FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年07月 17日 (木)

 ヴァイオリンレッスン386、E.Ysaye/Sonata for solo violin op.27~No.2 a-moll、Ⅰ“OBSESSION”

ヴァイオリンで386回、ヴィオラで14回で通算400回目のレッスンでした。今月あと一回有りますが、来月から11年目、年間42回で10年ですので420回にはなるはずでしたがどうしても出られない事情での欠席が10年間で20回ほど有った様です。

前回のレッスンで1ページ目の最後の小節から2ページ目にかけてフレーズが繋がっていることに気付きましたので、今夜は譜めくりをしなくて良い様にコピーをして3ページを繋げた楽譜を用意しました。

その楽譜を譜面台に載せ・・・。

譜めくりしなくて済むようにコピー譜を繋げてみました。
これならページの変り目も続けて練習できますね。
最初からこうすれば良かったですが、最初の頃は音を追うのが精一杯で続けて弾く事を想定していませんでした。
せっかくですから、最初から弾きましょう!

と云った辺りで調弦完了です。

云われた通り、久し振りに冒頭から弾くと・・・。端々で躓く。

前半は最近殆んど弾いていないから忘れてしまいましたか?
忘れたって云うのはおこがましいですね。最初からまともに弾けてなかったって事です。

気を取り直してもう一度。

右手をもっと大きく動かして!

どうしても、自信が無い処は右手の動きが小さくなります。
何とか最後まで弾き通すと・・・。

最後のアルペジオの処が一番良いですね。
525円値上げの所為で、昨日も晩酌前に一時間さらった成果です。(笑)
値上げ効果が出ていますね!
前半のボウイングに気を付けてもう一度弾きますね。

と云うことにしてもう一度冒頭から。

10度の開きの処で、最高音のアップボウを響かせましょう!

その部分だけ取り出して意識して弾くと何とかなるのですが、其処までの疲労が蓄積された状態だと最高音を響かせるのが難しいです。

最後にその10度の開きの部分から最後まで弾いて本日終了です。

楽器を片付けながら・・・。

アルペジオ以外の部分でも「怒りの日」の旋律が感じられる様になってきましたね。
最初の頃は旋律に値する音に「アクセント」が付けられなかったので、旋律が感じられませんでしたね。
旋律が響くと、弾いていて楽しいでしょ?
結局のところ、弾けてないとつまらないし弾けてくると楽しく感じますね。オケでも同じです。

今日はこんな処です、400回目が無事に終りました。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時17分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<「香住鶴」生もと からくち 本生原酒 | ブログトップ | 第79期棋聖戦五番勝負第5局>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索