酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2009年02月 28日 (土)

 今期16日目「逢の峰・芳ヶ平ツアー」

RIMG0591.jpg
4:10頃に出発し、いつもの様に三芳PAから関越道へ。藤岡ICで上信越道を降り、春になって「志賀草津道路」が開通した後に走るルートを通って草津のスキー場へ。7:40には天狗山の駐車場へ到着致しました。

3週間後に草津から山を登って志賀高原へ行く計画をしていますので、今回はその下見をする為に「草津スキースクール」の「ネイチャーツアー」に申し込みをしての行動です。
渋峠から芳ヶ平へ下り、白根火山へ登り返してバスで横手山へ戻るコースは何度も行ったことがありますが、芳ヶ平から草津までは未経験ですのでガイドを依頼することにした次第です。
本来は10:00に出発するはずのツアーでしたが、終了後に志賀高原へ車で移動するので時間が早められないか尋ねたところ、9:00出発でお受け戴きました。
イレギュラーな注文にも対応が早く、草津スキースクールには好印象を持ちました。
ガイドのテレマークスキーインストラクターUさんの案内で9時出発です。
我々2人の他に、アルペンスキーで参加のご夫婦が2名。ガイドさんと合わせてテレマーク3、アルペン2のパーティーです。

天狗山からリフトとゴンドラを乗り継いで、本白根のゲレンデを一本滑り、逢の峰のリフトを降りてツアーコースへ。

DVC01718.jpg
芳ヶ平への下りは殆どが緩斜面ですが、一箇所だけちょっと楽しめる斜面が有ります。白根火山へ登った時には苦労した場所です。

DVC01719.jpg
その先は平坦な雪原が続きます。

DVC01720.jpg
程なく「芳ヶ平ヒュッテ」へ到着。

天気が良いのでヒュッテの中には入らず、雪の上で小休止。

DVC01721.jpg
15分ほど休憩し、さぁ草津への下りです。

DVC01722.jpg
コースの上部に少しだけ開けた斜面を楽しみました。

DVC01723.jpg
その後は殆ど林道の下り。途中「旧音楽の森ゲレンデ」を通り・・・。

DVC01724.jpg
12時少し過ぎにツアー終了です。

以前は「天狗山ゲレンデ」戻るのがコースでしたが崖崩れの為にそのコースは閉鎖され、「音楽の森」下るコースに変更されたのだそうです。

風も無く、最高のツアー日よりでした。
posted by ひで at 13時16分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 27日 (金)

 TAJ News 2009年2月厳冬期号


本日帰宅したら届いていました。全くあてにしていませんでしたが、こんなのよりも団体保険の保険証書を早くよこせ!って思います。
posted by ひで at 18時50分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 26日 (木)

 ヴァイオリンレッスン406、M.Mussorgsky・Orchestrated by M.Ravel/PICTURE AT AN EXHIBITION Vn.Ⅰ

先週は有難うございました!
何とか止まらずに合奏できました。やれやれです。
Va.で刻みを弾くのは良かったですね。
誰も聴いていないので合いませんでしたけど。(笑)
練習には何回参加したんですか?
ぶっつけ本番です。冬場にそんな暇は有りませんよ。
では、「Va.に合わせて!」って云えませんね。(笑)
そんな大それた事は考えていませんでしたけど、最後まで繋がっただけで御の字です。

ってな処で調弦完了、さぁ楽器を弾きましょう。

どこからやりますか?
全く楽器に触っていないのでどこでも良いですが。

偶々譜面が開いていたのが「サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ」だったので、そこを弾いてみることに・・・。

げっ!♭が五つ、b-mollですね。どこに♭が付くんでしたっけ。
どこに付くと云うよりはCとF以外は♭付くと考えた方が宜しいかも?

と云われてもAsにナチュラルが付いてAになったかと思えば、再び♭が付いてAsに戻ったり・・・。

正しい音程を取るのに苦労しそうです。

音程に四苦八苦しているうちに時間切れとなりました。

posted by ひで at 23時10分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 25日 (水)

 第58期王将戦七番勝負第5局

久しぶりに将棋ネタです。

スキーシーズン中は将棋の棋戦の事を忘れている事が多いです。

羽生四冠(名人・棋聖・王座・王将)に深浦王位が挑戦している「王将戦」。

2勝2敗のタイで昨日から2日制で行われた第5局でしたが2日目の今日、中央突破を図った挑戦者の攻めが成功し端攻めと絡めて87手までで深浦王位(挑戦者)の勝利。

最近は仕事が暇ですので、ほぼ一日中ネットの中継を眺めていました。(笑)

これで、挑戦者のタイトル奪取に「王手」をかけました。

本日は、17:46に勝負がついたのを確認して退社いたしました。
posted by ひで at 22時27分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 24日 (火)

