酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ひで at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)

2009年05月 03日 (日)

 今期34日目「鉢山・四十八池・渋池ツアー」

P10000040503.jpg
P10000050503.jpg
荘のKn5さんと他のお客さんと総勢9名で裏山を一巡りしてきました。アルペンスキーで参加の4名様、お疲れ様でした。

昨夜、呑み過ぎて9時頃に起きだして遅めの朝食をとりました。他の方々は既にゲレンデへ出かけていたので部屋へ戻り惰眠をむさぼり、昼食で戻ってきた頃に食堂へ降りました。

「鉢山」へ行くと云う事なのでシールと水だけ持って参加することに致しました。
何時もの様に裏山へ入り、鉢山一つ手前のこぶの処からテレマーク組5人はシール登高、アルペン組は板を手につぼ足で登高。

鉢池へ下ると、湖面が割れ始めておりました。仮設の鳥居を作って「弐礼・弐拍手・壱礼」。Kn5さんが持ってきたお神酒を戴きました。
それにしても、この鉢池で柏手を叩くと良く響きます。来年はヴァイオリンを持って来てここで演奏して見ようかと思います。

登り直してから、シールを剥がして四十八池へ滑走。東屋は立って入れるくらいまで雪が減っていました。
雪原を歩いて「志賀山神社の鳥居」へお参り。
P10000060503.jpg
ここの雪も先月18日に来た時よりも1メートルほど減った感じです。

渋池までの林道も所々雪が消えて滑りにくくなっていました。
前山の迂回コースを途中まで滑り、最後は板を脱いで雪の消えたゲレンデを歩いて横手山第1リフトに乗って荘へ帰還しました。
P10000070503.jpg
食事前から「縁喜」の生原酒(珍しい900ml瓶)を戴き・・・

P10000080503.jpg
「縁喜」の吟醸をご相伴にあずかり・・・

P10000090503.jpg
こんな差し入れまで戴きました。
スポンサーサイト
posted by ひで at 16時59分  [スキートラックバック(1) | コメント(0)
<<今期33日目「志賀高原スキー場と裏山」 | ブログトップ | 「大盃」純米 馥露酣>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

はじめまして。 連休に予定もなくブログなんぞを始めてみました。 よろしくで~す。
from 僕の独り言 at 2009年05月04日 10時13分
↑PageTop
| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2017年04月 | 05月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。