FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年07月 27日 (日)

 7月最後のオケ練習

今日の練習は時間が変則で、木管はトレーナー練習で12時から。金管・打楽器はいつもの様に13時半から。そして我々弦楽器は18時から21時までがトレーナー練習のため、16時のTuttiから練習に参加です。

14時に弦楽器のトップ・パートリーダー他で集合して「練習参加率を向上させるには」を議題にして話し合い。
弾けないとつまらないから来ない、それを打開する為にパート練習をしたらどうか?という意見も出ましたが、実際のところ弾けない人にかぎってパート練習には来ない(これまでの実績として)とか、難しそうです。
練習時間が長いのでもう少し短縮して、集中した方が良いのではないかとの意見が有りましたが、私はこれには賛成です。
集中力が途切れたところでだらだらと練習しても、向上するとは思えませんので。
色々な意見が出ましたので、メンバー全員にアンケートをとってみようと云うことになり散会です。

15:40に再集合で全体ミーティング、先ほどの話し合いの内容やらヴァイオリン奏者勧誘状況の中間報告等を行い、16時から練習開始です。

今日は初めて見学の方がお一人、とりあえず1stの楽譜をお渡しして見学してもらうことに。

指揮者が登場し、「あれ、きょうはひでさんがコンマスですか?(笑)」と声を掛けるので「ここに座っているだけです。」

今日は隣に活きの良い学生さん。「祝典」をやった事があるらしく元気にバリバリ弾いていました。今日は打楽器が一人しかいないので何だか寂しい「祝典」です。
何回か繰り返すと金管の音が段々良くなって、それっぽくなってきた感じがします。

40分ほどして「ロメジュリ」の練習。この曲だけの2nd.で参加予定のオネーちゃんをミーティングで見かけたので個人練習場を見て回ったのですが発見できず。帰ちゃったのかな?

慌てて練習場へ戻ると「ロメジュリ」が始まってました。
2nd.と掛け合いになるところで合ってしまったり、散々でした。こいつはちょいと真剣に個人練習しておかないとそろそろまずいです。練習が終わる頃にコンミスさん到着、残り時間が少ないのでそのままの席で弾き続けました。

17:50でTutti終了、10分休憩で弦楽器のトレーナー練習です。最近、いつもお世話になっているVa.の先生の練習で、ブラ1を全楽章の予定です。

1時間以上1楽章に費やし、3楽章を少しやってようやく休憩。夜の練習は疲れます。残りの時間で4楽章を練習して2楽章は手付かずで21時終了となりました。(ヘロヘロです。)

今後は夜間の練習はご勘弁いただきたいです。その上にエキストラ用の譜面の手配などを話しているうちに22:20にまでなってしまいました。(やれやれ!)
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時18分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<オケの曲を個人練習 | ブログトップ | パート譜製本2>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索