FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年12月 02日 (日)

 オーケストラの練習(第九限定版、その7)

今日は「1番」の練習がメインで14時から2時間半との事。「9番」のみ乗り場のわたくしは15時からの予定が16時半から参加に変更。

こんな事なら「タイヤ」交換を手伝いに実家へ行けば良かったなと思いつつ・・・。(先シーズンは自分一人で交換したので苦労が判ります、一人だと結構大変な作業です。)
時間の変更連絡を貰ったのが土曜日の朝7時半では車は既に実家へ着いた後、どうする事も出来ませんでした。

15時半からは別室が個人練習用に確保されているとの事でしたので、早めに行って音出しをして準備運動。

16:25に合奏場の近くで待っていると前の練習が10分ほど延びて終了。

さて、漸く「第九」の練習です。今日は指揮者の先生がお休みでVn.のトレーナーの先生の指揮で練習。

「4楽章」のみと云う事で先ずは冒頭から。普段とテンポが違う所為かは定かでは有りませんが縦の線が全く合いません。何度か繰り返しましたが何時までやってもきりが無いので先へ進み31小節目からようやく出番です。

ちょこっと弾いてまた長い休符です。今日はCb.にエキストラの方が二人見えて四人でしたので低音が良く聴こえました。地元のオケでCb.は何時も3プル位はいるのでこのオケは低音が弱いなぁ~と思っていました。

低音から始まった旋律を練習記号Aから引継ぎ、先のBからリズムを刻む処は好きな場所ですがトレーナーの先生からは「この部分は管の旋律で弦とTimp.が刻むリズムは頑張りすぎないで良い」とのお言葉。残念です。(笑)

更に先へ進んで208小節目のPrestoも、指揮者が違うので普段と違うテンポの所為か合いません。

その先、暫くは前回の練習ではあまり弾けませんでしたが頑張ってさらってきたので何とか7割位は弾ける様なって来ました。後3割を2週間で何とかしなければ・・・。

その先、470小節目からの刻みは臨時記号が多くて難しいです。この辺りは集中的にさらう必要が有りそうです。

練習記号Mからはレッスンでも取り上げた好きな部分ですが、ここは「合唱」がメインで「弦は全パートユニゾンなので頑張り過ぎないように」とのお達し。これまた残念です。(笑)

ここら辺りで練習終了の17:30となりましたが、少し延長して最後までやる事になり残りの部分を急ぎ足で。

最後のPoco Allegroの部分はアップ、ダウンのボウイングだったのが何時の間にかアップ、アップへ変更されていました。先週はアップ、ダウンで弾いていたのに何時変わったのか?謎であります。

何とか18時少し前に最後まで演奏して今日は終了です。

指揮者が普段と違うので合わない部分も色々と有りましたが、少しずつ仕上がって来た感じがします。

個人的には、まだ満足できる段階では有りませんが何とか本番に間に合わせられそうに思えて来た感じです。
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時51分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイヤ交換 | ブログトップ | TAJ団体傷害保険>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<08月 | 2020年09月 | 10月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索