FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年06月 10日 (火)

 「いづみ橋」無濾過 純米酒



1800mlで2,625円と書かれていましたが、レジへ持っていくと「2,620円です!」。5円オマケしていただきました。(笑)

お店のオネーチャンが「これを何気なく選びましたか?」
と、問うので・・・。

以前「田ゆう」と云う限定酒を戴いて美味しかったし、何しろ「神奈川」の地酒って事ですので此処へ来たら、他にお勧めが無ければ「いづみ橋」って思っていますよ!と返答。

このお店は全国の地酒を取り揃えておりまして、例えば「越乃寒梅」なんかも普通酒から大吟醸まで置いて有りますが、せっかくだから「神奈川の地酒」を選んで見ました。

ラベルに有るように「川崎産山錦」を使用と有りましたが、お店の方のお話に拠ると去年のお米は出来があまり良くなかった様です。
ただし、精米機を新しくして「扁平精米」(お米の形のまま精米できる)が出来る様になったので今年のは美味しく出来ましたって云うのが蔵元の言葉だそうです。

生の原酒なのでアルコール度18~19度と高めですが、それを感じないくらいの呑みやすさ。サッパリとした中に旨さがこめられていました。

去年の「第九」の時に「東村山」の地酒を買ってみたり、スキーシーズンの終わり頃にホントに地元となる「くらやみ祭り」なんてお酒を買ってみましたけれど、それぞれに旨さをもっています。

東北地方や新潟界隈のお酒が好きな私ですが、美味しいお酒には地域は関係有りません。他の地域産のお酒にも美味しい物は沢山有りますし、地元のお酒も捨て難しと思います。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時53分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<「國権」特別本醸造 生酒 | ブログトップ | 第79期棋聖戦五番勝負第1局>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<06月 | 2020年07月 | 08月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索