FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年02月 28日 (土)

 今期16日目「逢の峰・芳ヶ平ツアー」

RIMG0591.jpg
4:10頃に出発し、いつもの様に三芳PAから関越道へ。藤岡ICで上信越道を降り、春になって「志賀草津道路」が開通した後に走るルートを通って草津のスキー場へ。7:40には天狗山の駐車場へ到着致しました。

3週間後に草津から山を登って志賀高原へ行く計画をしていますので、今回はその下見をする為に「草津スキースクール」の「ネイチャーツアー」に申し込みをしての行動です。
渋峠から芳ヶ平へ下り、白根火山へ登り返してバスで横手山へ戻るコースは何度も行ったことがありますが、芳ヶ平から草津までは未経験ですのでガイドを依頼することにした次第です。
本来は10:00に出発するはずのツアーでしたが、終了後に志賀高原へ車で移動するので時間が早められないか尋ねたところ、9:00出発でお受け戴きました。
イレギュラーな注文にも対応が早く、草津スキースクールには好印象を持ちました。
ガイドのテレマークスキーインストラクターUさんの案内で9時出発です。
我々2人の他に、アルペンスキーで参加のご夫婦が2名。ガイドさんと合わせてテレマーク3、アルペン2のパーティーです。

天狗山からリフトとゴンドラを乗り継いで、本白根のゲレンデを一本滑り、逢の峰のリフトを降りてツアーコースへ。

DVC01718.jpg
芳ヶ平への下りは殆どが緩斜面ですが、一箇所だけちょっと楽しめる斜面が有ります。白根火山へ登った時には苦労した場所です。

DVC01719.jpg
その先は平坦な雪原が続きます。

DVC01720.jpg
程なく「芳ヶ平ヒュッテ」へ到着。

天気が良いのでヒュッテの中には入らず、雪の上で小休止。

DVC01721.jpg
15分ほど休憩し、さぁ草津への下りです。

DVC01722.jpg
コースの上部に少しだけ開けた斜面を楽しみました。

DVC01723.jpg
その後は殆ど林道の下り。途中「旧音楽の森ゲレンデ」を通り・・・。

DVC01724.jpg
12時少し過ぎにツアー終了です。

以前は「天狗山ゲレンデ」戻るのがコースでしたが崖崩れの為にそのコースは閉鎖され、「音楽の森」下るコースに変更されたのだそうです。

風も無く、最高のツアー日よりでした。
スポンサーサイト



posted by ひで at 13時16分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)
<<TAJ News 2009年2月厳冬期号 | ブログトップ | 今期17日目「笠岳~タコチコースツアー」>>

コメント

明日は

いよいよ、山田牧場の
タコチコースでしょうか?
posted by 周三 URL at 2009年02月28日 13時25分 [編集]

荘に到着!

13:00に草津を出発し、山を下り大津を右折し鳥居峠・菅平を経由して15:30に陽坂へ到着致しました。
隊長と第3のお方とゼロ次会中です。
posted by ひで URL at 2009年02月28日 17時29分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<04月 | 2020年05月 | 06月>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索