酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2009年12月 31日 (木)

 「朝日山」ゆく年くる年 新酒吟醸


1800mlで2,919円、大晦日は毎年このお酒です。

今年も沢山呑みました。皆様良いお年をお迎え下さいませ。

>>追記の開閉

posted by ひで at 16時49分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 30日 (水)

 今期5日目「志賀高原スキー場」

DVC02015.jpg
年内のスキーは今日でおしまい。

今日も松尾根でオフピステトレーニング。

根っこに足が引っかかり、大転倒!

13:00前まで滑って、昼食後に荘を出発。中野から小布施、須坂、菅平を通って小諸から上信越道へ。通勤割引を使って前橋南まで1,350円。17時少し過ぎに実家へ到着致しました。
posted by ひで at 19時30分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 29日 (火)

 いただきます!

20091229184322
周三さん、済まないねぇ~!
posted by ひで at 18時43分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

 今期4日目「志賀高原スキー場」

20091229115650
今日は雲の上です。

DVC02013.jpg
渋峠で遊んでから、松尾根コースでオフピステトレーニング。
posted by ひで at 11時56分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 28日 (月)

 板が届きました

20091228173416
梅ちゃんが隊長の板を持ってきました。
posted by ひで at 17時34分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

 「平ェ門」にごり酒

20091228172201
隊長がお風呂から出てきたので、ゼロ次会をはじめました。
posted by ひで at 17時22分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

 今期3日目「志賀高原スキー場」

20091228072838
6時45分位に陽坂へ到着しました。
気温高め、-3℃です。

>>追記の開閉

posted by ひで at 07時28分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年12月 27日 (日)

 「よなよな エール」


楽天期間限定ポイント消費の為に買ってしまいました。(350ml2缶初回限定送料込500円。)

標準価格が1本260円らしいので、まぁ良しと致しましょう。以前、湯の丸スキー場のゲレンデレストランで呑んだ事が有るような気がします。

今日は早めに呑んで、明日の朝に備えます。明日は平日なのでETC特別割引は無しですから、「江頭」起きで4時前に三芳まで行き「深夜割引」で信州中野へ向かう予定です。7:30くらいには陽坂へ着けるかな?
posted by ひで at 14時58分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 26日 (土)

 「越乃寒梅」清酒


1800mlで2,030円、昨日の「ぽたりぽたり」と一緒に買って来た一本です。

昨日買ったお店では、最近この銘柄も取り扱う様になりました。そのお陰でオーケストラの合宿にもこれの「吟醸酒」を持って行った次第です。

さて、これは今夜呑むのでは無くて山へ持って行って雪に埋めるつもりです。隊長、これで宜しいですか?
posted by ひで at 10時50分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 25日 (金)

 「ぽたり ぽたり きりんざん」純米吟醸しぼりたて


1800mlで3,150円。以前は柏崎の旦那から買っていたのですが、セールスとひと悶着有ったとかで入荷しなくなりました。(笑)

仕方がないので、近所の「長谷さん」で買ってきました。

原料米:五百万石、精米歩合:55%、日本酒度:+3、酸度:1.5、アミノ酸:1.4、アルコール度:16~17度。原酒にしてはアルコール度も低めで、呑みやすい感じがするお酒です。

12月と2月の限定販売品、親父殿が好きなので全部は呑まずに小瓶に移して持って行こうかと思います。
posted by ひで at 20時09分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 24日 (木)

 「渓流」朝しぼり 出品貯蔵酒


一昨日の晩にスキー仲間のK君が久しぶりに我が家へおいでになりました。

目的は・・・

DVC02008.jpg
長男のS君のスキーグローブのサイズが合わなくなって、古いもので良いので何か無いか?ってな事です。このグローブは6年くらい前に(アルペンスキーをやっていた最後の頃)に買ったもので1シーズンしか使っていないし、インナーグローブを使っていたので中は臭く有りません。(笑)
「ロイシュ」のグローブです、物はしっかりしていますぜ!

