FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年12月 12日 (水)

 残りご一名様ご招待!


3日後の土曜日に行われる演奏会のチケットです。
以前から此処に書いたとおり、わたくしは正式団員ではないのでチケットの割り当ては3枚だけでしたので、そのうち2枚を身内で使い残りの使い道を探しておりました。

友人に声をかけた処、3人で行きたいとの事で2枚を別途一般の前売りで購入して用意しておりましたが、そのうちの一人が都合が悪くなった様です。

と云う訳で、一枚余りましたのでご希望の方がいらっしゃいましたなら一名様だけ「ご招待」が可能です。(笑)

私が思うに、「アマオケ」は無料が良いなぁ~!と思います。無料ならば何時でも何処でも宣伝する事が出来ます。実際、先日の演奏会では直前にご近所の酒屋さんにチラシを置かせて戴いたお陰で3人ほど聴きに来て下さった様です。

それから、このチケットですが、余計な費用を掛けすぎかなと思います。下の方が色が薄く見えるのは写真撮影の失敗ではございません。黒ベタから薄い色に成る様に「グラデーション」が掛かっています。

わたくしは、20年ほど前には「印刷会社」に居りましたので思うのですが、「ベタ印刷で白抜き」だけで通常の「白地に黒文字」より割高ですし「グラデーション」は別途会計になるはずです。

所詮は捨てられてしまう事が多いものにこれだけの事をする必要が有るのか?

今夜は「聴こえない処は置いといて」、良く聴こえる筈の「3楽章」の後半を中心にさらって見ました。
この曲では「3楽章が一番好き」って云う言葉を良くお聞きしますが、わたくしはあまり好きではございません。何だか「6番」の亜流の様な気がしてなりません。

やっぱりこの曲は「4楽章」が全ての集大成だと思いながら、土曜日の午後に奏でたいと思います。


スポンサーサイト



posted by ひで at 22時53分  [音楽トラックバック(0) | コメント(2)
<<「越乃寒梅」特撰 | ブログトップ | ヴァイオリンレッスン362、L.v.Beethoven/Symphonie Nr.9 d-moll op.125 Vn.Ⅰ>>

コメント

もうすぐですね!

葉月さんのリンクから来ました。ぺんぎんずです。
本番まであとわずかなんですね。あっ、ここなのか
と思い、飛んできました。リンクの箇所に今まで
気がつかなかったのです。なぜ、そこの部分が好き
なのかっていう根源的な理由は問う必要はないけれど
心理的に興味がありますね。私が3楽章がすきなのは
たぶん、子供のころになぜか3楽章が家でよく流れて
いたからです。そのときのことを思い出すのかな。

演奏、最後のつめ、がんばってください!

posted by ぺんぎんず URL at 2007年12月13日 11時44分 [編集]

今夜も練習です

ぺんぎんずさん、こちらへようこそお出でくださいました。

実は今夜の個人レッスンと同じ時間帯に最後のオケ練が有ります。
レッスンが終わった後で急いで移動すれば1時間くらいは参加できるのですが、体力的にきついのでどうしようか思案中です。

当日のリハーサルも有るし、今夜は体力温存で欠席かなぁ~?

3楽章が好きでない本当の理由は「難しくて弾けないから」です。(笑)

ご声援有難うございます。
posted by ひで URL at 2007年12月13日 15時17分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索