FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年10月 26日 (水)

 第18期竜王戦七番勝負第1局

昨日から2日制で行われている竜王戦第1局も2日目に入りました。
若き渡辺明竜王に初めてタイトル戦登場の木村一基七段が挑戦。羽生世代が登場しないタイトル戦は久しぶりです。

封じ手は大方の予想通り先手7三角でした。

この大舞台でこれまで殆ど指した事が無いと思われる「後手一手損角換わり」を指す渡辺竜王は大胆です。
さて、結果はいかに?
帰宅して、テレビではプロ野球の日本シリーズを見ながらPCで将棋竜王戦の中継を見ていました。

将棋の結果は156手で後手渡辺明竜王の勝ち。
途中を見ていなかったのですが、棋譜を見ると中盤では先手木村一基七段が優勢だったような感じ。
72手目後手の6四歩に対し同歩と取って攻め合いに行かず、先手が7七歩と打ったのが形勢逆転になったような気がします。

最後は後手の攻めを先手が逃げまくりましたが後の攻め筋がなく投了。

さて、野球は五回表0-3で「ロッテ」がリード。(19:44)
今日で日本一が決まるのか?
スポンサーサイト



posted by ひで at 10時03分  [将棋トラックバック(0) | コメント(2)
<<スキー百科’87 | ブログトップ | ヴァイオリンレッスン297、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure>>

コメント

この前のコンピュータソフト対名人との対戦、やはり名人の勝ちでしたね。
ついこの前まではアマチュア初段程度なんて言っていましたが、いつの間にかアマ4,5段くらいの実力だそうで(ホント?)
だとすれば、ひでさんと名人とで角落ち戦ということになります。
角落ちで名人とやってみたいですか。

奇手連発なんて事でしたが、あれは単にアルゴリズムがおかしかったように思うのですが。
posted by むく URL at 2005年10月26日 15時13分 [編集]

見るだけで・・・。

名人と指すなんておこがましいです。私は見てるだけで良いです。
コンピューターソフトは可能性のある手を全て読むのが基本らしいです。最近はその中からかなり絞り込んで読むようになったみたいですが。
棋士は読むべき手を取捨選択して最善手を見つけるものだと思います。
でも最近のソフトは大分強くなってプロ棋士が負ける可能性があるので、日本将棋連盟はプロ棋士(女流も含む)は公の場でみだりにコンピュータソフトと対戦しないようにとのお達しをだしたようです。
posted by ひで URL at 2005年10月26日 19時56分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<08月 | 2020年09月 | 10月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索