これを差し上げると云った処、お酒を持って引き取りにお出でになりました。

休前日だったのでそのまま我が家へ引き込み、ベロベロになるまで二人で呑んだ次第です。

先日録画した「わたスキ」の映像を眺めながら、おかしな点を語り合いました。

やっぱり、あの当時は「土曜出勤」が有り(今でも年末土曜日出勤は有りそうですよね)、常務に呼び出されたのは26日土曜日だろうと云うのが妥当かと思います。
posted by ひで at 21時16分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 23日 (水)

 「醉心」純米吟醸 六根清浄


1800mlで2,390円。定価は2,480円だそうですが、日付が「’09、9月」と少し古いのでほんのちょっとだけ値引きしてくれました。

原材料名:米・米麹、精米歩合:60%、仕込み水:広島県中央部の鷹ノ巣山山麓の伏流水、アルコール分:15度以上16度未満、日本酒度:+2.5、酸度:1.6。

香は控えめな「味吟醸」です。純米酒なので「醸造用アルコールは入っておりませんぜ、越前のだんな!」。(笑)


posted by ひで at 20時31分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2009年12月 22日 (火)

 「澤乃井」辛口にごり酒 奥多摩湧水仕込 生酒


720mlで1,029円、季節限定酒で栓の中央に「ガス抜き」の穴が開いている発泡性のお酒でよく使われるキャップです。東京都青梅市 小澤酒造㈱造。アルコール度数は17度以上18度未満と少し高め。

蔵出し(11/26)からひと月近くも経ってしまっていたので、ガスは大方抜けてしまっておりました。

やっぱり、発泡系は早めに呑まなくては楽しめません。
posted by ひで at 19時30分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 21日 (月)

 「柚子あめ」

DVC02005.jpg
月代わりの「飴歳時記」の12月は「柚子あめ」です。

明日は「柚子湯」の冬至、遅れない様にようやく本日買って参りました。

甘み控えめで本格的な「柚子」の味わいです。
posted by ひで at 20時46分  [お菓子トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 20日 (日)

 MOSTLY CLASSIC FEBRUARY 2010

MOSTLY 2010 2
今朝の新聞と一緒に届きました、今回の特集は「ピアノの詩人 ショパン」。

ピアノ曲をあまり聴かないので、ショパンの曲名やピアニストの名前などは良く判りません。

特別付録のCDが付いていましたので、雪山往復の車の中で聴いてみようかと思います。

1、ポロネーズ第6番 変イ長調作品53「英雄」 演奏:ヤロスラフ・ジェヴィエツキ
2、バラード第1番 ト短調 作品23 演奏:ピオトル・パレチニ
3、マズルカ第5番 変ロ長調 演奏:ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ
4、ワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1「小犬のワルツ」 演奏:タチアナ・シェバノア
5、幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66(遺作) 演奏:ピオトル・パレチニ
6、練習曲第12番 ハ短調 作品10-12「革命」 演奏:ヤロスラフ・ジェヴィエツキ
7、練習曲第3番 ホ長調 作品10-3「別れの曲」 演奏:ヤロスラフ・ジェヴィエツキ 

ショパンは良く知らないのですが、流石に有名どころの曲を集めただけあって、これらの曲なら聴いた事が有ります。
posted by ひで at 15時11分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 19日 (土)

 私をスキーに連れてって~NHK・BS2(12/14)を観て

DVDを買ったばかりですが、14日の放送を録画してみました。

放送で観ている時にも感じたので、昨夜突然呑みに来たN氏とともに確認してみました。

焼額のレストラン(プリンスホテルのレストランが禁煙でないのが時代を感じさせる映像ですね)で、メニューをトランシーバーで送る時の言葉の中のビールの銘柄がカットされていました。

NHKらしいと云えばそうなのでしょうが、映画のセリフを改竄するって云うのは作品への冒涜では無いのでしょうか?
posted by ひで at 21時00分  [スキートラックバック(0) | コメント(3)

2009年12月 18日 (金)

 「黒龍」垂れ口 本醸造生原酒


1800mlで2,415円。

12月の限定酒、昨シーズンはうっかり忘れて今年の2月に買って呑みました。今日、このお酒の取り扱い店へ寄って見かけたので早速購入致しました。

この蔵のお酒の中では珍しく「甘口」、しかしながら炭酸を含んでいるので微妙に辛みを感じます。

薄にごりの生原酒は、わたくしの一番好きなタイプです。
posted by ひで at 17時06分  [お酒トラックバック(0) | コメント(4)

2009年12月 17日 (木)

