FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年12月 12日 (土)

 私をスキーに連れてって(DVD)


昨日の記事にしたDVDと一緒に買った物です。「Amazon」で3,150円の定価3割引きの2,205円でした。

何度も見て、今更DVDを買う事も無いかと思っていましたが値段の安さにつられて「クリック」してしまいました。(笑)

1987年の封切で、同年の年末から翌年のバレンタインデーまでの想定のはずですが、ちょっとした矛盾と云うかおかしいと思う処がいくつか・・・。

自分のスキー滑走の記録によると、1987年と今年2009年は同じ曜日の配列。したがって、最初のスキーの日程は「クリスマスイブ」の晩に「焼額」で滑っている様かと思われますが、その年の12月24日は今年と同じく木曜日であり、木金で行ったとなるとその後の話に関して日程が足りません。

第3土日で行ったのであれば、その後の月曜日に「矢野文男: 三上博史」が出社した際に「田山雄一郎: 田中邦衛」が「サロットの発表会」が2月14日に決まったのと云う事と、その晩にたまり場「 Zephyr-Inn(ゼファーイン)」で「泉和彦: 布施博 」が「池上優: 原田知世」へ(2度目からは矢野が自分で)電話を掛け、その後にその電話番号が嘘の番号だった事が判明し、翌日火曜日に見積書の間違いで常務に呼び出された矢野が優と偶然の再会をする、その晩に「 Zephyr-Inn」で泉・「小杉正明: 沖田浩之」「佐藤真理子: 原田貴和子」「羽田ヒロコ: 高橋ひとみ」の4人が出来あがった写真を見ている処へ矢野が現れ、「聖心のゆみちゃん」を「オタク風の長谷川君」に押し付けたものではないかと思われます。(土日で行ったのならば、これは、月火で無くてその週の内ならいつでも良いのですが・・・)
ヒロコが保険の外交員に扮して安宅物産に乗り込んできて、優と矢野を引き合わせようとするシーンでの矢野のデスクの卓上カレンダーは「28日(月)」となっているので、19・20日で行ったとすればつじつまが合うように思います。

24日に行ったとすると、26・27日は土日で20数年前と云えども総合商社「安宅物産」は週休二日で休みだったはずですので、土日の間に話が進まないと28日のヒロコ訪問に間に合いません。

ただ、常務に呼び出された時に「課長:小坂一也」が「またスキーに行っただろう、この暮れの忙しい時に」と云う言葉がちょっと気になりますが。(土日に行ったのなら云われまい、24日を休んだから云われたのか?)

万座の「ユキハウス」から志賀へ向かう矢野が、自分の車のフロントガラスから雪よけの布を取ってから、車内か宿内にしまわずに放ったままって変じゃないですかね。

それから、最後の「サロットカップ」が行われた2月14日は日曜日であり、夕方遅くまで滑っている事や真理子・ヒロコが宿に帰って来たところでビールを呑もうとしている辺りがおかしくないですかねぇ~?日曜日も泊りの予定だったのか?
それに、田山の部下からロッジ(志賀高原ロッヂか?)に電話が掛って来たのが16:30で、その後に無線通信を試みて通信出来ずに真理子とヒロコが車で万座へ向かい、優が出かけた時にはまだリフトが動いていたとしても矢野が出かける時にリフトが動いているとはおかしくないか?ましてや、それを追いかける泉と小杉がリフトに乗ったとすれば、それは何時だったの?

映画って、こんな事を考えて観てはいけないのかな。

明後日(2009年12月14日)の21:00からNHK衛星第2で放送されますので、ご覧の上ご意見戴ければ幸いです。(笑)

今シーズンは22年ぶりに「とりあえず!」を掛け声に記念写真でも撮りましょうか?(笑)
posted by ひで at 21時36分  [スキートラックバック(0) | コメント(7)
| ブログトップ |

カレンダー

<<11月 | 2009年12月 | 01月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索