酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2009年11月 30日 (月)

 「SUNPLAY」SPF50


これを「スキー」のカテゴリーに入れたのは、スキーをやる時に使う日焼け止めですから。

近所の薬局で探しても、何が良いのやらわからずに2年前の「笠岳カーニバル」の賞品で戴いた日焼け止めを使って居りましたが、そろそろ内容物が無くなってきておりました。

ネットで探してみたら「送料無料」がございましたので、これを注文してみました。

使用者のレヴューをみると、男がアウトドアで使うにも良さそうでしたので。

それにしても、メーカー希望小売価格735円を660円で売った挙句に140円の郵送料を負担しては、販売するお店には儲けが無いように思ってしまいます。(26日に注文した物が本日郵便受けに届きました。)
posted by ひで at 20時47分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 29日 (日)

 「のだめカンタービレ #23」


8年間に亘って繰り広げられてきた「のだめカンタービレ」が23巻を持って終了との事です。

始まった頃は馬鹿にして見向きもしませんでしたが、5年ほど前に参加していた「ガクタイ」の仲間から勧められて(借りて)コミックを読んでみたら、結構面白くてその後は自分で買ってしまいました。

ドラマも見たし、アニメは録画を戴いて見たものです。

今回で終了との事ですが、何だかすっきりしない終わり方だった様に感じます。

初回限定版の「DVD付」(1,440円)を「楽天ブックス」で買いました。予約購入で発売日の27日着で送ってくれた様なのですが、一昨日・昨日と外で遊び呆けていたので今日の午前に再配達してもらって、ようやく手にした次第です。

DVC01986.jpg
DVC01987.jpg
パッケージの中には、440円分の1冊の他に残り1,000円分のDVDが入っております。

ご購入お希望のお方はこちらをどうぞ!(笑)
posted by ひで at 22時22分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 28日 (土)

 ニセコからの便り


先シーズン(今年の2月14~16日)に、2年ぶりに「ニセコ」へ行った際に「羊蹄山」やスキー場内にての「パウダークルーズ」でお世話になった「マウンテンガイド・コヨーテ」さんから届きました。

2007年の2月に「プー三郎」の時に、当時ニセコでは有名なガイドカンパニーである「トイル」でお世話になったガイドさんがその後に独立されたのをお聞きして、今年の2月に再びガイドをお願いして「羊蹄山」まで連れて行って戴きました。

「今シーズンもよろしくお願い致します」と書かれておりましたが、稼いだはずの賃金が未払いの状況の今、今シーズンは伺えそうに有りません。
posted by ひで at 22時22分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 27日 (金)

 「秋田晴」どっ辛


1800mlで1,750円。

秋田市」の秋田酒造㈱造。杜氏名:加藤貢、アルコール分:15度以上16度未満。

駅前の食品マーケットでポイントが2,000円分貯まりましたので、食材と一緒に買って来ました。

東北のお酒にしては辛口端麗ですっきりタイプのお酒です。「キムチ鍋」を作って一緒に呑んだら、良い感じでした。
posted by ひで at 23時21分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 26日 (木)

 第22期竜王戦七番勝負第4局

渡辺竜王の3連勝で防衛に王手を掛けた一局が昨日から岐阜県下呂市の「水明館」にて指されておりました。

今回の七番勝負、森内九段は良いところがなく本局も常に渡辺竜王のペースだった様な感じが致します。
結果は93手目渡辺竜王の4一銀をみて、森内九段が投了、4連勝で竜王位を防衛し竜王6連覇を達成。

今期の竜王戦は森内九段に精彩がなく、見ていて楽しく有りませんでした。
posted by ひで at 17時06分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 25日 (水)

 「葡萄酒飴」

DVC01980.jpg
今年4月にヴァイオリンの先生へ誕生日のお祝いにささやかなプレゼントとして4月限定品「さくら飴」を差し上げて以来、毎月買っては先生と分け合ってきた「祇園飴歳時記」ですが、レッスンを休止したためにすっかり忘れていました。

本日、所用でこれを売っている百貨店へ寄った際に思い出して一つ買って帰りました。11月と云えば「ボジョレーヌーボー」の季節、熟成ワインが飴になりました。

色が綺麗な葡萄色で味わいもなかなかです。
posted by ひで at 23時55分  [お菓子トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 24日 (火)

 岳人 DESEMBER 2009

GAKUJIN 200912
東京新聞出版局、800円(税込)。

12月号と3月号に毎年「山スキー」の特集が組まれる、老舗の山岳雑誌「岳人」。
「楽天」の11月30日までの期限付きポイントが400円ほど貯まっていたので「楽天ブックス」で購入致しました。(送料無料です。)

