FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年09月 21日 (日)

 9月2回目のオケ練習

今日は午前中からトレーナーの先生(Va.)をお迎えしての弦分奏が午前9時から。8:10頃に家を出て練習場所(大学の講義棟)へ着くと一番乗りでした。

9時から音楽監督の棒で練習開始、所々でトレーナーの先生が奏法についてなどのアドバイスを行うと云うスタイルで練習を行いました。
このVa.の先生は色々とジョークを交えながら、和やかな雰囲気で練習をするのが得意です。
ブラームスの2楽章と4楽章を延べ2時間半ほどやった後、チャイコフスキーを少々。
自分もまだまだ弾けてませんが、団としてもかなり怪しい部分が沢山残っています。
12時を少し回った処で終了、午後の練習は13:30からなので一旦帰宅しての昼食。
本日練習に来ていないエキストラさん等に連絡のメールを入れて13:10頃に練習場所へ戻り、本日来ているエキストラさん2名分のアンコールの譜面にボウイングを書き込んだところで午後の練習の時間となりました。

午後はCb.が管打の練習に合流のため、Vn.Va.Vc.でチャイコフスキーとショスタコーヴィッチ。
朝が早かったので皆さんお疲れの様子。15:30で終了し、本来の練習としては弦は此処までですがVn.は1st.2nd.共にパート練習。
その前に管打Cbが練習をしていた場所へ集まって、全体ミーティング。休憩時間が少ないという人がいますが、ミーティングにすぐに集まらず開始が遅れる為に時間がおして休憩時間が取れなくなるのを判っているのか疑問に思います。

来週の本番のホールを使っての練習についてなど伝達事項があり終了。結局ミーティングは16:00までのはずが16:10まで掛かりました。

元の場所へ戻ってパート練習です。大阪から遥遥お出でになっているオネーチャンは「疲れ果てた」との事でリタイア、残りは5名。
それでも最初の頃の練習ではTuttiでも2~3人くらいの事が度々でしたからましな方です。

シーズンを通して毎回これくらい集まればまともな練習になると思うのですが、出席率が悪すぎてコンミスのモチベーションは下がりまくりの様です。
まぁ、私個人としては人数が少ない練習は自分の音がかき消されずに聴こえるの嫌いではありませんが、練習を取り仕切る側としては「何のための練習か?」って気になるのもうなずけます。

私が嫌なのは、自分の譜面の送付を依頼してきたりするくせに、こちらからの問い合わせや要求に対して無反応のメンバーが多すぎることです。
人としての資質に疑問を感じずにはいられません。

パート練習はブラームスの2、4楽章をテンポを落として音を確認したり、今更やるような内容ではありませんが、実際のところ一月前になってもこれが現状です。

今日はその後も練習方針やらに対する話し合いが有り、本来は運営幹部が主体の集まりですがVn.メンバー不足・低出席率等が話題になるので呼ばれた次第です。
来年に向けてメンバー集めの方法に関して意見を出し合ったところで散会、20:30頃ようやく開放されました。

今後も演奏会までの練習時に話し合いの続きが行われるので長い拘束時間が続きそうです。
スポンサーサイト



posted by ひで at 23時36分  [音楽トラックバック(0) | コメント(0)
<<酒も呑まずに、ヴァイオリン | ブログトップ | MOSTLY CLASSIC NOVEMBER 2008>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索