 「音楽」武満徹、小澤征爾

Takemitsu Ozawa Ongaku
1994年5月25日発行(新潮文庫)、2002年7月15日十刷、552円(税別)。

探し物が有って、部屋を片付けながら探していたら別の物が見つかりました。

日本を代表する音楽家である二人が現代音楽の可能性を語るのに、思わず引き込まれてしまいました。

お陰で、探し物は見つからずに部屋は散らかったままです。(と云うより、探し始める前よりも散らかってしまっています。)
posted by ひで at 21時29分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 16日 (水)

 「米百俵」本醸造


1800mlで2,048円。(N氏が先だって注文して我が家へ届けて戴いたお酒なのでわたくしが買った物ではありませんが)

原料米:五百万石、精米歩合:57%、日本酒度:+5、酸度:1.2、アミノ酸度:1.3、アルコール度:15~16度。

昨日は呑まずに「朝日山」を買って来たのですが、「呑んじゃって良いよ!」って云われましたので開けちゃいました。

昨日呑んだ「朝日山・百寿盃」よりも味わいが有ります。とは云っても、とっても穏やかな味わいですが。この銘柄の定番酒を呑んだのは久しぶりです。

この「米百俵」と云う銘柄で初めて呑んだのは「特別本醸造のしぼりたて生原酒」で、その濃厚な味わいですっかり気に入りました。
同じ時期に出る(今頃)「純米生原酒」よりは特本の方がわたくしには好みです。(源三徳利入りも買った事が有ります)。

でも、さらっとした普通酒しぼりたて生原酒に加水調整した「初しぼり生酒・干支ラベル」が一番のお気に入りです。
posted by ひで at 23時16分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 15日 (火)

 「朝日山」百寿盃


1800mlで1,609円。

「景虎」の「にごり酒」を呑み干してしまい、「かたふね」の「ひやおろし」も呑んでしまったので「米百俵」まで手を付けるのは気がひけたので、これを買って来ました。

金曜日くらいまでは、これで足りるかな?
posted by ひで at 21時43分  [お酒トラックバック(0) | コメント(1)

2009年12月 14日 (月)

 横手山からの便り


毎度お世話になっている横手 山本荘さんからはがきが届きました。

今年は「カネヨシBBQ」にお誘い戴いて、グリーンシーズンにも伺いましたし、「笠岳カーニバル」でKn5氏に負けたので枯葉の季節にもお伺い致しました。(搾りたてのりんごジュースは美味しかった。)

先だっての初滑りでもお世話になり、有難うございます。まだ雪は少なめですが、次回26日にお伺いする時には全山滑走出来る様に積雪が増えてくれる事を期待しております。
posted by ひで at 19時26分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 13日 (日)

 思い出の名演奏~1988年パリ・オペラ座管弦楽団日本公演

NHK教育テレビで不定期に放送される、過去の来日公演をNHKの録画から再送する番組。前回観たのは今年の2月7日の土曜日が休日出勤となり、志賀高原へ行く予定だったものを「代荘」に「A氏」を送った翌日の日曜日2月8日に観た「バンベルク交響楽団」の放送でした。

今日のお昼過ぎに何気なく新聞のテレビ欄を眺めていたら、この放送を発見して視聴した次第です。

DVC01997.jpg
指揮は2008年にウィーンフィルのニューイヤーコンサートを振った、ジョルジュ・プレートル。現在85歳になる指揮者も当時は63歳。

DVC01998.jpg
チューバが2本と云うのに迫力を感じます。

DVC01999.jpg
その上、ティンパニー2セットに4人の奏者。これも「カッチョエー」です。

画像は残しませんが、フランスの楽団なので当然の事、Cb.は全員がフランスボウでございました。

わたくしは弦楽器奏者ですが、こう云った派手目なものにも結構憧れます。一番やりたいのは、小編成の古典派の楽曲ですが・・・。

この画像で判るかと思いますが、これは「幻想交響曲」。

演奏曲目は

C.ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
M.ラヴェル:バレエ音楽「ラ・ヴァルス」
H.ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
   ―――アンコール―――
G.ビゼー:組曲「アルルの女」~ファランドール
G.ビゼー:歌劇「カルメン」~前奏曲

フランス音楽をフランスの楽団と指揮者で堪能させて戴きました。常に笑みを浮かべながらタクトを操るプレートルが印象的でした。
幻想交響曲は素晴らしい演奏、アンコールのファランドールの後半のアッチェレランドは何処まで速くするのかはらはらしましたが最後は見事に決まり、圧巻でした。

