FC2ブログ
 

酔いどれ滑奏記

両人対酌山花開 一杯一杯復一杯 我酔欲眠君且去 明朝有意抱琴来  

2005年12月 09日 (金)

 「天狗舞」しぼりたて 生酒

明日にはスキー仲間の「越後の酒屋さん」に注文したお酒「ぽたりぽたりきりんざん」「朝日山ゆく年くる年」「平成10BY越乃雪舟大吟醸古酒」「越の誉 関東信越国税局酒類鑑評会 首席1位受賞 大吟醸」他が届くのですが、今日呑むお酒が無いので買ってきました。
DVC00361.jpg
1,800ml 2,100円、アルコール分17度以上18度未満。

石川県のお酒と云うと「菊姫」や「萬歳樂」の様にどっしりとした味わいで酸味が強いイメージでしたが、このお酒はやや酸味を感じる物の割とさっぱりした感じです。昨日開封した時の方が酸味を感じましたが、今日は若干の甘味を感じます。なんと言ってもお手ごろ価格なのが嬉しいです。

所謂「香り吟醸」の類では日が経つと香りが飛んで美味しく無くなるお酒が有りますが、これは空気に触れた方が味乗りするのでしょうか?茨城の「郷乃譽」は日が経つほどに味が乗ってきた記憶があります。

群馬の実家の方へは「黒龍」冬の限定品「本醸造垂れ口」「二左衛門」が届いている筈なので、明日の晩に目にするのが楽しみです。
このお酒をゆっくりと呑みながら、久しぶりに昔行った演奏会のビデオを見ました。

2000年11月26日サントリーホールでの、マリス・ヤンソンス指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の公演。
C.M.von.ウェーバー/歌劇「オベロン」序曲
D.ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調
      Vn:ヒラリー・ハーン
・・・・アンコール・・・
J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番~「プレスト」
       (休  憩)
A.ドヴォルザーク/交響曲第8番ト長調
・・・・アンコール・・・
A.ドヴォルザーク/スラヴ舞曲作品92、ハ長調

RB4列9、10番の席で1席29,000円だったと思います。
本当はクラウディオ・アバド指揮の公演を聴きたかったのですが券が取れずにこの公演にしましたが、今になって思うとこれが聴けてとっても良かったです。生でヒラリー・ハーンの演奏を初めて聴けたし、これを聴いてすっかりハーンのファンになってしまいました。
改めて聴き直すと、あの細い腕と指でG線から深い音を奏でるのが素晴らしいです。元弓でのボウイングがしっかりしているので早弾きでも深くはっきりとした音で聴こえます。

それからオケの「トロンボーン」2番奏者が女性なのですが、金管奏者の女性って「カッコイイ」です。
G.ヴァント指揮の北ドイツ放送響を聴きに行った時の「ホルン」のトップが女性でしたが、あれもカッコ良かった。(笑)



スポンサーサイト



posted by ひで at 23時36分  [お酒トラックバック(0) | コメント(0)
<<ヴァイオリンレッスン301、J.S.Bach PartitaⅢ~Loure | ブログトップ | ASAMA2000パークスキー場 リフト引換券>>

コメント

コメントの投稿

  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。
↑PageTop

トラックバック

| ブログトップ |

カレンダー

<<03月 | 2020年04月 | 05月>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アフィリエイト・SEO対策 障害者スポーツ応援クリック募金

最近のコメント

最近のトラックバック

月別表示

自己紹介

ひで
[管理人]
ひで
[自己紹介]
お酒は二十歳になってから。
アルペンスキーを始めたのは四半世紀以上前ですが、テレマークスキーは7年前から。
ヴァイオリンは15年前から、ヴィオラを時々。
ついでに将棋は「アマチュア弐段」。

何事も中途半端?

※お知らせ
東京農工大学OB管弦楽団第24回演奏会
2012年10月7日(日)14:00開演予定
府中の森芸術劇場どりーむホール
J.シュトラウス2世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
指揮: 小野寺 弘滋
チャイコフスキー / バレエ「白鳥の湖」抜粋
指揮:ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク
ブラームス / 交響曲第3番 ヘ長調 作品90
指揮: 小野寺 弘滋
[RSS]
[管理者ページ]

検索