FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年05月 13日 (火)

 BRAHMS Symphony No.1 Wiener Philharmoniker・Carlo Maria Giulini



1991年の録音で、指揮者ジュリーニがこの曲を録音したのは'61/62のフィルハーモニア管、'81年のロス・フィルとの録音に続いての3回目だそうです。

ロス・フィルとのLPが出た頃には欲しかったけれどお金が無くて買えませんでした。(笑)
当時のLPと云えば2,500円~3,000円くらいはしましたから、今のCDの新譜と変わりませんね。四半世紀以上前の学生には高価な買い物でした。

今回買ったのはもっと新しい録音ですが、グラモフォンの「The Best 1000」と云う廉価版になっていたので952円(税別)で買う事が出来ました。

オケの音楽監督が今年演奏するこの曲のお勧め音源と云っていたのを思い出して買って来ました。

全体的にゆったりしたテンポで、アマチュアが速度を上げすぎて破綻したり細かい音符が聴こえなかったりするのとは対照的に、実に楽譜に忠実に演奏して細かいディティールまで聴かせてくれる演奏です。
それに、ウィーンフィル独特の柔らかな音色は心地よい響きです。(これはとても真似出来ません。)

なるほど、中々いい演奏です。じっくり何度も聴いてみたい気がします。
スポンサーサイト



posted by ひで at 21時43分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<九郎左衛門「裏・雅山流」香華 | ブログトップ | 「澤乃井」本醸造 花見新酒>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索