最近は毎回色々なルートの案内が掲載され、他の雑誌も含めるとずいぶん沢山のコースが誌上に公開される様になっています。

根が天邪鬼なわたくしは、こういった雑誌に紹介されないコースに行ってみたいと考えております。
posted by ひで at 14時59分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 23日 (月)

 「司牡丹」花 純米酒


1800mlで2,050円。(楽天で1,980円で売っているところを見つけました、でも送料別ですが・・・。)

昨日の演奏会の帰りに買って帰りました。昨日は夕方からまた喉が痛くなってきて風邪がぶり返した様な感じがして呑みませんでした。

昨夜、酒を呑まずに風邪薬を飲んで寝たら今朝になって喉の痛みは消えていました。
念のため、朝と昼には風邪薬を飲んでみましたが、体調が良くなると酒が呑みたくなってしまいます。

原料米:てんたかく(富山)・山田錦(高知・兵庫)、精米歩合:70%、日本酒度:+5、酸度:1.3、アミノ酸度:1.1。高知県高岡郡佐川町甲1299 司牡丹酒造株式会社 造。

原料米が2種類なのは、2種類の純米酒をブレンドした物だそうです。

口当たりが軽やかな、純米酒にしてはさっぱりとした味わいでした。
posted by ひで at 21時31分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 22日 (日)

 調布フィルハーモニー管弦楽団 定期演奏会


演奏会前の吞み会の時にエキストラで参加して下さった2nd.Vn.のトップさんにチケットを戴いておりましたので、エキストラさんに4名も参加して下さった「調布フィル」の定期演奏会を聴きに行ってきました。2日続けて演奏会を聴いたのは初めてかな?

14:00より調布市グリーンホールの大ホールにて。

先月の演奏会での指揮者さんがCl.で参加。他にCb.のエキストラに以前別のオケでご一緒した方の名前も見受けました。

我々と違って団員だけでVn.がまかなえているだけあって、完成度の高い合奏を聴かせて戴きました。

演奏曲目
J.ブラームス/ピアノ協奏曲第1番ニ短調 Op.15(Pf.木村徹)

アンコール:J.S.バッハ/イタリア協奏曲~第2楽章
   ―――休憩―――
F.リスト/交響詩「タッソー、悲劇と勝利」
P.I.チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」

演奏:調布フィルハーモニー管弦楽団、指揮:尾崎 晋也
posted by ひで at 20時25分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 21日 (土)

 第14回フィルモアコンサート


10年程前におおよそ2年間在籍した合奏団の演奏会を聴きに行って来ました。(招待状が届いて居りましたので。)

14:00から杉並区の「セシオン杉並」にて。

今までならば、自宅前からバスに乗って最寄駅へ行き、荻窪駅から地下鉄丸ノ内線で東高円寺までと云うルートをとる処ですが、今は稼ぎが無くないので駅までは徒歩で地下鉄には乗り換えずにJR高円寺駅から徒歩で会場へとのルートをとりました。
これで浮かした費用は540円。使った運賃は580円ですからほぼ半額です。(ビンボーってのは悲しいもんだね!)

在籍した当時、演奏会を聴きに来てもらった母に「聴いていて疲れる合奏」とまで云われるほどの怪しい演奏を行う合奏団でしたが、それから9年経って聴いてみるとそこそこの演奏が出来る合奏団になっていたと感じました。

音が響かない感じがしたのは会場の所為も有りそうですが、全体の音程が合わない所為も有るのでしょうか?

私が在籍していた時のメンバーは10人も残っては居りませんでしたが、懐かしい感じが致しました。

演奏曲目
W.A.モーツァルト/歌劇「イドメネオ」序曲 K.366
M.ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
J.ハイドン(柿畑雅之編)/チェロ協奏曲第2番ニ長調(Vc.野 敏明)
    ―――休憩―――
柿畑雅之/立ち上がろう!何度でも!(初演)
F.レハール/ワルツ「金と銀」
J.オッフェンバック/歌劇「ホフマン物語」より 舟歌
F.メンデルスゾーン/劇付随音楽「真夏の夜の夢」 Op.61 より
 Ⅰ.スケルッツォ Op.61-1
Ⅱ.間奏曲 Op.61-5
Ⅲ.夜想曲 Op.61-7
Ⅳ.結婚行進曲 Op.61-9

アンコール:F.レハール/ワルツ「金と銀」より後半部

演奏:フィルモア合奏団、指揮:高西 康夫

「亡きパヴァ」では団員ではなく、トレーナーの先生が1番Hn.だったのがちょっと残念。でも「真夏の夜の夢」のノクターンのHn.ソロは私がいたときからの団員の方がソロを吹いて成功させたのには聴いていて嬉しく感じました。
もっとも、この曲は私が在籍していた頃にもやった事が有ったので、彼には2度目の演奏だったのかなぁ~?