 「蔵王」特別純米酒 しぼりたて


1800mlで2,782円。一昨日に演奏会を聴きに行った帰りに買ってきた一本です。

宮城県白石市の蔵王酒造のお酒、駅ビルの地下に有るお酒売り場に蔵元からスタッフが来て試飲販売が行われていました。その一押しがこの「しぼりたて」でした。
蔵の方は「720mlが売り切れで1800mlしか残ってないのですが・・・。」と申し訳なさそうに話しましたが、わたくしは四合瓶より一升瓶の方が好きなので最後の一本の一升瓶を買ってきました。(笑)

原酒にしてはアルコール度17~18度とそれほど高くは有りませんが、味わいは芳醇でございました。香りは控えめで呑み易いお酒です。

「蔵王」と云えば、有名なスキーどころですが私は一度も行った事がありません。四半世紀以上、日数にして500日以上は滑走していますが有名どころでも行った事が無い場所は沢山あるものです。

東北方面はほとんど行った事が無く、行った事が有るのが「月山」「天元台」「猪苗代」「猪苗代リゾート」「アルツ磐梯」「裏磐梯」くらいで「安比」や「雫石」には一度も行った事が有りません。

全体の1/5が「志賀高原」で、2番目に多い「よませ」と次に多い「あさひプライム」(ここは1シーズン仕事をしていましたが)の3か所で4割を占めるので、100箇所くらいのスキー場と20箇所くらいのBCエリアの中で1度しか行った事が無い場所が60箇所、2度の処が30箇所ほどです。

まぁ、志賀高原で100日と云っても「横手山・渋峠・熊の湯」地区がほとんどで蓮池から左側を滑ったのはその1/4くらいかなぁ~?
posted by ひで at 21時49分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 23日 (月)

 MOSTLY CLASSIC APRIL 2009

MOSTLY 200904
先週金曜日の朝に朝刊と一緒に届いていましたが、色々と忙しく中に目を通していませんでした。

今月の特集は「メモリアル・イヤー2009」。ヘンデル没後250年、4ハイドン没後200年、メンデルスゾーン生誕200年。

こう云った事を取り上げるのはプロモーターやレコード会社が主になるかと思いますが。こんな事を探すと毎年何かが有るのではないでしょうか?

表紙の写真はヴァイオリニストのアンネ=ゾフィー・ムタ―。わたくしと同年代の彼女がデビューしたのはカラヤンに才能を見いだされた十代半ばの頃。
デビュー30年を経て、すっかり「熟女」になりました。(笑)
posted by ひで at 21時53分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 22日 (日)

 オーケストラ・ムジマ 第7回コンサート


自分が所属するオケの去年の演奏会にエキストラをお願いしたMちゃんが所属するオーケストラの演奏会を聴きに行ってきました。
彼女には昨日のヴァイオリンの先生のパーティーでもお会いしました。

子供じゃないんで、手ぶらじゃ行けませんから、地元の駅ビルの花屋さんで春らしい色合いの花を選んで花束にして、それを抱えて行きました。

曲目は・・・

ハイドン/交響曲第85番変ロ長調 Hob.l:85「王妃」
ヴラニツキー/性格的な大交響曲ハ短調「フランス共和国との和平に」 Op.31

ヴラニツキーと云う作曲家は知りませんでしたが、モーツァルトと同じ年(1756年)に現在のチェコにあたるモラヴィア地方で生まれ、1800年代頃のオーストリアで最も影響力と人気の有った作曲家の一人だそうです。
なかなか楽しい曲でした。

Mちゃんが学生時代に所属した美大のオケ出身者が中心の楽団の様です。指揮者もその楽団と同じ「諸岡範澄さん」。

弦のプルトが2.5、3、2、2、1.5で木管とTp.、Hrの2管編成と云うこじんまりとまとまった編成。演奏もきれいにまとまっていました。

カメラマンが立てる雑音が妙に気になりましたが・・・。(静かな処で物を落とすな、退場モノ!ってアンケートに書いて来ました。)

これくらいの編成のオーケストラで弾きたいと思いますが(団員募集中です)、毎週日曜が練習でしかも本番が2月ではわたくしには無理です。

来年も「床屋に行く週」でスキーを休む土日に当たれば聴きに行こうかと思います。
posted by ひで at 17時20分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 21日 (土)

 Music Weding Party


今日はヴァイオリンの先生の結婚披露パーティー。この日程を聞いた当初は貴重なスキーシーズンに腹立たしい(笑)とも思いましたが、昨夜から北海道は大荒れの天気で先週乗った飛行機も今日は欠航。その他、次の便は8:15発が10:50発に遅れたり、9:00発と9:45発引き返しだったとか。

同行したN氏曰く「ナイス、M子!」だそうです。(笑)

新婦がヴァイオリニストですので、宴は音楽三昧でございました。先ずは新婦が音楽仲間のピアニストの伴奏で「情熱大陸」を披露。

続いて、わたくしを含めた10名ほどで下手くそな合奏。(賛美歌312番)

合奏の練習は何度かやったそうですが、事前の情報によると「ずれまくり」との事。今朝、出かける前にヴィオラの譜面を採譜してみましたが、メトロノーム代わりにはもっと音を聴かせた方が良いかと重音で4分音符を刻む事に致しました。