「幻想交響曲」は所属するガクタイで何度も候補に挙げて来ましたが、いつも「演奏不可能」として却下されています。いつか、どこかで演奏に参加してみたいものです。

久しぶりに「素晴らしい」と思う演奏を観る事が出来ました。

最近アマチュアばかりでちゃんとしたオーケストラを聴いていないので、たまには生のプロを聴いてみたいものです。

おっと、NHK教育でN響アワーが始まりました。

プレビン指揮のモーツァルトを聴かせて戴きます。ではぁ~!
posted by ひで at 21時05分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 12日 (土)

 私をスキーに連れてって(DVD)


昨日の記事にしたDVDと一緒に買った物です。「Amazon」で3,150円の定価3割引きの2,205円でした。

何度も見て、今更DVDを買う事も無いかと思っていましたが値段の安さにつられて「クリック」してしまいました。(笑)

1987年の封切で、同年の年末から翌年のバレンタインデーまでの想定のはずですが、ちょっとした矛盾と云うかおかしいと思う処がいくつか・・・。

自分のスキー滑走の記録によると、1987年と今年2009年は同じ曜日の配列。したがって、最初のスキーの日程は「クリスマスイブ」の晩に「焼額」で滑っている様かと思われますが、その年の12月24日は今年と同じく木曜日であり、木金で行ったとなるとその後の話に関して日程が足りません。

第3土日で行ったのであれば、その後の月曜日に「矢野文男: 三上博史」が出社した際に「田山雄一郎: 田中邦衛」が「サロットの発表会」が2月14日に決まったのと云う事と、その晩にたまり場「 Zephyr-Inn(ゼファーイン)」で「泉和彦: 布施博 」が「池上優: 原田知世」へ(2度目からは矢野が自分で)電話を掛け、その後にその電話番号が嘘の番号だった事が判明し、翌日火曜日に見積書の間違いで常務に呼び出された矢野が優と偶然の再会をする、その晩に「 Zephyr-Inn」で泉・「小杉正明: 沖田浩之」「佐藤真理子: 原田貴和子」「羽田ヒロコ: 高橋ひとみ」の4人が出来あがった写真を見ている処へ矢野が現れ、「聖心のゆみちゃん」を「オタク風の長谷川君」に押し付けたものではないかと思われます。(土日で行ったのならば、これは、月火で無くてその週の内ならいつでも良いのですが・・・)
ヒロコが保険の外交員に扮して安宅物産に乗り込んできて、優と矢野を引き合わせようとするシーンでの矢野のデスクの卓上カレンダーは「28日(月)」となっているので、19・20日で行ったとすればつじつまが合うように思います。

24日に行ったとすると、26・27日は土日で20数年前と云えども総合商社「安宅物産」は週休二日で休みだったはずですので、土日の間に話が進まないと28日のヒロコ訪問に間に合いません。

ただ、常務に呼び出された時に「課長:小坂一也」が「またスキーに行っただろう、この暮れの忙しい時に」と云う言葉がちょっと気になりますが。(土日に行ったのなら云われまい、24日を休んだから云われたのか?)

万座の「ユキハウス」から志賀へ向かう矢野が、自分の車のフロントガラスから雪よけの布を取ってから、車内か宿内にしまわずに放ったままって変じゃないですかね。

それから、最後の「サロットカップ」が行われた2月14日は日曜日であり、夕方遅くまで滑っている事や真理子・ヒロコが宿に帰って来たところでビールを呑もうとしている辺りがおかしくないですかねぇ~?日曜日も泊りの予定だったのか?
それに、田山の部下からロッジ(志賀高原ロッヂか?)に電話が掛って来たのが16:30で、その後に無線通信を試みて通信出来ずに真理子とヒロコが車で万座へ向かい、優が出かけた時にはまだリフトが動いていたとしても矢野が出かける時にリフトが動いているとはおかしくないか?ましてや、それを追いかける泉と小杉がリフトに乗ったとすれば、それは何時だったの?

