FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年06月 05日 (木)

 ヴァイオリンレッスン381、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

今日は何時もの時間通りでのレッスンです。

忘れないうちにお渡ししますね。(ヒンデミットの無伴奏が入ったCDを取り出す)
有難うございます。やっぱり、以前お借りしたこのCDに入っていたんですね。
改めて聴いてみると、中々いい曲ですね。
自分が弾く事になる前は聴き流していましたけれど・・・。
作品31の2の最終曲なんか、楽しいですね。
イザイよりは易しいかも知れませんよ。
では、イザイの後はヒンデミットかな。4年後に・・・。
4年後って?
オリンピックみたいに4年に1回ならこれくらいの曲が弾けるかも知れません。

と、何時もの様に無駄話をしながら調弦完了です。

あ、ところでシェーンベルクの弦楽六重奏ってご存知ですか?
あぁ、「浄夜」ですね。4回は弾いてみたい曲です。
いきなり、4回ってどうしてですか?
1st.Vn./2nd.Vn./1st.Va./2nd.Va.で各一回ずつって事で・・・。
そんなにお好きですか?
4回は冗談ですけれど、せめて弦楽合奏版で一度は弾いてみたいですね。どのパートでも良いです。(笑)
弦楽合奏版も有るんでしたね。
2nd.Vc.とCb.が同じ楽譜を使う筈です。そう云えばサイトウキネンが15年前にやったCDを持ってます。今度お持ちしますね。
ひでさんは色々とお持ちですね。ドラえもんのポケットみたいですね。
それほど、色々は出てきませんよ。

何時までも無駄話ってわけにもいきませんので、楽器を弾く事に・・・。

先ずは何時もの様に2ページ目の最初から。

シフトチェンジする時に音程が低くなりがちですね。

もう一度弾く・・・。

10度の開きの処は上の音を響かせる様にアップボウをもう少し大きく弾きましょう!

更に先へ進み・・・。

アルペジオは良い感じになってきましたね。
ゆっくりなら何とかなる様になってきました。
出来ない処がはっきりしてきましたね。
でも、ゆっくりでしか弾けないのでまだまだ旋律が浮かび上がってきません。
ヒンデミットも易しそうですが、隠れた旋律を浮かび上がらせるのが難しいです。
CDで演奏を聴くと「怒りの日」の旋律が聴こえるのに、自分が弾くと全く聴こえません。
正確な音を出す練習に加えて、テンポを上げる練習もしていきましょう。
まだまだ、まるで違う曲です。(笑)

と云った処で今夜は時間切れです。楽器を片付けながら・・・。

ひでさんはCDをどれくらいお持ちなんですか?
数えた事は有りませんが200枚くらいしか有りませんよ。
そんなに沢山ですか。LPは?
LPも同じ位ですかね。
全部クラシックですか?
殆んどそうですけれど、「嘉門達夫」「ユーミン」「ビートルズ」なんてのも有りますよ。(笑) 来週はサイトウキネンの「浄夜」を持ってくるのを忘れない様にします。
お願いしまぁ~す!(笑)

今夜はこんな処です。
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時38分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<「米鶴」純米生酒 | ブログトップ | 第66期名人戦七番勝負第5局>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索