幹事役の方が、ぶっつけ本番のわたくしに演奏について説明をしてきましたが、「合わせますから大丈夫」と一言返しておきました。
本来、わたくしが合わせると云うより、リズムを刻むわたくしに皆さんが合わせれば縦が合うはずなのですが、周りを聴かない方々なので結局のところ皆さんに合わせました。(とは云っても、皆さんそれぞれが個性的なリズム感をお持ちなのでどこに合わせたら良いのか苦しみましたが・・・。)

どうでも良い演奏が、何とか済んだ後は新婦の友人の音楽家が歌を披露したり、ピアニストさんは12年ぶりに新婦のVn.にPf.の伴奏をしたり、同じ音楽教室の先生とVn.2重奏を奏でたりと美しい音楽を聴かせて戴きました。

新郎さんが「こう云う場面では私は出る幕が無いんですよ!」って挨拶に来られたので、「暖かく見守るのが、きっといい演奏の糧になりますよ」と返しておきました。

ワインをしこたま呑んで、良い気分で帰宅致しました。

さて、明日はまた音楽ネタが続きます。
posted by ひで at 19時47分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 20日 (金)

 「〆張鶴」本醸造 月


1800mlで1,998円。新潟県村上市の宮尾酒造㈱のお酒。

ニセコへ行っていた3日間でN氏と二人で呑んだお酒は3升以上、プラス生ビールと缶ビール。一日あたり一人5合以上を呑んだ計算にはなりますが、時間をかけてメリハリをつけて呑んだ所為か呑み過ぎて体が動かないと云うような事はございませんでした。

それに、主に「原酒」系の濃厚なお酒を沢山呑んだので、今夜これを呑むととっても軽やかに感じました。

世間の「不景気」の波はわたくしの職場でも同様で、今月から30%の給与カットです。手取りで15万円以上の減額です。
暫くは「吟醸酒禁止令」を発令しなければならなそうです。

そんな訳で、今夜の仕事帰りに買ってきた一本は2,000円未満の本醸造酒です。

元来、安くて美味しいお酒が好きなので、また「普通酒」の美味しいものを探してみましょう。

posted by ひで at 20時05分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 19日 (木)

 2009 世界アルペン 男子回転 


昨夜に引き続き、世界アルペンの再放送を見ました。今夜は男子のスラローム、女子よりもスピードが有って迫力満点です。

70名以上参加しながら、2本完走は18名のみと云うタフなコースで途中棄権が多いレースでした。

今夜はヴァイオリンのレッスンはお休みの週です。北海道の疲れが残っているので、お休みは有り難かったです。
posted by ひで at 20時57分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 18日 (水)

 2009 世界アルペン 女子回転 

DVC01691.jpg
DVC01695.jpg
一昨日、ニセコからスキー板2台とブーツ2足他を入れたザック1個を自宅あてに「クロネコ」で発送しました。
今夜、20時以降に届くので早めに帰宅して荷物の到着を待ちました。

早く帰宅しても、見たいテレビ番組が無いので再放送の「世界アルペン」の放送をBS1で眺めておりました。

最近、たまに参加するテレマークのレースでは「大回転」のゲートになりますが、アルペンならではの小回りが見られる「回転」は見ていて面白いです。

15年以上前に「回転」のトレーニング中に、ゲートに絡まって左足の靭帯を損傷して以来「回転」を滑るのはやめましたが・・・。

放送を見ている途中に荷物が届きましたので板の梱包をほどき、まだ少し濡れていた板を拭いてザックから荷物を取り出しました。
洗濯物が一杯で、一度では済まないほどの量です。

今週末は、ヴァイオリンの先生の「結婚披露宴」のためにスキーはお休みなので、明日までに洗濯を済ませなくて良いのがせめてもの救いです。
posted by ひで at 22時26分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 17日 (火)

 「桃川」純米酒

DVC01690.jpg
720mlで980円。昨日買った「北海道のお酒」は、飛行機の中で呑み干してしまったので、仕事帰りに今夜のお酒を買って来ました。

北海道のお酒が無かったので、一番近い青森県のものにしてみました。

濃厚な味わいとの触れ込みでしたが、私にはあまり濃厚と感じませんでした。

今夜は疲れているのでここらでお休みなさい。
posted by ひで at 22時36分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 16日 (月)

 JAL538便

P10000211021.jpg
19時発の便で帰ります。

>>追記の開閉

posted by ひで at 18時22分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 帰ります

P10000201021.jpg
3時間ゲレンデパウダーを滑って終了しました。

あいらんどのかこさんに駐車場まで送ってもらい駐車場ではお約束の「ハグ」、15時10分発の中央バスで千歳空港へ向かいます。

見えなくなるまでかこさんはバスに向かって手を振ってくれました。

また、帰りますから待っててねぇ~!
posted by ひで at 15時25分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 今期15日目「ニセコグランヒラフスキー場」

