FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年05月 25日 (日)

 5月2回目のオケ練習

昨夜演奏会を聴いて自宅に戻ったのが22時少し前。その後、過去に聴きに行った「ベルリンフィル」や「ウィーンフィル」の公演の録画を観ながらお酒を呑んでしまったので、朝気が付いたら9時半を廻ったところでした。

床屋さんに行きたかったので10時過ぎに行ったら、お店が暇だった所為もあり実にご丁寧に2時間以上掛けて髪を刈ってもらいました。お陰でオケ練習に遅刻しそうになりました。(笑)

先ずは中プロの「ロメ・ジュリ」の弦分奏。

当初、コンミスさんが練習を見る予定でしたが、音楽監督が見ることになり。

トップサイドに座ったお陰でコンミスの音を頼りに練習することが出来ました。1月の「初見大会」から全くさらっていませんので相変わらず「初見」でしたが、弾ける人の隣に座ると練習のし甲斐があります。
細かく難しい部分が多く、一筋縄では行かない曲です。これからが思いやられます。

後半は場所を移してメインの「ブラ1」。弦+金管+Timp+Cfgでの分奏。

おっと、その前にミーティングでFgに新しい方が来られて紹介。なんと、以前「F研」でご一緒したお嬢さんでした。
この「アマオケ」の世界は結構狭い物で、以前Sフィルに参加した時にも「F研」でご一緒したHr.さんが居ました。
去年「第九」で参加したオケのTp.のお二人は此処でも一緒ですし・・・。

一番ビックリしたのは、知人の結婚式で新郎側から私、新婦側からお一人、Vn.を弾く人が居ると云う事でお互いに当日までお会いする事無く簡単な二重奏を練習してきて当日に合わせるなんて事が有りましたが、何とそのお相手が某オケでお互いに「エキストラ」で同じプルトで隣同士で弾いていた、なんて事も有りました。

数えるほどしかオケの本番に出ていない私でもこんな感じですから、長いことこの世界にいる方々は色々と繋がっているのでしょうね。

さて、後半の練習は・・・。

2楽章と4楽章。

とにもかくにも、わたくしが弾けてません。変な音ばかり出して済まんのぉ~!
自慢じゃないけど全くさらってませんから、過去に一度やった曲と云えども、忘れていると云うよりは当時もまともに弾けてなかったと云う事だけは良く判りました。

まぁ、音楽教室の「イザイの無伴奏」は来年まで持ち越しにしましたので、こちらを練習する余裕は出来ました。ソロとオケを平行して練習していく事にしましょう。


スポンサーサイト



posted by ひで at 23時00分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<アンサンブル・アルページュ 第4回演奏会 | ブログトップ | 「NYANTA」に会えず・・・>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索