FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年08月 01日 (月)

 「金婚」純米吟醸中取り生原酒無濾過、「箱根山」本醸造原酒、朱夏の酒

今日は朝から神奈川の足柄で仕事でした。写真フイルムの大手企業発祥の地から引き合いで新規設備計画の打ち合わせ。
打ち合わせも順調に済み、帰りがけの小田原駅でロマンスカーの発車まで少し時間が有ったので土産物屋を覗くと陶器に入った「箱根山」原酒が目に止まりました。冷蔵ショーケースに入っていたし日付も17年7月なので原酒好きの私としてはほおっておけません。720mlで2,139円とけして安い買い物では有りませんでしたが、「一本いっとく?」と云う心の中の悪魔の囁きには勝てず買ってしまいました。
職場へ戻る前に郵便局へ土曜日に送って戴いたお酒の支払いに。14人待ちとなっていましたが大きな局なので4箇所の窓口での取扱の為、思ったほど待たされず5分ほどで済みました。
夕方、車のボディーコーティングを終えた弟からメールが「自分の車では無い位綺麗になった上、私からの紹介で『八海山大吟醸2升分位』安くしてくれた」と連絡が。今度、その半分くらいご馳走してもらおう!今夜は近所の床屋の親父さんから貰った「金婚」(東村山の地酒)、「箱根山」、「朱夏の酒」と原酒三昧。「金婚」は濃厚な味わいで少し甘さを感じるお酒、「箱根山」はすっきりとした呑み易い味わいです。肴は本鮪の刺身、海老の天麩羅、昨日の残りの枝豆、お新香。
DVC00220.jpg

スポンサーサイト



posted by ひで at 22時47分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<久しぶりヴァイオリンの個人練習を沢山 | ブログトップ | 少しだけヴァイオリン個人練習>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<04月 | 2020年05月 | 06月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索