P10000161021.jpg
昨日の夜から降り続いた雪がたっぷり積もり、ゲレンデパウダーを堪能しました。

8:15にセンターフォークワッドの前で、昨日と同じくガイドの古市さんと合流。月曜日の朝でしたが昨夜から降り続いた新雪を求めて「白い粉中毒」のおバカさんが大勢集まっていました。
リフトは10分待ちの状況。それでも、混んだスキー場で磨きを掛けた「昔取った杵柄」が威力を発揮しするすると前方へ。混んだリフトを早く乗るのは得意です。(笑)

先ずは「スーパーコース」へ。腰までの深雪で最初はまともに滑れませんでしたが、段々と慣れていくうちに少しは滑れる様になりました。

DVC01682.jpg
DVC01683.jpg
少し慣れてくると、やっぱりパウダーは楽しいです!

DVC01684.jpg
転倒は何度も有りましたが・・・。

DVC01685.jpg
今日も一番楽しんだのはガイドさんでした。(笑)

>>追記の開閉

posted by ひで at 10時55分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 15日 (日)

 今期14日目「羊蹄山ツアー」

8:00にガイドの古市さんがあいらんどへ迎えに来て下さり、車に乗って約20分ほどで真狩村の羊蹄山南面の麓に到着。
通称「墓地の沢」と云われる沢筋を標高1000メートルくらいまで登る事に。車を停めた処も、その先しばらく歩いたところもその名の通りに「墓地」が有ります。

RIMG0545.jpg
ハイクアップの途中で「蝦夷りす」を発見。

RIMG0555.jpg
2回の小休止をはさんで約三時間の軽いハイクで標高差750m程を登り、12時過ぎから滑降です。

DVC01675.jpg
N氏が気持ち良さそうに滑って行きました。締まった雪の上にうっすらと新雪が積もった程度で、割と滑りやすい斜面でした。
ただ、やはりゲレンデとは違ってうねりがあるので手ごわいですが・・・。

DVC01676.jpg
わたくしは、ちょっとへばり気味。やっとこさ滑った感じです。

RIMG0562.jpg
RIMG0564.jpg
殆どの滑走シーンはビデオ画像から静止画に落としたもので、あまり綺麗ではありませんが、この2枚はデジカメの静止画です。


DVC01677.jpg
DVC01678.jpg
一番楽しんだのはガイドさんかも・・・?(笑)

DVC01679.jpg
今日のN氏は調子が良いみたいです。

P10000141021.jpg
登高の途中で少し天気が荒れましたが、大荒れにはならず麓に戻ると山が見えました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 14時23分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 14日 (土)

 今期13日目「ニセコグランヒラフスキー場」

14時少し前に「ニセコヒラフ」に到着、トイレ休憩の「道の駅」を出た処でお宿へメールを打つと「着いたら電話してねぇ~!」と返信を戴きました。

到着して電話をかけると「あいらんど」の主、「よっちゃん」が車で迎えにきて下さいました。

P10000191021.jpg
お宿は一昨年から2年ぶりに帰ってきた「ペンションあいらんど」。

「かこさん」が「ひで、おかえりぃ~!」と迎えてくれました。お約束の「ハグ」。
同行のN氏には「いらっしゃいませぇ~!」と同じく「ハグ」。(笑)

DVC01673.jpg
DVC01674.jpg
P10000101021.jpg
バスの「ニセコヒラフ」到着が14時頃でしたので往復のバスにプラス1050円で付けた「全山8時間券」を使うのは勿体ないし、5時間券を買ってもナイターまで滑る気力も無いので「12ポイント券」で足慣らしをする事にしてゲレンデへ。15時から17時まで滑って回数券が切れたので終了しました。
ナイター照明が点灯する時間に滑ったのは本当に久しぶりです。でも、たまには照明の下で滑るのも良いものです。

P10000111021.jpg
P10000121021.jpg
夕食は「よっちゃん」お手製の美味しい中華。お酒は「二世古」生原酒。300mlを二人で3本呑んですっかり良い気分です。

夕食が終った頃、明日と明後日にお世話になる「マウンテンガイド・コヨーテ」の古市さんから電話が・・・。

一昨年、「トイル」のBCツアーで「チセヌプリ」へ連れて行って貰ったガイドさんが独立したのを知って、今回は「コヨーテ」にお世話になる事にした次第です。

1/25000地形図で「チセヌプリ」「ニセコアンヌプリ」にあるどちらかへと云う当初の予定でしたが、天候の様子からして明日の「ニセコ連峰」は風が強そうとの事で、風の影響を受けにくい「羊蹄山の南面」へ行く事になりました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 19時55分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

 道の駅フォーレスト276 大滝

P10000091021.jpg
一昨年と同じく大滝で休憩です。とは云っても、あの時の「道南バス」が停まったには隣の「きのこ王国」でした。

今回は「道の駅」の方です。トイレの前に自動演奏のピアノがあります(写真が手ブレで済みません)、トイレは1億円のトイレだとか・・・。

私には良く判りませんでした。
posted by ひで at 13時02分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 北海道中央バス