映画って、こんな事を考えて観てはいけないのかな。

明後日(2009年12月14日)の21:00からNHK衛星第2で放送されますので、ご覧の上ご意見戴ければ幸いです。(笑)

今シーズンは22年ぶりに「とりあえず!」を掛け声に記念写真でも撮りましょうか?(笑)
posted by ひで at 21時36分  [スキートラックバック(0) | コメント(7)

2009年12月 11日 (金)

 「BCライブガイド 第2集」

BC Live Guide 2
Pouder Guide編集部 2,625円(税込)。

貯まっていた「楽天ポイント」で買いたかったのはコレ。しかしながら「楽天ブックス」には商品が無かったので昨日の記事にした「ブラームスのスコア」を買いました。
でも、こちらも欲しかったので「Amazon」で買ってしまいました。昨日の夜中にクリックした物が本日夕方には届きました。

こんな映像を見ると、山を滑りたいと強く感じます。
posted by ひで at 19時50分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 10日 (木)

 BRAHMS SYMPHONIE Nr.4 c-moll Op.98

BRAHMS SYMPHONIE Nr.4
とりあえず来年も団員登録(団費支払い済み)をしているガクタイの次回演奏会で演奏する曲のスコアです。音楽の友社刊、1,260円(税込・送料込)。
「楽天ポイント」の期間限定ポイントの使い道を探していたところ、これが目に付いたので注文してしまいました。来年の演奏会に乗るかどうか不明なので無駄になってしまうかも知れませんが、これで他の2曲は既にスコアを持っているので、演奏曲全てのスコアが揃う事になります。

何だか最近「楽天」の期間限定ポイントの所為で、無駄遣いをしている様な気がしてきました。ポイントを無理に使わないで失効させるのも有りかなぁ~?
まぁ、今回の買い物は期間限定を含めてポイントだけで買って、実際の支払いは無いので良しとしましょうか。
posted by ひで at 21時26分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 09日 (水)

 「越乃かたふね」ひやおろし 特別本醸造 生詰め


1800mlで2,340円。先週末に横手山へ持って行くお酒と一緒にN氏が我が家へ届く様に注文したお酒です。(わたくしはお支払いしておりません)

雪に埋めるお酒は「定番酒」にして、雪中貯蔵した物としない物を比較しようと云う事になりまして、もう一本ある「米百俵」本醸造を山へ持って行く事にしたのでこちらを呑む事に致しました。

原料米:五百万石・新潟早稲、精米歩合:60%、日本酒度:-1.0、酸度:1.3、アミノ酸:1.2、アルコール度:15~16度。

やや甘めで濃い目の感じが致します。しかしながら、後味はスッキリした味わいで何杯でも呑めそうです。N氏が買ったお酒なので、年末に来るまでとっておこうと思います。今夜はこれは一合でやめておきました。

お買い求めはコチラへ。(笑)
posted by ひで at 20時20分  [お酒トラックバック(0) | コメント(3)

2009年12月 08日 (火)

 「TAJ News」2009年12月号


昨年は12月1日には届いていましたが、今年は本日ようやく届きました。

一緒に入っていた「団体傷害保険」の申込書、今頃届いて18日までに入金しろとの事。やる事は遅いくせに、金の回収だけは急ぐのが気に入らない。

5,000円で100万円の救援者費用が支払われる保険に入れる為にだけTAJ会員に名を連ねているので、保険には加入しますが・・・。
posted by ひで at 22時41分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 07日 (月)

 「越乃景虎」にごり酒 活性生酒

kagetora nogori
1800mlで2,625円。写真をとらずに呑んでしまったので蔵元サイトから画像を拝借致しました。

蔵元のサイトによると、何故か2,630円。

2,625円でのお買い求めは、コチラからどうぞ!(笑)

先週の金曜日、翌日からのスキーに備えていつもの様にN氏が泊りに来ましたが、職場の忘年会の為に夕食無しの泊。しかし、その日に我が家へ届けて貰ったお酒を呑みたいとの事でこれを開封し、残りを今夜戴きました。
本当は「平ェ門」が欲しかったらしいのですが、今年はまだ入荷しておらずにこちらにしたそうです。

「シュワシュワ感」は「平ェ門」の方が強いし、価格も1,995円とお安いのでわたくしも「平ェ門」の方が好きです。スキーのお仲間に呑んで戴きたく思うので、年末に山へ帰る際には「平ェ門」を持って行こうかと思います。
posted by ひで at 18時23分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 06日 (日)

