事にしました)

さて、レッスンはと云うと・・・。

弾けていない部分を中心に、指使いを先生に相談しながら終わってしまいました。

発表会の打ち上げだけでもいらっしゃいませんか?ひでさんが「エキストラ」を頼んだMちゃんも来ますよ!
エキストラさんはチューニングの時間に来てもらえれば宜しいですが、団員でセッティングの役がある私は同じようにはいきませんのでパスさせて戴きます。チラシを預けますのでMちゃんに配ってもらって下さい。

と、オケのチラシを先生に預けて本日は終了です。
posted by ひで at 22時06分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 24日 (水)

 注文品と違ってた!

DVC01561.jpg
「Vision Titanium Orchestra」を1セットとE線1本注文したはずでした。写真の一番左がなんだかパッケージの色が微妙に違って気にはなっていましたが、ロット違いで色が多少違うのかな?ってな位に思っていました。

ところが、良く見てみると物が違うことが判明しました。写真も良く見ると「Sol・・・」となっているのがお解りになるかと思います。

本来は交換してもらうべきですが、取りあえず「Solo」と「Orchesutra」の違いを質問しました。あまり変わらない様ならば今回はこのまま使おうかとは思います。
posted by ひで at 22時30分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 23日 (火)

 「水芭蕉」大吟醸、「谷川岳」大吟醸

P1000003101.jpg
今日は秋の彼岸で墓参り、待ち合わせの時刻より少し前に墓地へ着くと母と弟が到着していました。父は体調を崩して留守番とのこと。

ほどなく、近くに住む叔母が到着。

今回のお酒は左側「水芭蕉」大吟醸(180mlで892円)と右側「谷川岳」大吟醸(180mlで525円)。群馬のお酒ですが母が持ってきた訳ではありません。
私が行きがけにデパ地下で仕入れて持っていったものです。

お供えした後は、いつもの様に生き仏が美味しく戴きました。

N氏曰く、安い方の「谷川岳」の方が呑んだ気がする。とのこと。「水芭蕉」は呑み易すぎるのかも知れません。

P1000004101.jpg
墓地から少し離れたお地蔵様へお参り。こちらの画像は初めてかも知れません。

いつもは少し離れた「叔父」が眠る霊園にも伺うのですが、「叔母」が行きがけに寄ってきたとの事で今日は寄らずにお開き。

とは云ってもそのまま終わるような家柄ではありません。日が高いうちからお店を見つけ、ほろ酔いで帰宅致しました。
posted by ひで at 18時47分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 22日 (月)

 MOSTLY CLASSIC NOVEMBER 2008

0811.jpg
産経新聞と一緒に新聞販売店から毎月20日に届きます。今月も土曜日に届いていましたが忙しくて中を読んでいませんでした。

今回の特集はヴァイオリニストの五島龍、天才少年と云われてきた彼ですが着実に成長して雰囲気のある青年ヴァイオリニストになってきた感じがします。

これからも成長を続ける逸材かな。期待したいものです。
posted by ひで at 22時06分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 21日 (日)

 9月2回目のオケ練習

今日は午前中からトレーナーの先生(Va.)をお迎えしての弦分奏が午前9時から。8:10頃に家を出て練習場所(大学の講義棟)へ着くと一番乗りでした。

9時から音楽監督の棒で練習開始、所々でトレーナーの先生が奏法についてなどのアドバイスを行うと云うスタイルで練習を行いました。
このVa.の先生は色々とジョークを交えながら、和やかな雰囲気で練習をするのが得意です。
ブラームスの2楽章と4楽章を延べ2時間半ほどやった後、チャイコフスキーを少々。
自分もまだまだ弾けてませんが、団としてもかなり怪しい部分が沢山残っています。
12時を少し回った処で終了、午後の練習は13:30からなので一旦帰宅しての昼食。
本日練習に来ていないエキストラさん等に連絡のメールを入れて13:10頃に練習場所へ戻り、本日来ているエキストラさん2名分のアンコールの譜面にボウイングを書き込んだところで午後の練習の時間となりました。