P10000081021.jpg
N氏と二人で冷酒を2本呑んでほろ酔いです。11時30分発のバスでニセコへ向かいます。

酔って火照った体には、外の風が心地良いです。今朝は気温が高くプラス5℃、北の大地に来た気がしない温かさ。
posted by ひで at 11時17分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 「熊古露里」辛口

荷物の積み込みに手間取ったり、遅れてくる乗客の所為で10分ほど遅れての離陸となりましたので千歳到着も10分ほど遅れ9:10過ぎの到着でした。
しかしながら、10:30発の「道南バス」ではリフト券が割引にならないので11:30発の「北海道中央バス(運行はグループ会社のニセコバス)」なので時間は有り余るほどです。
「道南バス」は、ルスツを経由し京極や倶知安で寄り道するので1時間早く千歳を出ても、ニセコに到着するのは30分ほどしか違いません。
往復のバス代プラス1050円で「ニセコ全山8時間券」が付くので、中央バスを選びました。
一昨年、一人でニセコへ行った時には5泊6日でお宿に「リフト券付」でお願いしたので「道南バス」に乗りましたが・・・。

そんな訳で、バス待ちの2時間ほどの間に空港の到着ロビーフロアにある「朝市食堂」で軽く一杯と相成りました。(笑)

P10000041021.jpg
300ml瓶の冷酒が790円。

P10000061021.jpg
肴はサーモン刺身630円、いか刺210円、ホッケの開き740円。

P10000071021.jpg
お酒が1本では足りるはずもなく、2本目を頼むのと一緒につまみも追加。北海道らしく「じゃがバター(350円)」です。北海道のじゃがバタには、イカの塩辛がジャガイモの間に入っている事が多いのですがこのお店のものには有りませんでした。
イカの塩辛はあまり好きでは無いので、この方がわたくしにとっては有り難かったですが。

しかしながら、会計の時に「いか刺」は1連(210円)しか頼んでいないのに3連(630円)とレジに打ち込んだのでクレームをつけました。

お酒も料理も美味しかったので満足しましたが・・・。
posted by ひで at 10時20分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 B747-400

P10000031021.jpg
一昨年もこの時間の便に乗りましたが、その時の機体はB777-200でした。平日と土日は違うのか?それとも今シーズンはこの機体なのか?何れにしても座席はクラスJです。\(^-^)/

自宅から最寄り駅まで歩く間は雨が降っていませんでしたが、バスが羽田に着くころには雨が降り出しました。羽田で雨に降られても濡れる事は有りませんので未明に雨に降られずにラッキーでした。
この先も、この旅がラッキーで有ることを祈りたい気分です。
posted by ひで at 07時03分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 JAL507便

P10000021021.jpg
5:15府中駅発のバスに乗り、1時間足らずで羽田空港に到着。7:25発の飛行機に乗るまでの時間に搭乗ゲートの前で「会津ほまれ」のカップ酒とシウマイで朝食です。

旅の日は朝から呑みます。(笑)
posted by ひで at 06時45分  [トラックバック(0) | コメント(0)

 羽田空港行き、バス待ち

P10000011021.jpg
4時起床、4:45に自宅から徒歩で駅まで15分。夜の間は雨降りでしたが、自宅を出る時には雨があがっていて傘をささずに歩くことができました。これから、羽田空港行きのバスに乗ります。
posted by ひで at 05時12分  [トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 13日 (金)

 雪崩は大丈夫・・・?

明日から2泊3日で北海道のニセコへ行きます。

先だって2月8日の午前中に「ニトヌプリ」にて(NOASC)ガイドツアーでバックカントリーに出かけていたグループが雪崩に巻き込まれ、ゲスト2名が怪我を負う事故が起きました。

自分たちも、場所は未定ですがこの近隣のバックカントリーへ入るので要注意です。

現場の様子が知りたくて、わたくしが依頼している現地のガイドさんから状況をお聞き致しました。
以下が、その返信です。

「事故の2日後、現場に行きましたよ。現場付近のは次の日には、安定した雪でした。とてもいい雪でしたというか最高の雪でした。  当日は、非常に風が強く吹雪の最中でした。斜度、風向き、斜面方位、風下の吹き溜まりとすべての条件がそろっていました。ある程度は予想できるところだと思います。やはり危ない日は、危ないところにはいってはいけないということだと思います。危ない条件というのは、実はそんなに長い時間は続きません。ニセコは海が近く湿度が有り、内陸のような冷え込みが無いので雪の焼結(雪の結晶同士がくっつくこと)が早いのです。雪の結晶同士が、焼結すると当然安定します。ニセコの場合早ければ半日、遅くても2日で安定することが多いようです。」

このお話からすると、雪崩の危険が有るところへ入っていったということになるのかと思います。絶対に雪崩が起きないと云う保証はどこにも有りませんが、せめてリスクの高い処へ近づく事は避けるべきであろうかと思いました。

では、気を付けて行って参ります。15日以降、ここの更新が無かったら雪崩に巻き込まれたと思って下さい。
posted by ひで at 15時58分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 12日 (木)

