FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年06月 17日 (火)

 第66期名人戦七番勝負第6局

挑戦者の羽生二冠が十八世名人の称号を既に手にしている森内名人に挑んでいた「名人戦」の第6局。昨日から将棋の駒の名産地である山形県天童市「天童ホテル」で指されておりました。

21時のNHK全国放送のニュースでも紹介されたとおり、挑戦者の羽生二冠が勝利を収め「通算5期目」の名人位を獲得。

七つのタイトルの中で「竜王」以外は既に「永世称号」を獲得している羽生三冠には、是非「永世七冠」へ向けて「竜王戦」を頑張って戴きたいものです。

「永世棋聖」は既に獲得しているので、現在進行中の「第79期棋聖戦」はご遠慮戴きたく存じます。(笑)
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時43分  [将棋トラックバック(0) | コメント(4)
<<L.v.Beethoven Symphony No.3"Eroica" | ブログトップ | MUSSORGSKY PICTURES AT EXHITION>>

コメント

質問。

大山の全盛期と羽生の全盛期ではどちらが強いでしょうかね。

私は升田幸三の豪快な将棋が好きなんですけど・・古い(^^;)。
posted by むく URL at 2008年06月19日 21時17分 [編集]

心情的には・・・

大山十五世名人が最強棋士と思いたいです。

実際に両者が同時期に全盛期を迎えたとしたら羽生十九世名人の方に軍配が上がりそうですが・・・。

わたくしは、若くして病に倒れた「村山聖」が指した将棋が好きです。

生きていれば所謂「羽生世代」の一人としてタイトル争いを演じていただろうかと思うと残念です。
posted by ひで URL at 2008年06月20日 23時27分 [編集]

村山聖

あの丸っこくて汗かきの棋士ですね。
かなり師匠には、かわいがられていたようで、人となりでしょうか、彼を悪く言う人は居ないようですね。

背中を丸めて指す姿は子供のようでもあり、A級棋士でも彼を意識していたのはわかるような気がします。

あんなに若くて死んでしまうなんて惜しいことをしました。

昨今、地味な棋士ばかりでつまらないです。

囲碁の世界も地味ですけどね(笑)。

だれかスーパースターが出ないでしょうかね。
キムタクに将棋を教えましょうかね、あはははっ。

posted by むく URL at 2008年06月21日 23時26分 [編集]

病に勝てず・・・

森内俊之と同時に、佐藤康光より先にA級に昇級したにも係わらず、病に倒れわずか3期で降級。
佐藤康光が名人の時に1期でA級復帰後、1局も指す事亡くなったのはさぞかし無念でしたでしょう。
posted by ひで URL at 2008年06月23日 16時42分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索