FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年11月 22日 (火)

 「篠峯」雄山錦 純米生酒 

DVC00338.jpg
1,800ml 2,520円、でしたが購入金額500円ごとに1ポイントを貰えるPOINT CARDのポイントが40Pたまっていたので1,000円引き。(中久本店にて)

DVC00339.jpg
「二の酉」で賑わう神社を横目に昨日買いに行きました。先日呑んだ山田錦のお酒が美味しかったので同じ「篠峯」の中からお店のお勧めを買ってみました。蔵元から特別に分けて貰って一年以上熟成させたと云う代物です。「雄山錦」と云う酒米は知りませんでしたが、富山県で造られたお米の様ですね。私はお米の種類による違いと云うのは良く判りませんが、昨日「冷酒」の状態で呑んだら程よく熟成されほんのり甘さを感じて美味しかったのですが・・・。
今夜いつもの様に「お燗」にしてみたら、見事に「失敗」でした。香りは冷たい時より「果実香」(グレープフルーツのような)が感じて悪くは無いのですが味わいが宜しく無い。低温だと「甘味」を感じたのに、暖めると「苦味」を感じました。冷めてきても苦味が中々消えません。
結局、口直しに「冷酒」で〆ました。

う~ん、日本酒は奥が深い!(笑)

明日は寒気が抜けそうで山の降雪が無さそうなのが気がかり、何とか今週末までにもう一降り欲しいものです。
先シーズンより早くに山に雪が積もってきたのは嬉しいのですが、タイヤを交換していないので憂鬱です。

自宅にはタイヤを保管するスペースが無いので群馬の実家に預けてあるのですぐに交換と云う訳にも行かず。
さしあたり土曜日には路面凍結が無さそうな「軽井沢プリンス」にでも行ってお茶を濁してからその日のうちにタイヤを交換して日曜日に備えるとしましょうか?
(酒屋さんが手伝ってくれると有り難いのですが)(爆!)
スポンサーサイト



posted by ひで at 20時43分  [お酒トラックバック(0) | コメント(6)
<<岳人 DECEMBER 2005 | ブログトップ | POWDER SKI 2006 WINTER>>

コメント

いよいよ

瀬川四段いよいよ免状もらったようですね。
まあ将棋界にも色々ありましたからね、話題作りだとか言う人も居るようですが、新風を吹き込んで欲しいものです。
おね~ちゃん問題とか、「その手、ちょっと待ってよ~」なんて信じられなかった(笑)。
posted by むく URL at 2005年11月23日 07時36分 [編集]

おやまぁ

雄山錦は名前からして、山田錦と雄町の交配品種だったと思います。私は飲んだことはありませんが、不味いはずはないと思います。

新潟は「越淡麗」という品種を開発しましたが、これは栽培するのが凄く難しい品種だそうです。
お米の最後に「錦」と付くのは、酒米だそうです。

みつまた・横手山は、もうひと降りですね~。さて、朝飯食べたので「ビッグベン」して、タイヤ交換しますか…。
posted by えろとつつぁ69号 URL at 2005年11月23日 07時59分 [編集]

米長会長の作戦勝ち?

むくさん、こんばんは。

将棋界の活性化を狙った米長会長が目論んだ通りの結果のような気がします。
「兄貴は頭が悪いから東大へ行った」と云ったり、師匠故佐瀬勇次名誉九段に「師匠と同じ事をやったら強くなれない」と云って殴られたくらいの人ですから。

普通、新四段は4月と10月に昇段しますが今回は将棋の日の記念式典に合わせて11月6日付けで免状が授与されたらしいですね。

これは本当の特例で奨励会の年齢制限は守るべきだと私は思いますし、むしろもう少し若い年齢でも良いくらいと思いますし下限は必要ないと思います。

中原誠永世十段の得意技(禁じ手)「二婦」(笑)

タイヤ交換、監督で良かったですね。
posted by ひで URL at 2005年11月23日 19時16分 [編集]

雄山錦

えろとつつぁ69号さん、こんばんは。

「ひだほまれ」と「秋田酒33号」の人工交配によって生み出された新品種。良い酒米の条件として、米粒が大きくて、こうじ作りに必要な心白(米の中央部の白い部分)ができやすく、蛋白質含有量の少ないことなどが挙げられる。雄山錦はこれらの特徴を備えているほか、稲の幹が太く、倒れにくく、収穫量が多いのも魅力といえる。
(中略)
富山県が誇る雄大な立山連峰(雄山)と豊饒の実りを感じさせる「雄山錦」の名称にあやかり、素晴らしい酒が誕生することを期待したい。
(Toyama Just Nowより)
だそうです。雄町、山田錦は関係無いようです。(残念!)

タイヤ交換、お疲れ様でした。土曜日、群馬までお酒の配達しませんか?タイヤ交換しますので。(笑)
posted by ひで URL at 2005年11月23日 19時23分 [編集]

ふっふっふっ♪

ふっふっふっ♪、今は何でも?ネットで調べられる時代。

「知っているのに知らん振り~♪」、トボケルのも骨が折れますわ~い!(笑)

こちとらスタンバイOKです。どうやら今週は、寒気が下がってこないので、天然雪はヤパイかもしれません。
12月は暖冬の予感…。
posted by えろとつつぁ69号 URL at 2005年11月23日 19時38分 [編集]

えへへ!

酒屋さんですもの、酒米の事はご存知ですよね。(笑)

「清りょう」を知らないふりするなんざぁ、役者ですなぁ。
うちの親父が「。「この辺じゃ、子供でもしってらぁ、くれてやるから今度一本もってけ!」なんて云ってました。(爆)
posted by ひで URL at 2005年11月24日 09時58分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索