 今期2日目「志賀高原スキー場」

P1000002091206.jpg
8:45に今回のメインイベント「酒埋めの儀」を執り行いました。

荘の裏に埋めた後は、皆で「弐礼、弐拍手、壱礼」。今シーズンも無事にスキーが出来ますように!とお祈り致しました。

P1000001091206.jpg
今日は横手第1ゲレンデで足慣らし。シーズンはじめはこれくらいが丁度良い感じです。

「スズピー」の滑る姿を初めて拝見致しました。そう云えば、こちらで良くお会いする方で、滑る姿は見た事がないと云う方は大勢いらっしゃいます。大吟醸先輩の滑りを見たのも先シーズンの終わりころでしたし・・・。
posted by ひで at 10時38分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 05日 (土)

 初滑り「志賀高原スキー場」

P1000004091205.jpg
今日は「第42回志賀高原統一初すべり・スキー場開き祭」が高天ヶ原にて行われました。荘のKn5さんに車に乗せて戴き行って参りました。

鏡開きの後で、サービスコーナーの「ホットワイン」「フランクフルト」「豚汁」「餅」を戴き腹を満たし、お神酒を2杯戴いて横手山へ戻りました。

P1000003091205.jpg
横手へ戻ると「第2リフト」が故障で休止、第1も風の影響か運休になってしまいました。13時をを過ぎていたので今更「熊の湯」へ滑りに行くのも面倒なので第4の斜面を歩いて登る事に致しました。

半年ぶりのスキーで体力も落ちていてたった100mの高度を登るのに20分も掛ってしまいました。リフト降り場の脇で「ビーコントレーニング」を行い、登った斜面を滑り降り今シーズンの初滑りとなりました。

>>追記の開閉

posted by ひで at 13時26分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)

2009年12月 04日 (金)

 「寒梅」槽口しぼりたて生酒

DVC01994.jpg
昨日ご紹介したお酒と一緒に戴いたもう一本がこちらです。(昨日のが720mlで2,000円、こちらが1,155円らしいです。)

本来ならば、自分で何度か呑んだ事が有るお酒を雪に埋めてその変化を楽しみたい処でしたが、現在は稼ぎが無いので手元にある物でお茶を濁してしまう事に相成りました。
posted by ひで at 17時41分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)

2009年12月 03日 (木)

 「寒梅」活性にごり生酒


先週金曜日に学生時代の同級生と久しぶりにお会いして、一晩呑み明かしました。

その時に、今度の週末に「横手山のお宿」で「お酒をひと冬埋める」と云う催しを考えている事を話した処・・・。

彼が地元のお酒を送って下さいました。(済まないねぇ~!)

12月に「雪室」を造って半年ほど寝かせて、スキーシーズンの終わり(GW頃か?)に開封して呑もうと云う試みでございます。
他の方々がどのようなお酒を持ってくるのか楽しみです。

と云う訳で、明後日の12月5日に「志賀高原統一スキー場開き」に合わせて、山へ向かう事にしておりますが・・・。まだ滑れるほどの積雪は無い様子、滑るにはお隣の「熊の湯」へ行かなければならなそうです。

滑る事よりも、お酒を保管する「雪室」が作れるほどの雪が有るのか、その方が心配ですが。

posted by ひで at 19時41分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)

2009年12月 02日 (水)

 「梅の宿」特別純米酒〝梅の樹ラベル″ 


1800mlで2,100円、特別純米酒にしてはお買い得かと思います。

原料米:山田錦/日本晴、精米歩合:55%、アルコール分:15.5%、日本酒度:+6、酸度:1.3。

日本酒度が高いのですが、辛くは感じません。ほのかに香を感じ、旨みを含む美味しいお酒でした。

『寒造りの最盛期、蔵ではいいお酒が次々と育っています。「梅乃宿」の酒銘となった梅の古木が満開になるこの時期、生まれたての特別純米酒をお届けします。アルコール分15度台のはんなりやさしい飲み心地、爽やかな吟香をお楽しみ下さい。』(蔵元のサイトより)

「梅の樹ラベル」と云うように2月の限定酒です(製造年月'09年2月)。しかしながら、しっかりと温度管理されたお店で買って来ましたので品質には全く問題はございません。

今の時点で簡単に手に入る「梅の宿」はこちら。(笑)
posted by ひで at 21時56分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
| ブログトップ | 次のページ>>

カレンダー

<<11月 | 2009年12月 | 01月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。