 ヴァイオリンレッスン405、M.Mussorgsky・Orchestrated by M.Ravel/PICTURE AT AN EXHIBITION Vn.Ⅰ

暫くは一時間前のコマが空いているので、早く来られる時にはいつでもどうぞ!と云われていましたので、仕事が暇な今日は1時間前に伺いました。

これ、お願いしますね。

先生の結婚披露パーティーの案内状を戴く。

そういえば、21日とはお聞きしてましたが時間とか場所は聞いていませんでしたね。
宜しくお願いしますね。そう云えば弾いていただくVa.のパート譜がまだでしたね。
ネットで4声部の譜面を見つけました。ただ、本来Va.は3番目を弾く訳で一番下だと出せない音が有ります。
それって、旋律と同じリズムになっていますか?
そうなっていましたけど、長い音符でベース音を出そうかと思ってますが。
それでしたら、長い音符ではなくて細かく刻めませんか?皆さんの縦が合わないようなので・・・。
メトロノームの代りですね。(笑)
ひでさんがリズムを刻んで下されば合うかと思いましたので。
周りの音を聴かない人が多いから大変ですね。

などと、無駄話をしていたら時間の半分も過ぎてしまいました。

結局のところ、「展覧会の絵」の音が動く処を少しずつ見て時間切れ。

しっかりと音とりして、指番号や加線の多い処はズバリ音名を書き込んだ方が良さそうですね。
楽器を弾く時間があまりとれない冬の間は録音を聴いて覚えこむのも良いかも知れませんよ。
取りあえず、雪山への往復の道のりで音源を聴いて、曲を覚えこむ事にします。
では、「ニセコ」楽しんで来て下さいね!

今日はこんなところです。
posted by ひで at 21時29分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 11日 (水)

 「銀の翼」特別本醸造


1800mlで1,995円。「越の譽」でしられる新潟県柏崎市の原酒造による地元限定酒。

年末に実家へ送ってもらった物を8日のスキー帰りに立ち寄ったN氏に持って帰ってもらいました。(車に積んだままにしていたのをさきほど回収してきたところです。)

酒造好適米の高嶺錦を掛米にも使って60%精米をした「特別本醸造」ながら1,995円はお値打ちです。日本酒度+10とありますが、味わい深いのでそれほど辛さは感じません。

今日は久しぶりの週の真ん中での祝日。次の土曜日から2泊3日でニセコへ行くのでその準備で荷造りに勤しみました。

何だかあまり天気が良さそうでは無い予報が出ているのが気がかりです。
posted by ひで at 21時26分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 10日 (火)

 CATRIN FINCH THE HARPIST


2月4日にも「ハープ」のCDを取り上げましたが、またしてもハープの演奏によるCDを買ってしまいました。

確か7年ほど前の2002年の3月頃まで、渡辺徹がパーソナリティーで金曜日の14時から2時間「おしゃべりクラッシック」と云う番組がNHK-FMで放送されていました。
その当時、仕事は暇でしたがやたらと給与の低い処に勤めていたので音楽CDがほとんど買えずに金曜日のその時間は外回りの仕事を「電車」ではなく「社用車」で回るべく予定を組んで、しかもその時間は長距離移動の時間にするようなスケジュールを組んでいたもです。

その後、ギタリストの鈴木大介がパーソナリティーになって「気ままにクラシック」と云う番組に代わり、女優の高橋由美子や元モー娘の中澤裕子がお相手をしていたのを何度かは聴いた事がありました。

「気まま・・・」になった時から、月曜から木曜までの同じ時間の「ミュージックプラザ」の一環としての放送となったようで、職場も代わりあまり聴く機会が無くなっていました。

ちょっと調べてみたら「気まま・・・」も2005年から昨年までは日曜日の放送に時間さえ変更されていた様です。どおりで聴く機会が無かったはずです。

先週の金曜日に久しぶりに一人で車で外回りの機会がありまして、丁度14時から16時にかけて栃木県から千葉県へと移動する時間に当たったのでNHK-FMを聴いてみたら新しくなった「気ままにクラシック」を聴くことになりました。

現在は落語家の笑福亭笑瓶がパーソナリティーを務め、お相手を声楽家の幸田浩子が担っていました。

その昔「お笑いクラシック」とも称された「おしゃべりクラッシック」を彷彿させる番組構成にひかれて、次の仕事先へ着いても番組が終わるまで車で聴き入ってしまいまいした。(笑)

その中の最後に流れたのがこの「ハープの演奏」でした。何だか気になって昨日の仕事帰りに地元のCDショップを覗いてみましたが発見できませんでした。
今日の午前中、本所吾妻橋の方へ仕事で出かけて午後は横浜みなとみらい方面でしたので浅草線に乗って、途中の東銀座で降りて久しぶりに「銀座山野楽器本店」へ立ち寄ってみました。
流石に本店では一発で見つける事が出来ましたので、早速買って来た次第です。