ハイドンのコンチェルトでソリストが足で拍子をとるのが気になりました。ただ、タイミングをとるだけならば良いのですが、勢い余って足で床を踏む音が響く事が何度も有りまして興ざめです。
柿畑さんの編曲は、薄いオーケストレーションをこの楽団に合わせて「二管編成」に書き換えたとは聴きましたが、ソロに「足で叩く打音」を書き加えてはいないはずと思うのですが・・・。

この合奏団はわたくしの様ないわゆる「レイトスターター」(大人になって楽器を始めた)人が多くて、最初に参加するには敷居が低かったのですが、なにせ団費が月額4,000円と高額で(今参加している処は年額で1,000円)ありまして、今回のハイドンの様に参加メンバーに合わせて楽譜を書き換えて演奏すると云う事が厭になって辞めた次第です。

学生時代に「マンドリン合奏」をやって、管弦楽曲を編曲した物をやることが頻繁にあって、オリジナルで演奏したいがために始めた「ヴァイオリン」でまたしても「編曲」で演奏する事には納得いきません。

まぁ、オリジナルの楽譜でやるために「賛助」を大勢必要とするのも如何なものかとも思いますが・・・。
posted by ひで at 21時28分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 20日 (金)

 MOSTLY CLASSIC JANUARY 2010

Mostly 2010 01
毎月20日に朝刊と一緒に届くように手配をしている雑誌が今朝届きました。

今回の特集は「第九とベートーヴェン」。

2年前の暮れに近隣のガクタイで「第九」の演奏に参加致しましたが、満足いく演奏とは云えませんでした。

聴きに来た家族には「第八・五」か?と云われるくらいの散々の出来でありました。今年、別の処でその時と同じように「第九」に関してだけの参加者(弦楽器奏者)を募集しているガクタイを8月頃に見つけたのですが、その頃から収入が激減して果ては無くなるまでになってしまいました。

今年もやりたかったのですが、参加申し込みをする前に思いとどまって良かったかなと今は感じております。

生活の基盤を整えて、いつかまた「第九」の演奏に参加してみたいと思います。
posted by ひで at 23時26分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 19日 (木)

 「BEAUJOLAIS Nouveau 2009」APPELLATION BEAUJOLAIS CONTROLEE


750mlで1,380円。(イオンでは980円で買える物が有るそうですが・・・)

わたくしの生活圏内には「イオン」がございませんので、普段から利用している食品量販店で買って来ました。
980円で販売されているものを拝見していませんが、それと同じく「ペットボトル」詰めでございます。

普段、自宅でワインを飲む事が殆ど無いので「コークスクリュー」が何処に有るか覚えていないので、スクリューキャップで簡単に開栓出来るものを探したら、これにたどり着きました。

病み上がりなので、アルコール度が12.5%とやや低めのお酒は体にやさしかった気が致します。

特別に「美味しい」とは感じませんでしたが、この日に呑むのは一つの「イベント」として満足です。

(不味くは無かったですけれど・・・)

最近は「鍋料理」が多いのですが、ワインに合わせようと今夜は市販の生地にトッピングを載せて「ピザ」を作ってみました。結構、美味くできた気が致しましたが写真を撮るのを忘れて食べてしまいました。(笑)

二つ作って、残りの一つを冷凍に致しましたので機会が有ったら後日ご紹介致しましょうか?(たぶん写真を撮るのを忘れて食べてしまうと思いますが・・・。)
posted by ひで at 21時26分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 18日 (水)

 NHK SYMPHONY ORCHSTRA/TCHAIKOVSKY,TAKEMITSU

Takemitsu.jpg
昨日のCDの他に、NHK交響楽団のディスクに諏訪内さんがソリストとして参加した物も無い事が判りました。
こちらも「楽天」の方が安かったので「楽天」での購入です。

1、武満 徹:遠い呼び声の彼方へ! (Vn.)諏訪内晶子
2、弦楽のためのレクイエム
3、チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調 作品36

NHK交響楽団、指揮:シャルル・デュトワ
録音:2001年6月16日-17日 東京 ベートーヴェンホール

これで、おおよそ1年前に購入した最新作「impressions THE BEST OF SUWANAI」までの全てが揃いました。
posted by ひで at 14時07分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 17日 (火)

