FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年04月 04日 (土)

 今期25日目「芳ヶ平・渋峠ツアー」

P10000010404.jpg
N氏と二人で先シーズンから一度はやろうと計画していた「草津から登って志賀高原へ」を先週笠岳カーニバルでも一緒に滑ったA氏を巻き込んで実行致しました。
アルペンスキーしか持っていないA氏には「第3の男」からスノーシューを貸してもらい、ザックとサングラスはわたくしが、帽子はN氏が貸して出発。(スズピー、有難う!)
草津の天狗Tパラリフト、殺生クワッド、白根火山ロープウェイを乗り継いで山頂駅横のパトロールにツアーカードを提出。
逢ノ峰のリフトが運休なので本白根ゲレンデの脇から夏道をたどりツアーコースへ。

P10000020404.jpg
白根レストハウスの前は除雪が始まっていて、一旦板を外して志賀草津道路を渡り芳ヶ平へ滑り込み。シュカブラが発達して滑りにくい雪でした。

DVC01795.jpg
芳ヶ平ヒュッテで通過の連絡を入れて、中には入らず雪上で小休止。シールを貼って(A氏はザックに板を括り付け第3の男にお借りしたスノーシューを履いて)登高開始です。

P10000030404.jpg
最初は急な登りですが標高2,100m位からはなだらかな登りです、約2時間半で渋峠へ到着。
渋峠のゲレンデはリフトが故障しているため人っ子一人居ません。せっかく良い雪がたっぷり有るのに残念と渋峠ヒュッテの女将さんは嘆いて居られました。
わたくしの「Mova」は圏外、N氏は「Foma」を車に忘れて来たので公衆電話で「草津山頂パトロール」へ渋峠到着の電話連絡。公衆電話を使ったのって何年振りだろうか?

P10000040404.jpg
リフトが動いていないので食堂の準備もしていませんでしたが、ご飯ものなら作ってくれると云う事でカツカレーをお願いしました。
食事をしていると雪が舞い始め、食後は道をたどって横手山第2ゲレンデへ行き「荘」へ滑り込みました。
スポンサーサイト



posted by ひで at 14時47分  [スキートラックバック(0) | コメント(0)
<<"tears"emiri miyamoto | ブログトップ | 今期26日目「志賀草津ツアー」>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<01月 | 2020年02月 | 03月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索