午後はCb.が管打の練習に合流のため、Vn.Va.Vc.でチャイコフスキーとショスタコーヴィッチ。
朝が早かったので皆さんお疲れの様子。15:30で終了し、本来の練習としては弦は此処までですがVn.は1st.2nd.共にパート練習。
その前に管打Cbが練習をしていた場所へ集まって、全体ミーティング。休憩時間が少ないという人がいますが、ミーティングにすぐに集まらず開始が遅れる為に時間がおして休憩時間が取れなくなるのを判っているのか疑問に思います。

来週の本番のホールを使っての練習についてなど伝達事項があり終了。結局ミーティングは16:00までのはずが16:10まで掛かりました。

元の場所へ戻ってパート練習です。大阪から遥遥お出でになっているオネーチャンは「疲れ果てた」との事でリタイア、残りは5名。
それでも最初の頃の練習ではTuttiでも2~3人くらいの事が度々でしたからましな方です。

シーズンを通して毎回これくらい集まればまともな練習になると思うのですが、出席率が悪すぎてコンミスのモチベーションは下がりまくりの様です。
まぁ、私個人としては人数が少ない練習は自分の音がかき消されずに聴こえるの嫌いではありませんが、練習を取り仕切る側としては「何のための練習か?」って気になるのもうなずけます。

私が嫌なのは、自分の譜面の送付を依頼してきたりするくせに、こちらからの問い合わせや要求に対して無反応のメンバーが多すぎることです。
人としての資質に疑問を感じずにはいられません。

パート練習はブラームスの2、4楽章をテンポを落として音を確認したり、今更やるような内容ではありませんが、実際のところ一月前になってもこれが現状です。

今日はその後も練習方針やらに対する話し合いが有り、本来は運営幹部が主体の集まりですがVn.メンバー不足・低出席率等が話題になるので呼ばれた次第です。
来年に向けてメンバー集めの方法に関して意見を出し合ったところで散会、20:30頃ようやく開放されました。

今後も演奏会までの練習時に話し合いの続きが行われるので長い拘束時間が続きそうです。
posted by ひで at 23時36分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 20日 (土)

 酒も呑まずに、ヴァイオリン

ゆっくりと好きなお酒を呑みたい週末の晩ですが、演奏会が1ヶ月後に迫ってきてそろそろ真剣にさらわないとまずい状況になってきました。

明日は午前9時から弦のトレーナー練習、午後はVn.・Va.・Vc.で前中の練習。16:00からはパート練習とハードな一日です。

早めに休む事にします。
posted by ひで at 23時02分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 19日 (金)

 再びVISION TITANIUM ORCHSTRA


知らぬ間に切れていた弦の代わりを購入したのが届きました。

今回は自分のE線1本と、先生に頼まれた1セットです。自分の楽器の方は代わりに張った「Goldbrokat」がほとんど使っていないのでせめて明日の練習後に交換しようかと思います。
posted by ひで at 22時47分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 18日 (木)

 ヴァイオリンレッスン392、P.ITschaikowsky/Romeo et Juliette. Ouverture-Fantasia Vn.Ⅰ

先週からオケの演奏会に向けて、レッスンでみて戴く事にしております。

こんばんは、オケの練習は進んでいますか?
それより、先週の9日に替えたばかりのE線が切れてしまいました。
え、どうしたのですか?
原因不明です。ループの処から切れていた事は以前にも有りましたけど、付根から1cm程の処で切れていました。仕方なく1/10の値段の弦で急場しのぎです。

E線開放を弾いてみると・・・

やっぱり、この弦だと音が違いますね。
仕方がないので本番用にE線を1本、もう一度注文しました。先生の分でセットも一つ注文しておきました。今週末には届くと思うので来週のレッスンにはお持ちできます。
有難うございます。新しい弦に張り替えるのが楽しみです!

