FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年06月 22日 (日)

 6月2回目のオケ練習

昨夜は中学時代の悪友達と呑んで騒いで、カラオケで咽喉がガラガラです。ちょっと二日酔い気味で練習に行くのも億劫でしたが、カラオケより本当のオケの方が好きなので頑張って練習に行ってきました。

前半は「ロメ・ジュリ」の弦分奏。何時もの様に1st. Vn.は人手不足。今日はコンミスが練習を取り仕切るので1st.は私だけ。ちょっと引いてしまう状況ですが、こんなのも慣れました。(笑)
それにしても、2nd.Vn,が1プル半、Va.が2プル半、Vc.が4プルとCb.でも2プル半ですから全くもって低音と高音の比率が逆であります。(途中から私の隣にお一人来ましたが・・・)

自慢じゃ有りませんが(自慢できませんが)はっきり云って、オケの練習時以外に全くさらっていないので惨憺たる状況です。(自分が)

でも、この練習に参加しないと全く練習しない事になってしまうので兎にも角にも練習日には休まないように心がけている次第です。
少しは個人的にさらわないと、練習に参加する意味が薄れてしまうので何とか時間を遣り繰りせねば・・・。と、思った次第です。

後半は「ブラ1」のTutti、先ずは3楽章から。

Tuttiなので前半で練習を仕切ったコンミスさんも弾きますし、大阪から遠距離参加のオネーちゃんも合流して1プル半の1st.Vn.。ちょっと心強いです。(笑)

テンポ感をもっと感じて弾くようにと、音楽監督のお言葉。のんべんだらりと弾くだけでは音楽にはなりません。
パートの人数が少ないと自分の音が良く聴こえるので、弾けて無い処(が殆んどですが)が良く判りますので、自戒の意味では良い練習でした。
次回の練習は2週間後の「合宿」ですので、そこでじっくり個人練習に励みたいと思います。(出来るかなぁ~?)

練習後に幹部と有志で「ヴァイオリンパート出席率向上」についての話し合いに参加しました。現状で1プル~2プル程度しか参加が無いものを常に3プル程度の参加とするための方策を話し合い。出席率が悪い人に参加を促す人を選出したり、出席届けへの登録を促す事を話し合ったり・・・。
今の状況ではもし外部から新しい人が見学に来てもちょっと引いてしまう可能性が大であります。私が一昨年初参加した時も、コンマスと自分だけでしたが、私のように図太い神経が無ければ最初の練習から2人では参加するのは難しいでしょう。
せっかく、歩いて5分のところにあるオケに潰れて貰っては困るので、出来る限りの事はして行きたいと思います。

昨日の呑みすぎと、今日の練習で疲れ果てて日曜日が終ろうとしています。
スポンサーサイト



posted by ひで at 22時55分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<第79期棋聖戦五番勝負第2局 | ブログトップ | BRUCKNER Symphony No.4“Romantic”>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索