放送でも聴いた、CDの1曲目に収められている「バッハの無伴奏Vn.パルティータ第3番のプレリュード」はもともとこの楽器のために書かれたのではないかと思うくらいの良い演奏です。
自分でも何年か前にVn.ソロで挑戦した曲で有りますのでこの曲はとっても好きな楽曲の一つです。

ドビュシーの「月の光」なんかは原曲のピアノよりもこのハープの方が合ってるようにすら感じます。「月の光」と云えば、最近また伺う様になったスキー学校に十数年前までは「ピアノ」が置いて有って、今は亡くなってしまったスキー仲間のYちゃんに手ほどきをもらったのが思い出されます。当時は冒頭の10数小節までは弾ける様になったのでしたが・・・。
posted by ひで at 23時02分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 09日 (月)

 「黒龍」本醸造 垂れ口


1800mlで2,450円。年末12月蔵出しの季節限定酒です。

この「薄にごり」の新酒はわたくしの大好きなものでございます。ほんのり甘い、新鮮なガスを含んだ上に18度と云うアルコール度のこれを呑むと幸せを感じます。

今シーズン、この「黒龍」の季節限定版は全てラベルの色が変わった様です。

調子こいて呑み過ぎると明日に差し支えるので、今夜は2合半でやめておきます。
posted by ひで at 22時02分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 08日 (日)

 思い出の名演奏~1990年バンベルク交響楽団日本公演


昨日が出勤になったので今週のスキーはお休み。今日はアンサンブルの練習が有るので、参加しようかと思いましたが風が強く吹いて寒そうだったのでやめました。往復2時間もかけて「賛美歌312」だけ合わせるのも時間が勿体ないし。
ぶっつけ本番でも何とかなるだろうかと思いますし・・・。

昼間、暇だったので新聞のテレビ欄を眺めたらこの番組が目にとまりました。
1990年4月28日「サントリーホール」での演奏。
曲目は、ブラームス/ピアノ協奏曲第1番(Pf.エリーザベト・レオンスカヤ)と交響曲第1番。

DVC01662.jpg
ホルンの首席は、水野信行さん。それにヴィオラの首席も日本人で、サイトウキネンでも活躍されている岡田伸夫さん。

DVC01665.jpg
指揮はこの当時の首席指揮者「ホルスト・シュタイン」。

南ドイツのオーケストラらしい、重厚で柔らかな音色を聴かせてくれるオーケストラです。

DVC01667.jpg
フルートの2番奏者の女性は黒一色では無く、白い柄のドレスを着ていました。コンマスの隣の女性奏者は黒のパンツスーツの中に白いブラウスと云う姿。
女性奏者はよくある黒一色では無くて、色々と個性的ないでたちでした。
posted by ひで at 20時13分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 07日 (土)

 「亀の尾」大吟醸


720mlで4,000円。(しかしながら、何度も買っているお店でのポイントが1000円分溜まっていましたので支払は3,000円)

今日が「誕生日」の「N氏」に差し上げる為に一昨日買ったお酒です。

昨夜、我が家に泊まった「N氏」に見せたのですがすぐには呑まずにとって置くとの事。

お酒の名前は「亀の尾」ですが使用米は「山田錦」。「亀の尾」を使ったお酒は「亀の翁」と云うややっこしい「久須美酒造」の造であります。

酒米「亀の尾」に関しては漫画(後にドラマ化)された「夏子の酒」でよく知られる様になったかと思います。そういえば、あの主人公「夏子」の誕生日も2月7日でした。2月生まれなのになぜ「夏子」なのか疑問です。

本日は職場で新しい規格を取得するために「社内で監査」を行うという事で出勤になりました。
もし、来週ならばなんとしても「欠席」するところでしたが、今週は仕事優先とさせて戴きました。(まぁ、仕事あってのわたくしですから)

何でも現地(志賀高原)では、今日は「ピーカン」の晴天であったとの事。滑りに行かれなかった事は本当に残念です。

「N氏」が泊まったお宿では「誕生日」を思いもよらないほどのおもてなしを戴いた様で、ありがたい事でございます。

本人に代わって、「荘」の方々に御礼申し上げます。
posted by ひで at 21時15分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 06日 (金)

 「米百俵」特別本醸造 しぼりたて生原酒


1800mlで2,572円。私の好きな「生原酒」の一つです。19度から20度と高めのアルコール度数ですが普通の特別本醸造と同じくらいの価格なのがうれしいです。

濃厚な味わいで食も進みます。今夜は「カレー風味の鍋」が美味しく出来ました。(笑)

明日は急な仕事の為、出勤ですのでスキーはお休み。オケでは弦楽器のTuttiなので「代奏」をたてることは有りませんが「代走」を「代荘」させました。
posted by ひで at 21時12分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 05日 (木)

 2009 世界アルペン 男女スーパー大回転 


今日はヴァイオリンのレッスンの日でしたが、午前中に音楽教室から電話が有り「先生が体調不良のために休講」との事。

夕方には先生からもで連絡をもらいました。

楽器を職場まで持って行ったのに休講になると、帰りに楽器が邪魔に感じられます。この季節、体調を崩す事は多いかと思いますので、出来れば前日までに休講の決定をして連絡を戴きたいものです。

