FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年03月 29日 (日)

 今期24日目「志賀高原スキー場」

P10000060329.jpg
3年連続参加の笠岳カーニバル。アルペンスキーの早さには全くかないませんが、楽しんで滑りました。

DVC01778.jpg
DVC01779.jpg
レースには初めて参加のA氏、トップレベルからは14秒ほどの遅れ。(でも、テレマークよりは早い!)

DVC01780.jpg
DVC01781.jpg
一昨年のTAJマスタークラスポイント28位のN氏。

DVC01782.jpg
DVC01783.jpg
「よませ」のMコーチの滑りは一味違います。

DVC01784.jpg
DVC01785.jpg
一昨年のTAJマスタークラスポイント24位のわたくし。

DVC01786.jpg
DVC01787.jpg
今回初参加の横手 山本荘のKn5氏、タイムで負けました。(本人曰く、「テレマーク姿勢はほとんど取れなかった」。)
テレマークのレース規定では「ブーツ一足分」の開きをもったテレマークポジションでターンをしないと、ゲート毎にプラス1秒のペナルティーが科せられますが、笠岳カーニバルでは適用外。
Kn5氏はテレマーク姿勢がとれていないので勝ちでは無いと云う事ですが、N氏とわたくしにとっては「負け」でございます。

Kn5氏に負けたら、秋の「りんごジュースしぼり」を手伝うと云うお約束が有りましたので、お手伝いに伺わなくてはなりませんぬ。
(但し、それが行われる10月頃はオーケストラの練習が佳境なので又してもA氏を代荘させる事になりそうです。)(大笑!)

踵が上がるアルペンスキーの様だった「Kn5氏」でしたが、先だって熊の湯で「春ちゃんレッスン」を受けてすっかりテレマーカーらしくなりました。
たった1時間半での変わり様とは思えないほど。流石に一流のインストラクターに習うと違うものだと「Kn5氏」談。
レッスンを受けた後、3日間ほどはいつもと違う筋肉が痛かったそうです。

上位の選手たちは31秒から32秒ほどのタイム。2本目にMコーチが何とか40秒を切って39秒576を記録しましたが、テレマークではアルペンには歯が立ちません。

34人参加でMコーチがかろうじて27位、A氏はアルペン最下位の31位。32、33、34位がK・H・Nと結果的には惨敗でしたがレース後の「じゃんけん大会」ではN氏が大活躍。

スキーグローブ、ジャケットM、ジャケットLLと大物3点ゲットでございました。彼はこれまでもレース以外での賞品ゲットはお手の物、裏磐梯でのスキー板から始まり、初回の「てれまくり」ではグレゴリーのザックなど手ぶらで帰る事がほとんどありません。

緩斜面の「笠岳スキー場」では空気抵抗が大きく物を云いそうです。次会は「レーシングワンピ」を用意しようと心に決めた「テレマーク集団」でございました。

3年前はN氏と二人だったテレマーカーが、昨年はMコーチを引きずり込み3人。今回はKn5氏が参加で4人。来年はA氏を「踵が上がる」へ引きずり込もうかと画策しております。

レースは楽しかったですけれど、やっぱり踵が上がるスキーは山を歩く方が良いかな?

熊の湯クワッドから連絡コースで横手山へ帰還。荘へ戻ると女将さんが「隊長から電話が有って忘れ物の腕時計を預かってくれているとの事」。
着替えをして食堂に戻ると隊長が大吟醸先輩と二人で腕時計を届けにきてくれていました。済まんのぉ~!

来週は草津から山を登って志賀高原へ戻ってくるつもりです。
posted by ひで at 15時15分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<02月 | 2009年03月 | 04月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索