 J.S.Bach/Violin Concertos Akiko Suwanai

J.S.Bach Concerto A.Suwanai
諏訪内さんのディスクは全て持っていると思っていたら、4年前にリリースされたこのアルバムを持っていなかった事が判りました。(多くのCDを「荘」に持っていったままで、何を持っているのかが不明になっていました。先日のりんご搾りの際に持って帰って気付いた次第)

「Amazon」より「楽天」の方が安かったので「楽天」で買いました。

収録曲目は・・・

1、J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV1043
2、J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042
3、J.S.バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲ハ短調 BWV1060 ※
4、J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 BWV1041

諏訪内晶子(Vn.)、フランソワ・ルルー(Ob.)※、 ヨーロッパ室内管弦楽団
posted by ひで at 09時38分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 16日 (月)

 第20期女流王位戦五番勝負第5局

石橋幸緒女流王位に清水市代女流2冠(女流名人、女流王将)が挑戦していた第20期女流王位戦5番勝負の第5局が本日、徳島市のホテルクレメント徳島で指され、19:22、後手番の清水挑戦者が124手までで石橋女流王位を下し、対戦成績を3勝2敗として3期ぶりにタイトルを奪還致しました。

わたくしの体調はまだ本調子ではございませんが、ネット中継に見入っていられるくらい、だいぶ良くなってきました。
posted by ひで at 20時27分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 15日 (日)

 悪化

買い置きの「風邪薬」を飲んで、一日中休んで居りましたが良くなりません。

と云うより、昨日より熱が上がった感じです。計ってみたら38.4℃まで上がっていました。

悪い時には、無理に体温を下げようとしない方が良いかと思いますので解熱剤は使わない事にして温かい「うどん」を食べて休む事に致します。

こんな時には、荘の「鍋焼きうどん」が食べたい気が致します。
posted by ひで at 11時21分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 14日 (土)

 微熱

喉が痛くなって、微熱(37.5℃)があります。

大事に至らない様に早めに養生することに致します。
posted by ひで at 09時19分  [傷害疾病トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 13日 (金)

 「嘉泉」特別純米酒


720mlで880円。(近所の食品マーケットの特売品)

蔵元のサイトにこの商品が無いのは、量販店向けの製品なのでしょうか?
蔵元で「特別本醸造」の720mlが1,050円ですから、これはお買い得かな。

アルコール分:14度以上15度未満、原材料名:米・米麹、精米歩合:60%、酸度:1.6、日本酒度:+2。

口当たりの良い、やさしい感じの味わいでした。
posted by ひで at 19時02分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 12日 (木)

 「刈穂」本醸造 〝銀風″


1800mlで1,704円。

稼ぎの無い今のわたくしにはこれ位の価格のお酒を買うのが精いっぱいです。

ちょいと「辛め」か?、お燗で(高めの温度)で呑んだら良い感じでした。

この価格の「本醸造」はお買い得かと思いました。
posted by ひで at 20時00分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 11日 (水)

 第22期竜王戦七番勝負第3局

封じ手の83手目「6八金右」が疑問手だったか?

NHKの放送が始まった直後に(16:26)後手の竜王の勝ち。

渡辺竜王は他の棋戦ではそれほど強くは無いのに「竜王戦」だけはなぜか強い。

不思議です。
posted by ひで at 19時42分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 10日 (火)

 草津スキースクールより


2008~09シーズン(今年の2月28日)に逢の峰から芳ヶ平へのコースをガイドして貰った「草津スキースクール」から2009~10シーズン向けのパンフレットが届きました。

新しいシーズンでは「オフピステ」プランとなり、コースが他にもとれる模様。

今後はお世話になる事はなさそうですが・・・。
posted by ひで at 20時54分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 09日 (月)

 「天潢」純米吟醸

tenkou2004.gif
1800mlで2,940円。昨日、横手山からの帰り道に倉渕の牧野酒造で一本買って帰りました。(写真を撮り忘れたので蔵元サイトの画像です。

昨夜、タイヤを交換した後で実家で呑んでみました。濃厚な味わいで呑んで疲れる感じです。

杜氏:南部流、岩清水文雄、原料米:米(吟ぎんが)、米麹、精米歩合:55%、アルコール度数:16~17度。
posted by ひで at 15時40分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 08日 (日)

 冬支度

20091108165153
タイヤを交換して、スキー道具を積み込みました。

後は雪が降るのを待つのみです。以前はイエティ、軽井沢プリンス、苗場などの造雪コースで初滑りをした事も有りますが、それほど慌ててもどうせいくらも滑らないのでふかふかの雪が積もるまで待つ事に致します。
posted by ひで at 16時51分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 07日 (土)

