FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2007年12月 17日 (月)

 「男山」生原酒 しぼりたて


900mlで1,467円。他の銘柄ではあまり見かけない「5合瓶」です。この「北海男山」では何故か「4合」では無く「5合」の瓶を良く見かけます。

精米歩合60%、アルコール分19度の濃厚なお酒です。

一昨日の「第九」演奏会が終った後で、外の飲食店が満席だった為に我が家へ戻って聴きに来てくれた弟と呑み干した一本です。

当初は「越乃寒梅」特撰を呑んだのですが、薄っぺらな味わいで美味しく思えなかったのでもう一本冷蔵庫に保管していたこれを呑んで見ました。

濃い味のお酒が好みのわたくしと致しましては、こちらの方が「美味しい」と思った次第です。(笑)
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時08分  [お酒トラックバック(0) | コメント(2)
<<「第九」の演奏会終了しました | ブログトップ | IWAKI CONDUCTS BRAHMS>>

コメント

お酒のおいしい季節

こんばんわ、ぺんぎんずです。演奏会、お疲れ様でした。今度はスキーのほう、エンジョイなさってください。こちらは安比や雫石があります。男山酒造って北海道でしたか・・・、なんか聞いたことがあります。私はあまり日本酒は飲まないのですが、先日、たこをいただき、酒かすに漬けております。これは日本酒に会うんだろうなぁといつも思っているところです。ブログ。私のところでリンクさせていただきました。ありがとうございました。
posted by ぺんぎんず URL at 2007年12月18日 20時39分 [編集]

宜しくお願い致します!

ぺんぎんずさん、有難うございます。

数年前までは「端麗辛口」と云われるお酒が好きでしたが、最近は「濃厚芳醇」なお酒が好みになってきました。

「日本酒」は食中酒だと思いますので、美味しい料理と一緒に戴くと心地良く酔えるのかなぁ~。

と云いつつ、ついつい呑みすぎてしまう私ですが・・・。

「男山」と云うのは全国各地に有るようです。

こちらにもリンクさせて戴きました。有難うございます。
posted by ひで URL at 2007年12月18日 23時06分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索