FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年05月 16日 (土)

 アンサンブル・アルページュ 第5回演奏会

DVC01850.jpg
去年に引き続き、今参加している管弦楽団のメンバーが中心となって活動している合奏団の演奏会を聴きに行ってきました。

オーケストラの演奏会で使う「府中の森芸術劇場」の大ホールの隣にある「ウィーンホール」と云う中ホールです。

演奏曲目は

H.パーセル:歌劇「アーサー王」Z.628~第5幕 シャコンヌ ヘ長調
J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲第5番 へ短調 BWV1056
J.C.バッハ:五重奏曲 ニ長調 作品22-1
W.A.モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番 変ロ長調 K.458 「狩」

~休憩~

L.v.ベートーヴェン:七重奏曲 変ホ長調 作品20

皆さん、非常に上手な方々なので素晴らしい演奏を聴かせて戴きました。勿論、プロでは無いので音程やハーモニーに多少の乱れは有りましたが縦の線がずれないのは皆様が十分に練習を重ねて来た成果だと思います。

演奏は素晴らしかったのですが、聴衆の態度が気に入りませんでした。

演奏中におおぴらに「痰をはらう」奴がいたり、「アラーム付き時計」のアラームが21:00に2か所位でなったり(アラーム解除の仕方がわからなければ、そんな時計を音楽会にして来るな!)。

最後の締めは、演奏会最後の音の余韻が消えぬ間に「拍手」をするやから。

最後の音の余韻が消えて、それで演奏が終了するわけですからその余韻に浸りたい人の事を考えてもらいたいものです。

「チェンバロ」の賛助出演のお嬢さんが可愛かったなぁ~。(笑)
(東京藝術大の2年生だそうです)

パンフレットにその方がHpと一緒に演奏会を開くチラシが入っていました。その日はオーケストラの練習日ですけれど、練習をさぼって聴きに行こうかなぁ~?(笑)
posted by ひで at 23時39分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)
| ブログトップ |

カレンダー

<<04月 | 2009年05月 | 06月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索