 りんご搾り


8:45頃に横手山へ到着。山を下ってなつかしき「晴見」食堂で昼食を戴き、13:00頃から作業開始致しました。

P1000003091107.jpg
ジュースが搾りあがると、殺菌して瓶詰です。

P1000002091107.jpg
後には搾りカスが残ります。

さて、作業は17:00頃に終了し荘へ帰還。ひと風呂浴びて「★」を呑んで居ります。

越前から「くろいりゅう」と「へしこ」が届くのかと待ち構えて居りますが、まだ届きません。
posted by ひで at 18時52分  [トラックバック(0) | コメント(2)

2009年11月 06日 (金)

 「大山」赤 純米酒


1800mlで2,050円。

原料米:はえぬき(山形)、精米歩合:70%、アルコール度数:15.0~15.9度、日本酒度:+5.5~6.5、酸度:1.3~1.4。

香は控えめで軽快な口当たりとの触れ込みです。明日の某所での「りんご搾り」お手伝いに備えて同行のN氏が今夜泊りに来るので、そこで味わってみるつもりです。

冷やでよし、お燗ならぬる燗がお勧めだそうです。どうやって呑んでみようか?



posted by ひで at 13時36分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 05日 (木)

 「音楽の基礎」芥川也寸志著

音楽の基礎
昨日に引き続いて、読み直しの書物のご紹介。岩波新書、700円(税別)。

「芥川龍之介」はわたくしの卒論テーマの作家でしたので沢山の書物を持っていますが、息子の「芥川也寸志」は音楽家ですから、このほかにはエッセイ集が一冊手元に有るくらいかな。
そちらを読み直して見たかったのですが探し当てられませんでした。
posted by ひで at 20時14分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 04日 (水)

 「ヴァイオリンと翔る」諏訪内晶子著

ヴァイオリンと翔る
1995年に発売された単行本が2000年に新書版になって再発行された本。日本放送出版協会、870円(税別)。
3歳でヴァイオリンを始め、18歳で史上最年少の「チャイコフスキーコンクール優勝」。

その後、ジュリアード音楽院やコロンビア大学、ベルリン国立芸術大学でも学んだ国際的ヴァイオリニストが自らを語った一冊。

ずいぶん前に買って読んだ本ですが、最近お金は無いけど暇ですので読み直してみました。
posted by ひで at 21時54分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 03日 (火)

 E線の交換


閉じてあった楽器ケースから厭な音がしたので、ケースを開いてみると・・・。

何と、E線が切れていました。暫くは弾く機会は無さそうですが切れたままにしておくのもどうかと思いまして、買い置きの「ゴールドブラカット」を張っておきました。
posted by ひで at 12時46分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 02日 (月)

 第31期霧島酒造杯女流王将戦三番勝負第2局

日刊スポーツの主催にて行われていた「女流王将戦」が昨年10月に休止となって居りましたが、この度「霧島酒造杯女流王将戦」として再開されました。

これまでの「五番勝負」が「三番勝負」に縮小されましたが、棋戦が続くと云うだけでも有りがたい事です。

「霧島酒造」と云えば某氏の晩酌酒「黒霧島」の醸造元として有名な宮崎県都城市の「焼酎並びに地ビール」の醸造元であります。

今回に限り、挑戦者は選抜による参加女流棋士8名の特別トーナメント戦で決定し、優勝者が女流王将との三番勝負。第1局は先月11日に霧島酒造のイベント会場で行われましたが本局は東京将棋会館にて。

清水市代女流王将の先勝を受けての第2局、上田初美女流二段にとっては初のタイトル戦でしたが残念ながら清水王将の連勝でありました。

また休止される事無く、続いてくれる事を願わずには居られません。
posted by ひで at 22時18分  [将棋トラックバック(0) | コメント(0)

2009年11月 01日 (日)

 「あさ開」純米吟醸 平成の名水百選大慈清水仕込み


1800mlで2,400円。近所の食料品店で買って来ました(酒屋さんでは有りません)。

このお酒を買ったお店には常に同じものがあると云うのではなく、時々変わったお酒が置いて有ります。

濃厚なタイプで香は控えめの吟醸酒でした。使用米:岩手県産純情米いかてっこ100%、アルコール分:15度以上16度未満、原材料名:米・米麹、精米歩合:55%、使用酵母:岩手県吟醸2号酵母、日本酒度:+1、酸度:1.3、アミノ酸度:1.2、杜氏名:現代の名工 南部杜氏 藤尾正彦。

常温がお勧めと書かれていましたが、冷酒でも温燗でも美味しく戴きました。
posted by ひで at 19時53分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ |

カレンダー

<<10月 | 2009年11月 | 12月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。