FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2009年04月 15日 (水)

 今期30日目「乗鞍岳ツアー」

P10000030415.jpg
昨夜は位ヶ原山荘に泊り、今朝は8:40過ぎに霧の中を登り始めました。

DVC01816.jpg
山荘からの急登を過ぎ、所要50分ほどで位ヶ原の台地に上がると一瞬霧が晴れましたが、その後は更に濃い霧の中を登り続け・・・。

P10000040415.jpg
11:40過ぎに肩ノ小屋に着いたら突然霧が晴れました。

DVC01817.jpg
摩利支天岳とコロナ観測所。

DVC01818.jpg
1時間ほど昼食休憩の後、思い思いに少しだけ登り・・・。

DVC01819.jpg
いざ、滑走です。上部の斜面はアイスバーンのクラストで非常に手ごわい雪でした。

DVC01820.jpg
高度を下げるにつれ次第に滑り易いザラメになり、滑走と転倒を繰り返して14時過ぎに荷物をデポした山荘へ帰還。
荷物をまとめて下山です。

DVC01821.jpg
林道を所々ショートカットしながら、森の中を滑り下り・・・。(ここは冷泉小屋前)

DVC01822.jpg
スキー場に後少しの処で除雪車に遭遇。除雪された道を、雪を探して滑りました。

DVC01823.jpg
最後は営業が終わったスキー場のゲレンデを滑り・・・。

DVC01824.jpg
16:40過ぎに全員無事に下山致しました。最後に北田さんの挨拶で終了です。
昨日の登り始めから雨降りで、今日は霧で視界が利かずどうなる事やらと思いましたが、肝心なところでは晴天に恵まれとっても充実した二日間でした。

17:00に休暇村駐車場を後にして一路、東京へ。途中、波田町の地酒屋さんで2升仕入れて松本ICから長野道、中央道で帰ります。
スポンサーサイト



posted by ひで at 18時05分  [スキートラックバック(0) | コメント(2)
<<今期29日目「乗鞍岳ツアー」 | ブログトップ | 「ふかさわ」本醸造>>

コメント

乗鞍

駐車場から自転車で頂上まで登る
レースにかつては出ていました。
posted by Non Name URL at 2009年04月17日 13時27分 [編集]

周三さん?

名無しのごんべいは周三さんですか?
posted by ひで URL at 2009年04月17日 13時47分 [編集]

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<08月 | 2020年09月 | 10月>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索