と云いつつ調弦がすみました。

先週で3ページ目までは見て戴いたと思うので続きを弾きます。

ゆっくり弾いても臨時記号を見落としたりしながら・・・

小節間は臨時記号が有効ですよ!

と、当り前のことを指摘され。

上りの音形で♯が付いている音の下りが軒並み♮で弾いてしまいました。(笑)

シンコペーションで8小節続く処は

ここは数えるのが大変で、Tuttiで周りを聴けば合わせられます。
同じ音が続く処は個人練習やパート練習ではかえって難しいかも知れませんね。

更に先へ進み、練習記号Nで音が少し飛ぶ処のポジションをお聞きすると?

ひでさんのdiv.はどちらですか?
この曲は「下」です。
それなら、その前まで1ポジで8分休符の間に3ポジに飛べますよ!

重音で弾けない処は下だけ弾いていると・・・。

その辺は重音では無いですか?
違う音を出すよりは弾ける音をしっかり出した方が宜しいかと?
諦めが早いですね。
変な音を出して合奏を乱すよりは、正しい音をしっかり弾いた方が良いかと・・・。

細かい音が続く処はパスして。

この辺は宜しいですか?
個人練習が足りないので、もう少しさらっておきます。(笑)

練習記号「Q」から先のきれいな旋律を弾くと・・・。

もう少し響かせる様に弾くと良いですね。
ここは音が高すぎますのでオクターブ下の2nd.に頑張ってもらます。この音域を綺麗に響かせるのは私には無理です。(笑)
諦めが早いですね。
ソロじゃないんで、出来る処を出来る範囲で弾けば宜しいかと思ってます!

最後のページはかなり怪しい感じでした。

左手のポジションをはっきり決めた方が良いですよ。
その場その場で色々と試してきましたが、そろそろどの弾き方にするか決めます。

と云った処で今夜は時間切れです。

オケの練習には大方参加してきたので、曲の雰囲気は掴めておりますので残りのひと月で自分がしっかり弾けるように練習せねばと思えるレッスンとなりました。
posted by ひで at 23時44分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 17日 (水)

 「七賢」特別純米酒


DVC01560.jpg
1800mlで2,956円。昨日、急遽出張した(近くですが)際に買ってきました。瓶を紙で覆うところはレトロで良い感じですが。

以前、もっとお安いものを買ってきた事がありますが2,000円くらいで買ってきた「本醸造」と味わいはあまり変わりません。

裏ラベルに「飲用温度」:15℃前後。または40℃程度のぬる燗で。と書いて有りましたので、冷蔵庫で冷やしすぎて味わいがぼけたのかも知れませんが。

呑みながら、PCを立ち上げてメールをチェックすると残念な知らせが一通。
団員の一人が仕事の都合で演奏会本番に参加できなくなったと云う知らせ。ようやくエキストラさんを10名確保して予定数がまかなえたと思った矢先の知らせで、ショックです。

本番まであと一月、最早ここまで集まった人数で臨むしか無さそうです。
posted by ひで at 23時30分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 16日 (火)

 弦が切れていた!

急な日帰り出張を終えて帰宅し少しは楽器をさらおうかとケースを開けてみると、1週間前の9日に交換したばかりの弦が知らぬ間に切れていました。しかもとっても高価なE線(Thomastik Vision Titanium Orchestra)が・・・、ショックです。

定価で2,835円を1,984円で買った弦が殆ど使わないうちに切れていました。ループのところから切れていたのは以前ありましたが、今回はテールピース側の糸が巻かれている部分が切れていました。原因不明です。(初期不良か?)

