FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年03月 21日 (土)

 今期22日目「野沢温泉~七ヶ巻ツアー」

P10000040321.jpg
5:15に実家を出発し、7:50に野沢温泉の柄沢駐車場へ到着。今シーズンから長坂駐車場が広くなったのですが、土日祝日は駐車料金が1,000円掛かるので無料の柄沢駐車場を利用します。

長坂ゴンドラ連絡リフトの運行開始を待って、足慣らしの滑りで長坂ゴンドラへ。ゴンドラも運転開始待ちで長蛇の列。8:40の運行開始を少し早めてゴンドラが動き始めました。

ゴンドラに乗って上の平から林間コースへ。シール登高10分で水尾山へ登り、去年は間違えて虫生へ降りましたが今年はなんとか七ヶ巻へ辿り着きました。

しかし、水尾山から奥志賀林道へ降りる斜面を誤ってちょっと右側へ降りてしまい、トラバースして林道にでる羽目に・・・。(汗)
1時間以上のロスをしてしまいました。天気が良く、視界良好だったので大事には至りませんでしたが出発する際にしっかりと地図を確認しなかった為に無駄な労力を使ってしまいました。

今回、奥志賀林道から七ヶ巻へ下る尾根は見誤らずに下りましたが木々が密集して滑り難く楽しめる斜面では有りませんでした。

12:53「七ヶ巻」発の「湯の花号」と云うバスで野沢温泉へ戻る計画でしたが、標高差200m程を残して12:30になってしまい、バスで帰るのは諦めました。
「ニセコ」のセイコーマートで買ったカップ麺で昼食を摂り、残りはのんびりと下ることに・・・。

P10000050321.jpg
13:30頃に「旧七ヶ巻スキー場跡」に到着してスキーの板を脱ぎました。(やれやれ!)
(ここは、1980年代初頭まではスキー場だった処だそうです。)

P10000060321.jpg
舗装路を歩くこと約10分で「七ヶ巻バス停」へ到着。

エスケープルートとして14:41「桑名川」発の飯山線「戸狩野沢温泉」行きの列車も調べては有ったのですが、対岸の駅へは橋を渡るのに大きく迂回せねばならないのでバス停に書かれている「のざわ温泉交通」へ電話をかけ、タクシーを呼びました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 16時49分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<02月 | 2009年03月 | 04月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索