FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年11月 18日 (日)

 オーケストラの練習(第九限定版、その5)

今日は普段と違って19時から21時半までの夜間練習でした。

日曜日の夜には出かけたく無いのですが・・・。でも、今日はとっても楽しみな練習。なぜかと云うと合唱との初合わせでありました。

合唱が別室で多分発声練習などをされているのでしょう、前半は少しだけ「2楽章」を練習。30分ほどした処で「合唱団」が外でスタンバイ完了との事。

20時少し前に「2楽章」を終え、合唱団の皆様が入場。100名ほどいらっしゃった様です。

10分ほど休憩の後、「4楽章」をとりあえず通してみることに・・・。

ソプラノに数名の音大生、アルトに大学の合唱団員、バス・バリトンにプロの方が数名いるらしいです。

女声のソリストは不在でしたが合唱指導の先生がテナーのソリストで、バリトンのプロの方がかの有名なソロを歌ってくれたので全体の雰囲気が充分出ていました。

やっぱりこの曲は「合唱」が入ると楽しいです。

初合わせにしては上出来だった様に思います。合唱の出来に比べるとオケの完成度はまだまだって感じがしましたが。

個人的には5回目の練習参加となり、ようやくまともに弾ける処が半分を超えたかな?

残す処、全体練習は4回(そのうち1回は直前の木曜日夜なので多分欠席)ですので、少しでも完成度を高めて行ける様に頑張るしか有りません。

9:30少し前に練習終了、自分の周辺の椅子を片付けてささっと帰り仕度。トランペットのお二人にご挨拶(地元のオケでもご一緒なので)して、駅まで戻ると15分おきの電車がちょうど出るところ。電車・バスの乗り継ぎ良かったので30分で帰宅できました。

日曜日の夜の練習はご遠慮したいところですが、今夜は合唱合わせでしたので楽しいひと時でした。

来週は本番とは別のホールですが、コンサートホールを使っての1日がかりの強化練習です。

さぁ、明日から個人練習に励むとしましょう。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時45分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<「相模灘」特別純米 秋の熟成生酒 | ブログトップ | 今夜は弾けず・・・>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<06月 | 2020年07月 | 08月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索