仕方が無いので買い置きのGoldbrokatを張りました。(198円で買った弦ですから1/10の安さです。)

この弦で本番に臨みたくは無いので早速「イチイ ヒロキ」さんにVision Titanium OrchestraをセットとE線1本で注文してしまいました。

posted by ひで at 23時56分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 15日 (月)

 日本酒。北から南から・・・


色々と雑用が多くて外出しない3連休でした。

その割にはヴァイオリンを練習する時間がほとんど取れませんでしたが、来週も飛び石連休なのでその辺りからしっかり練習に励みます。

自宅のお酒が無くなったので、隣のコンビニで買ってきました。

「事故米」で自主回収されたはずの「美少年」がまだ店頭に有ったので「怖いもの見たさ」ってな感じで呑んでみました。

これに「事故米」が使われた確率は低いかと思いますが、蔵元としては「回収」の対象となるのでしょうか?
posted by ひで at 23時36分  [お酒トラックバック(0) | コメント(4)

2008年09月 14日 (日)

 個人練習(Romeo et Jyliette)

先週のレッスンでは、今回のオケの曲で一番練習不足であるこの曲を見て戴きました。

私が弾く姿をみて、先生は・・・

ひでさんはこの曲が好きではない?

と問われました。

わかります?

「標題音楽」で音符が細かいものは、今までも「好きではない」って仰ってましたから。(笑)

そんなわけで「オケの練習」以外では全くさらっていないんですよ。
その割にはそこそこは弾けてますね。
4月以降は休まずに練習には参加してますから。
個人でさらってなくても「Tutti」に毎回参加していれば、そこそこは弾ける様にはなりますよ。
そこで、出来なかった処を個人でさらうのが良いかと思ってオケの練習には毎回参加しているんですけど・・・。
でも、ひでさんは最近個人ではさらっていませんね!
はい、残り一か月で頑張ります!

さぼっているのが「ソロ」だけではないって事を、先生はお見通しでした。

そんな訳で、今日はこの曲を中心に個人練習に勤しんだ次第でです。
posted by ひで at 23時57分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 13日 (土)

 「バイオリンの聖地 クレモナへ」を見ました


7月26日に放映された番組の録画を8月6日にDVDで頂戴いたしておりました。

がぁ~・・・しかし!

私の自宅には未だに「DVD」が再生できる装置がございませんでした。(笑)

今時、DVDが再生できないって云うのは情けないお話なので数年前から音楽教室での発表会の録画も「VHS」ではなくて「DVD」を選んでいましたが、ディスクを受け取ってもすぐには見られない状況でありました。
(恥ずかしながら、受け取ったディスクを年末に実家へ行った時に見たものです)

数日前に、古くから使っていたPCを破壊してしまいましたので、ようやく新しいPCに買い替えましてDVDが見られる様になりました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 23時31分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 12日 (金)

 カール・べームのモーツァルト


福島の酒屋さん「むくさん」から戴いたDVDを拝聴致しました。

ベームのモーツァルトって良いですね!

9年前に買った当時は最新鋭の「CD-RW」ドライブ搭載のPCがかなり前から不調でありまして、だましだまし使っておりました。

今週水曜日に液晶画面の調子が悪くて、画面をいじっているうちに勢い余って「破壊」してしまいました。

本体のHDDには大した物は残っていませんから良いのですが、メールソフトに残っているメールアドレスは何んとか拾い出したいと思います。

今参加しているオケは、何事もメーリングリストで情報伝達をするので「パートリーダー」としての立場上、携帯電話のメール機能では限界があります。
そんな訳もあり(そんな訳が無くても)PCは更新する時期をとっくに過ぎていたので、今夜の仕事帰りに買ってきました。

9年前の所得が今の半分以下、PCの価格が今日買った(約15万円)物の倍以上(32万円)でした。
HDDが12GBに対して250GBとはメーカーさんの技術革新に頭が下がる思いです。
posted by ひで at 23時53分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)

2008年09月 11日 (木)