そんな訳で、今夜は暇になりましたので早く帰宅して軽く呑んでおりました。

テレビをつけてもつまらない番組しかやっていませんでしたが、新聞の「BS」の処を見ると「世界アルペン(再)」の文字。

久しぶりに「アルペンスキー」のレースを見る事に致しました。

数年前はこんな映像を見ると「アルペンスキー」をやってみたいと思いましたが、今は「アルペン」で滑って見ようかとは思わなくなりました。
posted by ひで at 21時04分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年02月 04日 (水)

 Harp Revolution~Aiste Baliunyte


今日はいつも行くCDショップの「ダブルポイントデー」。車の中で聴く音楽も同じ物の繰り返しで飽きてきましたので何か目新しいものをと思って一つ探してきました。

ハープの独奏ならば、音量があまり変わらないので車の中で流すには向いているかと思って買って来ました。

リトアニアのハーピスト、アイステ・バリューニテが演奏する全てハープの為のオリジナル曲のアルバム。

まだ15歳の美少女が奏でる音楽は、完成された技術と音楽性で幼さは有りません。若いながらも素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

撥弦楽器の音楽を流すとお客さんの入りが良いと云う「荘」に持って行くのも宜しいかな?
posted by ひで at 22時35分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 03日 (火)

 「真澄」吟醸 しぼりたて生原酒 あらばしり


720mlで1,312円。「♪シュッシュッポッポシュッシュッポッポシュッシュッポッポ」のCMで知られる「信州一味噌」の製造元でもある宮坂醸造の季節限定酒。

爽やかな香りと濃厚な味わいで、私の好きなものの一つです。

この醸造元の諏訪地方へは以前の職場では良く行ったもので、一仕事終えた後に帰りの「あずさ」の車内で呑んで帰ることが多くありました。

今日は、突然午後からかの地へ行く事になり(と、云っても今の職場からだと車では1時間半ほど)行きがけの駄賃ではなく、帰りがけに一本買って来ました。
「あずさ」ではなく、自分で車を運転してでしたので呑んで帰るのではなく持って帰りました。(笑)

わざわざ現地で買ってこなくても、地元にも取扱店は有るのですが・・・。

今年はちょっと出来がよろしくないかな?わたくしの舌にはほんのり「雑味」を感じました。
posted by ひで at 21時36分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 02日 (月)

 「SPRAY」 自遊人別冊

SPLAY.jpg
1,238円(税別)、昨年の11月に発行されていたのを先月知りましたが近所の書店には既にバックナンバーが無くなっていました。

先週の金曜日に仕事で都心に出た際に見かけたので買って来ました。

昨年と同様に「ヘリスキー」やら「キャットスキー」やらの記事が多いです。貧乏人のわたくしには参加できそうに有りません。

「かぐら」がこんなに大きく取り上げられると、ゲレンデの様に人が集まってしまいそうな気が致します。この様な雑誌に取り上げられたコースには近づかない方が良いのかも知れませんね。
posted by ひで at 21時29分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年02月 01日 (日)

 「八海山」しぼりたて生原酒 越後で候

P10000103001.jpg
1800mlで3,469円。毎年12月に限定発売される八海山の人気季節限定商品「しぼりたて生原酒」。

アルコール度が20度と高くしぼりたての生原酒でしか味わえない、力強い飲みごたえのお酒です。年末にスキー仲間の柏崎の旦那から購入して実家に置きっぱなしにしてある内の1本です。

「米百俵」の生原酒とこれのどちらかを呑もうかと思い、親父殿に希望を尋ねたらこちらを呑みたいと云う事でしたので開栓しました。

17時前から呑み始めこの時間でお開きです。
posted by ひで at 19時12分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 今期12日目「ノルン水上スキー場」

DVC01649.jpg
DVC01650.jpg
昨夜は実家に泊まり、今日はどこかの山にでも登ろうかと思いましたが天気が悪いので近場のスキー場でお茶を濁しました。初めて来た場所ですが、着いた当初は空いていると思ったら出足が遅いだけで10時を過ぎた頃には下のほうのゲレンデは「イモ洗い」状態。
クワッドリフトで一緒になった、遅い時間に着いたと思われる2人組みは「リフト券を買うのに30分掛かった」とぼやいていました。
その上、スノーボーダーがゲレンデのあちこちで座り込み、そうかと思えば突然後ろを振り返らずに滑り出したりで身の危険を感じました。
8時半から4時間休まず滑り、混んで来たので撤収です。(もとより1日いるつもりは無かったので4時間券でしたが・・・。)

P10000093001.jpg
帰りがけに渋川で「イチゴ狩り」をして実家へ帰還しました。

山は「吹雪」でしたが、県南は晴天でしたので久しぶりに洗車をしてみました。
posted by ひで at 15時40分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2009年02月 | 03月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。