FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年04月 24日 (木)

 ヴァイオリンレッスン376、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

先週はレッスンが無く、2週間ぶりですがその間にも楽器に触る事無くレッスン日がやって参りました。

スキーは如何ですか?

先生は、今の時期の私はヴァイオリンを練習してこない事が当たり前と思っているようです。

21日は今シーズン初めて平日の休みをとって遊んで来ました。
そう云えば、今日は「志賀高原」あたりでは雪が降っているとか?
昨日「志賀草津道路」が冬期閉鎖解除されましたけど、毎年解除直後に雪が降って再閉鎖になるものです。
だから遅くまでスキーができるのですね。

世間話も程ほどに、さぁレッスンです。

前回と同じく2ページ目の後半から弾きます。

と云って弾き出して・・・。

前回も云いましたけど、音程が全体的に低いです。

気を取り直してもう一度・・・。

4つの音符で1つのパターンのこの辺りでは最初の左手の指を離さないで弾ける様にしましょう。
こんなにゆっくりなテンポなら指を離しても弾けますが、速くするには指をそのままにしないと弾けませんね。
スラーをつけずに、1音ずつ分けて音程の再確認をしましょう。

と云う事で、更にゆっくりと弾き音程を確認。

弦が変わっても指の位置が半音の開きになる処で次の音が低くなりがちです。
これは後で楽譜に書き込んでおきます。

その後3回繰り返し、ようやく音程が安定してきた処で・・・。

忘れると弾けなくなりそうですから、この前の10度の開きの処を弾きますね。

と云う訳で、少し戻った処を弾いてみると・・・。

1の指は引っ掛ける感じで良いですよ。爪で抑える感じで・・・。
この辺で思いっきり指を開いた後、次は指が思いっきり近づきますね。
こんなのは弾けないだろ!って試されているような曲ですね。

と云ったところで時間切れです。

発表会が9月27日に決まりました、オケとは重ならないですよね。
10月19日ですから大丈夫です。でも翌日の28日は本番のホールでの練習ですね。
発表会が土曜日で、練習日と重ならなくて良かったですね。
「ブラ1」は前にもやった事が有るので何とかなりそうですが、前プロの「祝典序曲」と中プロの「ロメジュリ」が意外と難しいです。
先ずは「イザイ」中心で頑張って下さい!
前中を降り番にしようかな?(笑)
でも、それは本番の時に「やっぱり前中も出れば良かった」って思いそうですよ。
昨年末に「第九」に乗った演奏会で、初めて「降り番」を経験しましたけど、あれはあれで楽しいです。前プロのリハーサル中に外のレストランでランチを食べながらグラスワインも呑めましたし。(笑)
本番前に少しくらい呑む余裕って良いですね。

某テレマークスキースクールでも「公認」されたと同じ様に、こちらでも多少の飲酒は「公認」された様です。(笑)

呑みすぎないで緊張をほぐすくらいなら、本番前のお酒も良いかも知れません。

スポンサーサイト



posted by ひで at 23時13分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<第66期名人戦七番勝負第2局 | ブログトップ | 「黒龍」吟十八号>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索