 ヴァイオリンレッスン391、P.ITschaikowsky/Romeo et Juliette. Ouverture-Fantasia Vn.Ⅰ

今日のレッスンから6回をオケの曲でお願いしようかと思っています。

先週はパート譜を持っていくのを忘れたので「イザイの無伴奏」にしましたが、今日は忘れずに持ってきました。

取り合えず「ロメオとジュリエット」の運指を悩んでいる部分でも相談してみようかと思います。
posted by ひで at 11時15分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 10日 (水)

 第49期王位戦七番勝負第6局

深浦王位に羽生四冠(名人、棋聖、王座、王将)が挑戦している王位戦。将棋会では名の知れた神奈川県鶴巻温泉の「陣屋」にて昨日から指し継がれておりました。

結果は19:11、152手迄で挑戦者の勝利。

初戦を挑戦者が勝利した後に深浦王位が3連勝で防衛に王手を掛けましたが、最近調子を上げている羽生四冠が連勝し対戦成績をタイに。タイトルの行方は最終戦に持ち込みです。

深浦王位の「穴熊」が薄かったのでちょっと難しいかなと思いつつネット中継を眺めておりました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 22時53分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 09日 (火)

 ヴァイオリン弦の交換


一月ほど前に購入して用意していた弦に、本日交換致しました。演奏会まであと40日ほど、1週間くらい前に音が響かなくなっていたらもう一度交換するかも知れませんが、出来ればこのままで演奏会まで使いたいとは思います。

4弦ともTHOMASTIKの「Vision Titanium Orchestra」です。初めて張った弦ですが、良さそうな感じがします。

先月2本とも弓の毛は換えたし、後は練習有るのみです。

今年は音楽教室の発表会には参加しませんので、演奏会まではオケの曲のみに集中していきます。

結果は?乞うご期待!(笑)
posted by ひで at 22時59分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 08日 (月)

 大人のズル休み

今朝、突然仕事をさぼりたく思いました。
体の具合が悪い訳ではありませんが、職場へは「体調不良」として休みました。
ズル休みです。(笑)

>>追記の開閉

posted by ひで at 23時07分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 07日 (日)

 9月最初のオケ練習

今日は長い一日でした。

先ずは10時半から1st.2nd.Violin合同でのパート練習。今日は前中のみ、参加予定では私の所属する1st.は他に一人、2nd.は三人のはずでしたが、練習場に着くと1st.が三人で2nd.はトップのみ。
途中から2nd.が二人増えて三人ずつになりましたが・・・。

5月からは前回以外には欠席せずに練習に参加していますが、他の時間で殆んどさらっていないのでかなり怪しい部分が多いです。
10時半から12時半まで練習をして昼食休憩です。歩いて5分の私は自宅へ戻って昼食をとりました。

さて、本来の練習は13時半から。最初の1時間で「祝典序曲」のTutti。

今日は弦楽器のエキストラさんやら、最近になって参加するようになった方々などが沢山集まって練習場は満杯、人いきれで気分が悪くなるほど。
室温18℃にエアコンを設定しても、発熱発湿負荷が多すぎて私の腕時計に内蔵された温度計(体温を拾わない様に譜面台にぶら下げてある状態で)では29℃以上でした。
皆さん、汗だくで演奏しておりました。

前に座りたがらない人が多いのでトップサイドで弾きましたが、後ろから大人数の音が聴こえるのが不思議な感じでした。
(これまで殆んど2プルくらいしか集まりませんでしたので。)

私のすぐ後ろは大阪から参加のオネーチャンで、前回は帰りの時間から雷雨が発生して帰りの新幹線が不通となり当日は東京泊。月曜日の朝に空路で帰阪したそうです。
歩いて帰る事ができる私が、申し訳ない気分です。

後半の「ブラ1」の合奏を4楽章から逆に前に戻って練習を致しましたが、途中から窓の外は土砂降りの雨と雷。
例の大阪からのオネーチャンは「今日も新幹線が・・・」と不安な表情でしたが、練習が終わる頃には雨の盛も過ぎて小振りになっておりました。

