FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2008年12月 12日 (金)

 「清泉」越端麗 純米吟醸


1,800mlで3,500円。とは云っても、これもわたくしが買ったお酒ではございません。先週の日曜日にN氏が柏崎の酒屋さんへ「志賀高原」まで配達を頼んだ中の1本です。

「清泉」(きよいずみ)久須美酒造株式会社が、新潟県の開発した高級酒用原料米「越淡麗」を用いて、昨年秋に初めてリリースされたお酒です。
2008年は黒いフロスティボトルに詰められて、秋上がりで登場します。
山田錦の力強さと、五百万石のすっきりさを併せ持つ特徴を存分に生かし、さら越後杜氏の技を脈々と受け継ぐ秘伝の技「麹蓋」にこだわり醸しました。わずかにアルコール度数を高くしコクも加えた飲み応えのある逸品。久須美酒造が新しい扉を開きました。
香りは清々しくしく青リンゴのような嫌味のない香味を放ち、口に含むと流麗に流れて喉を通り抜けていきます。
50%という大吟醸規格の精米歩合を施して、スッキリとした味わいの中にも端正な味わいが潜み、冷やしても、人肌~ぬる燗でも美味しく頂ける 純米吟醸酒です。
「清泉」は純米吟醸クラスのお酒が多いのですが、その中でも一番のお奨めが、清泉・越淡麗純米吟醸です。(以上、販売店様のサイトより。)

ご購入はこちらまで。(笑)

今夜はこれを程ほどにして、明日朝また雪山へ向かいます。
スポンサーサイト



posted by ひで at 09時41分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<ヴァイオリンレッスン400、J.SIBELIUS/Symphonie Nr.1 e-moll Op.39 Vn.Ⅰ | ブログトップ | 今期4日目「志賀高原スキー場」>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索