人数が多くて、暑苦しくて体力的には大変でしたが、ようやくオーケストラらしい人数が集まった気がします。(いつもこれくらいで練習をしたいものです)

午前中のパート練習も有って、ヘロヘロですがまだ終りません。

練習の後は数ヶ月前から「弦のトップとパートリーダー」による「練習参加向上へ向けての話し合い」です。
一部のメンバーは他の集まりがあるので途中からの参加。それまでに、参加できるメンバーでの討論。
皆が集まった処で、意見を集約。20時頃にようやく開放されました。

とっても疲れた一日でしたが、まぁ好きな事をやっているので良しとしましょう。(来年は不参加にしたいなどと云いながら来年度の団費を支払ってしまいました。それと云うのもパート譜を受け渡しした郵送費との相殺ですが。)

練習へ参加率の低い人達をどうすれば参加率を上げられるか?って云うのがテーマの一つだと思いますが、それを議論している人たちは参加率が高い人達ですから「仮定」を考えて設問を作りましたが、本当のところは判らないのかも知れません。
posted by ひで at 23時42分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 06日 (土)

 「美丈夫」純米吟醸


1800mlで2,310円と云う「純米吟醸」にしてはお買い得な価格でしょうか?

昨日の仕事帰りに買ってきた1本です。

高知県安芸郡田野町(有)濱川商店の造。精米歩合:55%、アルコール分:15度以上16度未満。

呑みやすい味わいですが、これといった特長が無いって感じがしました。

「吟醸酒」と云うには役不足か?不味くは無いし、価格がそれなりですから文句はいいませんが。
posted by ひで at 22時57分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 05日 (金)

 第56期王座戦五番勝負第1局

二日前に「竜王戦挑戦者決定三番勝負」で対局したばかりの二人の勝負。

振り駒で羽生王座が先手となり、最近流行りの「一手損角代わり」で始まりました。

羽生優勢と云われた中盤で、受けの木村が本領を発揮して控え室の渡辺竜王や佐藤棋王も先が読めない展開に。

歯に衣を着せずに他人の棋戦を解説する木村八段のトークを聴いて、最近は木村ファンになりつつあります。

森内九段や郷田九段の様な「剛直な受け」とは違って、木村八段の受けは「飄々とした」感じを私は受けます。

羽生王座(四冠)の指し回しが冴えて21時4分、89手までで先手羽生王座の勝利。仕事中にもネット中継で指し手を見させて戴きましたが、中々面白い将棋でした。

第2局以降がまた楽しみな棋戦です。
posted by ひで at 22時18分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 04日 (木)

 ヴァイオリンレッスン390、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

夕方から雷雨になり、職場を出る頃には「バケツをひっくり返した様な」土砂降り。

私が帰ろうかと思った処で、外出先から帰社した青年から「ひでさん、今は外に出ない方が良いですよ!」と云われましたが、20分に1本のバスを逃すとレッスンには間に合いません。

土砂降りの中をレッスンに向かいました。

以下略。(笑)

>>追記の開閉

posted by ひで at 22時43分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 03日 (水)

 第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局

竜王戦1組2位の木村一基八段と同5位の羽生名人(四冠)が争う第2局。羽生名人の先勝で、今夜羽生が勝てば挑戦決定でしたが。

一時は羽生勝利との控え室の見解を覆し、木村八段が見事な勝利。

ネット中継をワクワクしながら眺めていました。

この両者、明後日には「王座戦」でも争います。木村八段の活躍が楽しみになってきました。
posted by ひで at 23時15分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 02日 (火)

 Richard Strauss HORN CONCERTOS


来年度の演奏会の候補曲の一つがこのCDに収められている「ホルン協奏曲第1番」です。作曲者による原題は『ヴァルトホルンと管弦楽のための協奏曲変ホ長調』(Konzert für Waldhorn und Orchester Es-dur )だそうですが・・・。1882年から1983年の作曲者が18歳の頃に書かれた作品だとの事で、作品番号は11。

60年後の1942年に「第2協奏曲」が作曲されたため、この曲は「協奏曲第1番」と通称されるようになったとの事。出版譜では、一部の再版楽譜を除いて現在でも原題通りだそうです。

演奏は、ズデニェク・ティルシャル(Hr.)プラハ交響楽団、指揮:イルジー・ビエロフラーヴェク。1979年9月22/26日、プラハ、スメタナホールでの録音。

金管楽器を独奏とする協奏曲は「ハイドンのトランペット協奏曲」しか演奏に参加した事がございませんが、私の好きな部類の楽曲です。

候補曲の組み合わせに含まれているので、改めて聴き直してみました。

他の組み合わせには、弾きたくない曲が含まれるのでこの曲を含む候補に投票する事に致しました。

結果は如何に?
posted by ひで at 22時42分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2008年09月 01日 (月)

 「蔵粋」特別純米酒 純米協奏曲


1800mlで2,940円。自宅のお酒のストックが無くなったので今夜買って来ました。仕事が長引いて良く行く20時まで営業の地酒屋さんには間に合わなかった(20分に1本のバスに乗り遅れて、駅近くの酒屋さんの閉店時間に間に合わなくなった)ので、バス停2つ分歩いて、今年になって見つけた「午前2時まで営業」のお店に寄ってみました。

福島県喜多方の小原酒造㈱の造。モーツァルトの音楽を聴かせて造ったと云うことは、一部の酒呑みには良く知られているかと思いますが・・・。(「蔵粋」と書いて“クラシック”と読みます。)

原材料:米・米麹、アルコール度:15.7度、日本酒度:+2.0度、酸度:1.5度、アミノ酸度:1.0度、仕込水:飯豊山の伏流水、原料米:山田錦50%、粕歩合38%、使用酵母:9号、製造責任者:小原嘉左衛門。

この「蔵粋」シリーズは幾つかはこれまでも呑んだ事がございますが、これは本当に雑味のない味わいでした。

瓶に掛けられた札の中には・・・

この「蔵粋」は、もろみのときに、モーツァルトを十分に聴いて育ったお酒です。
もろみにモーツァルトを聴かせると酵母の増殖が活発になり、フルーツ香が強くなる高泡の状態が長く続くようになり、酵母の死滅率も低くなるため雑味が少なくなり、大変おいしいお酒ができ上がるのです。

Q どうしてもろみに音楽を聴かせるとお酒がおいしくなるのですか?
A はい、それは音楽が、酵母に対する増殖を促す信号となり、酵母の増殖速度が増すため発酵が活発になるからです。
Q どうして味がまろやかになるのですか?
A はい、それは、音楽のマスキング効果により酵母の死滅率が低下するため雑味が少なくなるからです。
Q どうしてモーツァルトがよいのですか?
A はい、いろんなジャンルの音楽を聴かせて実験を繰り返した結果、クラシック音楽の中でもモーツァルトを聴いたお酒が一段とおいしくなったからです。

なのだそうです。

今年は「モーツァルト」の曲は演奏しませんが、これを呑んで「演奏」に雑味がなくなる事を期待します。(笑)

個人レッスンで「協奏曲」のソロをやりたいとは思いませんが、オケのTuttiでは「協奏曲」をやりたいと常々思います。
5年前に某オケで「シベリウスVn.協奏曲」に参加して以来「協奏曲」とはご無沙汰です。

来年の選曲には「協奏曲」がある組み合わせに投票しようかな?

(昨日、来年は不参加にしようかな?と書いたのは気にしないで下さい。)(笑)
posted by ひで at 23時23分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<08月 | 2008年09月 | 10月>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。